相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】残酷な領主様 【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


その日の謁見の間には、下座とはいえ不釣合いな少年がひれ伏していた。



「……で?」



この季節になると珍しくない光景だ。

返答はだいたいわかっているが、領主の女は少年に問う。



「わ……我が家では今年の税が支払えなくて……その……

蓄えもなければ、お借りしている土地以外に財産もなく……くっ」



「それで、来年まで何もなしに、阿呆のように私に待っていろとでも?」



「め……めっそうもございません! ……ですが、先ほども申しましたように、

私どもの家にはお金などございません……うっ……。

そ、そこで……かっ、代わりといっては何ですが……これを……」






少年は顔を伏せながら起き上がり、震える両手を差し出した。

赤いベルベットの布の中に、薄桃色の丸いものが2つ乗っていた。



「なんだ、これは?」



「わ……私の……おと、男として……もっとも大切なものであります……」



「ほう」



「り……領主様におきましては何の価値もないものとは存じておりますが、

せめて私の持っているものの中で、一番大事なものを献上せねばと……ううっ!」



恐れおののいているだけではない。この少年は、今しがた刃を入れた、

自分の股間を襲う痛みに口ごもっているのだ。



侍女が少年からベルベットごとそれを受け取り、女領主のもとへ運ぶ。

女領主はそれを物怖じすることなくつまみ上げると、

目の前でブラブラと揺らしながら眺める。



「こんなものがお前の一番大切なものと?」



「は……はい……恐れながら……私の命以外には、

もうそのようなものしか……」



「これがおまえのであるという証拠は?」



「ご覧ください……失礼致します」



少年は立ち上がり、腰まで隠していた上着をたくし上げた。

下には何もはいていなかった。

少年が縮み上がった小さなペニスを摘み上げると、

その根元には荒い縫い目がついているだけで、他には何もなかった。



「先ほど、侍女の方に取っていただいたばかりです」



「ふむ。確かにおまえのもののようだな。ということは、

こいつは平民の子種がつまっているだけの、

本当に何の価値もないものということだな」



「……仰せのとおりで……あっ……!」



女領主が無造作に、献上されたそれを投げ捨てる。

それに反応して、領主の足元にいた犬がそれを追い、

床に落ちた2つの小さな肉をペロリと平らげてしまった。



「ああ……」



「なんだ? 私のものをどう扱おうとかまわないだろう?」



「ううっ……も、もちろんでございます……」



少年の目に涙が浮かぶ。



「ふん、あれだけではアリッサのおやつ程度にもならんな」



「……」



「こんなもので税を免れさせるわけにはいかんな」



「そ……そんな!」



「おまえ、さきほど自分の男として一番大事なところを献上したといったな?」



「は……はい……」



「出し惜しみしておいて、税を免除してもらおうとは虫がいいとは思わんか?」



「えっ……?」



「わからんか? 男として大事なところ、あれだけではないだろう?」



「そ、それはもしや……」



「おまえのつまんでいたそれ、まだ残っているではないか。

アリッサはまだ空腹のようだぞ」



少年は自分のペニスをつまみ、真っ青になりながら女領主に聞いた。



「あの……これを献上すれば税のことは……?」



「二言はない。ただし、アリッサは踊り食いが好きでな。

この意味は……わかるな?」



少年は大粒の涙をぽろぽろとこぼしながら、

足を開いてその場にかがみ、腰を突き出すような格好をして犬を誘った。

痛みに暴れて領主の飼い犬に粗相をすることのないよう、

2人の侍女が少年の肩と足を押さえる。



「おいで、アリッサ……僕の……召し上がれ」



雌犬が呼ばれたことに気づき、ゆっくりと少年に近寄る。

股間に鼻を寄せて、フンフンと匂いをかぐ。



「アリッサ、よし」



女領主の許可を得たアリッサは、少年の男としてもっとも大切な場所の

最後の部分を、先端から少しずつ噛み千切り、租借していった。

まるでゆっくりと何度も噛み千切り、少年に何度も悲鳴を上げさせることで、

飼い主が喜ぶことを知っているように。



それでも小さな肉、1分もしないうちに根元まですべて平らげて

雌犬はその場を離れて、女領主の足元で再び昼寝を始める。

少年は股間から血を流しながら、その場で倒れ放心していた。



「よし、今回は税は待ってやる。以上だ。

そいつの血を止めて城から放り出しておけ」



侍女にひきずられて少年が退室する。

見世物にそこそこ満足したように、女領主は侍女に尋ねる。



「よし次。今日はアリッサが満腹になるまで、

あと3人はいけるだろう。面倒だ、まとめて通せ」



領主への謁見はまだまだ続くだろう……。



出典:!

リンク:!


告白体験談関連タグ

||

【M男・痴女】残酷な領主様 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ