相互リンク先の更新情報!

【高校生】担任の先生 1【告白体験談】

カテゴリー:高校生との告白体験談
tag:


はじめまして

私は35歳になる者です。お相手は28歳離れた私の担任の先生との話です

私が当時17歳(高校2年)の時この話がはじまりました。先生は(以下 美江子)私の担任となった事が出会いの始まりでした4月の美江子との出会いは今考えても私にとって衝撃的でした。美江子はいつも白のブラウスを着て地味気味のタイトスカートを履いていました パンストは薄い黒が多かったのですが、ベージュやグレー系も履いていました身長は165ぐらい 体重は55ぐらいだったと思います(バツ1 子供無し)私はこの姿にはまり、授業中やホームルーム 休み時間まで美江子を目で追いかけて居ました その時はそれで十分過ぎるぐらい満足できてたと思います只 思春期真っ只中ですから次第にパンストごしの足を追うようになりました 膝より多少上ぐらいのスカートでしたから椅子に座る時やちょっとした時など太もも辺りまで見る事が出来た時の夜は何度も自分でしましたそんな時期が4〜5ヶ月ぐらいたった時の放課後遅い時間でした 私が確か忘れ物をして教室に一旦戻り下校しようとした時 美江子が職員室を出てきました 私は美江子の後ろの方に居た為彼女は気付いてません 周りに誰も居なく他の先生も少なかったと思いますその時美江子が女子トイレに入るのが見えました私はとっさに後を追いかけました 美江子が入ってる個室のすぐ後ろに入り耳を澄ませ音を聞いて居ました するとスカートを下ろす音がし その後パンストを下ろす音がしました 私は無我夢中になり壁一枚向うに下半身をさらけ出した美江子が居ると思うと興奮と緊張とで舞い上がって居たと思います そして私は恐る恐る下の隙間から美江子の個室を覗き込みました そうすると私の顔からすぐ目の前に美江子の白いお尻が表れました またそのお尻の間から彼女の陰毛が黒々と生えてるのがはっきり見えそこから勢い良くオシッコが飛び出して居ました たった数十秒だったと思いますが何時間にも感じた気がします 彼女はその後 アソコを2回丁重に拭き 生理だったのでしょう タンポンを入れエンジ色のパンティーを履きナプキンも着けパンストとスカートを上げてトイレを出て行きました

その後廊下を歩いて行く音を確かめた私は美江子の入っていた個室に移り汚物入れを開けました そこには彼女のアソコに付いていたナプキンとタンポンがティッシュに包まれありました私はそれをポケットに入れ恐る恐るトイレを後にしましたその後自宅でそのナプキンとタンポンの匂いをかいだり 顔に押し当てたり また自分のアソコに付けたりして一晩中美江子を想像しながらオナニーをしました

それからはより一層美江子に対する思いが憧れから好きに変わっていきました

この続きはまた送ります中途半端ですいません


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【高校生】担任の先生 1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

このページの先頭へ