相互リンク先の更新情報!

【姉】姉ちゃんとお風呂はいるのがそんなに嫌なの? 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


123名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:21:24ID:SN06CCtE0

俺が17歳で、姉が18歳のときの話。



俺は高2で高校を中退し、父親とも折り合いが悪かったので、バイトをしながら一人暮らしを始めた。

駅から遠いけど、4万円ぐらいで風呂トイレつきの結構こぎれいなアパートで、だれも小うるさいことを言わない気ままな生活は楽しかった。

俺がコンビニから帰ってアパートのドアを開けると、誰かが部屋の中にいた。

「おかえり、しょーくん」

部屋の奥から頭を出したのは、姉ちゃんだった。

「姉ちゃん!」

俺はびっくりした。何の連絡もなかったからだ。

「な、なにしてるの、ここで」

「いや、さっき来たんだけど、カギかかってなかったから、勝手に入って、待たせてもらってたの。外寒いし」

部屋の中にはエロ本だのエロDVDだのが散乱していた。

「来るんだったら、来るって言ってくれたら少しは片付けたのに」

俺はエロ本やDVDを隅に押し込めながら言った。




「ああ、いいのよ、お構いなく。私、気にしないから」





124名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:22:08ID:SN06CCtE0

えへへと姉ちゃんは笑った。

気にするのはこっちだ。俺は顔が赤くなった。

「きょうはどうしたの?」

「じつはね、家出してきたの。父さんがうるさくてさ、昨日ケンカしちゃってさ」

「い、家出!?」

「うん、だから、少しの間ここに泊めてよ」

姉ちゃんは必殺の笑顔で俺に言った。

「えっ、でも…」

俺は少し迷った。姉ちゃんがいたら1DKだから二人じゃ狭いし、オナニーもできない。

でも、姉ちゃんがいてくれることは正直嬉しかったし、姉ちゃんに笑顔でお願いされて断ったことはなかった。

「うん、いいよ」

「アリガト。ショーくん、やっぱりいい子。家事とか手伝うからね」

「でも、ここにいるって言うことは、母さんには連絡しておいたほうがいいよ。心配するから。娘の家出なんて心配だよ」

「うん、わかった」

「学校は? まだ高校卒業してないでしょ?」





125名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:23:04ID:SN06CCtE0

「学校はいちおう卒業するわよ。ここから通う。制服も持ってきたんだ。いまやってるマックのバイトも続けるから、そこから少しは家賃払うよ」

「うん、わかった」

それから姉ちゃんとはしゃべりして時間を過ごした。

「ねえ、お風呂貸してね」

「うん、いいよ」

お風呂といっても、1DKだから脱衣場なんてない。風呂のドアの前が、服を脱ぐところだ。

姉ちゃんはダイニングと部屋を仕切るガラス戸を閉めて、その向こうで服を脱ぎ始めた。

あんまり見ないようにはしていたが、チラチラ見てしまった。

すりガラス越しに、姉ちゃんの裸が見える。一瞬、乳首の茶色も見えた。

実の姉ながら、結構興奮してしまった。これって、同棲生活だよな。

シャワーを終えた姉ちゃんが服を着ると、

「ねえ、しょーくん、これなに?」

と俺に聞いてきた。

姉ちゃんが差し出したのは、風呂場に置きっぱなしにしていたオナホールだった。

俺は血の気が引いた。





126名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:24:03ID:SN06CCtE0

「これはスポンジだよ。風呂を洗う。よく落ちるんだ」

俺はとっさにごまかした。

「ふ〜ん、こんなの初めて見た」

そのオナホールは生々しい肌色ではなく、透明で、中が紫で、イボイボがついているやつだった。

だからスポンジとごまかすことができた

それから、姉ちゃんとの二人っきりの生活は楽しかった。

姉ちゃんとご飯食べたり、買い物したり、一緒にDVD観たり。

寝るのも狭かったので一緒の布団で寝た。

寒いから、姉ちゃんは布団の中で俺に身体を摺り寄せてきた。

それも嬉しかった。

オナニーが制限されるのは痛かったが、姉ちゃんがバイト中とか風呂に入っている間に、さっさとすました。

そんなある日、俺はシャワーを浴びようとしたら、

「住まわせてもらっているお礼に、背中ぐらい流してあげようか?」

姉ちゃんはイシシと笑って言った。

「いいよ」





127名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:24:45ID:SN06CCtE0

冗談で言ってるんだろうと思ったから、俺も断った。

俺はシャワーを浴びながら、たまに見れる姉ちゃんの着替え姿を思い出しながら、バスチェアに座ってチンコをこすっていた。

そこに、

「しょーちゃん、入るよ」

と、突然、姉ちゃんがドアを開けて入ってきた。タオルで前を隠しているが、もちろん裸だ。

俺はびっくりして勃起したチンコを隠した。

「な、なんだよ、姉ちゃん」

「さっき言ったでしょ。背中流してあげるって」

「いいって断ったじゃん!」

「あはは、いいじゃない、照れない照れない」

そういうと姉ちゃんは俺の背中に回って、背中を流し始めた。

スポンジにボディソープをつけて背中を洗ってくれる。

結構気持ちよかったが、俺は勃起したチンコがばれないか心配で仕方なかった。

「なに? 姉ちゃんとお風呂はいるのがそんなに嫌なの?」

「嫌じゃないけど、恥ずかしいよ」





128名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:25:22ID:SN06CCtE0

「恥ずかしがらない。昔は一緒に風呂入ったでしょ。はい、今度は前洗ってあげる」

姉ちゃんはこっちを向かせようとした。

「いいよ」

「ほら」

とムリヤリ俺の前に回りこむ。

俺は手で隠したが、多分この時点で立っていたのは気づかれたと思った。

姉ちゃんはおっぱいを俺に見せながら、俺の胸や腹を洗う。

動くたびに姉ちゃんの結構立派な胸が揺れた。

「しょーちゃん、大きくなってるでしょ?」

俺は答えられなかった。

「いいんだよ。男の子として普通のことだから」

姉ちゃんは俺のチンポを隠している手をのける。

「泊めてくれてるお礼だから」

と、姉ちゃんはボディソープのついた手で、チンコを洗い始めた。

チンコはおっきくなったが、俺の身体は縮こまっていた。





129名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:26:03ID:SN06CCtE0

「ねえ、しょーくん」

「なに?」

「これさ」

姉ちゃんはオナホールを手にとって、

「スポンジじゃないでしょ?」

「え? どうして?」

「これ、オナホールって言うんでしょ? 前彼がおんなじの持ってたよ」

ばれていたらしい。

「しょーくん、私がいるから一人でしにくいでしょ。だから私が手伝ってくれる。私だって、結構気を使ってるのよ」

「て、手伝うって?」

姉ちゃんはオナホールをすすいで、その穴にボディソープをたらした。

「入れるよ」

と、勃起した俺のチンコにオナホールをかぶせてきた。ゆっくりと動かす。

俺は何もかも姉ちゃんに見抜かれて、正直レイプされてる気分になっていた。でも、それがかえって興奮した。

「もっと強く握ったほうがいい?」





130名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:26:57ID:SN06CCtE0

「う、うん、それくらいでいいよ」

オナホールで姉ちゃんに手コキされ続けると、1分ぐらいで射精してしまった。

まだ手を動かし続ける姉ちゃんに、

「ご、ごめん、出ちゃった、もういいよ」

姉ちゃんはオナホールを抜いてくれた。

「気持ちよかった?」

俺はただうなずくだけだった。

姉ちゃんは笑うと、キレイに精液を洗い流してくれた。





131名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:27:34ID:SN06CCtE0



そのときから、姉ちゃんと弟の境目が崩れたような気がする。

一つ屋根の下で二人っきり。やろうと思ったらなんでもできた。

俺はその夜、一緒に寝ている姉ちゃんに抱きついた。

姉ちゃんも拒否しなかった。

挿入はできなかったが、それ以外のことはたいていさせてくれたし、してくれた。

でも、そんな暮らしも長くは続かず、姉ちゃんも両親に説得されて、3ヶ月ぐらいで家に戻って言った。



その三ヶ月間が、俺にとってもっとも幸せなときだったかもしれない。

今でも姉ちゃんとしたことを思い出して、何度もオナホールでオナニーする。





132名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)12:57:33ID:RAAZY9ns0

いい話だ

姉ちゃんの優しさに感謝しないとな

いい想い出として自分の胸にしまって間違ってもこれ以上迫ったりするんじゃないぞ





133名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)13:16:28ID:liew3ABZO

高校中退のアルバイトに部屋貸してくれるの?

敷金、礼金、前家賃、手数料、損害保険、保証人…

現実的に無理なんじゃない?

オマエ作ってねぇか話しを!



と、書いてみる。





136名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)14:02:57ID:SN06CCtE0

132

うん、わかってる。

さすがにあれから関係を迫ったことはないよ。



133

敷金とか礼金は自分で払ったよ。

バイトそのものは高1からしてたから、ある程度貯金はあった。

保証人も母親がなってくれた。

俺の場合は家出じゃなくって、ちゃんと両親を説得しての一人暮らしだから。



親も家を出たいといっている息子を引き止めることは無理だと思ったんでしょ。

娘とはやっぱりちがうよ。





137名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)16:53:45ID:QgV3Qqh70

しょーくん奥地でしてもらったときの感想は?





138名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)17:06:25ID:SN06CCtE0

137

ごめん。

口はしてもらえなかった。



姉ちゃんもまだ高校生だったし。

俺もしてほしいとは思ったけど、さすがに頼めなかった。

頼んだらしてくれたかも知れんけど。



たいてい手コキか、スマタか、オナホ。

あと、胸が大きかったから、パイズリができた。

パイズリで一回だけ出した。





140名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/17(日)19:16:02ID:ShXZo9Sr0

138 たいてい手コキか、スマタか、オナホ。あと、胸が大きかったから、パイズリができた。



この辺のところを詳しく、続き書いてほしいです。





142名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/12/18(月)01:28:07ID:1YgAqw9d0

お姉さんは、今何してるの?





144名前:123投稿日:2006/12/18(月)07:14:06ID:uapweIaW0

140

これ以上はただの姉弟のエッチ話で、すれ違いになるから最小限にするけど、



一度姉ちゃんが身体を許した後は、もう遠慮はなくなっていた。

俺も若かったから、本当に毎日、バカみたいに姉ちゃんの身体を求めた。

今考えたら、姉ちゃんは結構体力的に大変だったんじゃないだろうか。



姉ちゃんも疲れているときは、上半身だけ裸になっておっぱいを吸わせてくれた後、サイドポジションから、手コキしてくれた。

手コキだといくらでも握力強くできるから、行かそうと思ったら2,3分で行かすことができる。

直触りの手コキ、オナホを使った手コキが一番多かった。

俺も手コキされながら、手を伸ばして、姉ちゃんの手とか太ももとかおっぱいを触わりながら射精した。



スマタは最初うまくできなかったけど、ローションを使ったらよくて射精できた。





145名前:123投稿日:2006/12/18(月)07:14:47ID:uapweIaW0



パイズリはAVとかでよく見てたから、憧れはあった。姉ちゃんに正座してもらって、その上にケツをのけてパイズリしてもらう形。

気持ちいいけど、圧迫そのものが弱いからうまく射精できなかった。でも、姉ちゃんが胸を寄せて一生懸命パイズリしている姿がエロかった。姉ちゃんもチンコでおっぱいをこすられるのが気持ちいいみたいで、少し感じてる表情になっていた。そこもエロかった。

結局最初に手コキしてもらって、行きそうになったらぱっとパイズリに変える方法をとったら、パイズリで射精できた。もう少しで姉の顔にかかりそうになって焦った。



俺は毎日も行かせてもらったけど、結局、姉を一度も行かせてあげることはできなかったと思う。

結構濡れてはいたけど。

ネットで勉強したら、女の子はクリトリスがいちばん行きやすいんだね。中では行けない女の子が多いみたい。

俺は手マンが主で、クリトリスはたまに触る程度だったから。

そのことを知っていたら、もっと念入りにクリトリスを刺激して行かせてあげたのに。

それが心残りだ。

当時はパソコンがなく、ネットに接続できるのはケイタイ位しかなかったから。





146名前:123投稿日:2006/12/18(月)07:16:10ID:uapweIaW0

142

姉ちゃんはいま高校を卒業してレストランの某チェーン店で、ウェイトレスやってる。

俺も姉ちゃんのウェイトレス姿を見たけど、結構似合ってたよ。

でも、俺は高校の制服姿がいちばん好きかな。おっさんくさいけど。



俺氏はいないみたい。

フリーだったらまた手やスマタでやってくれないかなとか、よこしまなことを考える自分が嫌だ。



出典:妹・姉に見つかった時の反応とその後Part8

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【姉】姉ちゃんとお風呂はいるのがそんなに嫌なの? 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月25日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ