相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】妻の母の下着 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


妻が妊娠したため、妻の母が我が家に泊まりに来ることが多くなった。



だからと言って、義母に手を出すことなどありえない。

年齢は60過ぎだし、性格もきつめ。

外見はそこそこ悪くないが、勢いで手を出そうもんなら引っ叩かれて説教されそう。

んで、離婚問題になりそうなくらい気が強い。



ある日、仕事から帰って風呂に入ろうとしたら、洗濯機の中に見たことない女性下着が。

如何にもおばちゃん下着で、サイズも妻より一回り大きい。

間違いなく義母の下着と断定。



俺は洗濯機からその下着を取り出すと、自分も服を脱ぎ、急いで風呂場へ入った。

ドキドキしながらマソコがあたる部分の匂いを嗅ぐ。

ちょびっと匂うが、なんだか新鮮。

次にその部分に舌を這わせる。同時にチソポを扱く。




緊張と興奮と情けなさで頭は真っ白。



溜まっていた事もあり、あっという間に射精した。

賢者になった俺の自分に対する嫌悪感は凄まじいものがあった。



しかし、懲りない俺はその後も洗濯機で義母の下着を発見するたびにオナニーしまくった。



そんなある日、会社から帰宅すると丁度風呂上がりの嫁が頭を乾かしていた。

嫁は下着姿。

そしてその下着は義母の下着?



「まさか・・・?」と思った俺は、「そのパンツ、おばさんクサくない?」と聞くと「お腹大きくなってきたから、普通のじゃ入らなくって。」ですって。



俺は今まで妻のパンツでオナニーしていたらしいです。



どんだけ愛妻家なんだよ!!!





















出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【近親相姦】妻の母の下着 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月29日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ