相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】寝ている彼女をオカズにさせる 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


彼女と俺の友達と三人で飲んでたんだが

酔っ払って先に寝た彼女はほっといてエロ話しで盛り上がってた

友達は2年間彼女がいないからほとんどがAVの話題だったけど

生の胸が揉みたいと騒いでたので俺がなんとなく「そこにあるけど揉んでみるか?」と

言ってみた。



友達は「マジで?そりゃマズイって」と言ってたが、彼女にいたずらするみたいな

ノリでOKしてやった

友達は俺に再確認した後に寝てる彼女の両方の胸に手をあてて「でかいなぁ〜」と

ゆっくり揉みはじめた。なんか他人に揉まれてる姿見るのは変な感じだな〜と

俺は思えた。



友達は小声で「最高!」と何度も言ってた。

俺も調子に乗ってきて、「ちょっと待ってろ」と友達をどかして、彼女のシャツを外してブラも外した。彼女は上半身はまっ裸状態。そして「いいぜっ」と友達に言うと興奮してるのか無言でゆっくり触りだした。

揉んだり撫でたり寄せてみたりとやってた。






ちなみに彼女はワンランク下の深田恭子って感じです

彼女は酔って寝たら起きないのは知ってるので俺は大丈夫でした

友達はひとしきり触った後に「なんかお前に悪いけど本当ありがとう」と言ったので

少し笑ってしまいました。



俺は「お前に女できたら触らせろよ」と言うと「もち」と即答でした。

会話しながらも彼女のDカップをなでなでしてたけど。そして俺が

「立ってんのか?」と聞くと「久しぶりに触れてすでにいきそう、マジヤバい」と

言ってました

そこでアホかと言われるかも知れませんが、「彼女見ながらオナれば?」と

言いました。



「俺トイレでDSしてるから、終わったら読んで」と言うのを友達はア然とした感じで

聞いてました。しかし友達に「触るのは胸だけ」「汚さない」「早めに終わらせる事」と

約束させました。

彼女がどうこう言うのではなく、なんか変な感じに自分も興奮してたと思います。

ちなみに家は1Kで廊下と部屋の間にドアがあります



そしてトイレに向かい、ドアを開けてから入らずに閉めました。ここでめっちゃ

ワクワクでした。

しばらく間を開けて部屋をドアのガラス越しに覗くとすでに友達は下半身脱いでた。

ケツは見たくなかったけど、チンコは俺と同じくらいでした。

彼女は床に寝てたので扱きながら顔を見てる様でした



その後ゆっくりと彼女の胸に顔をもっていきほお擦りしてました。

次に彼女に膝立ちでまたがって扱きながら片手は胸を揉んでました。

なんかはたから見るとAVみたいで俺も勃起してきました。友達はかなり早く扱いた後に

彼女の口にチンコを擦りつけました。これには少しイラッとしましたが、友達は大胆にも

ねじこんで半分位口に入ってました



そしてゆっくり出し入れしてましたが、もういきそうなのかすぐに口から抜いてました。

彼女は時おりピクッとなるだけでやっぱりおきません。まぁ起きたらヤバかったけど、

そこまで考えてなかった。

そして友達はテッィシュをかまえて準備してたのですが、彼女にまたがりおっぱいに

向けて射精しました。テッィシュで飛び散らないように壁にして、俺から見て

分かるくらいドクッドクッと大量にイッてました。



友達は少し放心状態のようでしたが慌てて処理をしてました。丁寧に口まで拭いて。

そして俺がトイレに戻ろうとしてたら、最後に彼女の胸を寄せて乳首を舐めたり

吸ったりと…

「貪欲だなぁ」と思いつつトイレに戻りました。

そして友達が呼びに来ました。顔が赤くなってましたが「なんか緊張してイケなかったから

もういいよ」とのたまいました。



「やっぱり恥ずかしいのか」と笑いそうでしたが、「チャンスで立たないから

女できないんだよ」っと茶化してあげました。そしてちょっと気まずくなってきたのか、

「終電だから」と帰りました。その後に上半身裸の彼女を見ると乱暴されたような

状態に興奮してしまいました。



出典:自分の彼女が自分以外の人にさえたHな48発目

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【泥酔状態】寝ている彼女をオカズにさせる 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月1日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ