相互リンク先の更新情報!

【露出】授乳ビデオを披露 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


お盆にダンナの実家へ、1年ぶりに帰省してきました。



うちには3歳になる双子の息子たちがいるのですが、ひさしぶりだったので、

お義父さんとお義母さんも孫の成長した姿を見てすごくよろこんでくれました。



近所で暮らしているダンナの弟さん夫婦も呼んで、ひさしぶりにみんなで晩御飯を

食べた日の出来事です。



子供たちを早めに寝かしつけ、みんなでビールを飲んでいました。

ダンナは、たまにしか会わせてあげられない子供たちの成長していく姿を、お義父さん

とお義母さんに見せたかったらしく、ずっと撮りためていた子供たちのビデオテープ

をたくさん持ってきていました。



このビデオを肴にして、みんなでわいわい言いながら飲んでいました。

子供たちが生まれてすぐの頃から順番に見ていたのですが、友人の結婚式にいったとき




の映像が流れたところでふと思い出しました。



たしかこのときは子供が二人とも大泣きし始め、あやすために開いてる控え室を

借りて授乳したはずです。



二人ともおなかが減っているようだったので、同時授乳にチャレンジしてみようという

ことになり、その姿をダンナはビデオで撮影をしていました。

そのときは私もはしゃいでしまい、少しはずかしいカッコをした覚えがあります。



ダンナはそのことを忘れているのか、ビデオを止めようとする気配がありません。

さすがにそんなところをお義父さんや弟さんに見せるのは恥ずかしかったので、

再生を止めてくれるよう、ダンナに小声で耳打ちしました。



するとダンナは酔っているのか、ニヤッと笑うだけで取り合ってくれません。

それなら、と自分で停止ボタンを押そうとすると、



「いいだろそのくらい。他人に見せるわけじゃないんだから」



などと大きな声で言い出しました。

すると弟さんが興味を示し、「どうしたの」、と聞いてくると、ダンナは、



「もうすぐビデオで、二人いっぺんに授乳してるところが始まるんだよ」



とバラしてしまいました。



一瞬みんなの動きが止まり、「えーっ」という驚きの声があがりました。

お義母さんが、



「ちょっと、止めてあげなさいよ」



と言ってくれたのですが、ダンナは止めようとしません。

お義母さんもお酒のためか、その一言だけで、後は視線をテレビ画面に戻してしまいました。



その場の全員が興味深々で、テレビ画面を見つめています。



お義父さんと弟さんを見ると、顔は笑っているのですが目は妙に真剣です。



そうこうするうちに、問題の部分が始まってしまいました。



座布団の上に寝かされた子供たちが泣き叫ぶ中、私が控え室の真ん中で仁王立ちしています。



『これから、同時授乳にチャレンジしますっ!』



テレビの中の妙にハイテンションな私はそう宣言すると、おもむろにワンピースを脱ぎ始め、

すぐに下着だけの姿になってしまいました。



この日はストッキングを履いておらず、ブラとパンツだけの姿で再び仁王立ちです。

ブラは授乳用で何の色気もないものでしたが、パンツは黒のレースでした。



股間の部分を見ると、恥ずかしい毛が薄っすら透けています。



それをみて思わず「やめてっ」と叫んでしまったのですが、お義父さんと弟さんの目が釘付けに

なっている姿を見ると、なぜかうれしくなって強く抵抗する気が無くなってしまいました。



出典:なし

リンク:なし


告白体験談関連タグ

|||

【露出】授乳ビデオを披露 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ