相互リンク先の更新情報!

【妹】マキを狙うやつら vol.5 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


前作 マキを狙うやつらvol.4



つづき







俺達は、映画館の隣のゲームセンターに入った。



俺にとっては、ゲームセンターに入るのは久し振りだった。

入ってみて、メダルゲーム(スロット・パチンコ等)がやたらに多いなあと思った。



何をやるか迷ったので、とりあえずマキに聞いてみた。

俺「マキ、やりたいゲームある?」



マキ「ダンスゲームにする」マキは迷わずに答えた。




マキは、某体感ダンスゲームの所に行った。(慣れた感じだった)

マキ「じゃあ、おにいちゃん。一緒に踊ろう」



俺「えっ!? 俺、やったことないから……。マキが手本を見せてくれ」

俺は、体感ダンスゲームをやったことが無かった。



マキ「うん。じゃあ、ちゃんと見といてよ。でも、手本とかいうほど、上手くはないけど……」

マキは、そう言うと踊り始めた。

マキは、俺の予想に反して、めちゃくちゃ上手かった。

音楽にも、ノリノリで、ゲームというより、ストリートで、ダンスしている感じだった。



俺は、マキのダンスに少し感動していたが、マキの姿を見ていると少し不安になった。



マキは、ノリノリのオーバーアクションでダンスを踊っている為に、ミニのワンピースのスカートから、チラチラとマキのパンティが見えていた。

マキのチラチラ見えるパンティとむっちりした太腿は、かなりエッチな感じがした。

しかし、マキは、ダンスに夢中で、気にもしていないようだった。



最初は、俺もマキのパンチラが見えて嬉しかったが、だんだんとマキの周りにマキのダンス目当てのギャラリーが集まってきて少しあせってきた。

中には、明らかにマキのパンチラ目当てであろう野郎どももいた。



そんな中、マキのダンスが終わった。

すると、周りの人たちから拍手が起こった。

マキは、かなり気分がよさそうだった。



そんなマキを見ているとパンツが見えていたとか言い出しにくかった。



すると、ギャラリーの一人が、「アンコール」とか言った。

そして、他のギャラリーから拍手が起こった。



マキは、一礼して言った。

マキ「じゃあ、次は、別の曲で、踊ります」



マキの一言でギャラリーはノリノリになり、再び拍手が起こった。



そして、マキは、再び踊り始めた。

先程よりも、ノリノリで……。



マキは、先程よりも回転の多いダンスを踊っていた。

回転するたびに、マキのスカートはめくれ上がり、白いパンティは、丸見えになっていた。

白いパンティは、お尻に少し食い込んでいた。

太腿は、汗ですこし輝いて見えた。

ギャラリーの中には携帯電話やスマートフォンで写真を撮るやつもいた。

しかし、俺は、注意することが出来なかった。

マキの気分を害するのが嫌だったこともあるが、しかし、それ以上に俺の中で、マキのパンチラを他人に見られている事で興奮してくる感情があった。

俺は、成り行きを黙って見守ることにした。(俺の息子はギンギンだったが……)



しかし、マキは、まったく気にしないで、ダンスを踊りおえた。

マキ「みなさん。ありがとうございました」マキはそう言うと一礼した。



ギャラリーから、また、アンコールが起こっていたが、マキも疲れたらしく体感ダンスゲームから離れて、飲料の自動販売機の所まで行ってジュースを買いだした。



俺は、すぐにマキを追っかけて自動販売機の近くに行った。

俺「マキ。すごかったな。あんな特技があったんだ。知らなかったよ」



マキ「特技って、いうほどでもないよ(照笑)。たまに友達と一緒に踊りにくるだけだから……。それに、私より上手い子って、いっぱいいるから……」マキはジュースを飲み干すとそう答えた。



俺「いや、すごかったよ。おにいちゃんは感動した(笑)。それに、ギャラリーも出来てたしね(笑)」



マキ「ギャラリーには、少し驚いたよ。でも、気持ちよかった」

マキは楽しそうだった。



そんなマキを見ているとパンチラとかは言えないと俺は思った。



マキ「おにいちゃん。次、プリクラ撮ろうよ」



俺「ああ」

俺は、少し照れくさかったが、マキと一緒にプリクラを撮った。

なんだか、兄妹というより、カップルみたいな感じだと思った。



俺達は、その後も色々とゲームを楽しんだ。

そして、時間になったので、映画館に入って映画を観た。

(映画の題名と内容についてはここでは省略させてもらう)

映画の上映が終わると俺達は、映画館から出て、近くにある、某ハンバーガーショップにランチに向かった。

ハンバーガーショップの入り口に差し掛かった時に、俺を呼ぶ声が聞こえた。



?「タカトシ君」

見覚えがあるような、ないような中年のオヤジだった。



俺「はい?」

俺は、必死で記憶をたどった。



?「タカトシ君だろ。市川孝敏君だろ」



俺「はい。市川孝敏ですけど……。どちらさまですか?」



?「えっ!? 忘れた? 俺だよ。お父さんの部下だった岸利徹(仮名)だよ」(実名は出せないので仮名で岸利徹とする)



俺「あっ!! 思い出した。お父さんの会社にいた岸利さんですね」

このオヤジ、いや、この人は、俺の父親の会社の元部下で、年齢は三十代前半なのだが、少し髪の毛が薄く実年齢よりも老けて見える人だった。

昔から、休日に父親のゴルフのお供で帰りがけに、うちで晩御飯を食べていたので、よく知っていた。

しかし、父の勤める会社を一年程前に退職したみたいだったので、会うのは一年振りくらいだった。



岸利「思い出してくれたんだね。タカトシ君、見ない間に男らしくなったなあ(笑)。今日は、彼女とデートかい(笑)」

マキの事には気付いていないようである。(しかし、彼女とは……)



俺「違いますよ(照)。妹ですよ。マキです。マキのこと覚えていませんか?」



岸利「えっ!?」



俺「マキも岸利さんの事忘れたのか(笑)。ちゃんと挨拶しろよ」



マキ「覚えてるわよ(笑)。おにいちゃん、失礼ネ」

マキは、岸利に向かって微笑んだ。(マキも覚えていたようだ)

マキ「岸利さん。お久し振りです」



岸利「マキちゃん!? 美人になったなあ。ビックリしたよ。気付かなかった」



マキ「エー、でも、私、そんなに変わってないですよ(笑)」



岸利「いや、雰囲気がなんか変わったよ。やっぱり、この年頃の女の子は成長が早いね」

岸利は、マキを見てずっと微笑んでいた。



岸利「今日は、兄妹で、デートかい?」



俺「デートというか……(照)。観たい映画があるとマキが言うので、受験勉強の息抜きに付き合いました」



マキ「実は、それは、おにいちゃんの口実で、夏休みにデートする相手がいなくて寂しいみたいなので、私が付き合ったんです」マキは意地悪そうな感じで言った。



岸利「へえ、兄妹仲いいんだね。兄妹の仲がいいのは、良いことだよ」



俺「そうですか(照)。ありがとうございます」



岸利「それより、二人のこれからの予定は?」



俺「今から、お昼にしようかと思いまして……」



岸利「そうなんだ。ちょうど、俺も昼まだなんだよ。よかったら、久し振りの再会を祝して俺にゴチらしてよ」



岸利の提案に少し面食らったが、ごちそうになる分にはいいかなと思った。

俺「俺はいいですよ。ゴチになります。マキはどうする?」



マキ「じゃあ、私もゴチになります(笑)」



岸利「そうか。じゃあ、近くに店があるから行こう」



俺達は、岸利の案内で店に行くことにした。

岸利について行くと、路地裏のスナックみたいな外観の店の前についた。



岸利「着いたよ。ここだよ」



俺「えっ!? ここですか?」



マキ「えっ!? ここ、閉まっていますよ」



岸利「大丈夫。今、開けるから……。ここ、俺の店なんだ」



俺「そうなんですか?」

【しかし、胡散臭そうな店だな。これが、スナックかあ】俺の心の声



岸利「ああ。だから、気を使わずに……」



俺とマキは、岸利に促されて、その店に入った。



入り口から入ってすぐにカウンターがあり、奥にボックス席やカラオケを歌うスペースがあった。



岸利「じゃあ、奥に入って。好きなところに座って」



俺とマキはボックス席に隣同士で座った。



岸利は、店の照明をつけて、カウンターに入って何やら調理し始めた。

スナックだからか、照明をつけても薄暗い感じがした。



俺は、少し不安になったが、マキは、もっと不安だろうと思い、なるべく堂々と振舞うことにした。



しばらくして、ランチが出来たようである。

岸利「お待たせ。大した物じゃないけど……。味は、いけると思うよ」



エビピラフとオニオンスープだった。



俺&マキ「いただきます」

俺達は、岸利から、出されたランチを食べた。

予想以上に美味しかった。



岸利「食後にどうぞ」

岸利は、アイスコーヒーも入れてくれた。



俺「ごちそうさまでした」



マキ「ごちそうさまでした。おいしかったです」



岸利「そう言ってもらえると嬉しいよ」



俺「この味なら、お昼のランチをやっても充分にいけますよ」



岸利「そうかい。ありがとう。じゃあ、考えとくよ」



マキ「アイスコーヒーも美味しかったです」



岸利「ありがとう。また、飲みたくなったら、いつでも、来てよ。夜は駄目だけど……」



マキ「夜は……、どんなお店なんですか?」



岸利「夜は、スナック。いわゆる水商売ってやつだよ」



マキ「水商売?」

マキは少し興味を持ったのか岸利に色々と質問をし始めた。



岸利「水商売というのは、お客さんにお酒を提供して、商売することをいうんだよ」



マキ「そうなんですか? スナックは?」



岸利「スナックは、そのお酒を提供するのが、ホステスと言われている女性で、お客さんとお話したり、ゲームしたり、カラオケしたりしてお客さんを満足させる商売なんだよ」



マキ「そうなんですか」



俺「マキ、興味持ったのか(笑)」



マキ「少しね」



岸利「じゃあ、二十歳超えたら、バイトでもしてもらおうかな(笑)」



マキ「ぜひ、そのときは(笑)」



岸利「じゃあ、せっかくだから、疑似体験してみる」

岸利が変なことを言い出した。



岸利「今から、マキちゃんが、ホステスで、俺とタカトシ君がお客。その設定でやってみない?」



マキ「おもしろそう。やろう」



俺は、不安だったが、面白そうな気持ちもあったので賛成した。

俺「やりましょう」



岸利「じゃあ、ちょっと、待ってて」

岸利は、奥から、ブランデーのボトルとグラスと氷と水を持ってきた。

岸利「じゃあ、マキちゃん。こうやって水割りは、作るんだよ」

岸利は、マキに水割りの作り方を教えた。



そして、三杯の水割りが出来た。



岸利「タカトシ君は、いけるクチだろ。マキちゃんも、水割りだから、そんなに強くないから……」



俺は、たまに、父親の晩酌の相手で飲んでいたので、お酒は、いけるクチだったが、マキは、お酒は初めてだと思った。



岸利「じゃあ、カンバーイ」

岸利の掛け声で、俺達も水割りを飲んだ。



俺は、ブランデーの水割りは、初めてだったが、結構おいしいと思った。



意外なことに、マキもグイグイとグラスを空けていた。



岸利「二人とも、いけるクチだね。俺よりも強いかも……。じゃあ、もう一杯」

岸利は、マキに水割りを再び作らせた。

今度は、先程よりも、ブランデーの量が多い感じがした。



俺達は、また、それを飲み干した。



岸利「二人とも強いなあ。でも、お酒ばっかり飲んでるのも、なんだから、ゲームでもやろうか」



俺「ゲームですか?」



マキ「どんな?」



岸利「『黒ひげ危機○発』だよ」



マキ「『黒ひげ……』ですかぁ」



俺「スナックでこんな、子供のゲームするんですか?」

【今どき、ガキでも、『黒ひげ……』なんてやらないよ】俺の心の声



岸利「うん。たしかに、子供のゲームだけど……。ルール次第では大人のゲームになるんだよ」



俺は、岸利の言う『大人のゲーム』に少し興味を持ってしまった。



俺「どんなルールになるんですか?」



そこから、岸利の説明が始まった。

まず普通に『黒ひげ……』を行う。

そして、黒ひげを飛ばしたら負け。(ここまでは普通)

負けた人は、裏にAと書いてあるカードの中から一枚引く。

そして、書いてある内容の罰ゲームを行う。

カードの内容は、『一気飲み』『チュー』『くすぐり』『脱ぐ』の四種類。

『チュー』と『くすぐり』を引いた人は、裏にBと書いてあるカードの中から一枚引く。

そして、書いてある部位に罰ゲームをされる。

Bのカードの内容は、『顔』『首』『脇』『胸』『股間』『足』の六種類。

そのあと、裏にCと書いてあるカードの中から引く。

Cのカードの内容は、『右』『左』の二種類。

書いてある、側の人に罰ゲームされる。

といった内容である。



俺は、この内容だと、マキがとんでもないことになるのではないかと思い岸利に言った。

俺「これ、ちょっと、やばくないですか?」



岸利「大丈夫だよ。意外にソフトなんだよ。このゲーム。それに、十回戦で終わるから、すぐだよ」



俺はマキにも聞いてみた。

俺「マキは、どう? やってみる?」



マキ「うん。なんだかおもしろそう。やってみるよ」

マキは少し酔っているようにも見えた。



俺は、不安ではあったが、やばくなれば途中でやめればいいと思い、ゲームをすることにした。



ゲームが始まった。



まず、最初に負けたのは、岸利だった。

岸利は、『くすぐり』『股間』『右』のカードを引いた。

岸利の右は俺だったので、俺が罰ゲームの執行人になった。

俺は、嫌だったが、岸利の股間をくすぐることになった。

一分間するルールだった。

岸利は、最初の内は、のけぞって変な声を出していたが、後半は、男の俺に触られているにもかかわらず、勃起していた。



マキ「キャー、わっはっは。おもしろい(笑)」

マキは岸利の姿を見て笑っていた。



岸利「クソ。マキちゃんに変なとこ見られたよ(笑)。とりあえず、気分直しに乾杯しよう」



岸利の呼びかけで、俺達は、水割りで乾杯して飲み干した。



二回戦が始まった。

二回戦でも負けたのは、岸利だった。(岸利弱すぎ)

今回は、『チュー』『首』『左』のカードを引いた。

岸利の左側はマキだったので、マキが罰ゲーム執行人になった。



岸利「マキちゃん。寝転んだ方がやりやすいだろ」

岸利は、そう言うとボックス席のソファーの上に仰向けに寝転んだ。



マキは、少し悩んだようだが、酔っているのと、ゲームのノリで、岸利の上に覆いかぶさった。

そして、岸利の首筋に唇をつけた。

その姿は、後ろからみていると、女性上位で、エッチをしているように見えた。



俺は、岸利に覆いかぶさって、首筋にチューをしているマキを見てめちゃくちゃ興奮していた。

俺の息子もギンギンになっていた。



岸利は、目を瞑っていたが、少し興奮しているように見えた。

岸利は、上に覆いかぶさっているマキを支えるように両手でマキを押さえていたが、だんだんと右手がマキのお尻の方に伸びていた。

そして、マキのお尻を撫でるような感じで、マキのミニのワンピースのスカートをめくり上げていた。

俺からは、マキの白いパンティが丸見えだった。

マキのパンティはお尻に少し食い込みぎみで、その下の太腿は汗で少し輝いているように見えた。

その姿を見ていると止めようという気は起こらなかった。



そして、一分が経ち、罰ゲームは終わった。



岸利「マキちゃん。チューするのが上手いなあ。さては、結構遊んでるな(笑)」



マキ「そんなことないですよ(照笑)」



岸利「でも、舌の使い方が上手かったよ(笑)」



マキ「舌なんて、使ってませんよ〜。岸利さんの意地悪(笑)」

マキは、パンティが丸見えだったにも関わらず楽しそうだった。

(もしかして、気付いてなかったのか……)



岸利「じゃあ、俺みたいなオジサンの首にチューをしたんだから、消毒にビールでも飲むか?」



マキ「うん。ビール飲みたい」



岸利「タカトシ君もどう?」



俺「じゃあ、頂きます」



俺達は、今度はビール(瓶ビール)で乾杯した。



第三回戦が始まった。

三回戦は、マキの負けだった。

マキの引いたカードは、『チュー』『首』『右』だった。

マキの右側は、岸利なので、今回の罰ゲーム執行人は岸利になった。



岸利「じゃあ、マキちゃん。ここに横になって」



岸利に促されて、マキは、ソファーに仰向けで寝転んだ。

岸利は、マキの上に覆いかぶさった。(肘でささえて、体重はかけていない)

そして、マキの首筋にチューをしだした。

最初は、普通に、唇を首筋につけているだけだったが、少しずつ唇を動かして、まるで、唇で首筋を撫でるような感じになっていった。

そして、時々、息をかすかにかけたりしていた。

見ていると、まるで、マキの首に愛撫をしているように見えた。



中学三年生の妹が、赤の他人の中年オヤジに首筋を愛撫されているのを見ると、罰ゲームとはいえ複雑な心境だった。

しかし、俺は、止めることが出来なかった。

なぜなら、俺の心の中に、もっと見てみたいという欲求が少しずつ生まれていたからだ。



マキも抵抗とかはしてなかった。

マキは、赤い顔をして目を瞑っていた。

しかし、顔の表情をよく見てみると、声は出していないが感じているように見えた。



俺は、そんなマキを見ていると益々興奮した。



そして、一分が経ち、罰ゲームが終わった。



岸利「どうだった。マキちゃん。大人の首チューは?」



マキ「少しくすぐったかったかな……。でも、岸利さん。なんか真剣すぎて怖かったよ」



岸利「罰ゲームだけど、やるときは、真剣にやるのが大人の罰ゲームなんだよ」



マキ「真剣……ですか」



俺は、その『真剣……』という言葉で少し燃えるものが心の奥にわいてきた。



そして、第四回戦。

負けたのは、俺だった。

俺の引いたカードは、『チュー』『首』『右』だった。(先程から、同じパターンばかりだった)

俺の右側は、マキなので、今回の罰ゲーム執行人はマキだった。



岸利「じゃあ、マキちゃん。前回、俺がやったように、おにいちゃんの首にチューしてみようか」



マキ「はい。じゃあ、おにいちゃん。そこに、寝てよ」



俺は、マキに言われたとおりに、ソファーの上に仰向けで寝転んだ。

そして、マキが俺の上に覆いかぶさった。



岸利「あっ! その前に、一つ言い忘れていたことがあった」



俺「言い忘れていたこと?」



マキ「なんですか?」



岸利「罰ゲームのことなんだけど……。こうやって、ソファーで覆いかぶさってやる場合は、敗者は、罰ゲームの執行人がやりやすいようにすること。例えば、マキちゃんが、上の場合は、タカトシ君は、マキちゃんがソファーから落ちないように支えること」



俺「なるほど、じゃあ、俺は、マキを腕で支えたらいいわけですね」

二回戦で岸利がやっていたようにしろということのようである。



マキ「おにいちゃん。しっかり支えてね」



俺「ああ、しっかり支えさせてもらいますよ(笑)」

ちょっと、エッチなことを考えていた。



岸利「それから、執行人にも決まりがあるんだ」



マキ「決まり? どんな決まりですか?」



岸利「執行人は、一分間、確実に罰ゲームを執行すること。その間に、もし邪魔されても、罰ゲームをやり遂げること。もしも、罰ゲームがやり遂げられなかったら、今度は、執行人が罰ゲームを受けること」



マキ「エー!? そんなぁ、邪魔とかなしですよぉ」



俺「邪魔ってどんなことをするんですか?」



岸利「まあ、色々だよ。でも、力ずくとか、道具を使うとか、そんなのはナシだ。まあ、触ったり、息をかけたりとか……かな」



俺「それぐらいだったら、いいんじゃないですか」

俺は、早くマキに首筋にチューしてほしい気分だったので無理矢理納得した。



マキ「エー、なんか、ヤダなぁ。でも、仕方ないか。痛いのとかはなしですからね」

マキも納得したようである。



そして、罰ゲームが始まった。

マキは、俺の首筋にチューを始めた。

そして、先程、岸利にやられたように、唇を少し動かし始めた。



これだけで、俺は感じてしまい、俺の息子はギンギンになってしまった。

俺は、マキを支える為に、腰辺りに俺の右腕をまわした。



岸利「マキちゃん、前回、俺にした時よりも上手くなってるね。タカトシ君も、ちゃんとマキちゃんのことを支えてるね。感心だよ。じゃあ、俺も、マキちゃんの邪魔を少しするね。マキちゃん。ちゃんと耐えてよ」

岸利はそういうと俺達の寝ているソファーの横にきた。

そして、マキの太腿を撫で始めた。



マキ「キャッ!!」

マキは、驚いて、チューをするのをやめた。



岸利「マキちゃん。だめだよ。これで、マキちゃんの負けだよ」



マキ「だって……。変なとこ……さわるんだもん(照)」



岸利「仕方ないよ。こうやって、邪魔するのが大人のゲームだから……」



マキ「だって、予想してなかったし……。こんなので、負けとかは、いやだな」



岸利「わかった。今回は、特別に無かったことにするよ」



マキ「本当?」



岸利「ああ。その代り、時間が二分に延びるけどいい?」



マキ「二分かあ」



岸利「マキちゃんにとって、二分は無理だったかな。じゃあ、一分でもいいよ」



マキ「いえ、二分でいいです。私、負けませんから」

マキは負けず嫌いである。



岸利「そうか。やるか。タカトシ君もそれでいいよね」



俺「えっ、はい。いいです」

俺は、流れで、反対できなかった。



そして、再び、罰ゲームが始まった。



マキは、先程よりも上手く、俺の首筋にチューしてきた。

今回は、唇を這わす感じだった。



俺は、先程よりもかなり感じていた。

【マキのやつ。すごく上達しているな。才能あるのかな。でも、このままだと、罰ゲームでいっちゃいそうだよ】



そして、岸利は、先程と同様にマキの太腿を撫で始めた。



マキは、耐えながらも、俺の首筋に唇をつけていた。

なんとか、唇は動かしていた。



そんなマキを見ていると俺は、益々興奮してきた。



俺は、マキに首筋にチューされながらも、岸利のことが気にかかり、少し首を曲げて、岸利の動きを観察することにした。



岸利は、マキの太腿から、少しずつ上を撫で始め、ついには、マキのスカートをめくりあげて、白いパンティ越しに、お尻を撫で始めた。

岸利の手つきは、いやらしい感じがした。



しかし、マキは、岸利にお尻を撫でまわされても耐え続けた。

唇の動きは少なくなったが、俺の首筋にチューしていた。



マキは、結構、負けず嫌いなとこがあり、酔っているせいか、いつもより、負けず嫌いが増強されて、意地になっているようであった。

しかし、マキはあと数十秒耐えないといけない。

それを考えると俺が罰を受けているにも関わらず俺は、マキの罰ゲームを見ている気分になって、益々興奮が激しくなってきた。



岸利の手は、お尻を撫でながら、だんだんと内腿まで下がりだした。



マキは、内腿が弱いのかかなり、きつそうな感じがした。



そして、内腿を撫でる岸利の手は、マキの股間を撫でだした。



するとマキは、さすがにやばかったのか

マキ「あっ!! だめ!!」と声を上げてしまった。



岸利「ああ、マキちゃん、負けちゃったね」

岸利は、すごくニヤニヤした表情だった。



マキは、無言でうなずいた。



岸利「じゃあ、次は、マキちゃんの罰ゲームだけどいいよね」



マキ「うん」

マキは、辱めを受けていたことよりも、負けたことの方がくやしいようだった。



岸利「じゃあ、マキちゃん。カードを引いて」



マキは、カードを引いた。

マキの引いたカードは、一枚目が『脱ぐ』だった。



岸利「じゃあ、マキちゃん。罰ゲームだから……。脱いで。一枚でいいから」



俺「本当に脱ぐんですか。脱ぐのはちょっと……。なあ、マキ」

俺は、さすがにやばいと思った。



マキ「おにいちゃん。いいよ。負けたのは事実だから……」

マキは、そう言うと、白いミニのワンピースを脱いだ。

そして、マキは、下着姿になった。

上下ともに純白の下着だった。

よく見ると、パンティの前の方が少し湿っているようにも見えた。(汗の為かもしれないが)

マキは、顔を真っ赤にしていたが、涙目とかではなかった。



岸利「マキちゃん。偉いぞ。こういうゲームでもちゃんとルールを守るのが大人なんだよ」

岸利は、いいかげんなことを言っていた。

岸利「マキちゃん。こういうときこそ、ビールで乾杯だよ」

岸利は、そう言うと俺達のグラスにビールを注いだ。

岸利「じゃあ、乾杯」



岸利の乾杯の音頭で俺は、ビールを一気に飲み干した。

マキは、少し悩んでいたようだが、何か吹っ切れたように、ビールを飲み干した。



マキ「じゃあ、次、五回戦だよ。今度は負けないよ」

マキは、下着姿というのも忘れて、勝負に燃え出したようであった。



そして、第五回戦。

負けたのは、マキだった。

マキの引いたカードは、『くすぐり』『脇』『左』だった。

マキの左側は、俺なので、俺が罰ゲーム執行人になった。



マキは、段取りよくソファーに寝転んだ。



岸利「くすぐりの場合は、邪魔しないから。くすぐられている相手が絶対に暴れるから、それを押えないといけないから……」

岸利は、そう言うとマキの両足の上に座って太腿あたりを両手で押えた。



岸利「タカトシ君。脇をくすぐる時は、マキちゃんの後にまわって」



俺は、岸利に言われた通りに、寝ているマキを少し起こして、マキの後に回った。



マキは、そのまま身体を俺に預けてきたので、仰向けで寝た俺の上に仰向けのマキが寝るかたちになった。



俺「じゃあ、マキ。いくぞ」

俺は、後から、手を回して下着姿のマキの脇をくすぐった。



マキ「きゃっ。キャー。ワハハ」

マキは、かなり暴れて抵抗した。



俺は、脇をくすぐっていたが、マキが暴れるので、だんだんと胸の方に手がいってしまい、脇半分、オッパイ半分という感じで触っていた。



俺は、調子にのって、オッパイをかなり触っていたが、岸利が少し気になったので、岸利の方を見てみた。



岸利は、太腿を手で押えていたが、アゴや鼻の頭をマキの股間にくっつけていた。



マキは、俺にくすぐられているのと、岸利に股間を攻められているのとで、かなり、感じているようだった。



一分が経ち、罰ゲームは終わった。



マキは、抜け殻のようにソファーに横たわってしまった。



俺「マキ、大丈夫か?」



マキ「大丈夫。ちょっと、疲れただけだから」



岸利「タカトシ君。こういう時の復活方法を教えようか」



俺「そんなのあるんですか?」



岸利「ああ。あるよ」



俺「ぜひ、教えてください」



岸利「じゃあ、やってみせるよ。マキちゃん、いいかい?」



マキ「ほんと? じゃあ、お願いします」



岸利「じゃあ、いくよ」

岸利は、そう言うと、マキの股間にパンティの上から指を突っ込んだ。



マキ「キャー」

マキは、飛び起きた。



俺は唖然としてしまった。



岸利「なあ、一発で元気になっただろ」



マキ「もう、ちょっと、やめてくださいよ(怒)」

マキは、元気にはなったが、少し怒っているようだった。



岸利「ごめん。ちょっと、やり過ぎたかな」

岸利は、少し申し訳なさそうな顔をしていた。

岸利「じゃあ、お詫びにシャンパンをご馳走するよ」

岸利は、高そうなシャンパンを持ってきた。



俺「それって、有名なやつですよね」



マキ「へぇ、そうなんだ。ちょっと、飲んでみたいかも」



岸利はシャンパンをグラスに注いだ。

そして、俺達は、シャンパンを飲み干した。



俺「めちゃくちゃ美味しいですね」



マキ「おいしい。ジュースみたい」



岸利「だろ。これで、少しは機嫌を直してくれたかな」



マキ「じゃあ、もう一杯くれたら、許します(笑)」



岸利「本当に? マキちゃんの機嫌が直るなら、何杯でも飲んでよ」

岸利は、そう言うとマキのグラスにシャンパンを注いだ。



マキは、それを一気に飲み干した。



マキ「じゃあ、次は、六回戦ですね」



そして、六回戦が始まった。





出典:つづく ↓マキに似ている画像です

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【妹】マキを狙うやつら vol.5 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月30日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ