相互リンク先の更新情報!

【芸能人】板野友美 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:




2人は同時に起きた。

智美は朝ご飯を作った。もちろん2人分。

親太朗「おいしい!こんなの久しぶりだ。」

智美「とも、もっとゆっくり話がしたいんだけど…。これからリハに行かなきゃいけないの…。また少ししたら会おうね」

親太朗「仕事頑張って!応援してるから!」

智美「ありがとう!いってくるね」



親太朗はゆっくりご飯を食べて仕事に行った。

おばかキャラと声とたれ目が特徴的なアイドル。意外と合うのかもしれない。

その頃

???「板野さん。今日も服似合ってますよ!」

友美「(このノリは…)JOY!近寄らないで!」

???「もぉ…板野さんまでJOY君と間違えるんだから…ユージですよ!」






友美「あ…ごめんね」

ユージ「どうかしたんですか?」

友美「い、いや何でもない」

ユージ「JOYとなんかあったんですか?」

友美「しつこい…」

ギュッ

友美「え!?」

ユージ「悩みがあるんだったら僕が聞いてあげます。だから心を開いて…」

友美「ユージ…。(もう耐えられないよ…)あのね…」

友美はユージの温かさに負け高橋とJOYのことを話した。



ユージ「JOYの女癖もひどすぎますね。」

友美「それがあってからJOYが大嫌いになったの…」

ユージ「良かったらいつでも相談にのりますよ。僕は友美ちゃんの味方だから!」

友美「…ありがと!」

少し気が晴れたような感じがした。



2人は共演するごとに仲良くなりメアドの交換までした。

友美

ユージ君 かっこ良かったよ!

次もよろしくね!



ユージ

友美ちゃんも可愛かったよ!



と最初はこんな感じだった。

が、だんだんメールをするうちにお互いを仕事仲間ではない別の気持ちでとらえるようになっていく。



この日も2人は同じファッションショーに出ていた。終了後

ユージ「話って何、友美ちゃん?」

友美「あの、友の彼氏になってほしいな!」

ユージ「…こんな僕だけどよろしくね!」

こうして2人は繋がった。ある意味高橋とJOYのトラブルがくっつく要因なんだが…。



2人は付き合っていることは誰にも言わないようにした。

友美にとってはソロデビューと同じくらい嬉しかった。



交際が始まって少したったある日の仕事終わりに2人はいつものようにトークをしていた。

ユージ「今日さ、僕ん家泊まってく?」

友美「えー、いくいく!」

ユージ「よし!決定。」

早速ユージの家に向かった。

友美(たぶん私とやりたいんだな!)

ユージ(そろそろ友美ちゃんの全てを見たいな!)

到着

友美「わぁ、広い!さすがだね!」

ユージ「まあ、全部お父さんやおじいちゃんとかのおかげなんだけど…」

友美は中に入る。

友美「(きれい…友の部屋とは大違い…)すごいね!」

ユージ「ゆっくりしてきなよ!」

友美「とりあえずお風呂貸してくれない?あ、でも何も替えがない…」

ユージ「僕のでよければまだ一回も着てないの貸しますよ。」

友美「助かる!(抜け目ない。あとでやっちゃう!)あ…洗濯もしたいな?」

ユージ「(…友美ちゃんのためなら!)どうぞ使って下さい!僕全然使わないんで」

友美「(何か無理してる…でも好意には甘えないと!)ユージ君って本当に優しいんだから!」

そして友美は機嫌よくお風呂に入ろうとしたが一つユージを弄んでみようと思った。

友美「ユージ君。ちょっと来て」

ユージ「何でしょう?…って待って。友美ちゃん…」

友美「ん?友が何?」

ユージ「い、いやね。僕に見られてもいいのかなぁってさ…」

友美は全裸だ。

友美「何?お風呂場で裸になって何が悪いの?え!興奮しちゃってる?」

ユージ「は、はは…」

自分では気づいていないが自分の物が膨らんでいた。友美はそれに気づくと

友美「裸のお付き合いは後のおmiddot;たmiddot;のmiddot;しmiddot;み!」

そういいながらユージの膨らんでいる物を触ってお風呂に入っていった。

友美「あ!洗濯機の使い方わからないから動かして友の入れといて!ユージ君」

ユージ「あ、はい…」

友美「友の下着で興奮しないでね!」

ユージ「(ギクッ!何か全部お見通しだな)僕だって楽しみだよ!」

友美に聞こえないようにつぶやくユージである。



友美が上がった後ユージも入り終えた。

そしてベッドに向かう。

友美「さあ、どこからでも来て!」

ユージ「うん」

ユージはさっき見た興奮が忘れられなかったようですぐに友美を裸にした。



友美もユージの服を取った。

友美「いい体してる!」

ユージ「それほどでも」

友美「それじゃ友を楽しませてね!」

そういうと友美はベッドに寝転がった。

ユージ「(まずは胸から)」

ユージは軽く友美の胸を揉む。

友美「ユージ君、うまいよ…はあ…ぁぁ、気持ちいい!」

だんだん下が濡れてきているのが自分でもわかった。

友美「ユージ君の物、そろそろ友の中に入れて。」

ユージの物はすでに膨らんでいる。

追い討ちをかけるように友美はM字開脚をした。

友美「ユージ君、来て…」

こんなことをされてはいれないはずがない。

ユージは友美の脚を持ちながら挿入していく。

友美「ぁぁ、はぁ…んん!」

ユージ「腰、動かすよ」

友美「と、友も動く。」

2人はベッドがきしむくらいに激しく腰を打ちつける。

友美「んん!あ…はん!あ…ああん!」

ユージ「友美ちゃん、友美ちゃん!気持ちいいよ!」

ユージは流れで友美とキスをした。

それに友美も舌を入れて応える。

友美は加入前以来だったのでテンションはいつも以上に高くなってきていた。

友美「中に出してもいいからね!ユージ君は友のものだから!」

ユージ「僕も友美ちゃんを愛してる。」

なかなか頂点には達しないが2人は温もりを感じ行為を続けた。

ユージ「ぁぁ、出すよ!」

友美「ああん!いっぱいね!」

そしてユージは大量に友美の中に放出した。

だが

友美「ユージ君がいいって言うならもっとしたいんだけどなぁ…」

ユージ「(も、もう友美ちゃんを離さない!)」

2人はそのままやり続けた。



朝になり2人は服を着てキスをした。

友美「暇があったらいつでもやろう!」

ユージ「もちろんさ!」







出典:AKBのエロ小説

リンク:;


告白体験談関連タグ

|||||

【芸能人】板野友美 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ