相互リンク先の更新情報!

【友達】ついに見えた 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺が通ってる専門学校での話。



建築系の学校に行ってるんだけど、建築系って意外と可愛い子多いんだよね。



同じクラスにSちゃんっていうちょっと見た目はギャルっぽいけど、スレンダーな可愛い子がいるんだ。



顔はAKBの河西智美に似てる感じで、身長は160いかないくらいの細身なモデル体型。性格は全然ギャルじゃなくて、真面目な子。



んで一番重要なのが、モデル系によくある貧乳だってこと。







Sちゃんは暑い季節の服装が、胸元の少し空いたTシャツにデニムのホットパンツやミニスカートって感じが多くて、授業中は美味しそうな太ももを楽しませてもらった☆








あと、建築の学校って実際に作業する授業も結構あるから、前屈みになることが多くて、緩い胸元からブラジャーもよく堪能できたんだよ(sちゃんはピンクが好きで、下着はピンクが多かった)





でもまぁやっぱり他の男子も同じことを考えるから、俺以外のやつもSちゃんのブラチラはよく見てたし、男子間でも「超見えるよな!」なんて話はよくしてた。









でもそんなとき、俺にチャンスが回ってきた。



夏休みの途中に文化祭があるんだけど、それの実行委員にくじ引きで俺とSちゃんが選ばれたんだ!



まぁ夏休みに入ってからも学校行って準備しなきゃいけないから面倒くさいんだが、sちゃんと二人で作業できるっていう最高のシチュエーションに当然期待は高まる(´∀`*)





準備っていうのは文化祭のデカイ看板を作るっていうもので、その作業は看板を床に置いてやるんだ。

もうわかると思うけど、案の定Sちゃんと向かい合って作業するときは緩いTシャツから胸が丸見えなわけですよ♪



いつもの授業ではチラチラ見ることはできるが、回りの目も気になってそんなにちゃんとは見れない。

でも今は二人しかいないからガン見し放題なのです☆



基本Sちゃんは真面目だから作業に集中してるし、「暑いね~(^_^;)」なんて喋りながらも目線は看板だから俺の視線には気づかない。

俺はバレないように、かつこのチャンスを逃さないようにじっくり楽しませてもらいました♪



Bカップ位だけど、少しはある膨らみや谷間に下半身を抑えるのも一苦労。二週間くらいほぼ毎日だったからブラジャーの柄も覚えるし、さりげなく下着のリストを作ったりして「お、今日はこのブラかー」なんて思ったりしてた(・∀・*)





そしてそのブラジャーの中に、たまにサイズが合ってないようなやつとかがあるんですよ。



最初にそのブラに気づいたときは、「これはもしかすると・・」と思い、いつも以上に見る角度を調節して覗いていました。いつもよりも奥の方まで見えるSちゃんのおっぱいに興奮しますが、それでもやっぱり先っぽまでは見えない、、



「まぁここまで見えれば十分だけど」なんて自分で納得してたんですが、ふとSちゃんが何かを探してるようにキョロキョロしてる。



俺の方に置いてあったハサミを探してたみたいで、取ってあげようとしたんだが「あ、取れるから大丈夫だよー」なんて言って、自分で手を伸ばして取ろうとしてる。







その時、俺に神が舞い降りた。。









前屈みで思いっきりこっちに手を伸ばしてるから、ブラの隙間がさっきまでより大きく開き、Sちゃんの乳首が見えてしまったんです!(*≧□≦)



貧乳ゆえにハリのある小さな膨らみの先にちょこんとある可愛いピンクの乳首。乳輪は小さく超キレイでしたww







少しの間でしたがついに見えたSちゃんの可愛い乳首。。まさか乳首を見られたなんて思わないsちゃんの無邪気な笑顔の相乗効果が俺の股間を刺激します。







それからは、Sちゃんがサイズの合ってないブラを着けてると気づいたときは、Sちゃんが使いそうな道具を俺の近くの、ギリギリSちゃんが自分で取れる、という位置にさりげなく置くようにし

てその後も何回か乳首を拝むことが出来ました(゜∀゜)







詳しくは書きませんでしたが、Sちゃんがミニスカートで来ているときは、向かい合って座ってるので足を組み換えるときにパンツも楽しめました☆(見えるのは分かるだろうに、俺のためにミニスカ履いてたとしか思えない。いつも生パンだったし。)







これで暑い夏に起きたラッキーでハッピーな一時の話を終わります。



出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】ついに見えた 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ