相互リンク先の更新情報!

【痴漢】「窃写症」のオトコたち  【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


「窃写症」のオトコたち 論説委員・福島敏雄



2012.9.2913:56(1/2ページ)[westライフ]



 精神医学の世界では、「窃視(せっし)症」というビョーキがある。「ビョーキ」とカタカナ表記にしたのは、はたして治療対象としての「病気」かどうかは、微妙だからである。



 窃視症とは、「のぞき」の常習犯のことである。むかしは「出歯亀(でばがめ)」などと呼ばれた。その「のぞき」に革命的な変化をもたらしたのは、多機能付き携帯電話、あるいは小型デジタルカメラの登場であった。



 これがかっこうの「出歯カメ」となり、女性のスカートの中を盗撮する「窃写(せっしゃ)症」のオトコがあとをたたない。



 最近では、20歳代の裁判官や、60歳すぎの大手IT企業の元社長、学者、教師、警官、公務員、学生、ついでに言えばジャーナリストなど、ソコソコの肩書のオトコたちの盗撮事件が、毎日のように報じられている。



 オトコたちは、なぜスカートの中に、そんなにこだわるのであろうか。かつて社会学者の上野千鶴子氏は『スカートの下の劇場』という好著で、女性の下着を通して、セクシュアリティの文明史的な流れをあざやかに分析した。



 ではスカートの中には、どんな「劇場」があるのだろうか。20歳代の裁判官は「どんなパンツをはいているのか知りたかった」と供述した。ポイントは「どんなパンツ」にではなく、「知りたかった」のほうに比重が置かれている。「知る」ことによって、舞台が動きだすからだ。






 米国の学会で、かつて「セックスは両足の間ではなく、両耳の間にある」という報告が出されたことがある。「両耳の間」には、もちろん脳ミソがあり、教養や知性のあるヒトほど、セックスにたいする想像力がよく働く。



 かれらは、盗撮したパンツをパソコンに落として拡大し、その色、柄、形状などによって、当該女性の趣味や性向、さらには男性関係などについて、さまざまな想像力を働かせる。それによって性的にも興奮するのだから、ヘタな芝居よりも、よほど楽しい「劇場」なのであろう。



 筆者は電車のなかでは、たいてい新聞か本を読んでいる。気になる記事や文章を見つけると、小型のデジカメ(出歯カメではない!)で接写(窃写ではない!)して、情報を収集している。



 数年ほどまえ、おもしろい記事を見つけ、カシャカシャと接写していると、車内の雰囲気がどうもおかしいことに気がついた。向かいに座っていた女子学生の一団が、いっせいにべつの座席に移動したのである。



 当時、高名な経済評論家がたびたび盗撮でつかまり、話題を集めていた。筆者も「知性と教養のありそうなオトコ」と見られたのであろう。たんなる「出歯亀」と見られたとしたら、それこそ、なんてこった!







出典:実際に盗撮なんかしないけど、男として気持ちは分からんでもない

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【痴漢】「窃写症」のオトコたち  【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月29日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ