相互リンク先の更新情報!

【友達】女子高生を一時保護した 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


土曜日に、お茶の水に行った。

良く晴れて、風が気持ち良い天気の一日だった。

月曜の朝は、金環日食だ。このまま晴れてくれると良いなぁ。



得意先の人達と打ち合せをして、その後、皆でハシゴして、俺の馴染みのママのクラブで、カラオケ会になった。

楽しく飲んで、気がついたら終電まであまり余裕が無くなってしまった。

東京駅から東海道の下り電車に乗り込む。

席は、そこそこ空いていて、2人掛けの席に座れた。

O駅で降りるまで小一時間はかかるが、寝ないようにしよう。

寝過ごしたら、上りは終わっている時間だ。



スマホでネットを見たりメールのチェックをした後、文庫本の小説を読み始めた。ぼちぼち発車かな。

そこへ、女子高生が乗り込んできた。

席はまだ、あちらこちら空いていたのに、俺の隣に座った。

前をよぎる時にチラッと見ると、背は150あるかないか。




デブではないが、コロコロした体型。

髪は、肩まで届かないくらいのショート。若干茶色っぽい。染めてるのかな?

俺の趣味ではないなぁ。女子高生なんて、30前の俺には今さら縁は無いけど。



出来れば、一人で座っていたかったが、女の子だったら、まあ良いか・・・

こんな遅い時間に、遊んでたのかな。危なくないのかなと思ったが、そんな子は多いだろうし、まあ良いか。



・・・ちょっと臭い。

なんなんだぁ? 女の子なのに。

胸元の辺りからモワッと汗のような垢臭いような臭いが漂って来る感じ。

セーターの袖口が薄汚れている。

髪からも頭皮臭さが・・・



ヤダなぁ。これからどれくらい耐えなきゃいけないんだよ。

早く降りてくれぇ・・・



女の子は爆睡したようだ。

頭が俺の肩にのしかかって来る。やだなぁ、臭いし。

肩とひじでそっと押し返したが、また直ぐにもたれかかって来る。

俺はあきらめて読書に集中した。



彼女の右手が、俺の左のふとももに、パタリと降ってきた。

そのまま、ふとももに手を置く。

こういうのって、男が女子高生にやったら、完全に痴漢だよなぁ・・・



そして、その姿勢から右前に上体が崩れて、俺の膝枕で寝る形になった。

車内で立っている人はいない。向かい側の席のおじさんは完全に寝ている。

周りには、気にする人はいなさそうだが、俺は居心地が悪い。

ちょっと嬉しい。しかし臭い・・・



手の甲で、女の子の肩をさすった。なかなか起きない。

「ねぇねぇ、ちょっと。大丈夫?」手の甲でコンコンと叩いてみる。

「はぁ?」女の子が気の抜けたような声で返事をした。

「乗り過ごしは大丈夫?どこで降りるの?降りる駅が近づいたら教えるよ」

「だいじょう・・・ぶ・・・」と言って、座り直したが、しばらくすると、またもたれかかって来た。



俺の降りるO駅が近づいた。途中、ウトウトする時もあったが、乗り過ごさなくて良かった。

女の子は、まだもたれかかって寝ていた。

「ねえ、乗り過ごしてないかい?俺はここで降りるよ」

女の子が急にパッと目を覚ました「ここ、どこ?」

「O駅」

「あたし、降りる」

なんだ、同じ駅かい。



ホームに降りて歩き出した。北側の階段は昇らず、南側まで歩いた。

女の子も同じ方向のようだ。

少し歩く速度を速めても、足音がついて来るような感じ。変だなぁ。



改札で一日フリーパス券を出して抜けた。

振り返ると、女の子が改札の前で立ち止まっている。なんか困っている感じ。

改札機の外れの冊に手招きして呼び寄せた。

「どうしたの?」

「出られない・・・」

「お金・・・財布は?」

「無い・・・たぶん駅のベンチで眠ってる時に盗られた。かばんごと全部。ポケットに入れてた携帯だけ助かった・・・」

「駅員とか警察に言わなかったの?」

眉をしかめて無言。



しょうがないなぁ。払っておこうか。

得意先との打ち合せでは、もうひとつ良い仕事の契約も取れたしで、少し太っ腹な気分だった。

「最後に切符を買って入った駅はどこ?」

「上野・・・」

駅員に、切符を無くしたと言って、上野からO駅までの料金を清算した。



駅の階段を降りる。

女の子も同じ方向か。



「ほんと、家はO駅で良いのかい?」

「うん・・・」



ずっとついて来る。



「家、どっち? 夜道は危ないから、家の前まで送るよ」

それまで、俺の斜め後ろを歩いていた女の子の足が止まった。



「・・・あたしじゃだめなの?」



あー、やっぱり。そう言う事か・・・



「援交?」これ以上グダグダになるのは嫌だし、ほろ酔いの勢いに任せて直球で聞いてみた。

ふてくされたような顔。しかし否定しないから、やっぱりそういうことか。



援交なんて、俺には別世界の事だけど、俺みたいなヤツに女子高生がくっついて来るくらいだから、

やる気になれば、今時は、援交とか出会い系とかは簡単なんだろうなぁ。

でも、俺はそういう世界はやめとくわ。



「あたしの家、ここじゃないし」ふてくされた表情。



え〜!? なんなんだよ。



「今晩はどこで寝るんだ?お金無いだろ。電車は終わったし、俺、飲んでるから、車では送って行けないよ」



女の子がにらむ。



「タクシー代、出そうか?」



少し間を置いて、女の子は「いらない・・・」とつぶやいた。



しょうがない・・・

「援交はかんべんだけど、俺のとこに泊まるか?」



二人で夜道を歩く。

見ず知らずの得体の知れない子だ。自宅には上げたくない。

自宅から少し離れたところに借りてある仕事場のワンルームマンションへと向かった。

道を憶えられたら、後で面倒かもしれないので、道を右に左に曲がり、遠回りして歩いた。





仕事場に着いた。

ちょっと散らかってるけど、まぁいいかぁ。



女の子が靴を脱いだら、モワッと悪臭が漂ってきた。

このまま寝せるのはなぁ・・・身体も下着も汚れてるんだろうなぁ。



「なぁ、風呂を沸かすけど、入る?」

上目遣いに、ジーッと俺をにらみ、それから、黙ったままうなずいた。



水を抜いて、湯船を洗って、お湯を入れて・・・

横の洗い場で、靴下とセーターを洗わせる。



女の子を先に風呂に入らせた。

その間に、俺は自分の財布やスマホ、貴重品などを、仕事机の鍵のかかる引き出しに入れて、鍵は冷蔵庫の野菜の下に隠した。

家出して援交をやってる子だから、お金は欲しいだろう・・・信用するわけにはいかない。



彼女が、Tシャツとパンツ姿で出てきた。

風呂に入る時に、俺の未開封のパンツとTシャツを渡しておいた。



「悪いな。男物のトランクスで」

「だいじょうぶ」顔を横にプルプル振って、つぶれたような表情で笑う。

臭いパンツとブラは、ビニール袋に入れさせた。

「持って帰るか?」

「いらない。捨てて」

「じゃあ、捨てるよ」ビニールの口をしばってゴミ箱へ。

「明日の朝、西友に代わりの下着を買いに行こう。けっこう早くから開いてるから」



彼女の家出生活の支援をする気はサラサラ無いが、頭ごなしに小言を言ったところで、若い子が大人の忠告など聞くはずがない。反発して、却って悪い状況に追い込むだけだろう。

俺の出来る範囲で、安全と衛生面の足しになってやる。その場しのぎに過ぎないけれど。

そして、彼女の気持ちが少しでも変わるのを願うだけだ。



次に俺が風呂に入った。

今日は楽しい飲み会だったのに、とんでもない事になってしまったなぁと、一日を振り返りつつシャンプーをしていると、ドアが開いた。

目の前の鏡に女の子の脚が映っている。

入って来た!股間の毛がチラッと見えた。全裸じゃないか・・・



どうしたもんか困って、気づかない振りをしてシャンプーを続けた。

彼女は、俺の後ろにしゃがみ、背中に張り付いてきた。

おっぱいが背中に当たり、プルプルと滑る。そして、ぬちゃっとした密着感。



うわぁ〜っ!・・・



何て言って、対応しようか・・・



「あ、背中洗ってくれるの?」エロっぽい状況から、なるべく健全な方向に向かうよう努力する。

「え? うん・・・」

垢擦りに石鹸をつけて、「ほい、お願い」と手渡した。



背中をゴシゴシやってもらった。不器用だけど、馬鹿丁寧な仕事っぷり。

「前は自分でやるから」



「なぁ・・・さっき、風呂早かったな。次にゆっくり入れるチャンスは、いつあるかわからんだろうから、しっかり洗っとけよ」

俺の身体を洗い終わった垢擦りを、シャワーできれいに洗い、石鹸をたっぷりつけて、

「じゃ、場所チェンジ。お礼に背中を洗うぞ〜。前は自分でちゃんと洗いな」

さすがに10代半ばの子の肌はきれいだ。滑らかに輝いている。ツルツル柔らかい。

不覚にもチンコがムズムズと膨張してきた。



おっぱいは、見た感じ、柔らかそうな硬そうな。若い子特有の張りなんだろうなぁ。

そこそこ肉付きの良い体型の割には巨乳ではなくて、せいぜいBかCカップくらい。

乳首は小さい。ひょっとして高1くらいか?

下っ腹はポッコリと丸っこい。股間の毛は薄めだな。





彼女がシャンプーしてる間に、俺は湯船に入った。

女の子の肌は、上気して薄桃色。きれいだ。

身体中舐め回したい! でも、なんとか理性を保つ。



洗い終わった彼女が、湯船のへりをまたいで入って来た!

なんか、見えたゾ・・・

そして、俺の脚の上に座る格好で湯船に浸かった。



なんで、俺なんかについて来たのかと聞いたら、

「お金無くて・・・今日、寝る場所が無かった。優しそう・・・安全そうだな・・・と思った」

ふ〜ん。そんなもんかねぇ。

しかし、よくもまぁ、他人の男を頼れるもんだなぁ。

女の子って、いざとなると、度胸があるのかな・・・



「ねぇ・・・お尻に当たるヨ」

「あ、ごめん・・・」チンコが・・・

なんとか離れようとずらしてみるが、狭い湯船の中なので難しい。

それに、彼女のお尻が追いかけて来る。



「やってくれた方が気が楽だよ・・・」女の子が、ため息を吐くような口調で言った。

「・・・んー、俺の気が変わったらな。今はいいよ・・・」



女の子は、俺に身体をあずけて、もたれかかった。

俺は、小柄な彼女を優しく包むリクライニングシートになった。

チンコだけが逆らいたがっていたけれど・・・



風呂を上がって、二人で身体を拭いた。

髪をバスタオルでクシャクシャと拭いてやったら、

声をひっくり返して「ヤーダー!自分で出来るようっ!」と文句を言ったが、けっこう嬉しいみたいだった。





「お腹すかない?」

「すいた・・・」



「テレビでも観てな。疲れたらベッドで寝てて良いよ」

大急ぎで、料理を作ることにした。

ロクなもんを食べていないんだろう。身体に良さそうなものを・・・

冷蔵庫を見て、あり合わせで作る。

菜花と茸の味噌汁、豚肉とタマネギを炒めトマト缶で煮込む。その間にご飯が炊けた。

作っている間中、彼女は休まないで、横に立って、何か手伝いする事があればと気を回してくれた。



好き嫌いのある子が多いから、どうかなと思ったが、大喜びで食べてくれた、おかわりもした。

ほんと、お腹がすいていたんだろうなぁ・・・



疲れたし、食べ終わったら、さっさと寝ることにした。

彼女はベッドで。

俺は隣の資料庫の小部屋に寝た。

掛け布団1枚を身体に巻いて。大して寒くもないし、これで十分。



ウトウトしかけたら、彼女が部屋に入って来た。

「あたしもここで寝る・・・」

ベッドで寝ろ、いやここでと、言い合ったが、面倒くさくなった。

彼女を床で寝かすのは身体に悪かろうと思い、

ベッドで一緒に寝ることにした。



シングルベッドだから、2人には狭い。



最初、俺は背中を向けて寝たが、彼女が俺と壁の間に入って来て、向かい合わせに寝ることになった。



「おとうさんは?」

「いない・・・」

「おかあさんは?」

「いる・・・」うつむいたまま、顔を横に逸らす。



「おかあさん、心配して電話かけて来ない?」

「着拒・・・」

「?なにちゃっきょって」

「着信拒否した」

「あぁ・・・」



「学校は・・・ずっと行ってない」

「制服着てるじゃん」

「制服着てると、オヤジ達のウケが良いから」 不機嫌な顔をして笑った。

心の闇ってやつが、かなり深そうだ。俺がどう出来るものでもない。



しばらく、語らっていたが、彼女は眠ったようだ。

彼女の髪に顔を埋める形になった。シャンプーとリンスで良い香りだ。

俺も眠りについた。





変な感覚・・・

!? ・・・・なんだ? 俺はどうしたんだ?



寝ぼけて、状況がよくわからなかった。

人が俺の下半身にくっついている!?

一瞬後、思い出した。



あぁ・・・女の子と・・・



布団をめくると、女の子が身を丸めて、俺のチンコをくわえている!



「そんな事しなくて良いから!」

両脇をかかえ、引っ張り上げて、横に寝かせた。



女の子が涙目になった。



「そんなことしなくて良いから・・・」

俺は、彼女の頭の下に腕を潜らせ、腕枕して寝かせた。

背中をゆっくりなでて、

「寝よう。疲れたろ?」

彼女は、顔を俺の胸にくっつけて泣いて、眠った。



朝起きたら9時過ぎだった。

彼女は、最後に寝たままのかっこうで眠っていた。

寝顔があどけない。ほんと、いくつの子なのかな・・・





昨日のおかずや味噌汁の残りと目玉焼きで朝ご飯を食べた。

窓に差し込む光は眩しい。天気が続くと良いなぁ。



食べながら、下着と、それから着たきりの制服だけじゃつらいし、替えの服は要るだろうという話になった。



近所の西友に行った。





下着のコーナー。男には、どうも居づらい場所だ。

「ブラジャーは高いからいい」と、彼女が拒んだ。

しかし、ノーブラはマズかろうということで、スポーツブラを買った。

パンツとスポーツブラを3つずつ。

「一応・・・予備な。でも、3つ全部使う前に、家に戻って欲しいな」

「化粧道具も無いんだろう?買うか?」

「もういいよ。このまんまで・・・」ヘラヘラと笑う顔が、けっこう可愛い。



長Tシャツとショーパン、レギンス、ニーソも買った。





「これから、どこか遊びに行こうか」と聞いてみた。

彼女は、目を輝かせて嬉しそうにうなづいた。



「ちょっと離れた所に車がある。車を出して、こっちに持って来るから、ちょっと待ってて」

「うん」



3万円渡した。

彼女の手が一瞬伸びたが、止まり、

「いらない」と言って、首をブルブル振った。

「お金もらえる事やってないから」

目が合った。彼女は真剣な目をしている。俺は、しかめっつらになったかもしれない。

「これで、おいしいものを食べて、安い所でも良いから泊まりな」

「それとさ・・・もう、あんまり危ない事はするなよなぁ」

そう言って微笑み、無理矢理渡した。



車を取りに行っている間にいなくなってしまっても、それはそれでしょうがないかなと思った。

3万あれば、何日かは足しになるだろう。



車を仕事場のマンションに持って来て停める。

部屋に入ると、彼女はいた!

買ったばかりの服に着替えていた。嬉しそうだ。

若いし、安い服でも、何となく上手く着こなしている。良い感じ。



なんと、掃除までしてくれていた。

ありがとうと握手して、頭をなでたら、照れて笑った。笑うと、なかなか可愛いじゃないか。



そして、彼女の事を信用出来ずに、貴重品を隠したことは、悪い事をしたなと思った。





彼女を助手席に乗せ、走り出した。

最近出来たばかりのテラスモールに行って、ブラブラ。さすがにこじゃれていて、俺でも楽しいモールだ。

欲しい物があれば買うよと、しきりに勧めたのに、安いアクセサリーとアジアンな(ブサカワイイ系の)小物くらい。

パスタを食べた。コストパフォーマンスからすると、値段設定がちょい高めかな。でも、美味しくて、彼女も雰囲気を楽しんでる感じで良かった。



「さて、次はどこに行こうか。今日は休みだ。夕方まではつき合うよ」

海の方へと走る。

「江ノ島の水族館でも行く?直ぐそばだよ」

「あ! 行きたい!」声が弾んだ。

それから、なぜか黙ってしまった。

次の言葉が出るのかわからんけど、待ちながら運転した。

空は雲が厚くなってきた。明日の日食はどうなるのかなぁ・・・





女の子が、かすれる声でつぶやいた。

「家に帰る・・・」





え!? ・・・ちょっと驚き、そして安堵した。

予想外の展開だった。これは喜んで良いんだろうな・・・





「家はどっち?」

「大田区のR・・・」

「おかあさんに電話する?」

「うん・・・」

携帯を取り出した。

しかし、しばらくは、携帯をいじりながら、ためらっている感じだった。

それから、電話した。

「あの・・・おかあさん?」

通じたみたいだ。良かった・・・





彼女は気持ちが吹っ切れたのか、楽になれたのか、雰囲気が軽やかになった。

ささいな事やら愚痴やら、楽しそうにしゃべっていた。



彼女の話に相づちを打ち、語らいながら大田区のR駅方面へと向かう。

不慣れなルートなので、カーナビを頼りに走り、どうにか多摩川を渡り、彼女の家の前に着いた。



ちょっと古びた4階建ての団地。

階段のある入り口に女の人が立っていた。

その人がこっちを見て、小走りに近づいて来た。

俺は車を降りて出迎えた。

女の子は、まだ助手席に座っている。



女の人が軽く会釈した。表情がこわばっている。

さすが母娘で、女の子によく似ていたが、疲れて老け込んでるなあという印象だった。

俺と10歳も離れていないだろうに。



「娘さんですよね?」女の人を女の子の方へと促した。



小声で何か言い合っている。途切れ途切れに聞こえて来る。

「誰なの? 何かされたの?」

「違う! あの人は何もしてない!」

「いろいろ助けてもらったのに!」・・・

だんだんと、女の人の表情が和らいできた。

女の子も安心したような顔になった。

子供っぽい顔。その顔で良いよ。まだ子供っぽくいてくれよ、お嬢ちゃん・・・



「すいません。お世話になったそうで。お返しはいたします」申し訳なさそうに母親が微笑んだ。

「いいですよ。私は何もしてません」



女の子が、こっそりと3万円を返そうとした。

俺は、女の子にだけ聞こえるように、小声で言った。

「いいよ、それは。今までつらいことがあっても頑張ったんだろう。俺からのご祝儀だ。持っときな」

「それに・・・俺も娘が出来たみたいで楽しかったからね」



「明日は金環日食だね。たしか朝7時半くらいだよね。おかあさんと観なよ」

「晴れれば良いなぁ。次に、この辺で観られる金環は、300年後くらいらしいぜ♪」



「うん♪」

照れくさそうに女の子が微笑んだ。







仕事場に戻った。

あ、いけない! 

昨日、風呂で洗わせた彼女のセーターと靴下が、干したままだった。

彼女の存在が残っちゃった感じで、ちょっと切ないな。







今朝、あの母子は、金環日食を観たのだろうか。

我が家の辺りは、肝心の瞬間まで雨雲がかかっていた。



雨や雲に遮られたら、あの子の気分が、また変わってしまうのではないかと気がかりだった。

奇跡的に我が家では、リングになる時に雲が切れて、日食を観ることが出来たのだが・・・



大田区のR在住の知人がいるので、彼の撮った画像をネットのSNSで見せてもらった。

我が家で観た日食より雲が少ない!



良かった・・・





出典:保護

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】女子高生を一時保護した 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月27日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ