相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】輪姦 【告白体験談】

カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談
tag:


わたし、30歳主婦。結婚5年です。童顔で、25歳以上には見られたことがないんですけど・・・。

主人ともそろそろ倦怠期、というかんじでこのサイトに訪れるようになりました。

この伝言板も他人事で、でも刺激はされるのでよく見に来てたんですけど・・・。

まさか、自分をネタにするめに遭うとは思ってもみませんでした。このサイトの私書箱で知り合った男性とわりと、

定期的にちかんプレイをしてたんです。某路線で。その日もプレイを終わって、彼はそのまま列車で帰って行き、私は自宅にもどるため、

その路線の反対方向のホームに向かうため歩いていました。エスカレータを登り切ったところで、いきなり肩を抱かれ、腕をつかまれました。

私はてっきり彼かと思い、「帰らなくていいの?」とたずねました。ところが、彼とはにてもにつかない声が私の耳元にこう、言ったのです。

「おねーちゃん、楽しそうなことしてたな。俺にも 楽しいことさせてくれよ。」視られていた?私は凍り付いたようにその場で立ち止まりました。

もうひとり、男がやってきて、わたしの腰を抱き二人にひきずられるようにして、むりやりその駅の改札を出ました。

しばらく歩いて、人気のないところに来るといきなり目と口にガム・テープを貼り付けられ、手足もガムテープでぐるぐる巻きにされました。

男2人に抱えられるようにして、車にほうりこまれました。どうやら、ワゴン車らしく、車の中にも何人かの気配がしていました。

車が走り出し、どのくらいの時間がたったでしょう。車は止まり、わたしはまた、手荷物のように運ばれてベッドに転がされました。

男たちは手足のガムテープを剥がすと(痛かった・・・。)両手両足を、縛って、広げさせました。ベッドの四隅にヒモを結びつけたのだとおもいます。

そのまま、さいしょに話しかけてきた男が私の上にのしかかってきました。セーターとブラジャーをたくし上げ、乳房を露出させると、

片方を噛み、片方を片手で乱暴に揉みはじめました。もう片方の手をスカートの中にいれると、パンストをいきなり引き裂きました。




「おねーちゃんパンティ穿き忘れてきたのか。」そう、私はちかんプレイのときはいつもパンストだけで彼の愛撫を受けていたんです。

「濡れ濡れだ、大丈夫だな。」男は独り言のように言いました。いきなり、固い異物感が下半身に挿入ってきました。しばらく動かし、

男は私の顔に熱い液体を放ちました。「なんだよ、ずいぶん早いじゃないか。たまってたんか?」他の男の声がしました。

「このねーちゃん締まり最高だぜ、我慢できるんならしてみろよ。」そういって、男は私から離れました。

いま、ちゃちゃをいれた男が「どれどれ?」といいながらのしかかってきました。両方の手でちぎれそうなくらい乱暴に乳房を揉みながら、

いきなり挿入してきました。「ほんとだ、締まる・・・。」私は意識して締めて居たわけではないのですが、

もともと狭いのと、緊張していたせいでしょう。次の男もあっというまに、私のおなかに放ち果てました。

それからは、おとこたちは無言でかわるがわる私の上にのしかかり、顔や手やおなか、胸・・・体中に精液をまき散らしました。

(中出しされないだけましよ・・・。)わたしはそれだけを考えていました。いったい何人の男がその場にいて、

何度犯されたかもわからないまま長い長い時間のあと、私は着ていたもの(すべて精液まみれになっていました。)を脱がされ、

裸の体にジャージの寝間着のようなものを着せられて、また、車にのせられました。冷たいコンクリートの上に、置かれて車が走り去ると

私は目と口のガムテープを剥がしました。回りをみまわすと、自宅のマンションの前でした。すでに夜があけていました。幸い人通りはなく、

予備に隠して有る鍵で部屋に戻ってきて、いま、これを書いています。主人は寝ています。私が気まぐれを起こして実家に泊まりにかえる

(と、いう口実で、男遊びもしていました。)のは日常茶飯事なので心配もしなかったのでしょう。

わたしが、ちかんプレイをしていること、ここに住んでいることどうやら、後を付けられて調べられていたようです。

全く計画的とした思えませんから。「おねーちゃん、また、楽しいことしような。」車が走り去るまえの捨てぜりふがまだ耳に残っています。

私は、これからいったいどうすればいいのでしょうか・・・



出典:輪姦

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【乱交・王様ゲーム】輪姦 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月20日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

このページの先頭へ