相互リンク先の更新情報!

【友達】中学の時俺を苛めてた女を○○した話し 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


スペック。

俺現在 21歳就活生

身長170 70キロ



女現在 21歳就活生

身長158 50前ほど?



私と女の出会いは、中学1年の春。入学した直後、同じクラスになった女に教室で

いきなり、西デブと呼ばれたのがはじまりでした。



西は仮名ですが、本名の一文字目+デブの名前で呼ばれました。



私は、その頃、とてもとんがっていたので、すぐに、

その女を恐ろしいくらいの暴言の数々で攻撃しました。






クラス内では、西はなかなかイカレテル。そんな風潮が出来上がりました。



しばらくして、私は近所で有名な不良の一個上の先輩に呼び出され、調子に乗ってる一年としてぼこられました。

とても痛かったです。



それ以来、私は異常なほどに物静かになりました。

もう、あの先輩たちに呼び出されてぼこられるのが嫌でしたので。



季節は秋に。



体育祭も終わった頃、不意に女が私を西デブと呼び出しました。

なんの前触れも無く、女は私の事を西デブ西デブと連呼するように。



すると、そのあだ名が広まり、私は西デブとして、学校生活を送らなくてはならなくなりました。



もう、入学当初の用に暴言を吐く気力も無かった私は(先輩が怖かったので)

そのあだ名に甘んじる事にしました。



二年、三年と経ち、皆、受験です。



その頃になると、もう私は普通に西と呼ばれていました。



唯一、この女を除いて。



結局、その女は私の事を卒業式の日まで西デブ西デブと呼び続けました。



この女が本当に心の底から嫌いでした。



高校では、ほぼ男子校でしたので、毎日のように馬鹿騒ぎをして楽しかったです。



大学受験に入り、もともとストレスを感じると食に走る私は、体重が110KG

まで増え、立派なアメリカンピザになりました。



行きたかった大学にも入学が決まった頃、不意にミクシーの友達申請がありました。



その女からでした。



私は、決意しました。痩せて、この女を見返してやろうと。



何も食べず、ただひたすらに走り、筋トレをする毎日でした。



大学入学式。110まで増えた私の体重は85キロまで落ちました。

しかし、まだまだ痩せねば女を見返せないと、依然、減量の日々です。



大学2年の春に、やっとの思いで体重が70キロになりました。



もう、BMIも標準です。



正月明け、同窓会がありました。

当然、この日に向けて減量をしてきた私はハイテンションです。



もう、西デブとは呼ばせない。そう意気込んで、同窓会へ行きました。



市長の話も終わり、写真を色んな人と撮っていると、目の前に女の姿が。



女がこちらに近づいてきました。

私はニヤニヤ顔をやめれません。



女の第一声は「よぉ西デブ痩せたなぁ」



でした。私は、この瞬間、この女への復讐を誓いました。



如何せん、その女が成長し、地味に私の大好きなショコタンに似ている事も相まっての復讐を決めたのでした。



連絡先は、中学時代から知っていましたので、同窓会翌日、さっそく連絡することに。



内容は、昨日は久しぶり!めっちゃ可愛くなってたやん!!



そんな内容を送りました。



すぐに返信が。

「西デブもえらい細なって格好よーなっとたやん」



殺意が芽生えました。



それに対し、もう少し、絞りたいし、夜のウォーキング付き合ってよ^^

夜にウォーキングすると美容と健康に良いって前、テレビでやってたし、

女もっと綺麗になるんじゃね?



そんな内容を。



その週末、私は女と二人で夜のウォーキングへ行きました。



大学時代何を一番頑張りましたか?トーク力を磨き続けてきました。



私の話に終始女は爆笑していました。



やっぱり、西デブおもろいなー



こいつを河川敷から川へ突き落してやろうか。そのような衝動に駆られましたが、ぐっと我慢しました。



しばらくして、とある看板が不意に目に入りました。

「痴漢注意」



私は、この女を性的な意味で虐めてやろうと決めました。



その日は、楽しくおしゃべりウォーキングをし、また、西デブ夜ウォーキングしよ。



そう言ってくれるまでに楽しませれたようです。



何度かウォーキングを繰り返し、体重も68キロキープ辺りになった頃、不意に呼ばれた合コンで、

男メンバーの話が残念すぎ、5:5の女の子5人が私にだけ連絡先を聞いて来、

男友達からはぶられ、遊ぶ相手がいないと言う話をしました。



すると、「じゃー私が西デブと遊んだるやん。」



その三日後、私の車で女と減量のご褒美にと串カツを食べに行きました。

この日が○○決行の日と決め、私は当日に挑みました。



楽しくおしゃべりする車内。

ここで、私が兼ねてよりこの日の為に勉強していたマッサージの話をします。



食いつく女。

まだ参考書を読み漁っただけで、マッサージ自体はしたことがないんよ。



そんな話をすると、女がじゃあ、やってよ♪



私は心の中はハレ晴レユカイです。



一緒に串カツを食べた後、やたらと静かな車内の気まずさ。今でも覚えています。



車は、ラブホ街へ向かいます。



ラブホ街を走りながら白々しく言う女。



マッサージって車の中じゃ無理やんなー



KTKRでした。



確かにー



そんな事を言いながら無言でラブホの駐車場に車を止めます。



戸惑う、女。



いや、マッサージするだけやし、マッサージして欲しいって言ったやん。



女は馬鹿だったようで、そっか♪



マッサージ楽しみやー



そんな事を言いながらはしゃいでいます。



部屋に入り、マッサージに邪魔だから。そう言って、女をブラショ状態になるように言い、私は風呂桶にお湯を汲みに部屋から出ます。



お布団の中で恥ずかしそうにもじもじしている女。



女に準備が出来たからと言い、お布団をどけました。



上下黒のとてもセクシーな下着でした。



普通に私はマッサージをします。



最初は、指先から。徐々に身体の中心へ這うようにむかいました。



ちょうど、脇から首へ行ったとき、足をくねらせていました。



この女。感じてやがる。内心ほくそ笑みます。



次に足の指先から身体の中心へ。



その時、私の勉強したマッサージでは、股の内側をしっかりほぐしなさい。そう書いてあったので、内股を中心的にモミモミします。



身体をうねらせる女。



頃合いかと思い、じゃ、ブラ外すねー。そう言い、ブラを外しました。



恥ずかしがる女に不意に勃起してしまった自分が嫌になりました。



女のブラをとると、そこには私が今までに見たことが無いほどに大きい山が二つ。



胸の周りをほぐすのに、ブラ邪魔やったし。そう言うと、ソッカ!ならしゃーないな。女の事が良くわかりません。



胸の周りをほぐしながら、胸のボタンに指をすらします。

堅くなったボタン。



これまた、頃合いかと思い、下ももう少し内側までマッサージしたいから脱がせていい?



少し悩んだ後、女は自らショーツを脱ぎだしました。



ショーツを何故自分で脱いだのか。理由は明白でした。



脱いだショーツを自分の枕の中に隠していたのですが、そんな事をしてもバレバレです。

ショーツのビショビショを隠したいようでしたが、下を見れば明確にその状態がわかります。



女のアソコは綺麗でした。多分、あまり男をしらないのでしょう。

ビラビラが大きかったのが気になる点ですが。



産まれたままの姿になった女に対し、依然、マッサージを私は続けます。



脇の下から胸にかけてを繰り返し、太ももに戻ると、大量の液体が。

首の裏から胸にかけてを繰り返し、太ももに戻ると、大量の液体が。



どうやら、女は感じていたようでした。



マッサージを2時間ほどしていると、女の太ももの裏には海が広がっていました。



さらにマッサージを続けます。

そして、不意に思い出したのでした。



部屋に入った時、ベッドの上にデンマが置いてあることを発見した女が爆笑していたことを。



そうだ。デンマを使おう。



デンマを取る私。



光悦した表情で私の動作を見る女。



デンマをコンセントにさし、肩や脇、足の裏、太もも。様々な所を刺激しました。



ここまで3時間、女の秘部には手を付けていません。



不意にデンマを秘部に沿わして見ると、女が悲鳴をあげました。



ヒクヒク言う女。



私の心は超絶ハッピーでした。



デンマを秘部の様々な場所にあてがいました。



日本海程度の海が既に太平洋レベルにまで広がった頃、指を膣内に入れます。



とても締りの良い膣内でした。

長年、女は運動部に所属していたので、色々と鍛えられているのでしょう。



Gスポットやら子宮口やらクリトリスやらを延々刺激し続けました。



悲鳴と沈黙を繰り返し、何回かの沈黙の後、またデンマをあてがおうとすると、女は私に懇願しました。



やめてぇぇぇ



やり続ける私。



ヒクつく女の秘部。



女が何度目かの絶頂を終えた時、不意に女が私に抱きついてきました。



耳元で一言。入れてと。



その言葉を私は待っていました。



入れてと抱きつきながら言ってくる女を引き離し、恐ろしく冷静な顔で

いや、マッサージだけって言ったやん。



そう言い、帰り支度をしました。



女はベッドの上で泣いていました。



シクシク無く女を連れ、自動精算機での支払いを済ませ、私たちは帰路につきました。



依然、女は助手席でシクシク泣いていました。



女の家までつき、女を車から降ろすと、運転席側の窓をたたいてきます。



目を腫らした女が私の口元へ唇をあてがおうとしてきます。



女のおでこをツンとはね、私は車を走らせました。



それ以来、女から頻繁に電話がありました。



遊ぼう^^遊ぼう^^



中学の時、俺を苛めてた女を惚れさせ、イカセ続けた話でした。



出典:中学の時俺を苛めてた女を○○した話し

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】中学の時俺を苛めてた女を○○した話し 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ