相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】我が家の性教育 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


我が家は妻と中2の娘との三人家族である。

 娘が成長する過程において、ちょっと普通でない性教育を施した事についてここ

で告白させて頂きます。

私は39歳で高校教師、妻は同じく39歳で小学校教師をしています。

教育者である我々を両親に持った娘は現在14歳の中学2年生です。

教育者として、娘には幼少期から躾をはじめ、学業についても厳しくしてきました。

そこで、どの家庭にも苦労することは、物心が付いてきた子供に対する性教育ではないでしょうか。

 「子供はどうしてできるの?」とか「何処から生まれるの」等のように、親として回答することに苦労されている家庭は多いはずです。

 我が家の性教育は、妻が提案した「隠し事をせず、直接的な性教育」を実行する事にしたのです。



<第一段階>

それは娘が小学校1年生のころ。親子3人でお風呂に入っていたときのこと。

「お父さんには何でチン○ンが付いているのに私とお母さんにはないの?」と娘が問いかけていきました。

そこで妻は、なんと大胆にも私のチン○ンを手に取り、「これは男の人の性器で、女の人にも性器がお股にあるの。

男の人の性器は、女の人の性器に入って精子を出すの。




すると女の人の卵子と一緒になって赤ちゃんができるのよ」と言って、自らの性器を娘に見せ、「これがりっちゃんにもある女の人の性器。

ここからりっちゃんが生まれてきたの」

娘は、理解したのかしていないのか「へー?!」と言って首を傾げながら、私のモノと妻のモノを見比べ、

そして自分のモノをのぞき込んでいた。



<第二段階>

我が家は、2LDKの住宅で、狭いこともあり親子3人で寝ていた。夫婦の夜の営みは、子供が寝てから始めるのですが、娘がその最中に目を覚ますこともよくあることです。

我々は、娘が目を覚ましても、その行為を止める事はせず、そのまま続ける事にしていました。娘が小さい頃は、私達の行為を見ても何をしているのか解らず、寝ぼけ眼でボーと見ていましたが、次の朝には全く記憶にないと言うのが実体でした。

娘が小学校3年の時です。私達夫婦は騎乗位でプレイ中、横で眠っていた娘が目を覚まし「何してるの?」と声を掛けてきました。

妻は娘の方を見つめながら、「お父さんとお母さんは、好きすきしてるの。性交と言うの。りっちゃんも見ていなさい」と、息を絶え絶えで話ながら、腰を振るのを辞めません。

 娘は正座をしながら、見つめていました。

妻は、娘に見られていることに何ら躊躇することなく、悶え、そして乱れました。

体位は、騎乗位から、バックと変化し、最後は正上位でフィニッシュしたのですが、その間小学校3年の娘は、不思議そうに最後まで見つめていました。

妻との性交が終了し、お互い性器をティッシュペーパーで拭き取り、そして妻は娘に「お父さんとお母さんは愛し合ってるの、だからこうやってつながるのよ。

りっちゃんも大人になれば、愛する人とこうやって愛し合うことになるの」と説明していた。



<第3段階>

その後、何度か娘は私達の営みを眺めていました。娘が小学校4年生になった頃その娘に変化が現れました。私達の性交を眺めながら、布団の中で、もぞもぞとし、時折目をつむったり、小さなため息をついていた。

明らかにオナニーをしているのが解った。

妻は私にフェラチオをしながら、その視線は、娘に行っていた。

明らかにそれを見せびらかすかのような行動であった。

そして、次に私が妻の股間に顔を埋めた時、妻はいつもより激しく乱れ、そして「りっちゃん、こうすると女の子は気持ちがいいの、気持ちがいいの」と叫びながら私の頭を押さえつけた。

娘は、「うんうん」とうなずきながら、一人で悶えていた。

このような事が、数回あった。



<第4段階>

私達の性交を見ながら、オナニーをする娘について夫婦で話し合った。それは、これから娘を入れて三人でプレーすることである。しかし、「一線は越えない」と言うこと。

つまり私と娘との性交までは許さないと言うことである。

性交は許されないが、愛撫は三人で行うと言うことである。その日が来た。私達がつながっているのを見ながら、娘がオナニーを始めた。

今回も妻から言い出した「りっちゃんも一緒にやる?一緒に気持ちいいコトする?」

娘は、黙っていたが、妻がゆっくりと娘の掛け布団をまくりだした。

娘が、イヤならそれを拒んだであろう。しかしそれを拒まず、目を輝かせていた。

布団の中での娘は、パジャマとパンツを膝まで下ろし、右手を股間に忍ばせている。

妻は、娘のパジャマを脱がせ、娘を全裸にした。

そして、妻は娘の頭をなぜながら、娘の股間に指を這わせた。

娘は、その瞬間腰を引きながら「アン!」と声を漏らし「お母さん」と言って母親に抱きついた。妻は「お父さんはお母さんより上手だよ」と言いながら、私の方を向く、私は意を決して娘の方に歩み寄り、娘に口づけをして、小さな胸をさすった。

そして、股間にそっと指を這わせた。

娘の股間は、マシュマロのような柔らかさで、熱く、濡れていた。

クリを優しく刺激し、固い乳首を舌で転がした。

娘は、声を上げ私に抱きつき「お父さん、変になる!」と叫び身体を反らせた。

娘の身体は、小さく、細かったが、股間の濡れ様は正に大人のそれであった。

私は、娘の股間に顔を埋め、可愛いクリに舌を這わせた。

娘は、悲鳴に近い声を上げ、しばらくすると、全身を硬直させ、そして痙攣を始めた。

細かい痙攣をしながら、目をむいている。激しいイキ方であった。

妻は娘の頭をなぜながら、優しく抱いた。



<第5段階>それから、我々親子は3人で絡み合う日が続いた。妻は、娘にフェラチオのテクニックを伝授し、そして私は、娘に対しクンニとアナル舐め等を施した。

妻とは騎乗位でつながり、娘が私の顔を跨いで私が娘のクリを舐める。そして妻と娘は私の上で抱き合い、キスと胸の愛撫を行う。

また、私と妻がバックでつながった状態で、妻が娘のクンニをする等、三人は乱れる日が続いた。妻と二人で行う営みよりも私も妻も燃えた。



<第6段階>

小学校4年生から始まった親子3人プレーは、娘が中学2年生になった今も続いている。娘のテクニックは、回数を重ねる毎に上達し、今では、口だけで私を行かせ、それを飲み干すぐらいになった。そして、娘は、母に対してのクンニも、指と舌を使いアクメに達するまでのテクニックを備えた。そして、娘の身体は確実に女性になりつつあり、今では、陰毛もうっすらと生え始め、胸も大きくなっている。 しかし、最初に決めた約束事「私と娘との交わり」だけは行っていない。

 娘は、私のモノを股間にあてがう等、私と結ばれることお望んでいるようだが、

私はその一線だけは越えないように努力をしている。

 しかし、その努力はいつまで続くであろうかと心配でならない。



出典:出所は

リンク:忘れた


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【近親相姦】我が家の性教育 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月24日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ