相互リンク先の更新情報!

【職場】かわいいあの娘はヤクルトさん 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


他人の体験を自分に置き換えて再現した、大体実話ちんこです。







ある日、やたらかわいらしい女の子が事務所に来た。保冷バッグ抱えてる。

ヤクルトの売り子さんて高校生のバイトもあんの?

あれ、でも学校は?



とびっきりの笑顔(死語)で「いかがですか?」って、かわいいなあ!

思わず「全部下さい」って言ったらなぜかケラケラとバカうけ。

ツボ浅いなおい。

固定客もいるから全部は売れんってさ。



ルート回って、売れ残ったら全部買うからまたおいで、と言ったらホントにきた。






話してみたら売り子さん、25歳で子持ちだった!ちなみに俺このとき29歳ね。

やっぱ主婦の副業みたいなもんで、やってる人はみんな奥さんなんだと。



まじかよー、それすっぴんじゃねーの、ちくしょうかわいいなあ!いいなあ!いいなあ!



彼女はそれから毎日来るようになった。

営業所(っていうか倉庫)に瓜子さんが来る時間帯は、大体俺1人で留守番でヒマ。

さほど狙ったつもりのない第一印象が良かったみたい。

仕事のグチとか言い合ってたらすぐ仲良くなってくれた。



他の社員2人は外回りが多いのでほぼ1人占めで、毎日10分ぐらい話した。

ルートの一番最後に来てくれて、こっちがヒマな時は長く話せて、売れ残り全部買ったりもした。

毎日瓜子さんが来るのが楽しみになった。

瓜子さんも俺んとこがその日の最後だから、ニコニコリラックス状態で楽しそう。



届けて回ってる家のじいちゃんばあちゃんの話とか。

ニコニコ笑ってホントにうれしそうに話してくれる。いい子だなあ、かわいいなあ。



天然ぽくておっとりだけどちょとHな話もできるし、どんどん好きになった。

ていうか最初から好き。

4歳になるという子供の話はかわいいが、旦那のグチとかのろけはちょっと嫉妬。

ただ、でき婚で、2人ともどうしても結婚したくてしたわけじゃないんだと。



俺>「瓜子さんが奥さんじゃなきゃ良かったのになあ」

って言ったら俺の気持ちはとっくに察してて



瓜>「それはー、しょうがないですよねえ」って。



俺>「人妻じゃなかったら本気で口説くけどなー」

これ自体がすでに口説きみたいだな。

しかもヤクルト飲みつつちょっと気取ったりして。



瓜>「でも主婦でこの仕事してるからアニキさんと会えたんで。ヤクルトレディ始めてよかった」



瓜子さん、そんなふうに思ってくれてたんかー。

思わず手、ぎゅって握ったら、あれ逃げないよ。

顔近づけたら、あれ目つむったよ。

やべ絶対チュウできるよう!どうしよう!ダメだよう!不倫は絶対ダメだよう!



チュウって不倫?

不倫したやつの末路は悲惨だ。修羅場コピペでたくさん見た。



どうしていいかわからんくて思わず、「タフマンちょうだい」



拍子抜けの瓜子さんが「あ、はいはーい」



で、こっちチラリンコ見て、「あたしが飲ませてあげますよー」とニヤリンコ。

おいおい口移しかよ、だからさ不倫はまずいんだよう!口移しって不倫?



と思ったらタフマン口に突っ込まれてがふがふ飲まされた。



おかしくなってぐはぐはーって2人で笑ったら、タフマンで思いっきりむせた!



瓜>「わー、わー、大丈夫ー、ごめんなさい」

ゆっくり棒読みみたいだが本気で心配と謝罪してるのだ。



俺>「ゲフン!ゲフン!ゲフーン!…ふうふう」

やっと落ち着いたと思ったらちんこが勃起してたちんこが。ゴゴゴゴゴ。



俺>「ダメだ、もうがまんできーん!もう帰っていいよ!」

チュウ寸前の瓜子さんの顔思い出しながらトイレでしこしこちんこしてやる!



でも瓜子さんがパタパタ付いてきた。吐くとでも思って心配したんかな。



俺>「おわ、何で付いてくんの?」



瓜>「あのーあのー、何かできることないですかー」



俺>「何かしてもらったら不倫になるからだめ!」



でもさ不倫?浮気?不貞?ちんこ?って、どこからそうなの?

チュウしたら?2人でご飯食べたら?ちんこさわったら?

俺よくわからんので、とにかく不倫はだめ!って固い考えになってた。

ちんこも固い。



不倫の一言で俺が何をするか察したか。瓜子さん一瞬足が止まったんだが。

チュウ寸前までいったんだから、あの気その気にはなってたのであろう。

結局トイレまで付いてきた!



俺>「俺、俺、今から変なことしたいんだけど!」



瓜>「あのー、あたしが」



俺>「不倫はだめだよー」



瓜>「あのー、じゃあ、見るだけでも、だめなんかな…」



どうなの?ミルミルだけならセーフなの?何かもうどうでもよくなってきた。

おっぱい見たいって言ってみたら、おずおずおずとシャツのボタン外し始めた。



ポーチしてるからボタンは途中まで。ブラジャー!ブラジャー見えた!イイ!



俺もちんこ出した。ジョアジョアに濡れててばきばきで、瓜子さんびっくりビフィール。

その表情で、少なくとも旦那のよりはタフマンちんこだなって分かった。



しごいたら自分のガマン汁でぐっちゅぐっちゅいっててすげーやらしい。

もうがまんできなくなってさー、しごきながら片手を瓜子さんのブラジャーに入れた。



小柄な割にはおっぱい大きくて、やわかい!ああ!やわかい!ソフール!

乳首も見た!小さめでかわいい!

そしたら瓜子さん、ふうふう言い出して俺のちんこに手を伸ばした。



わー、今さわられたら!あー、やばいんだよ、あ、あ、あーあ、どぴゅどぴゅ…。

瓜子さんの左手に、どっぴゅどぴゅどぴゅ。



瓜>「うーわー、すごいですねー、いっぱいですね」



トイレットペーパーで自分の手と、俺のちんこも拭いてくれた。

紙がこまかく切れてちんこに貼りついたので、それも丁寧にとってくれた。



俺>「すまん、こんなつもりじゃ。不倫かなー、不倫しちゃったなー俺」



瓜子さんかわいいからこんなことよくあるのかな?それはやだな。







さて幸運にもこの間電話などもなかったんだが。



あ、スタッフが1人帰ってきた、やべー。

瓜子さんをトイレに残して玄関に行くと、置きっぱなしの保冷バッグを不思議そうに見てる。

ヤクルトさんにトイレ貸してるからって言ったら普通にごまかせた。





それからしばらくは、2人で話せるタイミングの日がなかった。

お互い気まずいみたいな照れくさいみたいな顔で、あいさつだけしてヤクルト買ってた。





>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>





久しぶりに瓜子さんと2人きりで話せる日が来た。

ちなみにこの頃には、応接スペースの椅子に2人とも座ろーずで話しこんだりしてた。

ヤクルト飲みながら。そんなにヒマなのか俺。



瓜>「あの日はアニキさんがかわいくて調子に乗りました、ごめんなさい。

襲われても変ではないのに、アニキさんがギリギリまで真面目だからなんかおかしくて。

安心してしまって、いいかなって思っちゃいました。あんなことしたことないですよー。

ほんとですよー」





瓜子さんはちっさかわいいので、先々でちょっかい出されたり、からかわれたりしてるって。

俺んとこでも他の2人がいるときは、まあまあかわいがられてる。

ヤクルトレディはそもそも最初から主婦ってみんなわかってる。本気で口説く奴はアホだ。

でも男と2人きりになる届け先はうちくらいで、毎日きになる野菜だったみたい。





瓜>「来月から旦那が××県に単身赴任なんですよー」



うひゃー何だそれ、なんで意味ありげな目つきすんの?深い仲になるチャンスなの?

でもなあ、でもなあ。



瓜>「確か1年くらいの予定なんかなー。その間子供と2人きり。さみしいです」



だから何で上目遣いでそんなこと言うんか?

こんなちんこな俺が、子持ちの主婦との不倫を考える日が来ようとは。



俺>「俺、正直にゆっとくけどな。瓜子さん好き。でもやっぱり人の道から外れる自信ないし」



瓜>「あたしも、浮気したこともするつもりもなかったです…でも…

アニキさん拠り所にしちゃいそう」



瓜子さん好きだよ!でも不倫は怖いよ、ダメだよ!。

こないだも、仕入先の担当さんのうわさを聞いたばかりなんだよ。



シロ田さんって人で、直接会ったのは2回くらいなんだが、たしか同い年。

できる男なんで割と頼りにしてたんだが。

奥さんいるのにさ、上司の彼女と、派遣の女子、同時に手を出したと。

それが会社にバレたと。

その女性問題が理由かは定かではないが、今度××県の僻地に飛ばされるらしい。



あれれ?



ん?…××県?



ん?…今さら気づいたが、瓜子さんの苗字もシロ田。





はっはー、バカちんこだなあ、そんなのただの偶然だ。



俺>「旦那さんいくつになんの?」

瓜>「29歳。アニキさんと同じくらいですかねー」



俺>「どんな仕事してんだっけ」

瓜>「仕事の話あんまりせんけど、扱ってるのはアニキさんとこと似てるみたい」



俺>「××県のどの辺かなあ」

瓜>「すごい田舎です。△△郡の上の」



うわー、こりゃ確定だな。シロ田さんあんた、こんなかわいい嫁ちんこがいるのに!



俺>「ちっさい子もいるのに、1人転勤かあ」

瓜>「副所長扱いだから、出世だから、ホントは行きたくないけどしょうがないって」



いやいや、シロ田さんが入ってようやく2名の、ド田舎の営業所って聞いたぞ。

それは出世でも栄転でもない、左遷というちんこ。



これでもうまく立ち回ったのかも知れん。だから嫁に浮気はバレずに済んだと。



バレるかバレないかは俺の手にもかかっているわけか、どうするどうする?







>>>>>>>>>>>>>>>>>>







後日。





俺>「転勤先で旦那さん浮気したらどうする?」



瓜>「許さん!なんて思ってたけど、最近、人が浮気する気持ちがわかってきたかなー?」



俺>「なんで俺見ていうのさ」



瓜>「あたしアニキさん好き」



俺>「俺も好き」



瓜>「でもダメなんですよねー、しょうがないですよねー」



頭がぐるぐるちんこ。

離婚結婚不倫不貞裁判慰謝料再婚初婚突然子持ち孫父ちゃん母ちゃん俺もうすぐ30歳…。



俺>「別に旦那が嫌いになったわけじゃないしょ?」



瓜>「結婚したらもう、好きとか嫌いじゃないですよー。子供大事だし。生活大事だし」



それ質問に答えてない気がするんだがまあいいや。



瓜>「だからちょっとくらい気になる人がいても、浮気とか考えたこともなかったのに。

でも旦那がしばらくいなくなるって時に、アニキさんを好きになってしまうとはー!

旦那を裏切ってしまいそうで正直自分でもショックです。心が折れそうです…」



折ってしまいたい!でもなあ、でもなあ。

人の道かー。外しちゃいけない人の道。でもあれ人の道ってなんだ?

結婚って何なんだっけ?

不倫っていけないことだっけ?あれ、何がいけないんだっけ?



離婚結婚不倫不貞裁判慰謝料再婚初婚突然子持ち孫父ちゃん母ちゃん俺もうすぐ30歳…。



気づいたらまた瓜子さんの手をぎゅってしてた。

瓜子さんやっぱり目つむった。

今回はガマンしないでチュウした。ベロチュウした。いっぱいした。

瓜子さんのおっぱいさわったら、びくってなったけど、抵抗はしなかった。



俺>「瓜子さん結婚しよう!」



瓜>「ぶはふ?」



俺>「俺と」



瓜>「あ、あ、あのー、アニキさんあたし、あのー、今日はこれで!」



うははー、振られた。当たり前だ。人妻にいきなりプロポーズとはなにごとか。



瓜子さんが帰ろうとしたとき事務所の電話がプップクプー。



電話に出る前に瓜子さんに言った。



俺>「○○機器のシロ田さん知ってるよ、浮気してたよ。しかも1人とじゃないよ」

瓜>「…!?」



俺>「ハイ○○社です。あ、ハイお世話になってます。…。…。」



俺が電話してる間に瓜子さんは軽く会釈して帰っていった。泣いてたかも?



仕事で世話になってるシロ田さんには悪いが!

あんたを裏切るまいと葛藤している瓜子さんを見てたら、黙ってられんかった。

ひょっとしたら瓜子さんは旦那の浮気を知っていたのかも知れんなあ。



翌日。

瓜子さんは来なかった。

またその翌日、この日から違う人がヤクルトを売りに来た。

正直女性としては瓜子さんよりキレイで愛想もよかったが、無愛想に対応してしまった。



翌週。

シロ田さんが転勤前のあいさつにきた。

前に見たときよりだいぶ痩せたように見えた。

もちろん瓜子さんのことは俺も何も言わんかった。



翌月。

合コンで知り合った女の子、ちょっといい仲になったんだが。

瓜子さんのことをぼんやり考えてる内に自然消滅した。



翌年。

まだぼんやり考えてる自分に気づいた。

俺こんなに好きだったんかな?

せいぜい数ヶ月、一度に10分か20分話すだけ。デートもしてないし。

エッチな雰囲気になったんも2回だけで進展なかったし。うーんわからん。



わからんかったが、まあ仕事も責任が大きくなってきて忙しかったんで、黙々と働いておった。

瓜子さんが来なくなって半年以上がたっていた。





>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>









ある日、やたらかわいらしい女の子が事務所に来た。保冷バッグ抱えてる。

ヤクルトの売り子さんて高校生のバイトはないよね?



とびっきりの笑顔(死語)で「いかがですか?」って、かわいいなあ!

思わず「全部下さい」って言ったらやっぱりケラケラとバカうけ。

あいかわらずツボ浅いなおい。



でもすぐ真剣な顔になって、瓜子さんは言った。



瓜>「アニキさん今お1人ですかー」



俺>「見てのとおり1人で留守番」



瓜>「いやー、そうじゃなくてー。奥さんとか、彼女とか」



俺>「いないよ。好きな人はいるよ」



ふと瓜子さんの名札を見たら、以前と苗字が変わってた。

やっぱり笑顔で、



瓜>「いかがですか?」



俺>「全部下さい」



瓜>「こぶつきですけど」



俺>「こぶも下さい」



チュウした。ベロチュウはしなかった。でもちょっとおっぱいさわった。



俺>「ひとつ条件があるんだけど」



瓜>「何ですかー」



俺>「ときどきそのヤクルトさんのカッコで、エッチなことしてくれんかなー!」



瓜>「えっ。そそそれはー。ちょっと…考えておきますよー。あ、あ、あの、あたし今日はこれで!」

 

 

 

 



翌日、瓜子さんが来ることはなかった。

 

 

 











出典:最後の一行はウソ

リンク:OKダッタソウデス


告白体験談関連タグ

|||||

【職場】かわいいあの娘はヤクルトさん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年8月30日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ