相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】人気女子アナ似の女装子抱いたった 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


マジ新世界



がちでもむちでも無い

そしてその昼の人でもない

それでも新世界



以前からニューハーフとちょこちょこやってたおれは

「女装子」はニューハーフとどう違うんだろう

という疑問を持っていんだ



そしてある掲示板に投稿してみた

すると思っていたよりメールが着た

ただ問題は中身だ

「42の女装子です」だの「51のおかまです」だの

問題外だった




国に帰れと思った



そんな中、一通のメールがオレの目に留まる

「23の女装娘です。良かったらお返事下さい…」

オレは勃起した



てか人居ないのかな…



勃起しながらオレは

「初めまして。今からどうですか?どこ住みですか?」

とメールすると

「はい。鴬谷とか近かったりしますか?」

と着た

何を隠そうオレは上野で勃起していた



「あ。メチャクチャ近いです。上野に居ます。」

と送ると

「え!!それじゃ会いましょお!!」

とメチャクチャ可愛いデコメールが着た

そしてオレは言い放った

「うん。て言うかなんかもうあってすぐしたいんだけどそれで大丈夫?」



すると

「…え〜。いいよ。おうちおいで。」

とまた可愛いデコメールで着た

おれは上野のTUTAYAで勃起しながらニヤニヤしていた



そして指定されたアパートに行く

勃起した息子と拳で玄関を叩くと

「はーい」

と女の子の声がした



ドアを開けるとシャツにTバック網タイツの青木裕子が立っていた



「え?あ。うん?成る程」

オレはテンパった



可愛過ぎたのだ



アレ?何だコレ部屋違うか?→こんな可愛いはずが無い→まぁ何にしても変態だろう。頂きます。



オレがそんな思考を繰り広げている間に青木裕子はケツをこっちに向けて突き出す

「えっちでしょ〜。」



なんかもう結婚しそうになった



えっちでしょーと言われたオレのニヤついた口は

気付けば彼女のアナルンに吸い付いていた

「ちょっ…www」

そう、笑われた。今思い出せば笑われていたのだろう^

オレの頭の中は青木裕子のケツをクンカクンカする事しか考えられなかった



「…もう。すごいエッチだね。」

そう言いながら彼女はクンカクンカ中のオレの頭を撫でて来た

オレは恋をした。

「こっち来て…。」

そう言ってオレの手を引っ張るとベットへと導いてくれた



「ちょ…ちょっと待って。」

オレが我に帰り制止する

「…え?何?」

クンカマンに代わり突然の英国紳士の登場に驚く彼女



「…何?」

そう上にも書いた通りオレには伝えるべき事が出来たのだ

「好きです。」



「…え?」



場が

凍った



「いや。好きになりました。」

テンパった彼女もまた可愛い

「え?はい。ん?…えっとエッチしないってこと?」

「は?」

「…え。いや。ごめんなさい…。」

もうオレにもどうしたいのか分からなかった



「いや。えっちはします。でも好きになったんで言いました。」

「あぁ!!成る程。…えっと。…ありがとう///」



とっさの事にオレはキスをした。



キスをしたままベットに倒そうとするオレに

「…明るいのやだ。」

と恥ずかしがる彼女

オレは彼女をお姫様抱っこの状態のまま部屋の電気を消して回った

「きゃー!!何コレお姫様じゃん!!」

とさわぐ彼女

「うん。そうだよ。」

オレは男前だった



部屋の電気を消し終わりベットに彼女を置く

すると

「…お願いします///」

と言って微笑む彼女



びっくりした明らかにオレの人生で出会った中で一番可愛い子だった



キスをしながら対ニューハーフで鍛えたテクで彼女の彼女をコネコネするオレ

「…やぁっ。」だの「ん〜…っ。」だの声をだしながらオレのオレをコネコネしてくれていた

そして突然体位を変え、バックの体勢でオレにケツを突き出す

「…お尻。いじって。」



っい!!よろこんでぇ!!



Tバックをズラすとそこには※があった

成る程。



ぺろっ。

コレはビオレの味!!



彼女の※はビオレの香りだった



もう※をむしゃぶりつくした

あんなに一つのものを夢中にむさぼったのは七五三の千歳飴ぶりだろう



「もう無理ぃ。無理ぃ…。」

と言われたがヤメるのが無理だった



※をむしゃぶりながら彼女の立派な棒をしごく

こんなに優雅な連休明けはそうはない



「…ねがい。」

彼女が生まれたてのソレの様に腰をガクガクさせながら何か呟く

「ん?」

ぺろぺろを中止した

「お願い…。…入れて。」

「何を。」

そう。オレはSだ



「…んぽ。」

「は?」

下だけ全裸でフル勃起のオレはニヤケながら聞き返した?

今考えれば到底そんな偉そうな態度が取れる状態ではない



「お○んぽ欲しいの。お○んぽぉ…。」



お○んちん位を想像していたオレは?然とする

(コヤツ…。古兵か。)



※に息子を押し付けながら

「コレ?」

と聞くと

「ソレぇ…。ねぇ。早く…。」



と言ってくる

オレはベットの横に置いたバッグからtubutubu-JULLYをだし

息子に装備してやった



「何欲しいのかもう1回」

「…何でぇ。だからおち○ぽだってばぁ…。おちッ…!!」



ぶち込んだ

正直もう何か女のアソコじゃ物足りなくなる位キツかった



「あぁあぁああああ…。入ったぁぁあああ。」

そしておれの愛しい人が壊れていた



何回か動かすがやはり異常なまでにキツい

「ぬつん。」

我が息子にそんな振動が伝わる

そうゴムが破けたのだ



「えっと…。ごめんゴム破けたんだけど。どうする…?」

何故だか知らないがオレは萎えた。



破けたゴムを脱がし、何故か落胆したオレとオレの息子に

「もっとしよっ。」

と言って彼女はキスをしてくれた



オレ&息子「うんっ!」

100%の「うん」だった



そしてオレがもう一度、コンドーを息子に付けようとしていると

「破けないおまじないっ。」

と言って口で付けてくれた



オレの息子は見た事の無い反りを見せていた



「んじゃ…改めてお邪魔します。」

そう言いながら今度は正常位で※に息子をお邪魔させた



「…っん。」

困った様な顔をする彼女

可愛過ぎて自然と腰を振るのが早まる

相変わらずメチャクチャキツいが、おなじないのおかげで全く破れる気配無し

「…お願いしていい…?」

呻いていた彼女が呟いた

「何?」

腰を振りながら聞き返すオレ

「…顔舐めて。」

「うん…。え?」



「顔?舐めるの?何で?」

何だかにやけてしまいながら聞き返すオレ

「…ダメ?やっぱおかしいかな…。」



正直全く理解出来なかったが試しに舐めてみた。



顔を舐めた途端彼女の※がキュッとなる

そして棒までもが反り返った

「…これ好きなんだ?」

そう言いながら鼻を舐めると

「変態でごめんなさいぃいいい…。」

と呻き



なんと彼女は射精していた



ソレと同時に※があり得ない動きで締まり、オレも搾り取られた



何が何だか分からないまま呆然としているオレに

「大丈夫?」

と声を掛けて来た



「いや。ちょっと分からない。」

確かそんな事を言っていた



そして平静を取り戻すためキッチンで一服させてもらっているとシャツとTバックの彼女が

横に来た



彼女「やっぱタバコ吸うんだ。キスした時思った。」

オレ「あー。うん。やめなきゃなとは思うんだけど」

何かもうね。いちいち可愛いの。「キス」って言った時唇プニプニしてくるし。

彼女「お仕事は何してるの?」

オレ「いや。大学生。」

彼女「そうなんだ!!見えなかった!!」

オレ「てか裕子(仮)は?働いてんの?」

彼女「私も学生ー。」



オレ「マジか…」

彼女「マジだwwww」

オレ「学校こっから近いン?」

彼女「いやちょっとあるかなー。ここらへんラブホ街だから家賃安いのさー。」

オレ「成る程。因にオレ??大だけど裕子は?」

彼女「えっ…。いや。えー。…教えナーイ!」



ん?



オレ「…何か今反応おかしくなかった?」

彼女「んー?フツウだよー。」

オレ「…もしかして裕子、??大なんだろ。」

彼女「ちがーう。」

オレ「そっか。んじゃいいや。」

彼女「…絶対内緒ね。」



うわーい。何この奇跡。



そんでまぁなんと同じ大学の先輩、後輩だと判明しちょいちょい連絡取り合って

今度ご飯行く感じになりましたとさ



出典:人気女子アナ似の女装子抱いたった

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【ゲイ・ホモ】人気女子アナ似の女装子抱いたった 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月23日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ