相互リンク先の更新情報!

【露出】授乳ビデオ披露の翌日2 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


「おしりっ、おしりっ!」



そう言いながら、息子たちが私のおしりを、ピタピタと叩いてきました。



水に濡れて素肌に張り付き、おしりを丸出しにしているのと変わらない

ような状態が、見ていて面白かったのでしょう。

楽しそうに笑いながら、わたしのおしりのほっぺを両手で弾いています。



私もつられて笑いながら、逃げ惑うふりをしてはしゃぎ回りました。



ふと気付くとシャツの裾が上がってきていて、おしりが半分くらい出て

しまっていました。、



シャツは元々股下10cmくらいしかない上に水で張り付いた状態だっ

たので、動くたびに上へずれていっていたみたいです。






一応塀に囲まれた庭先とはいえ、炎天下の中、お義父さんの見ている前

でほとんど下半身をむき出しにしてしまいました。

しずくが滴る私のあそこの毛や、日差しに照らされた白いおしりを、ど

んな気持ちで見てくれているのでしょうか。



表情を確認したい気持ちを抑えながら、そのままの姿で子供とじゃれ合

いました。



でもあまり長い時間下半身を出し続けているのも不自然なので、しばら

くしてから再び腰を下ろして水の中におしりを隠しました。



すると、息子たちは手が届く位置に私のおっぱいがきたので、今度はそ

ちらを狙ってきました。



「おっぱい、おっぱいっ!」



と言いながら、濡れたシャツに浮き出たわたしの乳首に吸いついてきま

した。



さらにシャツの脇の部分を横にずらし、おっぱいを引きずりだしてしま

いました。

息子たちは、



「おっぱいだっ!! おっぱいだ!!」



と言いながら、今度は生の乳首に直接吸いついてきました。

子供にお乳を吸われたのはひさしぶりだったので、すごくくすぐったく

て、なんだか不思議な気持ちでした。



そんな調子で、1〜2時間くらいは子供たちと一緒に遊んでいたと思い

ます。

その間、お義母さんはいつのまにか家の中に引っ込んでしまったみたい

ですが、お義父さんは縁側に座ってずっと見ていてくれたみたいでした。



息子たちも疲れてきたみたいなので、上がらせることにしました。



お義父さんがバスタオルを持ってきてくれて、一枚を縁側に敷いてくれ

ました。

そしてもう一枚を、無言で私に手渡してくれました。



全身スケスケの私の姿を直視することは気が引けたのか、目線は横に向

けたままでした。



「ありがとうございます」



お義父さんの顔を見ながらそういうと、息子たちをふたりとも、お義父

さんが敷いてくれたバスタオルの上に座らせ、順番にからだを拭いてあ

げました。



拭いている間、お義父さんは縁側の少し離れたところに腰を下ろし、私

のようすを見ていてくれているようでした。



息子たちを拭き終わった後は、濡れたままで洗面所に戻るのは気が引け

たので、私もその場でからだを拭いてから家の中に入ることにしました。



息子たちを待たせたまま、お義父さんに背を向けた状態で、シャツを脱

ぎ全裸になりました。



そしてお義父さんが私の後姿を見つめてくれていることを期待しながら、

バスタオルで全身の水滴をふき取りました。



最後は思い切って、両手で頭を拭きながら、お義父さんのほうへ向き直

り、



「ありがとうございました」



と頭を下げてから、息子たちを連れて家の奥に向かいました。

そのときに見たお義父さんの顔は妙に真剣で、一瞬でしたが私の全身を

上から下まで見てくれたことがわかりました。



翌日、私たち一家はダンナの実家を後にしました。



今度帰省するのは年末の予定です。

次にお義父さんに遭うときのことを考えると、いまからすごく楽しみで

す。



出典:なし

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||

【露出】授乳ビデオ披露の翌日2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月25日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ