相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】友達の旦那さんと激しくセックス! 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


友達の由紀子ちゃん夫婦がアパートを引っ越ししたというので遊びに行きました。

土曜の夜で3人で飲んだので、車で帰れず泊まることにしました。由紀子ちゃん夫婦は二人で寝室で寝て、わたしは居間に布団を敷いてもらって寝ることに。



お酒でお腹がゆるくなったのか、夜中に急にお腹が痛くなってトイレに行きました。

10分くらいしてトイレ(洋式トイレ1つのみ)を出ると、由紀子ちゃんの旦那のHさんも偶然トイレに起きてきてバッタリ会い、「わっ!」と私はびっくりして「(音とか聞かれてたら恥ずかしいな・・・)」と思い、「トイレねっ、ごめんなさい」と素早く居間に戻ろうとするとHさんが私の腕をつかんできてトイレの中に連れ込まれました。



「イヤっダメっ!」と私は抵抗しました。トイレの中で声が響いて、由紀子ちゃんに聞こえるとまずいのであまり大きな声は出せませんでした。

私は洋式トイレのフタの閉まった状態の上で座らされ、寝巻きとして穿いていたトレーナーのズボンとパンティーを下げられてクンニされました・・・。

「あっ、はっ、・・・くうん・・・んっ・・・Hさん・・・こ、こんなこと・・・だめです・・・」

「このトイレの中・・・裕子ちゃんのウンコのニオイでいっぱいだよ・・・。」

「ご、ごめんなさい・・・お腹が痛くなっちゃって・・・」

「トイレを臭くした罰だよ!」

とHさんは私のお尻の穴に指を入れてきました。

「い、いやぁっ、やめて・・・そんなトコ・・・恥ずかしい・・・」

「裕子ちゃんの・・・指に付いちゃった・・・うわぁ、クサイよ・・・」




「恥ずかしい・・・み、見ないで・・・キタナイよ・・・」

「さ、・・・今度は・・・」

そう言うとHさんはズボンを下げ、オチンチンを出しました。

すごく亀頭のエラが張っていてすごく太かったです。

フェラさせられて、さっき一緒に3人で飲んでいたHさんとは人格が変わっていました。「ここはせまいから居間に行こうよ」とHさんに連れられて居間の布団へ。



私は小声で「となりの部屋で由紀子ちゃんが寝てるよ・・・口でガマンして・・」とお願いしましたが「裕子ちゃんとこんな事できるチャンスないからダメだ」と押し倒されました。

部屋は暗かったですが、友達の旦那さんに裸を見られるのは恥ずかしかったです。



「ワタシ胸そんなにないし・・・恥ずかしい・・・見ないで・・・」と言いましたが、Hさんはやさしく「そんなことないよ」と私の乳首を少し痛いくらい激しく愛撫・・・。

さらに私のオッパイを揉みながらクンニ・・・。



わたしは彼の頭をつかみながら自分のアソコに押し付けて感じてしまいました。

「(ワタシ、親友の由紀子ちゃんの旦那とセックスしちゃってる・・・見せちゃいけない男性に股を広げてマ○コを見せちゃってる・・・彼もこんなに激しく舌で愛してくれてる・・・すごく興奮しちゃう・・・)」と今のシチュエーションに感じてアエギ声を出してしまいました。

「由紀子に聞こえるよっ!!」と口を塞ぐフリをするHさん・・・。

「だってぇ・・・んっ、んんっ・・・ううんっ・・・イクイクイク・・・んんっ!!あっ・・・イクッ・・・ん・・・ぅん・・・」カラダをビクンビクンとさせてワタシはイッてしまいました・・・。



ナマで騎乗位の形になった時、(居間のすぐ隣の)由紀子ちゃん夫婦の寝室のドアが少し開いているのが見えました。

「(なんで少し開いてるの??ワタシ達の声を聞いて、ひょっとして由紀子ちゃんが覗いているかも!?・・・」と思いましたがHさんとの快楽に負けてそのまま腰を振り続けました。

正常位になり、ワタシはまたイキそうになり「ああっ、Hさんっ、だめっ・・・聞く耳立てて聞いてるかも知れないよ・・・すぐとなりの部屋で由紀子ちゃんが・・・」

「裕子ちゃんのことオレ・・・前から好きで・・・嫁の由紀子よりかわいいよ・・由紀子より愛してるっ・・・」

「ウソつきっ・・・自分の嫁の友達とセックスしてみたいっていう興味本位なんでしょ・・・ワタシが妊娠しても責任とるつもりなんかないでしょ?・・・」

「そんなことないよ・・・」

「自分の嫁の友達とセックスしてるってことがイイだけなんでしょ??」

「裕子ちゃんもこんなに感じてるじゃん・・・」

「んっ・・・あっ、そ、そうだけどさ・・・あっ、ちゃんと外に出してよ・・・」

べったりと正常位でカラダを密着されて耳を舐められながらワタシの耳元で

「裕子ちゃん好きだよ・・・裕子ちゃんのオナカ、オレの精液でイッパイにしたい・・・孕ませたい・・・裕子ちゃんのオナカの中で育てたい・・・」

「最低っ!!ワタシのオナカはダメ!!あなたには由紀子ちゃんがいるでしょ、ワタシのオナカ孕ませるなんて絶対ダメ!!いやぁ、だめっ・・・」

Hさんの腰の動きが速くなってくる・・・。

ここで自己嫌悪に陥るのが「こんなことダメ!!」と頭で分かっているのに

カラダは快感に支配されて今までで一番深くイッてしまったこと!!

膣の中を突かれてだけでイッてしまうほど感じてしまった自分が「ワタシって最低な女だ・・・」と鬱になります・・・。

「ワ、ワタシ・・・もうだめ・・・イクッ・・・うぅん・・・んはっ・・・んっ・・・ん・・・」

Hさんに正常位で突かれながらカラダを痙攣させてイッてしまったワタシ。

「あっ、オレもイクよっ・・・出すよっ・・・裕子のオナカの中に・・・裕子っ・・・裕子っ・・・」

最後は名前を自分の女のように呼び捨てされてそのまま中で・・・。

ドクンッ・・・ドクンッ・・・ドクン・・・とHさんのがワタシの膣の中で脈打つのを感じたので

「い、いやっ・・・中で出てる出てる出てるっ!!ホントやばい!!やばいよぅ・・・。」

カラダを起こすと由紀子ちゃん夫婦の寝室のドアがさっきまで少し開いてたのに

閉まっていました・・・。





出典:画像アップとエロ体験談サイト

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||

【浮気・不倫】友達の旦那さんと激しくセックス! 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ