相互リンク先の更新情報!

【風俗】友達の姉ちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


初の投稿で至らない点もあると思うし、ちょっと長文になるが勘弁してくれ。

忘れられない体験なので書かせてくれ。



登場人物(当時)↓

俺 学生 21歳

友男 学生 21歳

友姉 風俗嬢? 24歳



小学生の頃から悪友として俺と友男はよくつるんで遊んでた仲だった。ナンパしたり合コンしたり、女絡みのイベントは必ず友男と一緒だった。友男は学生だが大学も行かず、平日も土日も朝から晩までパチンコばっかりやってるような奴だった。正直言って「ダメなやつ」の定型的。

そんな友男もパチンコで大勝するとよく俺に風俗奢ってくれた。俺は巨乳好きなので巨乳の店ばっかり行ってたが、友男は貧乳好き(多分ロリコン)だったので「この金やるから好きな店行って来い。2時間後に駅前の和民集合な!」ってな感じで別々の店に行って、終わったら合流して居酒屋ってのがよくあった。そんなことを当時は月1でやってた気がする。

そんな学生生活まっただ中の真夏のクソ暑い日だった。俺は自分の部屋(一人暮らし)でエアコン付けてYOUTUBEみてたんだ。夕方になって涼しくなったら女友達でも誘って飯でも行こうかな―って思ってた。そしたら携帯に友男から着信。

「やべーよ。10万買ったよ。風俗奢ってやるぜ!飲み行こうや!」

暇だったし、丁度ムラムラしてたからw俺は二つ返事でOK。すぐ支度して待ち合わせの都心部の駅に向かった。

駅に着いたら友男は既にビール片手に出来あがってたw

友男「おせーよw」




俺「すまんwってか急な誘いで待ち合わせに間に合う奴がすげぇよww」

友男「だなwwんな事より聞けよ!今日大勝だぜ!」

てな感じで盛り上がりながら繁華街に繰り出す。あたりはスッカリ真っ暗。街の雑踏にのまれていく若者やらサラリーマンで溢れかえってた。俺たちはものの数分で風俗街にたどりついた。

友男「お前、今日も○○(俺がよく行く巨乳の店)か?」

俺「おう、そうしようと思ってる」

友男「お前も好きだねーwまぁ俺も似たようなもんだけどw」

とか言いながら友男から3万程受け取り、当たり前のように友男と別れた。



俺がいつも行く店は繁華街の奥の方にある店。ネーミングセンスがやばすぎる店だがwしかしその店はカワイイしサービスいいし爆乳だしたまに本番させてくれるし、俺には最高の店だった。もちろん今回もその店に一直線。溜まってたのかすごい速足で向かったのを覚えているw

受付に着いたら既に顔なじみの兄ちゃんが「どうもぉ」と挨拶してくる。

兄ちゃん「今日も友達さんの奢りですかw」

俺「うんw」

兄ちゃん「たまには自分の金で来てくださいよ―w」とか冗談いいながら手慣れた手つきで女の子の写真が貼ってあるパネルを見せてくる。

兄ちゃん「今日きららちゃん(俺の毎回指名している子)病欠なんすよー。」

俺「まじ!?えー!?じゃぁどうしようかな・・・店変えるかな・・・w」

兄ちゃん「っちょwww待ってくださいよ!」

俺「じゃぁ何w?良い子いるのw?」

兄ちゃん「○○さんのお気に入りのタイプは今居ないかもですね・・・w」

俺「じゃぁ店変えるわwww」

兄ちゃん「っちょちょちょwじゃぁ・・・もし○○さんがOKなら今日体験入店の子が居るんすよ。風俗未体験だそうなんすけど、見た目や雰囲気は○○さん好みだと思うんス。体入(体験入店の事)の子を常連さんに充てたの店長にバレルとやばいすけど、もし○○さんさえよければどうですw?」(体入の子はまだ客慣れしてないから客に失礼な事とか平気でする子がいる。常連にそんな態度したら客離れもありえるかららしい)

俺「なるほどねー・・・。何カワイイの?写真ある?」

兄ちゃん「今日体入すよwあるわけないじゃないスカww」

俺「うーんwまぁいいや。友男の金だしwww」

兄ちゃん「あざすwwwさすが○○さんwwじゃぁこちらへどうぞwww!!」

こんな感じで奥の部屋に通される。いつも来る時は待合室に通されてしばし準備が整うの待つんだけど、体入で客もまだついてなかった事もありすぐ部屋に通された。

部屋を開けると香水のすごぉくいい香りが漂う。女の子は恥ずかしそうにベッドに座ってた。「ん?見たことある?」と思ったのはすぐだった。女の子も俺を見るや「あ!!!」って顔。



友男の姉ちゃんだ・・・。



友男とは小学生の頃から親友なので当然何度も家に遊びに行ってる。友男の姉ちゃんとも何度か会ってる。しかし高校〜大学と友男も一人暮らしを始めたこともあって、友男の姉ちゃんには数年会ってなかった。あまりに久しぶりってのと激しい動揺にただただ部屋の入り口で立ちすくんでた。

友姉「・・・何してんの?」

いきなり怒り口調。おいおいこっちのセルフだよwって思った。

俺「お久しぶりッス。いや。この店よく来るんスよ。」

ってふつ〜の返ししか出来んかった。

友姉「・・・はぁ〜。○○(俺の事は呼び捨て)来るなんて・・・。まじありえない。」

もう友姉まさに「orz」になってたwwww

俺「すんません。受付に事情話して出ますよ。」

友姉「うん。そうして・・・。」

イマサラだけど友姉ってめちゃくちゃかわいいのw顔は芸能人で言うと今の「木下優樹菜」をもう少し幼くした感じ。身長は165くらいかな?痩せ形・・・だと思ってたがやはりこの店に居るだけあって超爆乳に育ってやがるwww多分Gは軽くあるなw薄いヒラヒラのネグリジェみたいなの着て「orz」だから谷間丸見えwwwwだから出てけって言われて少し残念な俺ww

俺「じゃぁ失礼します。」

友姉「うん・・・。ごめんね・・・。」

と部屋を出るためにドアノブに手をかけた時だった。

友姉「あ!!!友男には絶対言わないでね!!!!!!!!!」

まじ怒り顔wwwこえーよwwww

俺「言いませんよ!!!!」

友姉「ありがとう・・・。まじありえない・・・。」

とずっとorzなのでとりあえずそそくさと兄ちゃんに事情話して店を出た。



外に出た俺は、あーびっくりしたーと思いながらちょっと友姉の成長した姿にドキドキしながら繁華街をフラフラ歩いてた。友男と合流しようにも2時間後だしどうすっかなーって思ってたら「ちょっと!!」と後ろから声かけられた。振り返ると私服着た友姉だったwwやべ私服かわいいwwww

俺「どうしたんすか!?」

友姉「いや、やっぱあの店辞めてきたwだって○○あの店の常連なんでしょw」

俺「なるほど・・・w」

と妙に納得して友姉の次の言葉を待った。

友姉「これからどうすんの?暇なの?」

俺「うーん。実は友男と待ち合わせてんすけど、まだ2時間くらいあるんすよねw」

友姉「・・・そうなの!?なんかごめんwじゃぁ・・・お姉さんと茶でもすっかw」

なんか妙に気丈にふるまってるような印象を受けたw多分「茶」ってのも友姉の精いっぱいの強がりだと思ったw

俺「いいんすかw友姉さんこの後予定ないんスかw?」

友姉「あるわけないじゃんw店辞めて来たっつーのwww」

はいはいwですねwww

二人で笑いながら近くの喫茶店に入る。確か記憶ではルノアールだったかなw



喫茶店に入るとはじめて気付いた。友姉なんとも危険な格好w超ミニのデニムのスカートに超チビT。おいおいwあんた爆乳を武器に使う気マンマンの格好でんがなwwもちろんガン見の俺w

友姉「おっぱいばっか見るなw大きいの仕方ないだろwww」

俺「はいwでも格好が・・・w」

友姉「ああwwwごめんwこの格好だと男受けいいからww」

はいはいwあんた魔女っすねwwww

友姉「でもなんであの店常連なの?他にも店いっぱいあるのにw」

おいおい気付いてないのかよwww

俺「いや・・・俺ただの巨乳好きでなく爆乳好きなもんで・・・w」

友姉「あ!」って顔をするw

友姉「あーwだよねwあの店そうだよねwww」

もうね。からかわれてるのかと。まぁ実際、気まづい後に打ち解けられらので俺的にはホッとしてちゅーちゅーアイスコーヒー飲んでた。そこで友姉からいろんな話聞いた。なぜ風俗で働こうとしているのか、彼氏はいるのかとか。とりあえず当然の質問を沢山したw

友姉「別にお金に困ってる訳でもないんだよね・・・。」

友姉の顔は結構深刻な顔だった。

友姉「絶対友男に言うなよ!?そして忘れろよ!?」

俺「はい。」

友姉「実は私単純にえっちが好きなのwwwただ、AVはさすがにバレるときついし、彼氏作ってもそのせいですぐ浮気しちゃうし。えっち友作ってもなんかすぐ飽きちゃうんし・・・」

ほぉー。奇特な方なんですねwww

友姉「まぁ・・・風俗って基本奉仕する方だからえっち好きって言ってもちょっと違うんだろうけどwwあの店気に入った客だったら本番やっても店長良いって言うからww客寄せのためなら目をつむるってw」

なるほど!たまに本番やらせてくれるのはそんな理由がw

友姉「あーでもどうしよー。次の店なんかもうないよー。おっぱい大きい子ってそういう店の方が指名取れるでしょw?私なんかそこしか取り柄ないからさーw」

そこでナンパ百戦錬磨の俺の出番w待ってましたとばかりに

俺「いや!!!そんな事ナイッス!友姉さんならどこの店でも行けるっしょ!てか逆ナンしてもイケメン着いて来るっしょ!昔から思ってたけどすげぇ可愛いし!話してて楽しいし!!」

友姉ほほ赤くなりながらもきょとん。追い打ちかけるw

俺「まぁ俺こんなチャラチャラしてますけど、口は固いですから!友男には絶対言わないし、誰にも秘密にシトキマス!」

友姉ちょっと眼が潤んでるwなぜwww

友姉「○○(俺)良い奴だったんだー。友男とつるんでるからただのヤリチンだと思ってたwww」

俺「んな事ナイッス!!!!!!」

な感じでお互いを褒めあう気持ち悪いお茶会は続くwすると突然おれの携帯の着信が。

友男「あー。。。。悪い。。。何か風俗の子に気に入られてこの後その子上がりらしいから、お持ち帰るわw」

俺「あー!?なんやとぉ!!!!!おい!俺はどうすんだ!」

友男「あほwww俺の奢りやろwwwそれだけでも感謝しろw」

俺「・・・むー・・・」

友男「じゃなw」ぷつっ つーつー

一気に溜息でた。多分エクトプラズム出てたと思うw

友姉「どうしたの?」

俺「友男が・・・だそうで・・・。だりー。」

友姉「あらwあいつらしwじゃぁどうする?このまま飲み行くw?」

お!きたーーーーーーー!まじキター!!!!

俺「まじっすか!?暇だったし超ありがたいっす!!!」

友姉「よし!じゃぁ私のお気に入りのBARあるから行くよw」

俺「はい!!!!!」

まじ嬉しい!キター!!!俺は多分スキップしてたと思う。るんるんと友姉の後を付いて行ったw



着いたBARは薄暗いいまどきのおしゃれな雰囲気で、友姉が常連ということもありVIP席(個室)に通された。そこで乾杯。他愛もない話しながら何杯も飲んだw



どれくらい経ったろう。多分飲み始めてから1,2時間くらいかな?飲みながらお姉さんの良いとこ褒め続ける。友姉もけっこう酔っ払ってる様子。顔もいい感じにピンクがかってる。適度にエロい話もちょいちょいし始めた時だった。

友姉「○○(俺)さぁ。何で巨乳好きなの?吸うのが好きなの?揉むのが好きなの?」

俺「あー・・・全部好きっすね。」

友姉「全部?揉むのも吸うのも?」

俺「まぁ敷いて言うならパイズリっすね。挟んだら自分のちんこが見えなくなるくらいの爆乳じゃないと味わえないあの快感が最高なんすw」

友姉「まじ・・・w?えろーいwww」

俺「まぁ俺の場合は最低でもFないと満足出来ないんスよw」

友姉「そうなのw?あほだねwww私Hcupだよwww」

俺「うわー!まじっすか!?いいなーww」

もうね。二人笑顔で飲みながら話してるけど雰囲気が異様です。ナンパして持ち帰ったり持ちかえられたりした事ある奴なら分かると思うけど、あのエッチできそうな直前のいやらしい雰囲気になってんのw

俺「ほんと友姉さん最高っすねw性格も見た目もノリもw」

友姉「ほんとーw?みんなに言ってんじゃないのーw?」

俺「んな事ナイッスよw今もドキドキしてますもんww」

いやらしい雰囲気になったときこの一言いうと大体女から来るwww

友姉「ふ〜んwwwじゃぁもしかしておっきくなってるw?」

俺「はいw」

友姉「ほほ〜えっちだなぁ〜wwっえいw!!」

いきなりズボンの上からちんこ摩られる。やばい。手つきエロイw

友姉「本当に今日の事誰にも言わないなら・・・挟んであげよっか〜w」

キタヨ。キマシタヨ。願ってもないチャンス。二つ返事でお願いしましたw

友姉「じゃぁ下脱いで・・・。個々個室だから大丈夫。」

言われるがままに下を全部脱ぎソファーに座らされる俺。

友姉「ほんとだーwもうおっきーwいただきまーすw」

いきなりフェラ。すげぇ気持ちいい。風俗に入ろうとするだけあってすげけうまい。咥えながら舌が棒の周りをうねうね動いてる。やばいすぐイキそう・・・。

友姉「ん、ちんちん凄くおっきくなってきたねwもうイクの?」

俺「やばいかもですwww」

友姉「もう・・・、ほんと私の事好きなんだねww」

といいながら、友姉チビT脱ぐ。え!!ブラしてないwいやノーブラではない。ニップレスだwww乳首だけ隠すやつ。

友姉「ブラ嫌いなのw肩ひもで痒くなるからwww」

そう言いながら友姉、ニップレスをぴりぴりとはがす。うおー乳輪ちっちぇー。豊胸かと思うくらいキレイなおっぱいがそこにある。ちょっと重みで垂れてはいるんだけど、よくAVでみる垂れ乳とは大違いwすごぉくまんまるでキレイw

友姉「じゃぁしてあげるね・・・」

そう言いながら俺の足下に跪き、胸を両手で持ち上げ俺の息子を左右から挟む。すっぽりと息子隠れる。。。うーむエロい。

友姉「あー○○(俺)のちんちん温かい。すごいエッチだね。」

と自分で淫語連発しながら、よだれでヌルヌルになった息子を上下に擦る。すごく上手です。もう、完敗です。

友姉「あー。すごくえっち。やばい。ほんとにえっちぃねー。」

友姉、知り合いの飲み屋でこんなことしてるってのがあってよっぽど興奮してる様子。

俺「友姉さんの中に入れたい・・・。じゃないとイキそうです・・・。」

友姉「ダーメ♪私声凄いから・・・また今度ね♪ほんとはすっごくシタイけど・・・」

あーなんてエッチなんでしょう友姉。最高の体と声してます。

友姉「イキそう?ねぇ、コレがいいの?イッちゃう?イクとこ見せてよ。」

そんな淫語で追い詰められたらイクにきまってます。

俺「あうー・・・あーやばい・・・」

と言いながら友姉のおっぱいの中に発射w

友姉「ぁん、ビクビクしてるじゃーん。えっちぃ。すごくえっちぃね。」

といいながらおっぱいで俺の精液を全部受け止めてくれる。すごぉく最高の女です。全て出終わると持ってたポケットティッシュで谷間を拭く。一通り後処理終了すると

友姉「ねぇ♪今度さ、時間作ってまた飲もうよ。○○(俺)となら最後までシテミタイ♪」

俺「もちろん!!!ただ・・・友男には内緒っすよwww」

友姉「当たり前だwww」

と笑いながら、この日はこの後も軽く飲んで終わりましたwww



後日本番までした話は、また時間あるときに投稿します。長々とありがとう!!!





出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【風俗】友達の姉ちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月26日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ