相互リンク先の更新情報!

【友達】すました顔してても 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


嫁とは職場結婚というか元部下。



子供はまだなのだが、俺が残業が多くて家のことがほとんどできないので

寿退社のあとに派遣で勤めていた仕事もやめて嫁は専業主婦をしている。

家事は掃除洗濯なんでもそれほど苦にならないようだけど料理だけは苦手なので

料理大好きの俺が休日はもっぱら作っている。



嫁は俺の職場の女性陣ともいまだに仲良いこともあって、時々我が家に集まって

女子会?とやらを開催している。 もちろん俺はキッチンで料理。



いつも我が家ばかりでは悪いからと部下の女性の部屋で女子+1会をやることになった。



部下の女どもは4人いるが、みんな30代独身だ。

会場になったのは、4人のなかで唯一料理が得意という由香利のマンション。






嫁と一緒とはいえ部下の独身女性の部屋に行くというので少し興味津々になっていた。



由香利の部屋は賃貸だが広めの2DKで、こぎれいというか機能的に片付いている感じ

で、あんまり女性っぽくない感じの部屋だった。



由香利は身長は165くらいかなスレンダーで雰囲気としてはドラマのホタルのヒカリに出ていた

山田姐さん・・って判るかな、そんな感じ。



性格はキツめというか全般的にユニセックスな感じで、料理好きっていうのが意外に感じる

タイプだったが、部屋はなるほど由香利らしいかなと思った。



俺は学生時代のアルバイトが元で料理を始めたので洋食専門だが、由香利はイメージと違って

和食というか、おふくろの味っぽい感じの煮物とか、お浸しとか作っているのが意外だった。



料理もできてルックスもそこそこだし性格だってサバザバしているのに男がいないっていう

のはどうしてなのかなとも思う。



ただ料理を作っているとキッチンにいる時間が長くて、他の女どもが「料理はいいから

こっちにきて飲みなよ」とか言っている。



由香利はそう言われても準備していたものは全部出さないと気が済まないらしい。

(俺もその気持ちはよく判る)



それで結局は俺が手伝うことになったのだが、こっちも部下3人と嫁と一緒に座って

飲んでるよりキッチンを手伝っていたほうが気が楽だ。



「ありがとうございます」とか言われながら手伝っていると、食卓の酔っぱらいから

「奥さんより仲良くしちゃだめだよ〜」などというけしからない、ひやかしがとぶ。



それに動揺したわけではないが「イタッ」包丁でやっちまった。

たいして深い傷ではなさそうだが傷テープでも貼らないと血がとまりそうもない。



由香利はちょうど揚げ物やっていたので、「自分でとりにいくからいいよ、薬箱どこ?」

と聞くと、「そこのドアはいってベッドのところの棚にあるから」と由香利。



ベッドルームに入るのにちょっと気が引けたが、意識しすきでもしょうがないと思って

はいっていってベッド脇の引き出しみたいなやつを「これかな?」と思って開けたら。



そこには存在感たっぷりの本物そっくりな形状のピンクのバイブレーターが・・・・



「えっ」驚くというか、あっけにとられて固まっていたら、由香利が様子を見にはいってきた。



「ああそこじゃなくて・・」と言いかけて、さあっ〜と由香利の顔から血の気が引いていく

のがわかった。 赤くなるんじゃなくて青くなるんだなああいうとき。



「はやくしめて」と言われて、ハッと気がついて引き出しをしめけれどが気まずさはどうしようもない感じ。



向こうも「見た?」とか聞かないし、こちらも何も言わないけれどお互いに判っている。



無言で傷テープを受け取って貼ってからキッチンに戻ったが「もう手伝いは大丈夫ですから

向こうでみんなと一緒に飲んでいてください」と言われて、こっちも気まずいので戻った。



周りは全く気づいてなかったようだけど、それから一回も由香利とは目をあわさなかった。



週明けに会社で会うと、目があった瞬間にものすごく恥ずかしそうな顔をしたのが、いつもの

ボーイッシュな雰囲気とのギャップで相当かわいかった。



「あれカオリ(嫁)にも言わないでくださいね」



「あれって、なんだったなあ、飲んでたし忘れっぽいから何も覚えてないや」

と言ったら、なんか涙目っぽくなってちょこんと頭をさげて席にもどっていった。



嫁の同僚なので絶対に手はだせないんだけど、どうしても由香利を見ると頭の中で

あのけっこう立派なバイブで・・・とあらぬ妄想をしてしまう。



由香利には避けられそうだなと思っていたら、その日だけはなんとなくそんな感じもあったけど

すぐに元通り何も気にしていないような感じになったのはさすがに30女かな。



一度だけ「想像してるでしょ」って小さな声で訊かれたので「まあたまには」って答えたら

嫌な顔するかと思ったら、小さく笑っていた。



はやく男を見つければいいのにもったいない。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【友達】すました顔してても 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月29日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ