相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】バツイチ子持ちの典子さん26歳 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


俺の住んでいるマンションのお隣さんは、バツ一で五歳の子供と二人暮しの典子さん26歳です



俺も一人暮らしで夜は暇を持て余してたので

典子さんが仕事で遅くなる日は よく子供の遊び相手を頼まれた。その日も新年会が有るとかで 夕食を御馳走してくれる約束で引き受けた

やっくん・子供の名前

やっ君と典子さんが作ってくれた夕ご飯を食べ やっ君は、九時前にはもう寝てしまった

十一時になっても、典子さん帰ってこないし 一人でテレビ見ていたら玄関の開ける音がした。あっと思ったと同時にドタッと音

あわてて見に行くと 典子さんが倒れていた



「大丈夫ですか」と肩を揺すりました。「うん大丈夫」とフラフラ立ち上がりやっ君が寝ている部屋の戸を開け寝ている事を確認し

壁づたいにリビングに辿り着いたって感じで倒れこんで寝てしまった。板間に寝込んでしまったので 俺が手を引っ張りじゅうたんの上に寝かそうとした時

スーツの袖が引きつり 上着とブラウスが捲れ上がってしまった☆おまけに下パイもが顔を出している

典子さんは可愛いピンクのブラでした。俺はたまらなくなりもう少し袖を引いてみた!!でたぁ典子さんの巨乳って程じゃないけど 十分にデカイのが二つ 典子さん起きる気配なし 

そっと触ってみたすごい弾力さらに揉んでも起きる気配なしよ チャンスそっとブラ外して乳首ナメナメ

モミモミ






もう ここ迄やっても大丈夫ならと 今度はタイトスカートをたくし上げてみる事にした。脱がすと着せるのが困難だからね タイトスカートをズラシ上げながら超ミニ状態で一度止め そのきれいな足を楽しみ

いよいよ下着とご対面 ブラと同じピンクの下着が現れた ストッキングと下着を脱がした。少し黒ずんだあの部分が見え、俺は顔を埋め舌でクリをナメ回し

ホールに指を入れていった。典子さんは少しずつ息が荒くなってきていた。俺は唇にキスをし典子さんの中に俺のものを 奥深く突き刺した



*



出典:泥酔女をお持ち帰り まとめ

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【泥酔状態】バツイチ子持ちの典子さん26歳 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月27日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ