相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】義兄の性癖 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


義兄の性癖



結婚4年目の27歳の兼業主婦です。子供はまだいません。



最近主人の仕事の関係で、昨年の6月から主人の実家に住むようになりました。

主人は男3人兄弟の末っ子で、1番上は結婚して子供もおり、家を建てて実家を出ています。真ん中(29歳)は独身で主人の実家に居ます。

この義兄は自宅で仕事をしているようで(かなり儲かっているとの話)いつも家に居ます。



私は販売の仕事をしており、その日の分がさばければ仕事が終わるため、比較的自由に時間が作れます。このため日々家に帰る時間が違います。



同居し始めて1ヶ月が過ぎた頃、午前中に終わることはめったにない仕事が終わり家に帰った時、義兄のオナニーを目撃してしまいました。

着替えをしようと寝室に向かっていたところ、義兄の部屋が開いていたためチラッと見ると、テレビにはアダルトビデオが映し出され、イヤホンをして激しくアソコをしごいている義兄の後姿がありました。その時は驚いてその場を立ち去り家から出ました。

これが初めの目撃でした。



はじめてオナニーを見てすごくドキドキして夕食時は動揺してしまいました。




その後義兄を見る度「いつも1人でしてるのだろうか」とか「この後オナニーするんだろうか」などと考えてしまいました。



その後、何度かわざと午前中にこっそり家に帰ったりしました。

この好奇心が間違いでした。



何度目だったか、部屋の前を通ると隙間が開いており、アダルトビデオが映し出されイヤホンをして横になっている義兄が居ました。

ドキドキしてその隙間から見ていると、義兄の横にリモコン、ティッシュ、パンティとブラがあるのが分かりました。

下着は誰の物だろうと見た時、ドキッとしました。それは間違いなく私の物でした。

しかも昨日着けていた赤色のセットで、まだ洗濯はしていません。

脚が震え固まりました。



義兄はそれを手に取り、鼻に持って行きアソコをさすり始めました。

そのうちパンティを舐め始め、いっそう固くなったアソコをさすり、ブラを手に持ちアソコをしごき始めました。

そのうち「サキ、サキ、」と私の名前を呼び、「サキ、舐めて、もっと」としゃべり始めました。その姿が怖くなり脚の震えを押さえ家を出ました。



その後顔をあわせてもいつも通りで接してきます。

何か言われるんじゃないかとこっちが動揺してしまいます。

夫の勤務が後2年半、この義兄と暮らすのが苦痛です。





出典:義兄の性癖

リンク:ブログ


告白体験談関連タグ

|||||

【近親相姦】義兄の性癖 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ