相互リンク先の更新情報!

【友達】バイト先で盗撮 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺は二十歳の大学生で某ファーストフード店でバイトしてるんだけど、先日そのバイト先で盗撮に成功した話を書いていく。



そのバイト先ではちゃんとした更衣室というものがなく、着替えるときは事務所の一角に用意してある場所でカーテン閉じて着替えるんだ。



んでそれが男女兼用なのね。

だからそれを利用して、女子スタッフの着替えを盗撮しようと考えた。



俺とよく同じ時間帯に入るスタッフの中に一人小柄で可愛いMちゃんっていう女子高生の子がいるんだよ。

高校二年生って言ってたけど、そのくらいの子って年上の男に憧れやすいみたいで、俺は結構慕われてた。



「○○先輩彼女いるんですか~?」とか可愛い笑顔で言ってきたりするんだけど、向こうも別に俺に恋愛感情があるわけではない。

単に年上の男性ってのがいいだけだから、俺も普通に可愛い妹という感じで接してた。










まぁでも恋愛感情はなくともこっちはもちろんエロい目で見ちゃうわけで、

バイトのユニフォームはポロシャツなんだけとたまにブラジャーが浮き出てたりするし、

いつも高校の帰りにバイトに来るから制服のスカートから見える太ももにムラムラしてた。





ってことでターゲットをその子に決め、作戦を決行したんだ。





作戦って言っても単純なことで、上がりの時間が一緒だから



俺が先に更衣室で着替える



その時に、事前に用意しておいたレンズだけ出てる様にカモフラージュしたデジカメをビデオ撮影モードにして、ロッカーにバレないように設置(俺のロッカーは一番下だから見つかりにくい。ローアングル的な角度になる)



んで音が出ないように撮影をスタートさせて、更衣室を出る



次にその子が入って着替える



撮影中



その後ロッカーに忘れ物した体でカメラ回収



大勝利





ってな感じ。単純だがまさかそんなことするとは思わないから効果ありだとおもう。







ということで同じように作戦開始!



カメラ設置を済ませ、着替えを終え、次にその子が着替えに入るのを待つ。











・・と思ったら先に別の男スタッフが着替えに入ってしまい予定が狂う。むさいオッサンの着替えを撮影することになった。ふざけるな。









そいつが着替えてる時間がめちゃくちゃ長く感じたが、やっと終わって出てくる







そしてついにMちゃんが更衣室に。





その間俺は帰るわけにはいかないから、ちょっと片付ける振りや、シフト考える振りなどで自然?に時間を潰してた。







今頃可愛い女子高生の着替えの映像が、、とか考えてたらドキドキが止まらない。





そんなこんなでMちゃんが着替えを終えて出てきた。



やっぱり制服姿が可愛い。気づかれないように太ももをガン見する。





その後俺は予定通りカメラを回収し、ダッシュで帰宅。





家につくなり即行で部屋のパソコンにデジカメを繋ぐ。







心臓をバクバクさせながら動画の確認。





まず撮影をスタートさせた俺が映り、



・・しばらくしてオッサンが映る。



もちろんさっさと飛ばし、







ついにMちゃんが入ってきた。





映像は明るく鮮明で、ローアングルからMちゃんの全身がよく見える。



ロッカーに着替えを入れて、エプロンを外し、ポロシャツの裾に手をかけ、一気に脱ぐ。















「よっしゃぁぁぁぁ!」←心の声









ついにMちゃんの下着姿が御披露目しました。

女子高生っぽい可愛らしい白のブラジャー。

小柄だけどさりげなくある膨らみにむちゃくちゃ興奮した。





しかも汗かいたからか、タオルで拭くためにブラを少しずらし

たので可愛い乳首がチラリと見えてしまった☆





下も同じように脱いで、ブラとお揃いの白いパンツが丸見え。





制服のブラウスとスカートに着替える姿が妙にエロく、



もちろん何度も繰り返し見てオカズにしまくった。







それからバイトでMちゃんと会うとその着替え姿が浮かんでしまい、ムスコが元気になってしまうので抑えるのが大変だった。











この盗撮に味をしめ、Mちゃんだけでなく他のスタッフも撮影成功したけど、それはまた別の機会に。





終わり。



出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】バイト先で盗撮 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ