相互リンク先の更新情報!

【友達】若葉の謝罪 垢BANさせた男へ   【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


471名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/03(月)23:29:25.30ID:NPpHMSTr

たつよ 若葉が謝りたいってよ

お口で謝罪を形にしてくれるそうだ



472名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)04:46:44.33ID:q5PGTXq+[1/2]

結局たつが勝ち組か



473名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/04(火)06:25:48.63ID:sNAcQhgp

リップサービス



474名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/04(火)18:02:02.11ID:f/ICdZcy[1/2]

さすがたつさんだ



475名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/04(火)18:13:54.99ID:f/ICdZcy[2/2]

若葉のヌードだ




へらぬくすが送ってきた



476名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:23:24.37ID:2i4sCsDG

ほんと中学生はおっぱいとかおちんちんとか好きだよなw



477名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:35:18.04ID:q5PGTXq+[2/2]

476

中学生に限らず地球規模で大好きだが



478名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:39:12.21ID:zaKTkeda[1/3]

475

Bカップもなさそうw

貧乳というか無乳?



479名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:42:59.24ID:6Ang0bLO

仰向けになって流れないのは偽乳くらいだぞw



480名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:45:06.82ID:zaKTkeda[2/3]

仰向けだからか

腋は舐めさせるだけあって処理されてそう

首の皺が年齢を感じさせるなw



481名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)18:57:05.82ID:w0hBHxCH

また下らないことを・・・

へらくれすが送ったんだったら書簡うpくらいしようよ



482名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)21:28:43.83ID:zTj1EYXA

475

本物らしいね

驚いた



483名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/04(火)22:37:22.70ID:glj7BhiP

興味ない貧乳だが若葉だと思うと抜けるな

なんか部屋の中がものすごくイカ臭いんですけどw



484名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/04(火)23:26:02.75ID:d9vQVXnH

近頃の厨房は、年増が好きなのかねー

世も末だ



486名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)23:46:53.91ID:wefrDBln[1/2]

今の月下同盟を外野からみると



ブラ三キャバクラ同盟

〜?若葉様がご奉仕しますわ?〜



みたいな印象だわwww

脱いで来期の同盟員を維持しようとしてるのは見え見えだが、はたして若葉はなんのためにブラ三やってんのかと思う



487名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/04(火)23:48:21.22ID:wefrDBln[2/2]

?になってるけどアレはハートな

特殊文字でなるみたいだな



と書いたが、レスするほどでもなかったな

連投すまそ



489名前:JOKER[]投稿日:2011/10/05(水)00:09:57.67ID:4KYMZGuP

送信者

へらくるす(削除済みプレイヤー)

ブラックリストに登録

宛先百鬼夜行,JOKER

日時2011-10-0222:47:29

件名若葉さんのヌードです

本文

馬鹿女ですから

乗せたらホントに送ってきましたよwww

W9Rで自由に使っちゃってください

返信する



490名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/05(水)00:12:18.61ID:5n4jxmBx[1/2]

みんな若葉だと思いたいんだよ



491名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/05(水)00:13:36.13ID:sRpCFP2N[1/2]

ってアングル的に自撮りじゃないのわかるだろw



ほんと中学生は騙されやすいねぇwww



543返信:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/07(金)19:25:18.00ID:0VIVWtC4

534

若葉はもっと色が白そう



544名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/07(金)20:46:02.67ID:oAa1KD5P

ごぇって女子大生なの?



545名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/07(金)20:50:06.19ID:5z7y1Z6W

若葉でドウテイ捨てたい

by JOKER



546名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/07(金)21:23:04.05ID:M6cdowKo

揉みまくるなら巨乳のほうがいいな



547名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/07(金)23:52:53.21ID:+aaJI4+5[3/3]

成人男子の37%が貧乳大好き貧乳じゃないと興奮しないというデータがあるのだよ、毛利君





548名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/07(金)23:57:52.91ID:Nq/dGQZN[5/5]

pink板いけよ基地外



549名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/08(土)19:06:19.25ID:I/9kNy7u

若葉以外にネタないのかよ・・・



550名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/08(土)21:17:12.19ID:qK9ZmhMh

貧乳ネタ=若葉ネタって解釈w 失礼じゃないかw





326名前:若葉[sage]投稿日:2011/09/25(日)00:36:27.44ID:xMc2F9T4[1/5]

断ろうと思えば気軽に断ることができる言葉、つまり断られても傷つかずにすむような言葉を選んで、

オフで会いましょうとたつを誘った。



「たつさんがそんなに反省していたなんて、知らなかったから

 落書きくらいで、アカウントを停止させてしまって、本当にごめんなさい。

 あ、そうだ、その代わりというのでもないんだけど、

 今度、お昼でも一緒にどうですか? 銀座にランチの美味しいお店があるの。

 たつさん育ち盛りだよね。 好きなものご馳走しちゃう。」



書簡にこんな会話を織り交ぜてみると、無邪気に誘いにのってきた。



「え、ほんとですか。でも、なんか悪いなあ。でも噂の若葉さんに一度会ってみるのもいいかなぁ。

じゃあ、お言葉に甘えちゃおうかな。」



銀座のカフェテェリアで始めて顔を合わせたとき、不覚にも、ぽうっとしてしまった。

たつは本当に子供だった。中学生か〜緊張しちゃって、かわいいかも。

顔立ちも整っていてハンサム、ジャニーズ系だった。



オレンジジュースを注文してやると、たつは美味しそうに喉を鳴らして飲んだ。

ありきたりな話をしながら料理を食べた。そのありきたりな話さえ、すぐに尽きてしまうほど

年齢の隔たりは大きかった。しかたなく、そのことを話題にすることにした。



「たつさんは、中学生って聞いてたけど、実際は、お幾つかしら」

「15ですよ。若葉さん僕だけに言わせるのはずるいですよ。・・でも女性に年齢を尋ねるのは失礼ですかね」

「幾つに見える?」

ほとんどパターン化された会話の運び。

「えーっとそうですね。に、じゅう、ご、AKBの篠田麻里子と同じくらい?」

「あれ、たつさん、すごい、当たり!大当たり!って言いたいところだけど、残念、もう少し上」

「そうなんですか?そんな上には見えないです。

 待ち合わせした店で若葉さんを見た時、まさか、この人じゃないでしょ、と思ってキョロキョロしちゃった。

 こんな奇麗なお姉さんだなんて思わなかったから」



奇麗と言われることには慣れていたが、

額に汗を浮かべながら真っ赤になって一生懸命話しているたつを見ていたら、妙に嬉しくなった。



「たつさん、好きな子とかいるの?」

昼間から飲んでいるビールの力を借りて、少し踏み込んでみた。

「そりゃ、いますよ」

「たつさん、格好いいから、もてるでしょ? お姉さんには分かるのよ。」

お姉さんか、来年早々29になる。倍も年上のおばさんのくせに何がお姉さんだろ。心の中で自嘲が止まらなかった。



「もてませんよ。いつも片思いです。」

たつは恋愛話を語り出した。私は相槌を打ちながら、時々質問をしたりして聞いた。

大好きだった女の子に、最近彼氏ができた。たつは告白さえできなかった。

うっすらと微笑みながら話すたつの顔は少し悲しげだった。

「ああ、もう、僕は、今日、めちゃめちゃ遊びたい気分になってきた。」



待ち合わせたカフェからレストランンまで たつと歩いている時、少し後ろを歩くたつから背中や脚に熱い視線を感じた。

向かい合って食事をしていても、時々若葉の胸元を気にしていることにも気づいていた。

だから、思わず言ってしまった。きっとビールのせいだ。

「じゃあ、一緒に遊びましょうか」すごく軽い口調で言った。



327名前:若葉[sage]投稿日:2011/09/25(日)00:41:40.24ID:xMc2F9T4[2/5]

部屋に入って、ドアを閉めると、たつは、すぐに抱きついてきた。

相当気になっていたのだろう。

唇も合わせる前に、真っ先に胸に触れてきた。

手がブラウスの上から、やがて襟の間から入ってきて、乳房を掴んだ。

自分のことしか考えていない稚拙な愛撫だったが、好きなようにさせてみようと思った。

しばらく胸を自由にさせていると、私の反応が気になったのか、たつは私の顔を見て恥ずかしそうに微笑んだ。



「すみません。興奮してしまって。まさか若葉さんとこんなことできるなんて思ってなかったから」

台詞の潔さと、照れて真っ赤になってる整った顔に、不覚にも魅入られていた。

なかなかボタンを外せないたつに代わって、自分でブラウスのボタンを外し、片方の腕を袖から抜いた。

たつの生唾を飲み込む音が妙に艶かしく聞こえた。

好きにしていいよ、という合図のつもりで、手を背中に回してブラのホックを外した。

合図は見事に伝わった。たつは鼻息を荒くさせながら私のもう一方の肩からブラウスを脱がし、

その下のブラも取り去って乳房を解放した。乳房に注がれるたつの視線が痛かった。



自分の身体の中で胸だけは、どうしても自信が持てなかった。子供の頃ボリュームの無さを馬鹿にされたこともあった。

真昼間の明るい部屋で、乳房を露にさせることは恥ずかしかったが、大人としての変なプライドが邪魔して

カーテンを閉めてとは、どうしても言えなかった。

たつは、そんな私の気持ちを知ってか、胸を凝視するのは止めて、乳房に顔を埋めてきた。



乳房に顔を擦り付け、乳首を口に含み、撫で回しながら

「若葉さん、好きだ。若葉さん好きだ」と狂ったように叫ぶ。

何を言ってんの!と冷めた気持ちでいながらも、

体の奥の方で嬉しさが芽生えてきているのも否定できなかった。



男に好きだと言われながら抱かれるのは、久しぶりだった。

私の胸に夢中になってムシャブリついているたつがなんだか愛おしくなって、頭をそっと撫でた。何回も何回も撫でた。

たつは長い時間、柔らかく絡みつくように、左右の乳首をかわるがわる舌で転がし吸い続けた。

私は深い感覚に包まれ、いつの間にか何も考えられなくなっていた。



たつはスカートを脱がそうとして諦め、そのままたくし上げてから、

慌ただしく私の下着を引き下ろした。脚を撫で回され、太ももを舐められ、

私は恥ずかしい喘ぎ声をあげながら、たつの望むままに身体を開いた。

慣れない手つきで性器を弄ばれながら、私は気づいていた。

たつのことが愛おしくて愛おしくて溜まらなくなってきていることに。

たつが中学生だということも、自分が30近い女だということも、どうでもよくなっていた。

私は自分からたつを求め、たつが体重を預けてくると、

挿入しやすいように体の位置を調節し、脚を開いた。



今までの様子からは、とても信じられなかったが、たつは、とても上手かった。

まるで今までが女に慣れていない演技だったかのように上手かった。



私が当てて欲しいと思うところにペニスを当ててくる。絶妙のタイミングで当ててくる。

腰を振り、突きまくりながら、指でアナルにサービスすることも忘れていない。

私はあっという間に逝かされてしまった。

年上のくせに簡単に逝かされて、恥ずかしいと思う余裕さえなかった。

たつは、逝かされてぐったりしている私の股間を割り、股間に顔を沈めてきた。

1度逝かされて敏感になっているクリトリスに吸い付いたまま、その付け根から舌先で転がした。

ぞくぞくした。恥骨の奥まで疼くような感覚に、小水を漏らしそうになった。

私は挿入されることもなく逝かされ、2回目の絶頂を迎えた。

その後は、もう獣のように狂わされた。後から思い返すと恥ずかしさで死にたくなった。

私はただ気持ち良くて喘ぎ狂い、

たつにしがみついて、たつが腰の動きを止めると恥も外聞もなく、おねだりした。

明るい部屋で、中学生の目の前に身体を全開にさせて、好きなように玩具にされ、何度となく逝かされた。



そして、私を何回も逝かせたのに、まだ満足しきれていない若いたつのために、私は唇を使った。



328名前:若葉[sage]投稿日:2011/09/25(日)00:43:49.02ID:xMc2F9T4[3/5]

自分の愛液とたつの精液でテカテカ光るペニスを口に含んで、唇をすぼめて顔を動かした。

たつに気持ちよくなって欲しい一心で、舌を使って袋や脚の付け根まで舐め回した。

自分が信じられなかった。今までの自分では有り得ないことだった。



潔癖症である私は滅多なことではフェラチオをすることはなかった。

過去の男達は私にフェラをさせたくて多大な努力をし、お金も使った、フェラを頑なに拒んだことが原因で別れたこともあった。

そんな私が中学生のペニスを口に含んで必死にディープストロークしていた。

「若葉さん若葉さん」頭を優しく叩かれて我に返った。

「もう逝きそう、入れたい。最後だから中に出したら駄目かな」

私はペニスから唇を外して、顔を上げた。たつの真っ直ぐな眼差しが、私を見つめていた。

断ることなどできなかった。私は、生のたつを受け入れ、思う存分、中に出させた。

SEXが終わって、一緒にシャワーを浴びた。ここでも、たつにせがまれ、たつのペニスを口に含んだ。

たつは顔に似ず、すごくスケベだった。服を着て、さあ帰るよという頃になって

「服を着た若葉さん奇麗だから、少しやりたくなった」なんて可愛いいことを言い出した。

普段の私だったら絶対に許さないはずなのに、たつには逆らえなかった。

私は言われるままに、スカートを自らたくし上げた。

たつは「おお!」と軽く歓声をあげて、私の太ももに頬ずりした。

脚や股間を散々撫で回され、お尻を揉まれ、割れ目にも指を這わされ、

いつしか私は、両手をテーブルについてお尻を突き出すようなポーズを取らされていた。

お尻や脚を撫で回されながら、やっぱり、たつも、私の胸より下半身なのかなと少し残念な気持ちになっていた。

私は胸に自信はないが、男に胸を触られるのが好きだった。どこを愛撫されるよりも一番感じる場所だった。

そんなことを考えていると、突然、たつは胸を触りだした。私の気持ちを察したのだろうか。

たつは、この子は、本当に凄い子だった。私の気持ちを読むのは、これで2度目だった。

胸を揉みしだかれ固くなった乳首を愛撫されながら、たつのために何でもしてあげたい気持ちになっていた。

「たつさん何でもするから。何でもしますから言ってね」私は喘ぎ声をあげながら叫んでいた。

「じゃあ、これを何とかして」たつはズボンの上からもはっきりと解かる勃起を指さした。

私は迷うことなく、たつの前に跪いてペニスを取り出し、口に含んだ。

たつは、私の頭を掴んで、激しく腰を振ると、口の中で果てた。



640名前:若葉[sage]投稿日:2011/10/14(金)21:12:29.97ID:VeZmVhgf[6/7]

たつと愛し合ったあの日から、まだ3週間しか経っていなかった。

それなのに、私は幾度抱かれただろうか。

会う間隔は日を追うごとに短くなり、そのうち毎日会うようになっていった。

私の鼻腔の奥にはたつの汗の臭いが染み付き、いつでも蘇らせることができた。

その臭いのおかげで、もう独りで過ごす夜も寂しくはなかった。

長く続くとは思っていない。そんなことは解かっていた。

そのくせ、たつのいない生活が少しでも頭をよぎっただけで、頭痛と吐き気で死んでしまいそうになる。

私はエステに通いはじめ、5年前まで通っていたバレエ教室にも顔を出すようになった。

若いたつに飽きられたくなかった。だから必死になって自分を磨くしかなかった。



その日、たつは明らかに様子がおかしかった。

私にいつもの優しい笑顔を向けてくれない、私の身体に触れてこない。

痺れを切らせて、私からたつの股間に手を這わせても、のってこなかった。

無理に明るく振舞って、わざとスカートが捲れるようなこともしたが、それも効果がなかった。

どうしたら良いものかと途方に暮れていると、やっと、たつが口を開いてくれた。



「若葉さんお願いがあるんだけど・・JOKER達に会ってもらえないですか?」

やっと口を開いたと思ったら、意外なことを言いだしたので、びっくりした。

JOKERとは何度か書簡をしたことがあり、知らない人ではなかった。

「そっか、JOKERさんって、たつさんと、リア友だったよね。少しびっくりしたけど、別に構わないよ・・・」

快く承諾してあげたのに、たつの表情は、緊張したままだった。

「JOKER達が・・・・見たいって言ってるんです」

たつの言葉は歯切れが悪かった。途中よく聞こえなかったので、少し大きめの声が出てしまった。

「え?何を!」

「・・・・・」

「ぬ、ヌードです。若葉さんのヌードです・・・」

な、何を言ってる?たつは、今、何を言った・・・

私は頭の中が真っ白になった。

ゆっくりと反芻してみる

「若葉さんのヌード・・・若葉さんって・・私だよね?・・ヌード?」

たつは済まなそうに頷いた。

知らないうちに目尻が吊り上っていたと思う。

私が口を開きかけた瞬間、たつは、つばを飛ばしながら説明し始めた。



学校でJOKER達に世話になっていること、学校での力関係、たつの両親がJOKERの父親の経営する会社に勤めているということなどetc…。

話を聞き終わる前に、私は口を挟んでいた。

「だからといって、私がJOKERさん達に裸を見せる必要はないですよね?」

たつは泣きそうな顔になっていた。そんな顔をしても駄目だからね!

「絶対に無理だから!」私は強く言い放ち、すぐに部屋を出ようとした。



ところが、聞き逃せない言葉が耳に飛び込んできた。

「JOKERの彼女に告られて、彼女が勝手にキスしてきたんだ。」

え?なんですって!他の女とキスした???

ようし解かった。説明を聞いてやろうじゃないのよ。



たつはJOKERの彼女に好きだと言われ、キスをされてしまった。

それをJOKERに知られてしまい・・・。

「JOKERさんが怒るのは解かるけど、だからといって、どうして私が・・・」

私は無性に腹がたった。

「ふざけるな〜〜!私は絶対に嫌ですからね!」

気づいた時にはホテルの部屋を後にしていた。





641名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/14(金)21:20:48.16ID:VeZmVhgf[7/7]

帰宅途中はどうにも怒りが収まらなかったが、

家に帰ってから頭が冷えてくると、怒鳴って帰ってきたことが急に不安になってきた。

私は急いで携帯を確認してみた。

たつから謝罪のメールが入ってないか淡い期待をしていたが、着信はなかった。

何時間か待ったが着信はなかった。私はプライドを捨てることにした。

自分から「さっきは怒鳴ってごめんね」とメールを打った。

なかなか返事は来なかった。夜が明けても返事はなかった。朝になって私はもう一度メールを打った。

「昨日は怒鳴って悪かったと思ってます。ですが、たつさんも、酷いと思います。話し合いたいので、今日会えませんか?」

首を長くして返事を待ったが、返事はなかった。昼が過ぎ夕方になった。会おうと思っていた時間はとっくに過ぎていた。

私は思い切って電話をかけた。繋がった。と思ったが、ただいま電話に出ることができませんのアナウンスが流れた。

胸に重たい鉛が落ちたような不安が襲ってきた。このままたつに会えなかったらどうしよう。

私は電話をかけ、メールを打ち、ブラ三に入って書簡もした。その翌日も、またその翌日も返信はなかった。



たつから連絡が来なくなって4日目の夜、不安で眠れずにいたが、知らないうちにウトウトしていたようだ。

私は夢を見た。夢の中でたつが若い女の子と手をつないで楽しそうに歩いていた。

目が覚めると、いてもたってもいられなくなり、取り乱し、パニックに陥った。

混乱から我に返った時には、携帯を握り締めていた。携帯を見ると

『言うとおりにしますので連絡をください』という件名のメールが送信済みになっていた。



642名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/14(金)22:39:08.90ID:+DM+fHi1

続きは?



643名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/14(金)23:52:13.21ID:XC7Pek1l

いい場所でやめるなよw



644名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/14(金)23:55:17.95ID:XrRC+L05

確かに、故意に狙ってるとしか思えない切り方

途中でやめるなら、書くなよなー



645名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)02:34:31.30ID:70KiSaqR

「月下の若葉さんだよね?ちわーす」JOKERは暗い目をした子だった。

「どうもぉ」「ど、どうも・・」JOKERの後に続いて、信長と関樹と名乗る子が挨拶した。

私と目が合うと関樹は顔を赤らめた。たつからはJOKERと信長の二人だけだと聞いていたので、一人多いと思ったが何も言わなかった。



あの日、たつにメールをした日・・・すぐに、たつから電話がかかってきた。

喜んで飛びつくように電話に出た私はたつのテンションの低さにがっかりさせられた。

たつは私のせいでJOKER達との約束を破ってしまい、信用を失ってしまった。

嘘つきだペテン師だと罵られ、学校にも行ってないという。元気のないたつの声を聞いて

私は覚悟を決めるしかなかった。

美容院へ行き、エステのパーフェクトプランで全身エステを施した。

悔しかった。お洒落をして、見ず知らずの中学生に見せるために下の毛まで整えている自分が情けなかった。



JOKER達とホテルでエレベータに乗り部屋まで行く途中から、異様な空気に心が潰されそうになった。

全身には鳥肌が立っていた。若い6つの目が私の身体を無遠慮に眺めていた。

まるで、これから自分たちの前で素肌を晒す女をじっくり値踏みしているようだった。

部屋に入ったとたんに、JOKERが抱きついてきた。

私は驚きを悟られないように、努めて冷静に対応した。

「こういうことは聞いていませんよ」言いながら手の甲をつねってやった。

冷静な私とは対照的にJOKERは真っ赤になって吠えた。

「いってえな。ババア!早く脱げよ!」

「解かっていますよ。私も早く済ませたいので。」

私は着ていたニットに手を掛け一気に脱ごうとした。

JOKERの癇に障る甲高い声が耳に響いた。

「もっと色っぽく脱げよ!話が違うぞ!」

私は睨みつけてやろうと思ったが、たつが困ると思って我慢した。

そんな私の気持ちも知らずに、JOKER達は容赦なかった。

「けつ振りながら、脱いでよ。」

「素っ裸になったら、楽しんごやってよ。LOVE注入ってw」

「たつに毎日やられて、あんあん言ってんだろw」

「あんあん言いながら脱げよ。たつさん!あん、あっあああんって言えよw」



何かがぶちっと切れる音を聞いたような気がした。

「ふざけるな〜!大人を馬鹿にして!」

私は完全に頭にきた。初めからJOKER達は生理的に受け付けなかった。帰ろうとして

ドアの取っ手に手を掛け開けようとした、その時・・・背中に言葉を浴びせられた。JOKERの耳障りな声だった。

聞いた瞬間、あまりの衝撃に、頭が真っ白になってしまった。



「たつのお母さんに、お前とたつのことを全部話すぞ!」「たつのお母さんに、お前とたつのことを全部話すぞ!」

まるで何かの呪文であるかのように私は動きを止めてしまった。

「俺、たつのお母さんの携帯番号知ってんだよね。」

JOKERの得意げな声が頭に響いた。

「言わないで・・」やっとの思いで声を絞り出した。

「どうしたよ!早く帰れよ!」

「言わないで!」私は振り返って、はっきり言った。

「なんだそりゃw」

「言わないで・・ください・・」

言われれば、どうなるか想像できた。今はどうしても言われたくなかった。

私は必死に頭を下げた。大人としての威厳など、とうに吹き飛んでいた。

「すげえ、マジだよ。これって何でもしてくれるんじゃない?」誰かの声が聞こえた。

「私にできることだったら・・・。だから言わないで。お願いします。」頭を下げた。

JOKERのゲラゲラという笑い声が聞こえ、視界の隅に誰かのガッツポーズが見えた。



「とりあえず、おちんちんにお願いしてみろよ。」そう言ってJOKERは股間を指差した。

私は仁王立ちするJOKERの足元に跪いた。

JOKERは自分でジーンズを脱いだ。チェックのトランクスが子供を象徴しているようで嫌だった。

私は股間に頬を寄せていった。言わないで下さい!と言いながら、生臭い股間に頬ずりした。

JOKERは嬉しそうに上気した顔を歪めて、携帯をしまった。

「生でやれよ。丁寧にね。信長と関樹も見てないでやればいいのに。」

後ろから胸を鷲づかみにされた。信長だった。それには構わずJOKERのトランクスに手を掛け、一気に降ろした。

ムンっとした臭気が鼻にきたが、私はJOKERの股間にゆくっり顔を埋めていった。



646名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)05:21:33.99ID:AI+YESVn

PINK板でやれ



647名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/15(土)06:17:36.82ID:y9+228Hp

オフ会だけでやれ報告はイラン



648名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/15(土)14:11:16.50ID:0SJPLiz7[1/3]

若葉ってうんこするの?



649名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)14:47:49.55ID:Rkm4h+Ah

俺のウンコ食ってたけど



650名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/15(土)16:55:39.40ID:0SJPLiz7[2/3]

ワキの味も知ってんの? 舐めてみてえな



651名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/15(土)17:29:20.88ID:MoyE5sI1

おもろい

これからもよろしくな!



652名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)19:22:51.93ID:Wt8ApFdJ

旦那のチンポ舐めまくって嵌められまくってる中年女の何がいいのか分からん



653名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)19:23:13.47ID:BMD0rKcU

俺も続きが楽しみ



654名前:名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:2011/10/15(土)19:25:52.96ID:OMEo5YeZ

28の小娘を中年と言ってる小僧は黙っとけ



655名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2011/10/15(土)19:32:01.18ID:CUukIQPS

まゆゆやさっしーも汚いオヤジ達に嵌めまくられてチンポやけつの穴まで舐めまくってるよ







出典:内緒♪

リンク:内緒♪


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【友達】若葉の謝罪 垢BANさせた男へ   【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月22日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ