相互リンク先の更新情報!

【妹】花泥棒 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


ちょっと話が長くなるが勘弁してもらいたい。

俺は工務店を経営している、社長といえば聞こえは良いが社員3名の小さな会社だ。

不況の波を受けて苦しいことは確かだが、それでも独立して8年、なんとか持ちこたえている。



独立して間もない頃、大手建築会社に仕事をもらいに行ってたんだが、ここはもともと俺が勤めていた会社で、元上司や元部下なんかに小さな仕事でもいいから回してもらいに頭を下げてまわっていた。

まあもともと勤めていた会社だから仕事の段取りとかは知っていたし、仕事の隙間を埋めるような作業も率先して受けてたんで、使い勝手が良いと思われていたみたいでちょくちょく仕事を回してもらっていた。



1年ほどしたころ、いつものように伺ったところ、すごい気になる受付嬢がいた。

美人なんだが、どこか幸薄そうな雰囲気に俺は一発でやられていた。

初対面にもかかわらず「こいつは俺が守ってやらねば」という使命感に燃えていたw



よく仕事を回してもらっていた元上司には「接待」という単語こそ出さないが、事実上の接待で良く飲みに誘っていた。

接待というとキャバだとか風俗を想像するかもしれないが、実際にはそこいらの赤ちょうちんで軽く一杯呑みながら、元上司の愚痴やらを聞いて気分良くなってもらうのがほとんどだった。

だってキャバだとか風俗に連れていけるほど儲かってないし、たま〜に連れて行くから有難味もあるってものよw






で、その時はなんとか受付の美人と近付きたくて、元上司にも「受付の女の子も誘って飲みに行きましょうよ。」なんて下心満載のことを言っていた。

この元上司には会社勤めをしていた時から可愛がってもらっていて、俺の性格も良く判っていたと思うし、俺の下心も気づいていたとは思うが快く受付嬢も誘ってくれた。



受付嬢2人と俺と元上司の4人で、ちょっと小洒落た居酒屋で食事を楽しんだ。

受付嬢の1人は昔から知ってる人で、気さくに話もできる仲だった。

もう1人の女性が名前は「沙織」といって、その時は新入社員だった。

もう明らかに俺が「沙織」を気に入っているというのはバレバレだったが、それでも接待気分だけは忘れずに盛り上げようと必死だった。



沙織はほとんどお酒は飲めなかった。

幸薄そうと感じた通りかなり病弱な体質だった。

それでも沙織が微笑んでくれると俺は心から幸せな気分になれた。



一応仕事を回してもらってる会社の女性社員だから、かなり気を遣いながらも少しづつ距離を縮めていき、3ヶ月ほどで正式に付き合うようになった。

沙織からOKをもらった時、照れくさそうに笑う顔は一生忘れないだろう。

その日の初キス、3回目のデートでの初H、沙織にとってどちらも俺が初めてだったという。

この時聞かされたんだが、沙織は先天的に心臓が小さく不完全なため、激しい運動が出来ないし、恐らく出産には耐えられないと言っていた。

今後たとえ結婚しても子供は期待しないで欲しいと言われた。



これほどの美人でありながらこの時まで処女だったのは、SEXに対して恐怖感もあったろうし、実際あまりに興奮すると胸が痛くなると言っていたのでそれほどHに積極的でなかった。

ただその分キスだけはたくさんした♪

キスだけで幸せな気分にもなれた。

俺は沙織を一生守って見せると誓い、結婚の申し込みもした。



実際いろいろあったんだが、それから1年後に結婚することになった。

俺の人生で一番幸せな時期だったかもしれない。



結婚するに当たり、沙織の家族と一緒に住むことになった。

沙織の家族は母・沙織・忍(義妹)の3人で父はずいぶん前に亡くなっていた。

それでも亡き父が残してくれた一軒家は大事に使われていたし、女性2人で暮らすとなると不安があるとのことなので、結局俺も一緒に住むことになった。

それまでは工務店の奥に3畳ほどの俺の生活スペースを作っていて、そこで生活をしていたから仕事とプライベートの区別なんてものはないに等しかった。



沙織の実家に住むようになって、それまでとは違う人間らしい生活を送れたような気がするw

義母は女手一つで娘2人を育てて、仕事もしていたが朝食だけは家族全員で必ず取る習慣があった。

沙織に似て美人なんだが色白で少し病弱そうだった・・・が凜としていて意志の強さは感じられた。

義妹の忍は当時大学生で、しまいらしく沙織に似ているんだが健康そうな明るい女性だった。

なんていうかこの家族のムードメーカーといった感じか?忍がいるとその空間がパっと明るくなるような感じだった♪



もともと女だけの家族だったから、最初のころは忍が風呂に入った後に下着姿でうろついていてドキっとさせられることも何度かあったw

女として意識して無いってことは無いんだが、あくまで「可愛い妹」として以上のことは考えないようにしていた。

一緒に暮らしていると、些細なことでドキっとさせられることは多かったが、沙織を裏切る気持ちは全くなかった。

忍にも幸せになってもらいたかったが、幸せにするのは俺じゃ無いと思っていた。

忍は美人女子大生だからそれなりに恋愛も経験しているみたいだし、遊びまわっていたようだが、外泊することは無かったし朝食は必ず全員で食べていた。



俺はというとそれまで職場と住居が同一だったから「通勤」という概念が全くなかったんだが、結婚してから1時間ほどかけて出勤する生活に肉体的にはキツかったかもしれないが精神的には楽だった。

というか愛する沙織と一緒に生活できることが幸せでたまらなかった。

ただSEXに関してだけは、どうしても沙織の体のことがあるから激しくは出来なかった。



ほぼ毎日2人で抱き合っていたが、キスから始まりやさしくそーっと愛撫をしていた。

沙織は基本的に感度は良好な方だった♪

ただ急激に興奮させると胸が痛くなるから大変だった。

多くの人は経験ないと思うが、SEXの最中に心臓に持病のある人が苦しみだすと尋常じゃない恐怖感に包まれるぞ!

それでも毎日手探りの状態で愛撫を続け、ゆっくりと深いSEXを見つけ出した。

おそらく激しい獣のようなSEXとは対極にあるようなSEXだと思う。



とにかくキスは濃厚に、そして全身をやさしくそ〜っと愛撫する、決して激しくしないで。

どうしても男の習性として、女性がクリトリスが弱いと分かれば集中して激しく責めてイカせようとしてしまうものだが、沙織にそれをやってはいけない。

溢れ出る愛液を掬ってクリに塗り付けながら、ゆ〜っくり、とにかくゆ〜っくりと愛撫を続けなくてはいけない!

キスをしながらとにかくゆ〜っくりと、長い時は1時間近くそれを続けると深〜いそれでいて激しく無い絶頂に到達させることが出来る。

挿入も同様にゆ〜っくりと深くしながら、決して激しくさせずに時間を掛けて繋がっている感覚を楽しんでいた。

ただ男の場合どうしても射精の瞬間だけは激しくしたくなるよねw

だから最後だけは沙織に手コキで扱いてもらい、きれいな胸に発射させてもらっていた。

そして最後に、沙織がキレイなその顔でお掃除フェラしてくれているその時は幸せな気持ちでいっぱいになれた。





結婚して1年ほど経った頃だと思うが、仕事で作業していたある家で植木鉢というには巨大な容器を撤去して処分してほしいと頼まれた。

2000×800でもう花壇と呼んだ方が良い大きさなのだが、トラックに積んでいたそれを見た義母が「捨ててしまうならうちに置かない?」と言って玄関前に設置することになった。

俺は花の種類とか詳しくないから何か知らないが、季節ごとにいろんな花が咲いている様子は、出勤前には心地の良いものだった。



ちなみに当時この家では猫を2匹飼っていたんだが、年齢的なこともあって相次いで死んでしまった。

その直後この花壇ではきれいなユリはが2本咲き始めた。

義母は「ユリってのは球根だから植えなきゃ生えないのに不思議ね。きっと猫たちの生まれ変わりなんでしょう。」と言って大事に育てていた。



それ後、忍が大学を卒業間近となり就職活動をはじめたんだが、俺の工務店も何気に忙しくなり事務職を雇おうかというタイミングもあって忍に働いてもらうこととなった。

それまで男だけの職場だったのが、美人事務員がいるってことで取引先の人たちもやけにウチの事務所で打ち合わせをやりたがるようになったw

大手と違ってウチみたいな小さな工務店は、看板娘がいるってだけでかなり違うんだな。

手配している左官屋や塗装屋のおっちゃん連中に、ちょっとぐらい不利な条件でも忍に「これでどうですか?」と頼まれると「しょうがね〜なぁ〜」と鼻の下を伸ばしながらOKしてくれるもんなんだw

事務所の雰囲気も明るくなり、忍の効果も大きかったのか業績も少しずつ伸びていった。



公私ともに絶好調だったが、好事魔多しの諺通り少しずつ不幸も近づいてきていた。



義母は2人の娘を大学まで出させ、ほっと一息つこうかとしている最中、会社の健康診断で乳がんが見つかった。

1年前の検査では見つからなかったものが、1年で急激に大きくなっているとのことだった。

検査入院から手術を経て、年末は病院のベットで過ごすことになったが、薬の影響もあってかなりやつれていた。

ようやく2人の娘も社会人となり、57歳というまだまだ老け込む年齢でもなく、これからのんびりと趣味の時間も作れると楽しみにしていたのに・・・

翌年6月に静かに天に召されて行った。



ちょうど俺の稼ぎは良かった時期なので、沙織は年明けに会社を辞め母の身の回りの世話をしていた。

娘2人で遺産相続等も問題なく進み、淡々と本当に淡々と時は過ぎて行った。

自分の死を覚悟しながら、薬の副作用に苦しみながらも凛として自分の死後の準備をしている義母を見ると自然と涙が溢れてきた。



喪主は沙織が務めたのだが、初めての経験に戸惑いの方が大きかった。

俺の両親がクソど田舎から出てきて手伝ってくれたのだが、俺の両親を心強く思えたのは久しぶりだった。

立派といえるか分からないが、とりあえず無事に葬儀を済ますことが出来た。



俺は葬儀の翌日から仕事を始めたが、忍は家の整理なんかで1週間の休みを与えていた。

義母の居ない家は、とにかく寂しくて仕方がなかった。

俺ですらそうだったのだから、沙織や忍はその何倍も寂しかっただろう。

でも不幸はこれだけでは無かったし、俺にとっては最大の不幸が待っていた。



葬儀から5日後、仕事中の俺の携帯に忍から連絡が入った・・・沙織の様子が変だという!

その日の朝まで、元気は無かったがいつもと変わらぬ沙織がいた。

忍によると、家の整理をしていたが昼ごろ「体調が良く無いからちょっと寝てる」と言って寝室で寝ていたらしい。

精神的な疲れだろうと思っていたが、18時頃に夕飯が出来たと呼びに行ったら息をしていなかったとのことだ。

急いで救急車を呼び俺に連絡を入れたとのことだった。

俺は慌てて病院に行ったが、すでに死亡診断書が書かれていた。

死因は心筋梗塞だった。



この後さらに惨い仕打ちが待っていた。

経験ある人もいるかもしれないが、たとえ病死であっても医者が立ち会ってない場合は不審死の扱いを受ける場合がある。

今回の場合、義母の遺産と保険金もあるからそういう疑いも掛けられやすく、忍は警察から事情聴取も受けていた。

ただでさえ肉親2人を失った悲しさに加え、自分が疑われているというその悔しさで忍は壊れかけていた。

俺を見つけると人目もはばからず号泣する忍を見て「守ってやらねば」という気持ちが湧いてきた。

結局事件性は無いとのことで決着はしたが、忍の心に大きな傷を残したのは確かだ。



正直言うと俺もすごい辛かったよ。

忍がああでなかったら俺が壊れていたかもしれない。

しかし目の前で壊れた忍を見ると「俺がしっかりしなければ」と泣いてる暇は無かった。

その日の夜に再び俺の両親が出てきた。

もう何をしていいか全く分かって無い俺に指示を出す両親が唯一の頼りだった。



俺が喪主となり沙織の葬儀を取り仕切った。

しかし正直に言うとこのときの記憶はほとんど残って無い。

たぶん心はどっかに行っちまってたんだと思う。

何度か俺の会社の部下から電話があった。

俺がいない間、とにかく一生懸命頑張っていたと思う。

それでも俺の指示が無いと扱えない案件もあって、気を遣いながらの電話があった。

仕事の時だけ俺は心が戻ってきているような感覚があった。

「なんだよ、俺って仕事人間かよ・・・」などと自己嫌悪になりながらも、俺が壊れなかったのは仕事があったからだと思う。



忍よりも先に俺は立ち直ることが出来た。

静かになった家の中、俺なりに忍を励ます毎日だったと思うが、特に恋愛感情とかが生まれる状態では無かった。



そんな7月のある日、玄関先の花壇に2本の彼岸花が咲いた。

もちろんこの花の種を蒔いた記憶も無いし、不思議な佇まいのこの花に、思わず義母と沙織の生まれ変わりではないか?との気持ちが湧いてきた。

出勤前の時間の無い中だったが、急いで忍を呼んでこの花を見せ、二人の生まれ代わりじゃないかと言うと、嬉しそうに微笑んでくれた。

塞ぎ込んでいた忍だったが、彼岸花を見て水を注ぐために早起きをするようになり、少しずつ元気を取り戻しているように感じた。

そんなある日、事件は起こった。



忍に朝起こされ花壇に行くと、根元からポッキリと折られ彼岸花が無くなっていた。

忍は「なんで・・・なんで・・・」と言葉を詰まらせていた。

俺は近所を回り、事情を説明して誰かが彼岸花を盗んだ人を知らないか聞いて回った。

そしてその日の昼過ぎ、お隣さんから近所の家の仏壇に彼岸花が供えられているとの情報をもらった。

その家には前日までは無かったらしいから怪しいとのことだった。

俺はキリのいいところで仕事を早めに切り上げ、夕方には帰ってその噂の家へ行った。



忍と二人でその家に行き事情を説明するも、どうしてもその花を見せようとはしなかった。

まあ冷静に考えればいきなり知らない人が来て仏壇見せろと言われたら怪しいよなw

でもその家のオバちゃんのうろたえ方からしてピンときていた俺は、かなり強引に上がり込み仏壇にある彼岸花を見つけた。

そんなに花に詳しく無い俺でも、毎日2人の生まれ変わりだと信じて見ていた花だから、一目でこれだと確信できた。



オバちゃんは「買ってきた」と言って聞かないが、俺が2人の生まれ変わりなんだと説明する繰り返しが続いた。

そのうちオバちゃんの言い分が「証拠が無いでしょ」に変わり、やがで「花泥棒は罪にならないのよ」となっていった。

俺は今冷静になって考えれば、その時もっと冷静にけんか腰にならずに説明すればよかったと後悔している。

オバちゃんもブチ切れていた。

突然オバちゃんは彼岸花の花を掴み引きちぎり、床に叩きつけ「これでもう返せとか言えないでしょ!」と怒鳴っていた。

忍の悲鳴が聞こえる中、俺は完全にブチ切れていた。



ブチ切れていたがこのオバちゃんに手は出していない。

その代わりこの家の仏壇をブチ壊していた。

冷静さは無かったんだと思うが、目には目をの心境だったのかな?

彼岸花と仏壇が同等だと思ったんかな?

結局警察沙汰にもなっちまったし、前科も付く羽目になっちまったよ・・・





でもこの一件から忍とは盟友みたいな感情が生まれたのかな?

なんか信頼されるようになってきたw

奇妙な同棲生活は続き、まあ形式的にも家族なんだけど、本当の血縁家族のような気がしてきた。



そしてこの年のクリスマス・イブに「お姉ちゃんのスペアでいいから・・・どう・・・」と言われた。

正直まだ沙織のことは愛してる、これはたぶん一生忘れないと思う。

でも忍のことも大切に思っていることも確かだ。

沙織なら許してくれそうと思う反面、呪って出てきそうな気もするw



「沙織のスペアじゃないよ。忍そのものを守っていくよ。お互い出来るだけ長生きしような」と言って初めてのキスをした。

そして初めてのSEX、忍は処女じゃなかったけど、沙織とは違う健康的な肉体が眩しかった。

いたって普通のSEXだったよ。

お互いに寂しかったからじゃ無いと思う、お互いに惹かれあっていたんだと思う。

結婚も意識してはいるが、まだ沙織を亡くして半年じゃ世間体もあるし、会社のこともあるからまだしばらく時間はかかると思う。



そして3年間の沙織との夫婦生活で培ってきたスローなSEXも、だんだん忍にも仕込みつつあるw

ゆ〜っくりとした愛撫はとにかくもどかしいらしく「もっとメチャメチャにして〜♪」とか「お願いだからイカせて〜♪」なんて言うようになる。

俺も初めはその言葉に興奮してその通りにしてしまったが、だんだんと焦らす時間を伸ばしていった。

最終的に沙織と同様に深〜い絶頂を与えてからは、忍のSEX観もだいぶ変わってきた。

少しずつ幸せを感じられる日々となってきたが、あまりに幸せすぎるとまた不幸が来るんじゃないかという不安にかられてくる。

一生引きずるほどの不幸と同等の幸せなら罰もあたらないかw



出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【妹】花泥棒 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ