相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】熟【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


僕は26歳のサラリーマン、都内のアパートで一人暮らししてます。

あるとき会社の帰り、午後7時ごろ、いつも乗る電車に乗ってたら、すぐ近くに見たことある顔が。

僕のアパートの前の家に住んでいる奥さんで、以前奥さんの車が脱輪したとき手伝ったことがありました。

お互いすぐ気づき、帰りの電車内で世間話をしました。

奥さんはお名前を佐々木さんといい、代々木で働いていて、高校生になる娘さんがいると言ってました。

すると電車が事故か何かでストップしてしまいました。

よくあることなので仕方ないですねえ、などと話してたら、次のターミナル駅で信じられないほどの乗客が一気に乗ってきました。

僕と佐々木さんはあっという間に反対側のドアの角に追いやられ、佐々木さんと密着してしまう形になりました。

僕は佐々木さんの右側に立つ形になり、僕は手を壁に押し当てて、体が佐々木さんに触れないように踏ん張りました。

僕の顔のすぐ下に小柄な佐々木さんの肩や頭があります。

女性特有のいい香りがしてきて、女日照りの僕には刺激的過ぎるいい香りでした。

佐々木さんは歳はわからないけど、美人というより、かわいい感じの顔立ちをしてます。

ふと目線を下げると押しつぶされた佐々木さんの胸の谷間が見えます。

僕はヤバい、と思って腰だけは佐々木さんに触れないよう、なおいっそう強く踏ん張りました。

やがて電車は動き出しましたが、カーブで車内が揺れたとき、つい僕の股間が佐々木さんの右のおしりあたりにもろに当たりました。




佐々木さんはハッとした顔で僕を見ます。

そうです、僕のペニスはカチンコチンだったのです…。

すいませんと小声で謝り、また強く踏ん張りました。

佐々木さんは何も言わず、下を向いたままで、こりゃ変態と思われてるんだろうな、と思いました。

その後努力の甲斐なく、数回僕の股間が佐々木さんの体に触れてしまいました。

そのたびに謝りましたが、佐々木さんは反応なしでした。

やがて僕らの駅に着きましたが、相変わらず車内はめちゃ混みです。

すると佐々木さんは

「次の駅で降りましょう」

と言うのです。

僕はその意図がすぐわかりました。

僕らの駅は今いるドアの反対側が開き、降りる人はほとんどいません。

降りるとなったら人ごみをかき分け降りないといけない。

しかしひとつ先の駅は今いる側のドアが開く。

そこで降りてすぐ来る上りに乗ろう、ということだろうと思いました。

わかりました、と言って電車は次の駅へ。

ドアが開き、僕らの駅と違って大勢の乗客が降りました。

僕は降りてすぐすいませんでした、と謝りました。

すると佐々木さんは僕の顔を見て

「責任とってもらうからね」

と言って僕の腕を掴み、改札へ連れて行こうとします。

すいません、と何度も謝りましたが、彼女は足を止めません。

土下座しようかとも思いましたが、周囲の目が気になってできませんでした。

そして僕が連れて行かれたのは…駅員室でも駅前の派出所でもなく、駅裏のラブホテルでした。

「あんな元気なおちんちん押し付けられたらヘンな気分になっちゃうわよ〜」

そういうと彼女はぼくのズボンを下ろし、カチンコチンのチンポを引っ張り出しました。

「お願い、こんなおばちゃん嫌だろうけど、人助けと思っておちんちん入れて」

普段まったくモテずにオナニーとたまに行くソープのみの生活をしている自分にとって、刺激過ぎる言葉でした(ちなみに素人童貞でした)。

それから僕は佐々木さんの少し崩れかかった体とオマンコを、佐々木さんは元気なチンポを堪能しました。

佐々木さんによるとだんなさんとは年1、2回の義理マンのみの生活だそうです。

歳は42歳で、夫以外のおちんちんは15年ぶりと言ってました。

僕らは2回ハメ、お風呂でフェラしてもらって口の中に出しました。

ゴムがなくなったので帰ることにし、帰り支度をしていたとき佐々木さんが

「したくなったらいつでも言ってね」

と刺激的なことを言うので、思わず

「今したい」

と言ってしまいました。

佐々木さんは驚きながらもうれしそうに床に跪いて服を着たまままたフェラしてくれました。

その姿に興奮して、すぐ大きくなりました。

すごい元気ね、そう言うと佐々木さんは壁に手を当てて後ろ向きになり

「もうスーツ着ちゃったからこの体勢でできる?中には出さないでね」

と言い、スカートをたくし上げてパンティを脱ぎました。

ぼくは初めての立ちバックでしたが、立ってするとまた締め付けがきつくなった感じでした。

「ああすごい、佐々木さん、すごく締まってるよ…アアっ」

その瞬間佐々木さんはチンポを抜くと素早く体を入れ替えて、また口で受け止めてくれました。

合計4回出させてもらって、時間にして1時間ちょいでした。

あまりに早漏連発で恥ずかしかったのですが、佐々木さんによると

「なかなか勃たないくせにすぐイクか、ガマンしすぎて途中でしぼむチンポより全然ましよ」

とのことでした(だんなさんのチンポがそうなんだそうです)。

その後別々にホテルを出て帰りました。

それ以後も月に1,2回のペースで会って、性欲処理させてもらってます。

本当は毎日でもお願いしたいんだけど、あまりにご近所過ぎるんでね。

最近では長持ちするようになって彼女をイカせることもできるようになり、ますます気に入られてます。

佐々木さんいわく、娘さんは奥手らしく、男の影がまったく見えないそうです。

「大学出てもそんな感じだったら、たくちゃんに女にしてもらおうかしら」だって。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【人妻・熟女】熟【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ