相互リンク先の更新情報!

【友達】後輩とスク水拘束ぷれい 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


バイトの後輩とスク水Hした話を。



相手は19歳大学生、見た目はAKBの峯岸みなみを整えた感じ(以下みなみ)

俺は21歳大学生で、バイト先でみなみと出会った。

(みなみは彼氏有り)

帰り方向同じだったんで一緒に帰るようになって帰り道に食事したり、バイトまで一緒に漫喫で時間潰すような仲に。

ある日漫喫の個室で過ごしてる時に彼氏のこと聞いてみた。



俺「ねえ?」

み「何ですか?」

俺「彼氏どんな人?」

み「今28の社会人です。遠距離なんですけど。」

(結構歳が離れてる事に驚きつつ)

俺「へー…結構歳離れてんね…そんなんどやって知り合うの?モバゲとか?」

み「いや、JKん時のバイトです。モバゲってヤリ目の人しかいませんもん。」




俺「(マジか!上手くやったな彼氏!そんな歳離れた女を!)

み「けど、アタシが大学入ってすぐに転勤決まっちゃったんですよね〜(みなみは大学2年生)」

俺「そか、寂しくない?」

み「時々。それに彼氏最近あんまり電話くれないんですよ〜。電話してもすぐに切っちゃうし」

俺「うんうん」

み「仕事が忙しいとかって言ってるけど電話する暇はあると思いません?」

俺「まあ時間は作ってほしいよね」

み「それに久しぶりに会っても簡単なHしかしなくなったし…」

俺「(いきなり下ネタかよ!)どゆこと?」

み「もしかして浮気してんのかなって。前はその…彼氏の言う通り色んなカッコでしてたのに…

がんばってたのに…今はアタシが口でしてあげるだけとか…」

俺「(コイツいきなり何言ってんだ…)うん、どんな事してたの?」

み「…あの、彼氏軽くロリコンだと思うんですけど…制服とか授業で使ってる水着とか着るように言われたり…下着もTバック履けとか…」

俺「(そりゃアンタ軽くじゃなくてガチロリですがな!)そっかぁ…そんなん好きな人多いもんな(俺含む)」



すでにこの段階で半勃起。

そして個室であるのをいいことにエロモードに。



俺「ねえねえ?」

み「はい?」

俺「今もかわいい下着つけてんの?」

み「いや、普通ですよ?」

俺「普通って?」

み「いや、普通って普通です」

俺「わかんない」

み「いや…普通の上下で」

俺「ん〜どんなの?」

み「あの…」



この時点でみなみもエロい空気を感じとったらしく軽く逃げ気味



俺「あのさ、わかんないから…見せて!」

み「はぁ!?いやいやいや、何言ってるんですか?」

俺「いいからいいから、声出したら隣に聞こえちゃうよ?」

み「ちょっと…」



体をくねらせて逃げようとするみなみ



俺「大丈夫大丈夫、じっとしてて」

(この時のみなみの格好:サマーセーターに七分丈スキニー)

み「や…」

軽く覆いかぶさってセーターの裾を持ち上げると白地に黒水玉のブラが…



俺「かわいいじゃん」

み「……」



色白で大きさはDカップぐらい?形の良い胸をマジマジと眺める



み「あの…」

俺「何?今忙しいんだけど」

み「(笑)待って!マッテ!おかしいから!」



みなみの言うことを無視して右手を胸にやる。



俺「ねぇ…乳首見ていい?」

み「…ちょっと」



口では反抗的に言いながら、みなみの手には力が入ってない。

恥ずかしそうに顔を背ける表情がエロい。

そのまま左胸のブラを半分浮かせると白い胸の上にピンク色の乳首が見えた。



俺「おっぱいかわいい★」

み「………」



抵抗を諦めたのか力を抜いてなすがままのみなみ

ソファーに座ったままのみなみの上に跨がって軽く抱きしめる。

みなみの肩に顎を乗っけた状態だと、スキニーの隙間から…おしりも見えるんじゃ?

それに気付いて抱きしめたまま背筋に指を這わせる。



み「ん…」



そのままニ、三回ゆっくり背筋に右手を這わせる



み「んん…」



声を出さないように我慢したみなみの鼻息が首筋にかかる。

我慢してる様子が可愛くて余計にアレが硬くなる。みなみも多分気付いてるはず。

そしてそのままスキニーのベルトループに右手をかける。



俺「今度はパンツ見るよ?」

み「…んぅ〜」



恥ずかしいのか言葉にならないみなみ。

この時点で確信したけど、みなみってM。強引に来られると断りきれないし強引に扱われたいタイプ。

デニムを引っ張り、その隙間から中を見るとブラと同じ柄のパンツが。



み「やぁ…」



構わず引っ張り続けると更にヒップラインがあらわになる。



俺「Tバックじゃないじゃん?」

み「だって…」



恥ずかしがった顔にSっ気が目を覚まして止まらなくなりそうになったその時



「アハハハハハ!ウケる〜!」



突然ギャルが個室の扉の前を横切り、その大きな声で急に我に戻った二人。



俺「…………あ…そろそろ出る?」

み「…はい(照)」













そして、数日後。

みなみとメールのやりとりの流れから…



『じゃあ家に泊まりに来ます?』



…キタ。



この前のちょいエロの流れを踏まえて誘うってこたぁ…キタね。わかって誘ってるね?



期待に胸を膨らませてお泊りセットの中に秘密兵器を忍ばせて家を出ました。

(俺はAVマニアです。色んな秘密兵器を持ってます。この後エチーの時に男優みたいなセリフ吐きますが仕様です。)



−PM7:00頃−

ピンポ〜ン♪ガチャ…



み「は〜い」

俺「来たよ〜」

み「どうぞ〜♪」



玄関すぐにキッチン、ドアがあって奥にベッドやらがあるオーソドックスなワンルーム。

みなみのお父さんは毎日朝早く起きて働いて、この部屋の家賃仕送りしてんだろうな…

そんな部屋に上がりこんで俺は…



パパありがとう!

みなみは俺が大切に○○します!



☆みなみ父に感謝の念を抱きつつ部屋に上がります。今日のみなみはミニスカにTシャツ。可愛い。

けど男を部屋に呼んどいてミニスカにブラ線透けてる服とか何されても文句言えないよね?。荷物をベッド脇に置いて、みなみが近寄ってきたその瞬間…



ギュッ…



み「え?え?え?」いきなり力強く抱きしめられたみなみは状況を理解できてない様子。

驚きのあまり身動きできないみなみを構わずそのまま抱きしめる。

み「あ、あの…」

俺「…黙って」無言でみなみを見つめる

俺「…眼、とじて」

覚悟を決めたのか静かに目を閉じるみなみ。脈が早くなっているのが伝わってくる。

抱きしめられて顔を真っ赤にしたみなみとキス。唇を軽く合わせて柔らかさを楽しんだ後、両手でみなみの顔を包んで唇を押し当てる。

み「んん…」

そのままみなみの口の中に舌を差し込む。

み「ぁ…ん…

みなみが感じた時の声ってやっぱり可愛い。もっと聞きたくなってみなみの舌先と俺の舌先を触れ合わせる。

触れ合った舌先を絡めると、みなみもだんだん積極的に舌を絡ませ応えてきた。

力を込めて俺を抱きしめ返し、俺の口唇を舌先で舐め上げ、お互いに舌を吸い唇を堪能する。

み「ああ…」

強引に唇を奪われ、目を潤ませた表情に欲情した俺はみなみをベッドに突き飛ばす。

急に突き飛ばされたみなみが切なそうに俺を見上げる。やはり少し乱暴に扱われるぐらいが好きみたい。

仰向けになったみなみの耳元で囁く

俺「どうしたの?顔真っ赤だよ?」

み「やぁ…」

恥ずかしそうに目を閉じるみなみ。そのまま顔を逸らそうとするが片手で引き戻しまたキスをする。

今度は口唇だけでなくみなみの頬にもキスし、次いで耳にも口唇が触れると声が漏れる。

俺「ね?耳イイの?」

み「んん…」

俺「まだキスしただけなのに耳まで赤くなってるよ?」

み「ぁん…」

耳だけでなく顔を赤くしてなすがままのみなみの姿に虐めたい気持ちに駆られる。耳元で囁き、そのまま耳に舌を挿入する。

み「んっ…ぁあん!」

耳穴で感じる舌の感触に身をよじらせて反応するみなみ。我慢できなくなって声が漏れる。

みなみが体をよじらせるのに合わせて俺も動き、丹念に耳穴に刺激を与え続ける。

み「ああぁ…!」

ベッドの上で喘ぐみなみを両腕で押さえつけ耳を責める。

俺「だ〜め、逃がしてあげないよ?」身動きとれないみなみの耳たぶに歯を立てる。

み「あ…ぁん!」既に息遣いが荒い。

Tシャツに手をかけて脱がせると光沢のある水色のブラ、続いてミニスカートを脱がせるとブラとセットのショーツが顔を出す。



俺「俺とこんな風になるのわかっててちゃんとかわいい下着つけてくれてたんだ?」

み「や…そんなことない!」

俺「ふ〜ん?」ニヤニヤ

俺「じゃあ、やめとく?」

み「………」

俺「どうなの?」

み「……いじわる」

俺「やっぱりエッチだね」

口で嫌がってても虐められてる時の方が明らかに感じてる。

俺「ねえ、ロリコンの彼氏とする時はスクール水着着るんだよね?」

み「…?」

俺「着てよ」

み「…え?」

俺「あるんでしょ?」

み「……ホントに?」

俺「シャワー浴びてくるからその間に着といてね」

み「……」





シャワーを済ませ部屋に戻るとみなみはベッドで布団を被っていた。ぱっと見ると普通に寝てるようにしか見えない。

が、布団を剥ぎ取ると、みなみは言われた通りにスクール水着に着替えていた。

俺「恥ずかしい?」

俺の方を見て黙って頷く。

俺「か〜わいい★」

まだ高校生にしか見えない童顔のみなみ。スクール水着のせいで幼児体型気味の体のラインがはっきりわかる。

俺もバスタオルを巻いたままベッドに上がり、水着の上から胸を撫でる。

水着越しに乳首が立っているのを確認し、撫で回す。指が乳首に通過する度に腰をもぞもぞと動かし小さく声をあげる。



俺「四つん這いになって…」



恥ずかしそうな表情ながらも従順に従うみなみ。触りやすいようにちゃんと足を開く。

四つん這いの態勢で突き出されたヒップラインを見て一段とペニスが熱を帯びるのを自覚する。

俺の指がヒップラインから徐々にヴァギナをなぞるとびくびくと細かくヒップを震わせ反応した。

四つん這いのみなみと高さが合うように膝立ちになり「じゃあ俺の舐めて」とフェラチオするよう告げる。

俺に命令されるのに慣れてきたのか四つん這いのままバスタオルを取り素直にペニスに舌を這わせ、先っぽをチロチロと舐め、亀頭に舌を絡ませ袋を口に含み裏筋を舐め上げた。

俺がベッドに仰向けになると今度は太股、足の付け根を舐め上げ、乳首、首筋、耳に舌を這わせる。

こちらの反応を窺いながら小刻みに舌を動かす丹念な奉仕。

俺の顔を見つめ、満足そうな表情を見てとると更にいやらしく舌を使う。

俺は愛撫を受けつつ手探りでベッドの下の鞄からネクタイを二本取り出すと、一本で左の手首と足首を、もう一本で右の手首と足首を固定する。

みなみは驚いた表情を浮かべながらも身を任せ、されるがままだ。

スクール水着姿でM字に拘束されたみなみの股の部分を撫で回し首筋を舐めると「あぁっ…」と喘ぎ声が漏れた。

「……はずかしい?けど今から俺のおもちゃにするからね?」

「はい…」小さく返事をしたのを確認し、鞄から電動マッサージ機を取り出す。

スイッチを入れ小さなシミのできた股間に当てると「あ…あ…あぁっ!」と喘ぎ声を漏らし、細かい振動に我慢できず体をくねらせて感じている。

「う…ああぁ!」

反射的に逃げようとするが手足の自由を奪われ身動きがとれない。

逃げられないまま喘ぎ続け、執拗に責め続けるとびくびくと身を跳ねさせ絶頂に達した。



みなみが息を整えている間に鞄からバイブとローションを取り出し、マッサージ機の刺激で熱くなった股間にローションを垂らす。

急な冷たさに驚いたみなみがこちらを見上げるが構わずに右手を水着の横から滑りこませ、ヴァギナを愛撫する。

「うう…んっ」

ローションでぬるぬるになった秘所の感触と、指の動きに合わせて洩れる喘ぎ声を愉しむ。

ヴァギナの中に指を挿し込み、中が充分に潤んでいるのを確認したのち、股間の布をずらすとぱっくり開いた膣口が露わになった。

「こんな恥ずかしいカッコで虐められて感じるの?」

「…」恥ずかしそうに顔を背ける。

「ちゃんと言わないと、もうしてあげないよ?このおまんこどうして欲しいの?」

「……」

「…ふ〜ん?言わないの?嫌なんだったらやめようか?」

「…」

「どうする?」

「…おちんちんいれて…」

「聞こえない」

「……おちんちんいれて」

恥ずかしがってはいるが、目を潤ませ縛られたまま責められるの待ちわびる顔だ。

「縛られたまま『おちんちんいれて』てお願いするなんてエッチだね」

耳元で囁くと口をぎゅっと結び、泣きそうな顔で俺の目を見る。その表情がさらに俺のS心を刺激する。

「けど、すぐに返事しなかったらまだあげないよ?」

そう告げてバイブのスイッチを入れる。

ペニスを模した形のバイブが円を描くように動き、根本から突き出たナメクジ状の部分が細かく振動している。

股間の布をずらし、不安げな表情を浮かべるみなみの膣口にバイブを押し当てる。

バイブの円運動がヴァギナの唇を押し広げて中に侵入すると「あ…あ…あぁん!」とみなみは今までより大きな喘ぎ声をあげて反応する。

そのままヴァギナがバイブを奥までくわえ込み、細かく振動するナメクジがクリトリスに密着しているのを確認すると水着を元に戻し、みなみを観察する。

まさかみなみの彼氏も自分の彼女がスクール水着姿で手足を縛られ、バイブを突き立てられてるなんて思いも寄らないだろう。

そんな事を考えながらみなみの淫靡な姿を、頭から足の先まで眺める。

俺の視線を感じ、顔を背けるみなみに覆いかぶさり再び舌を絡めながら水着越しにバイブを掴み刺激する。

「ふあぁっ!」重ねた口唇から息を漏らすのも構わず、更にバイブを動かし責めたてる。



「あ…あ…ふあぁぁ!…あ…いく…いく…いくぅ!」

息が荒くなり、また絶頂を迎えようとするみなみ…が、そこでバイブのスイッチを切り、ゆっくりと抜きとる。

「いや……なんで?…いかせて…」

恥じらう事も忘れ泣きそうな顔で続きをせがむみなみの前にペニスを突き出す。

「ほら、これが欲しかったんでしょ?今度はちゃんとお願いして?」

ペニスを向け意地悪く微笑むとみなみが泣きそうな顔のまま懇願する。

「おちんちんください…」

「聞こえないよ?」



「かたくておっきい俺先輩のおちんちん挿れてください!」



我慢できないのか声を抑える事もせず、はしたない言葉を口走っている。

童顔でよく笑い、普段はそんな素振りを全く見せないが、やはり恥ずかしい命令されるのが好きなマゾだったようだ。

台詞がかった言葉使いもどこで覚えたのか、彼氏かそれとも他の男に仕込まれたか…何にしろ少しづつ本性を見せ始めたみなみに倒錯した興奮を覚えた。

割れ目がはっきりわかるほど食い込んだスクール水着をずらし、先ほどまでバイブをくわえこんでいたヴァギナにペニスを挿入する。



「あ…あ…あ…あぁぁぁんっ!



縛られ身動きとれないまま嬌声をあげ、それでも舌を伸ばしキスを求めてくる。

「ぶぁ…あ…ふぁんっ!」キスしたまま膣内で自由に動き回るペニスの動きに喘ぎを漏らす。

そのまま上半身を動かし首筋に舌を這わせ、水着の脇から乳首を愛撫すると更に高い声で応える。

「あああぁ!いく…いく…!」

更に息遣いが荒くなり、苦しそうな顔を見せる。いつの間にかみなみも自ら腰を動かしている。

だんだんとみなみの締め付けが強くなり限界が近づく。より一層締め付けたかと思うと…

「あ…あああああぁぁぁ!」



大きく声を上げ、びくんびくんと痙攣しながらみなみが果てた。







その後、みなみは彼氏と自然消滅。

変態AVマニアの俺が美味しくいただきました。





出典:他人の彼女や人妻を寝取った体験談5人目

リンク:URL:=


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

【友達】後輩とスク水拘束ぷれい 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ