相互リンク先の更新情報!

【風俗】復讐 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


俺は30歳。普通のサラリーマン。既婚。退屈な毎日を送っていた。



唯一の楽しみは月一回の風俗。



給料日後のある日、いつもの様に馴染みの人妻系のホテヘルへ。



店に入って1カ月の新人を勧められ指名。



ホテルで待っていると、嬢が到着した。



彼女は歳は32歳。見た目はまあまあ。少し坂下千里子に似てる感じ。



新人さんだから、緊張しない様に優しく接するが、反応は最悪。



会話もそっけなく、何といってもプレイが最悪。






下手というよりも、やる気なし。



一緒にシャワーは入らない、キスはNG、フェラはゴム付き、乳首は痛いから舐めないで、等 横暴な我儘を連発。



俺も頭きて帰り際に「よくそんなんでクレームこないな。」的な事を皮肉っぽく言ったら、「はあっ?よく意味が解らないんですけど。」と反撃にあった。



俺はホントにイライラして店に文句を言ったが、「以後気を付けさせます」の一言で終了。



小遣いを削った挙句、ストレスを溜めて帰宅した。ホントに悔しかった。





それから2週間位たった頃、俺は地元から少し離れたアウトレットに一人で買い物に来ていた。ブラブラ店を見て回っていると見覚えのある女を発見。



”あの時の風俗嬢だ!!”



すぐ解った。しかも家族連れ。リーマンぽい旦那と5歳位の娘が一緒にいた。向こうは全く気が付いていない様子。思わずあの時の悔しさが蘇った。



ホテルにいた時とは全く違う明るい表情。ムカつく。



何か仕返しがしたくなり、色々考えた。

”旦那は風俗で働いている事を知っているのか?”

”バラしたらどうなるんだろう?”

色々考えている内に、取りあえず着いて行ってみる事に。



店を何店舗かまわり、昼過ぎになりフードコートへ。



マックで購入し、嬢家族のテーブルの真後ろへ座った。

嬢家族は娘の幼稚園の話、近所の話など実につまらない話で盛り上がっていた。

俺も何だか飽きてきて帰ろうかなと思ったその時、嬢の旦那が

「お前のバイト先の店もあんな感じ?」

と嬢に質問!話の流れからして、先程回っていたランジェリーショップの事の様。

すると嬢は「全然。もっと小さい店だよ。お客もあまり来ないし。」



俺は ”これはもしかして内緒にしてる?!”と推理。

何か仕返しができないかと、悪知恵を振り絞り作戦を考えていた。



少し経って嬢が「トイレ行ってくるね。」と立ち上がった。

トイレは少し離れた所にあり、旦那達を離すには丁度良いと思った。

俺は急いで後を着いて行き、嬢がトイレから出てくるのを待った。



嬢が女子トイレから出てきた。

俺は一直線に嬢へ近付き「久しぶり。この間はどーも。」皮肉っぽく言った。

すると嬢は「えっ?」と直ぐ気付いた様だったが、無視して逃げようとした。

俺はこんなチャンス逃すわけはなく、

「優しそうな旦那さんですね〜。御挨拶しようかな〜。」と少し大きめの声で言い放った。



すると嬢は戻ってきて察したのか「この間はすいませんでした。」と突然謝ってきた。

俺は「もう謝ってもらわなくて結構ですよ。そのかわり旦那さんに挨拶させてよ。」と嫌がらせ。嬢は「お願いだから旦那には内緒にしてください!!」と懇願。

俺は「旦那さんが来るといけないので、取りあえずこっち来てよ。」と障害者用の大きい個室トイレへ連れ込んだ。



個室に入ると嬢はバックから財布を取り出し「これで許して下さい。」と3万円差し出してきた。俺は遠慮することなく受取り、「キスしてくれたらこれで許してあげるよ。」と脅し気味に言った。

嬢は「それはできません。」と突っぱねてきたが、俺が「解りました。じゃあ旦那さんのとこ行きましょう。」と脅すと悩んでいたが「これで絶対約束してください。」と嫌々了承した。

俺は嬢の唇に貪り付いた。口紅が全部取れてしまう位びちょびちょに舐め回し、口の中も舌で掻きまわした。胸も揉みまくった。無理矢理服を捲りあげ乳首に吸い付いた。嬢は「キスだけって約束でしょ!」と暴れていたが「騒いでると旦那さん来ちゃうよ。」と言うとおとなしくなった。

ベビー用のベットに嬢を乗せあげて、スカートを捲りストッキング・パンツを脱がした。そして嬢のマンコにしゃぶり付いた。嬢は小声で「嫌ー!やめて!」と叫んでいたが、唾液でビショビショになるまで舐めあげた。

そして俺もズボンを脱ぎ、一気に挿入。もちろん生。物凄い勢いで突きまくった。

トイレの中はビチョビチョといやらしい音が響いている。

早漏気味な俺は、2分位で絶頂を迎えそうになり「あ〜出そう!」と言うと、嬢は「中は絶対だめ!!」と叫んでいたが、お構いなしに発射。

大量のザーメンを膣内でしっかり放出した後、ビチョビチョのチンコを嬢の口にぶち込んだ。髪を掴み頭を無理矢理前後させ、精子と愛液の絡みついたちんこを綺麗に舐めさせた。

嬢はベビー用ベットで放心状態だった。俺はそそくさとパンツとズボンを履き、もらった3万を握り締め、何も言わずトイレから出て行った。



さすがにその後気になり、遠い場所からトイレを見ていたが、俺が出て10分後位に嬢が出てきた。確認すると俺はそそくさと車に乗り、アウトレットを後にした。



しばらくしてその嬢が働いていた風俗店のHPを見たが、そこには既に在籍していなかった。



あの後、どうなったんだろう。





出典:ー

リンク:ー


告白体験談関連タグ

|||||||||

【風俗】復讐 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月25日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ