相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】おこぼれにあずかりました【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


少し前のことですが、友人の伸一宅へ新築祝いで訪れたところ、伸一の

後輩らが先にきており、玄関先で帰ろうとしたところ、伸一と奥さんに

「気兼する方では無いので、ゆっくり上がって下さい」

と勧められ、部屋に上がりました。

伸一の奥さんは、6才年下。

小柄のショートカットで胸が大きな可愛い子です。

すでに友人を含む三人は、お酒を飲んでいて賑やかに騒いでいました。

僕も勧められて飲み始め、仕事の話や世間話をしていたのですが、だんだんと

Y談になって伸一の後輩の一人が、最近デリヘルの娘に熱をあげている話を

していると、もう一人の後輩が

「僕、自慢では無いですが、お金でSEXしたことないんです」

と、言ってきました。

確かに彼、亮くんは、タレントの堂本光一似のいい男で彼女が絶えることは

無いだろうと思いましたら、

「僕彼女は最近いません。営業で外回りに行くとそこで頂いてくる。




金はかからないし良く行けば、営業できる」

と言い放ったのです。

伸一たちは大手自動車ディーラーに勤めておりお客の家にも伺う様です。

伸一も後輩も吃驚していた様ですが、その後の行動に唖然としました。

いきなり、ズボンを下ろし亮くんの息子を見せるのです。

黒く逞しい男性自信は、彼の顔には似合わないグロテスクなものでした。

大きさ太さと言ったら、裏ビデオなどで見る外人並みで、手で擦るとヘソは

隠れ、彼の手では握れない太さです。

「これで、どんな娘でも虜ですよ!」

と亮くんが言ったところへ、伸一の奥さんがお酒を持って来て吃驚してお酒を

こぼしてしまいました。

亮くんが

「すいません、どうです!大きいですか?」

と聞くと、顔を真っ赤にしてキッチンへ逃げてゆきました。

その後、三人で

「ほんとデカいよね!」

と言い出し、伸一が脱ぎ後輩と次々に脱いでゆきました。

その後、ズボンを履き下ネタで飲んでいたのですが、酔っぱらいその部屋で

雑魚寝状態で寝てしまいました。

どの位経ったのでしょうか、声で目が覚めました。

目の前には、亮くんの息子をくわえている奥さん、和美さんが居ました。

どうやら、伸一は寝室へ行き、この部屋には亮くんと和美さん、それと寝た

振りしている僕の、三人だけのようです。

後で聞いたのですが、もう一人の後輩は家が近いので帰った様です。

和美さんは、しきりに

「すごい!はじめて!・・・」

を連呼して亮くんの息子にしゃぶりついています。

亮くんも慣れたもので

「どうですか、先輩の品粗なモノでは満足できないでしょう」

「うん。あーー。これが私に入ってくるのね。大丈夫なの?」

「入れて欲しいですか?」

「あーー。欲しい。」

その後、69の体勢に入り亮くんが彼女のおまんこを舐めると、大きな声で

「あーーーーーーーーー」

「奥さん、きれいなおまんこですね。しかしこんなにビチョビチョだ!

スケベ人妻ですね」

しかし、亮くんは胸には殆ど触りません。

僕はもったいない気持ちで、はち切れそうな息子を摩っていました。

はじめて他人のSEXを見て興奮しています。

しかも、デカチンVSデカパイの激しい戦いです。

あまり動けない体勢のまま、ジッと寝た振りをしていました。

その後、長い69から亮くんが離れ、和美さんを四つん這いにさせました。

「入れるよ」

の言葉の後、奥さんの激しい喘ぎ声が彼の息子が動く度に出ています。

「こわれるーー。あーーいーーー。うーーーーー。」

この時とばかりに、僕はたった今目を覚ました振りをしましたが、二人は

気づいていません。

そこで僕から

「何をしているんだ!!」

と声をかけると二人は繋がったまま僕を見て

「あーーん。主人には内緒にして下さい。」

「先輩には内緒にしてもらえますか?○×さんも参加されますか?」

と思わぬ亮くんの言葉に、奥さんも

「主人に内緒にしてもらえるのなら何でもします」

と、同意ももらえたことで初の3P挑戦となりました。

僕は全裸になり、いきり立った息子を和美さんの前に持っていくとしゃぶり

始めました。

「○×さんも、大きい!もー主人じゃ満足できないかも・・」

これが、上手く袋から裏筋を舐めてくるのです。

亀頭も含んでは出し、ちょろちょろと絡みつい気くる舌。

良く亮くんはあれだけ持ったんだと思いました。

どうやら、伸一が教えたらしく挿入よりファラに時間をかける様です。

これでは、若い者より早く出しては情けないので当初からの目標の巨乳へ!

近くで見ると張りもありピンクの乳首は既に固く立っており舌で転がす度に

声を上げています。

おまんこといい乳首といい綺麗な奥さんに

「和美さん、伸一とはどのくらいSEXしてるの?」

との質問に

「あーーん。月1回ぐらいです。でもこんなに凄いのは初めてーーー。

すごいの」

どうやら、伸一とはお見合いで男性経験も二人目。

興味を持ち始めたところに亮くんの凶器を見てしまった様です。

その間も亮くんの息子に突き続けられ、数回いかされ放心状態でした。

彼の息子は口の中へ若い精気を出しました。

僕も、奥さんの回復を待って頂いたのですが、彼より短いのですが太さ

(特に亀頭が大きい)で彼女をいかすことができ年上の体面が保てました。

その後、和美さんの口で果ててしまいましたが、亮くんは再度挿入して

和美さんを狂わしていました。

もう、彼の虜の和美さんに

「どうだ、おれの息子は」

「あーーん。癖になりそう。」

亮くんが腰の動きを速めたと思うと、一気に中に果てた様です。

彼女は気絶してしまいわかっていません。

「僕バイプカットしてますから妊娠しませんよ。しかし、○×さんがされる

前に中で出しちゃうと嫌でしょ」

しかし、どちらから誘ったのか判りませんが、彼女が居間に居たことから

考えて・・・。

和美さんとはこれっきりですが、伸一と遭うのが気まずく足が遠のっていま

す。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【人妻・熟女】おこぼれにあずかりました【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ