相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】温泉で怒られた話 【告白体験談】

カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談
tag:


小学6年生の時、両親に連れられて温泉に行った。

北関東か南東北か覚えてないが、とにかくあっちの方だったと思う。



泊まった旅館はボロかったが、さすが風呂はたくさんある。

嬉しくて片っ端から入ってたら、湯あたりしたのか夕食後に気分が悪くなった。

自分でも馬鹿だと思うが、当時は馬鹿の自覚がなかった。



部屋で少し休んだら回復したんで、夜も遅かったがまた風呂へ。

どう考えても馬鹿だ。床に就いてた両親も「なに考えてんだ」と呆れてた。



実は夕飯前、大浴場の奥に「洞穴風呂こちら」という小さな表示を見つけ、

あとで絶対に行こうと決めてたのに、その前にダウンしてしまった。

翌日に出直して何の問題もないんだが、「洞穴」という言葉の響きに惹かれ、

どうしても夜のうちに見ておきたかったわけだ。








洞穴風呂は大浴場の男湯から少し離れた露天だった。

入るまで気付かなかったが混浴。女湯からはすぐ行き来できるらしい。

俺が行った時は爺さんが一人で湯船に浸かってた。平和な光景だ。



お目当ての風呂はというと…期待外れだった。

洞穴といっても大して奥行きはなく、崖下の窪みにショボい岩風呂があるだけ。

お湯が何筋か、岩の割れ目から滝のように湯船へ注いでるのは珍しかったが、

もっとワクワクする何かがあると思ってた俺にすれば、肩透かしもいいとこだ。



窪みの奥まで行ってみたが、小さな鳥居みたいなのが飾ってあるだけ。

仕方ないんで、お湯が落ちてくる所を見てやろうと岩によじ登ってみた。



「ちょっとボク! そんな所に登っちゃ危ないでしょ!」



険しい声に驚いて落ちそうになった。不意に声かける方が危ないだろっ!

見ると洗い場にオバさんが立って俺をにらんでる。女湯から来たらしい。

無視しても良かったが、ちょっと怒ってる感じなんで渋々岩から降りた。



降りてしまうとすることもないし、せっかくだから湯船に浸かることにした。

爺さんはいつの間にかいなくなってて、さっきのオバさんが独りで入ってる。

軽くかかり湯して、少し離れた所にザブン。



「ほらボク! お湯に手拭い浸けちゃダメじゃない」

「えっ…?」

「マナーでしょ。入り口の所に書いてあるの見なかったの?」



また厳しい声が飛んだ。書いてあるって、そんなもの見るわけない。

というか、いちいち「ボク」と呼び掛けるのが、

なんか餓鬼扱いされてるようでちょっとムカッとくる。まあ餓鬼だけど。



「あ…はい、ごめんなさい」



俺はおとなしく手拭いを湯船の脇に置いた。いくらムカついても、

あの手のオバさんが相手だと、母親に叱られてるみたいで言い返せない。



オバさんは30代半ばくらい。うちの母と同年代か少し若いかもしれない。

声と同様、ややキツめの顔立ちだが、それなりに美人ではある。

まあ、小学生にとって怖いオバさんの美醜なんて、どうでもいいことだ。



「ボク、何年生?」

「えっと、6年生…です」

「まっ、うちの子と同じじゃない」



オバさんの声はさっきより柔らかくなってたが、それでもビクッとする。

そろそろ親とか学校の教師にも反抗したくなる年頃だけに、

最初にキツい声で叱られて主導権を取られたことがなんか悔しい。



オバさんは隣の県から親子3人で来たそうだ。

旦那と息子が寝たんで、自分も寝る前にひと風呂浴びようと思ったという。

俺が湯あたりのことを話したら「馬鹿ねえ」と、ちょっと笑顔になった。



母や祖母以外との混浴は初体験。いくらオバさん相手でも何となく居心地が悪い。

こんな場面で場を持たせる話題もない。オバさんと言葉を交わしながら

俺は岩から落ちてくるお湯の筋に手をかざしたり、頭を当ててみたりしてた。



「ボク、打たせ湯って初めて?」

「うたせゆ?」

「知らないの? ここの岩風呂の売りなのに…」



世間知らずの俺は、細い滝のように落ちてくるお湯の筋が

単なるアトラクションじゃないと、このとき初めて知った。



「ここに腰掛けて…ほら、いらっしゃい」

「あ、はい…」



湯船には打たせ湯を使う客用に、浅くなってる場所がいくつかあった。

オバさんはその一つに腰掛けると、お湯の筋を背中に当てて見せる。

なるほど、そういう仕組みか。俺も見よう見まねで試してみた。



「こうして心臓をお湯から出してると、湯あたりしないわよ」

「あ、はい…」



バシャバシャバシャ…お湯の衝撃が全身に響いて、確かに気持ちいい

…が、俺の視線は別の物に釘付けになっていた。



俺とオバさんは、湯船の角を挟んで斜めに向かい合う位置で座ってる。

お湯の深さはせいぜいヘソ下くらい。オバさんが言うように心臓は浸かってない。

もちろんマナーだから手拭いもタオルもない。ということは…







オバさんの乳房は大きかった。今から思うとだが、Fはあったと思う。

肩幅が広くしっかりした体つきに似合って、胸もギュッと中身が詰まった感じ。

同じ巨乳でも、家で留守番してる祖母のダラリと垂れた胸とは全然違う。

豊かな膨らみの先端には、妖しい血豆色の乳首がツンと上を向いてた。



『うわ…すげぇ…』



6年生といえば急速にエロへの関心が高まる年頃。

母親と同年代のオバさんをそんな目で見るなんて考えたこともなかったが、

家族以外じゃ初めて見た大人の女性のナマ乳は、俺の視線を引きつけて離さない。



俺が年の割に小柄だったせいか、それとも自分の息子と同い年と知ったせいか、

オバさんは体を隠す素振りも見せず、お湯に打たれてた。

体を傾けたるたび、お湯の流れが変わって深い胸の谷間を滑り落ちていく。

お湯の中では、そこそこ立派な太股の付け根に黒い毛の固まりが揺れてる。



さすがにガン見しちゃ失礼だし、また怖い声で「なに見てるの?」と怒られそう。

俺は必死で視線をそらしたが、どうしても横目で見てしまうのが子供の浅はかさ。

『柔らかそう』『触りたい』『乳首ってどんな感触かな』なんて妄想が渦巻いた。

思い出すのも恥ずかしいくらい、不自然な視線と表情だったと思う。



「ふふっ」



オバさんの笑い声が聞こえた。慌てて顔を上げる。

乳房ばかりに集中して気付かなかったが、オバさんは俺を見てた。

それも顔じゃなくて下の方を。



『げげっ、やべえ!』



気付いたときは手遅れ。いつの間にかチンポがピーンと元気よく上を向いてた。

お湯は浅いし透明だから、1メートルほど離れたオバさんから丸見えだ。



「ふふっ、こんなオバさんのオッパイに興味あるんだ?」

「え、その…」

「見たい年頃だもん、仕方ないよね」



怒っちゃいないみたいだが、こっちは恥ずかしさで全身が縮む…股間以外は。

慌てて手で隠そうとしたが、もはや隠しきれる大きさじゃなかった。



「んもう、お風呂なんだから、隠すとかえって変よ」

「え、でも…」

「ほら、こうやって座ってごらんなさい」



オバさんは立ち上がると、湯船の縁に座り直した。

太股や下腹部がお湯から顔を出す。俺は改めて目を見開いた。



「ほら、言われた通りになさい」

「あ、はい…」



最初に叱られて主導権を握られたせいか、従わざるを得ない雰囲気だ。

死ぬほど恥ずかしいが、ここで風呂から出るのも逃げるみたいでなんか悔しい。

叱られて言い返せない子供にも意地はあった。半ば開き直りもあったと思う。



俺は思いきって湯船の縁に腰掛け直した。

今さら隠すわけにもいかず、チンポは元気に天を突いたままだ。



「はい、いい子。へえ、6年生だと結構立派なんだー」

「え、そんな…」



知恵遅れに思われそうだが、実際そんな返事しかできなかった。情けない。

6年生の頃のチン長は覚えてないけど、まあそこそこ大きかったんだろう。

当時はまだ仮性だが、勃ってたから先っぽはズルリと顔を出してたと思う。

毛が生えそろったのは中学の時だったんで、まだツルツルかチョボチョボ…。



「あんまりお風呂で人様をジロジロ見るのもマナー違反よ」

「あ、はい…ごめんなさい」

「今日は許したげるけどね。アタシも見ちゃったし」



高圧的な言葉とは裏腹に、オバさんの口調はすっかり穏やかになってる。

俺はまだビクつき気味だったが、少し和らいだ雰囲気は感じてた。

なのにチンポは収まる気配がない。というか、ますます硬くなってくる。



「うーん、いいお湯」



オバさんは両乳房を腕で支えるように持ち上げ、体をよじらせた。

立派な肉丘がユッサユッサと左右に揺れる。俺はゴクリと唾を飲み込んだ。

意識してか両脚を開き気味にしてるから、体をこっちに向けるたび

太股の付け根の縮れ毛に包まれた割れ目がチラチラ見える。



体をよじらせお湯の当たる場所を変えながら、

オバさんの視線は痛いくらい気張りきった俺の股間に固定してた。

今考えれば挑発してたのかもしれないが、そんなこと子供に分かるはずない。

目の前で揺れるダイナミックな肉体に、俺は経験したことない興奮を覚えてた。



もう少し後の俺ならトイレに駆け込み、自分でチンポを扱くところだが、

当時の俺は「オナニー」という言葉こそ知ってたものの、実体験はなし。

1〜2回、夢精らしきものを経験してたかもしれないが、

体の奥底から湧き上がる劣情をどう処理すればいいか分からない。



打たせ湯でのぼせたわけでもないだろうが、全身がカーッと熱くなり、

湯あたりしたときみたいに頭がクラクラする感覚に見舞われる。



「ボク、そろそろ上がった方がいいんじゃない?」



オバさんが余裕しゃくしゃくの笑みを向ける。俺もそろそろヤバいと感じてた。

ナマ乳は名残惜しいけど、俺は立ち上がった。足元がフラッと来る。



「ほら、危ないわよ」

「…すみません」



俺の足取りを見たオバさんが、すぐ立ち上がって脇から支えてくれた。

当時の俺は150cmあるかないか。オバさんは俺より10cmほど上背があったと思う。

肩の後ろあたりにムニッとした柔らかな肉の感触。

『うわあ…オッパイ…』と思った瞬間、チンポが柔らかな手の感触に包まれた。



「…えっ?」

「こんなにしたままじゃお部屋に戻れないでしょ?」



オバさんは斜め後ろから支えながら、俺の下腹部に片手を伸ばしてた。

勃起を握る手が前後にゆっくり動くと、熱気と興奮と快感が一気に押し寄せる。

思わず「あぁ…」と情けない声が漏れた。



俺の視線の先で、オバさんの顔は怒ってるような喜んでるような不思議な表情。

興奮してるのか鼻の穴が少し広がり、息もちょっと荒くなってる感じだ。



「もう、こんなに硬くして…」



独り言のようにつぶやきながら、オバさんは片手で俺の肩を抱き、

チンポを握るもう一方の手の動きを速めた。全身から力が抜けていく。



俺は崩れ落ちないよう両足を踏ん張りながら体をよじらせ、

俺を支えるオバさんにもたれ掛かる。彼女の肩に顔を埋めながら

反対側の肩をつかもうとしたら、手がズルリと滑って豊かな乳房を握る形になった。



触りたくて仕方なかった乳房は、想像したより硬いような柔らかいような触感。

俺は興奮状態で膨らみを握り締め、指の腹で乳首の感触を確かめるように揉んだ。

オバさんの手の動きが激しさを増す。「はぁ…はぁ」と荒い息づかいが聞こえる。

下腹部の奥底から何かがこみ上げる異様な感覚が襲ってきた。



「あ…なんか出そう…」



オバさんは肩を抱いてた手を伸ばし、俺の小さな乳首を摘んだ。

鋭い痛みと猛烈な快感。チンポを握る手にさらに力が入った。



「うわあ○%☆$△♪#&ぅっっ!!!」



一瞬、視界が真っ白になった気もする。俺の下半身はガクガクっと痙攣し、

尿道を駆け上がった何かがチンポの先から噴き出した。

俺は体をよじらせたまま、豊かな乳房をつかみ胸の谷間に顔を押し付けた。

狂いそうな気持ち良さと同時に、自分が自分でなくなるような恐怖も感じた。



「すごいね。6年生だと、もうちゃんと出るんだね…」



オバさんは、崩れ落ちそうな俺を優しく抱き締めながら頭を撫でる。

虚ろな目で見上げると、彼女の顔が一瞬だけ女神のようにも見えたが、

すぐ元のちょっとキツめの表情に戻った。



「ほら、ちゃんときれいに流して」



けだるさを全身に覚えながら、俺は自分の下腹部にお湯をかける。

手拭いを拾って男場の方に戻ろうとしたら、オバさんに肩をつかまれた。

えっ?と思って振り向いた瞬間、俺の唇に柔らかな唇が押し当てられた。



「ゆっくり休むのよ」



部屋に戻ってから、あのオバさん、マナーがどうとかうるさく言ってたけど、

風呂場であんなことする方がマナー違反じゃないか、とボーッとした頭で思った。









翌朝になると体調もほぼ全快した。こうなると普通の家族旅行だ。

俺は昨夜の余韻もあって、朝のうち少し頭がフワフワしてたけど。



父は旅館に頼んで朝飯を早めに出してもらい、弁当と竿を抱えて渓流釣り。

仕事人間の父の唯一の楽しみだから、これくらい大目に見ないとな。

といっても、さすがに母も俺も川までは着いて行かない。



父はどうせ夕方まで帰らないし、近くの物産館でも行こうかと考えてたら、

母が「家族風呂に行くよ」と言い出した。高学年にもなって家族風呂はタルい。

父が帰ってから夫婦2人で行けばいいじゃん、と思ったが、

この時間しか予約が取れなかったという。



「たまには親孝行なさい」と強めに言われると逆らえないんで、仕方なく同行。

思春期前の男子には、中年女の声に従う遺伝子でも組み込まれてるんだろうか。





家族風呂は旅館の離れにあった。母について長い廊下を歩いて行くと、

ちょうど前の組が風呂を済ませて出てきたところ。母親と息子らしい。



「お先にいただきました。いいお湯でしたよ」

「あら、それは楽しみだわ」



母親同士が軽く会釈して言葉を交わす。ふと顔を上げて見た向こうの母親は、

眼鏡をかけてるが、昨夜のオバさんだった。湯上りのせいか少し上気した顔。

向こうも俺が分かったらしく、視線が合うと意味ありげにニヤリと笑い、

横にいる男の子に腕を絡めて歩き出した。



男の子は俺と同い年だったか。背が高くて母親と変わらないくらいある。

母親と正反対におとなしい感じで、頬を赤らめ親にピッタリ寄り添ってた。

仲睦まじいのはいいけど、長湯してのぼせたのか、なんか生気の抜けた顔つき。

そういや昨夜の俺もこんな表情だった…気がするんだけど…



昨夜のことを思い出してちょっとドキドキしたが、うちの母もいたんで

変な気持ちになる前に俺は先を急ぎ、さっさと服を脱いで風呂場に入った。





家族風呂は意外と狭かった。4〜5人も入れば満員になりそう。

湯船は高級っぽい木製で、大人好みの落ち着いた雰囲気なんだろうが、

小学生男子には物足りない気がする。



まあ、風呂は入ってしまえば同じだと思い直す。

かかり湯して湯船に飛び込むと、あとから入って来た母が声をかけた。



「あら、ここ『手拭いをお湯に浸けるのはご遠慮ください』ですって」

「そんな堅いこと言わないでよ、ママ」



手拭いのマナーは昨夜学んだばかり。ちょっとギクリとした。

律儀な性格の母は肩から湯をかけ、湯船の縁に手拭いを丁寧に置くと、

縁近くの湯船が浅くなってる部分に腰掛けた。半身浴用の段差のようだ。



「1時間も借りてるんだし、肩まで浸かると早くのぼせちゃうでしょ」



言われてみればそうだ。てことは、さっきの親子は丸々1時間入ってたのか。

俺も手拭いを縁に置くと、母の斜め向かいの段差に腰を下ろした。

う〜ん、確かにいいお湯。親子で風呂なんて小学校低学年以来だな。



何年かぶりに見た母の肌は白くて、思ってたよりスベスベっぽい。

昨夜のオバさんみたいながっちり体型じゃなく、少し丸みがあって女性的。

でも、胸はオバさんと変わらないくらい大きい。しかも丸くて柔らかそうだ。

ほんの少し垂れた乳房の先端には、肌よりやや濃い色の乳首が飛び出してる。



視線を下げると、緩やかにくびれたウエストの下に厚い肉付きの尻。

柔らかそうな太股の付け根には黒々とした茂みが見えた。

昨夜のオバさんよりちょっと薄いような気がする。



「なあに? ママの体が珍しいの?」



母が声を掛けた。久しぶりの一緒のお風呂で、少し恥ずかしそうな笑顔。

でも、上も下も隠す気はないみたいだ。子供の前だし当たり前か。

俺は乾いた笑いを返したが、どうしても母から視線をそらすことができない。



『えっ?あれ? どうしたんだろ…』



体内のエネルギーが下腹部に集まるような感覚がする。

チンポが硬さを増し、グググッと上を向くのが分かった。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||

【温泉・混浴】温泉で怒られた話 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

このページの先頭へ