相互リンク先の更新情報!

【高校生】友人の母【告白体験談】

カテゴリー:高校生との告白体験談
tag:


昔の話になるが、私が高校生の時の話です。

私の友人に、超大金持ちのA君がいていつもつるんで遊んでいた。

ある日、デパートのゲーセンで遊んでいると、同じ学校のB君がいた。

俺たちは学校の中でもちょっとヤンチャ(昔で言う不良グループ)でB君はイジメられるタイプだった。

暇だったので、ちょっとカラかっていた所、B君の母親が現れた。

母親「どうしたの・お友達?」

B君「ん~ まあ」

母親「そろそろ帰りますよ」

B君「ん~じゃー」と言うと帰って行った。

B君の母親は、とても綺麗で高校生の息子が居るようには決して見えない、スタイル抜群の人だった。

しかも、俺好きのお嬢様風。俺の母ちゃんとは大違いだった。

A君に話すと、

A君「あ~俺Bの母ちゃん知ってるよ」

俺 「マジで 何でだよ」

A君「B君とは幼馴染だし、あの母ちゃんには秘密があるんだよ」




俺 「何だよそれ、俺にも教えろよ」

A君「後でな」

俺 「今知りたいよ、気になるだろ」

A君「お前も好きだね~ おばさんだぞ! 確か38位かな」

俺 「俺には綺麗なお姉さんだね」

A君「分かった必ず教えるから少しだけ待っていてくれ!楽しみにしてな」

その後、A君は何も言わないから、我慢して帰る事にした。

そんな出来事も忘れかけた頃、A君の家に呼び出された。

A君「おー来たか。さっそく出かけるか」

俺 「何処行くんだよ」

A君「まあ黙って付いてこいよ!面白い物を見せてやる」

俺 「マジじゃ行こう」

俺はA君と一緒に自転車で出かけた。しばらく走ってA君家で所有するマンションに着いた。

そして5階の一室に案内された。

A君「ここは空き部屋で俺の隠れ部屋なんだ」

俺 「お前は贅沢なんだよ」

A君「中に入ろうぜ」

A君と中に入ると俺は目を疑った。そこには全裸で手足を縛られ、お尻を上向きにされた女性がいた。

しかも、お尻には花が刺されていていかにも生け花って感じになっていた。

目隠しされていたので、女性は分かったがその人が誰なのかは分からない。

A君「お前にプレゼントだ」

俺 「マジで、誰なんだよ彼女」

A君「お前、今週誕生日だよな。好きにしていいぞ。多分気に入ると思うけど…」

俺 「じゃ頂くけど、大丈夫なんだろうな」

A君「大丈夫、彼女は決して俺に逆らえないから」

そして俺は、目隠しを取る事になる。

続きは後日書きます。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【高校生】友人の母【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月28日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

このページの先頭へ