相互リンク先の更新情報!

【露出】先輩のオナニー 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


中学2年生の時に仲の良かった友達のR子の家に遊びに行ったときに見ちゃった!



そのコのお兄ちゃんは一コ上のバスケ部で私もバスケ部だからよく話したりも



してたんだ。



背も高くてルックスも結構良かったから人気もある先輩だったんだ。



R子の部屋で音楽聞いたりしながら話していたら、一時間だけ塾に行って来るから部屋で待ってて!



と言って出かけてしまったので部屋でマンガ本を見ながら待っていたら、ふとトイレに行きたくなって



部屋を出て用を足して出てきたら隣の部屋から音楽が聞こえてきた。



「あっ!先輩帰ってきたんだ。挨拶しとこ」と思ってびっくりさせようと思ってノックもしないで






いきなり開けて「こんばんは・・・」って部屋の中を見た瞬間固まっちゃった!



先輩が床に雑誌を拡げてその前で下半身裸でおちんちん握り締めてたの(笑)



「なっ、なんだよ、いきなり」ってあわててパンツ直したり雑誌閉じたりしてた。



「きゃっ!ごめん」



って一瞬ひるんでドアを閉めようとしたけどもともとS気があった私は逆に部屋の中に入って



行って先輩に「オナニーしてたでしょ。」って意地悪く聞いて雑誌を広げて



「このアイドルでヌイてたんだ〜R子に言っちゃおうかな〜お兄ちゃんがオナニーしてたよって。」



私は意地悪く先輩の目を覗き込んだ。先輩は「R子には絶対に言わないでくれ」って胸の前で



手を合わせて頼むから私は「じゃあ・・・先輩もう一回続きして見せてよ」って言ってみた。



「え〜やだよ、恥ずかしいよ」って言ったけど妹にバラすというと渋々私の前でパンツを脱いで見せ



てくれた。小さく縮こまったかわいい白いおちんちんだった。私が笑いながらまじまじと見て



「妹の友達におちんちん見られちゃってはずかしいね」ってからかったりしていたら次第にむくむくと



大きくなってきた。「え〜なんで大きくなってるの〜?見られて興奮してるんだ」



私は先ほどの雑誌をまた拡げて「さあ、これでさっきの続きして見せてよ!」って先輩にオナニー



を見せてくれるように強要した。先輩は嫌がったけど拒否などできるはずも無くおちんちんを握り締め



上下に動かし始めた。私は男子のオナニーを見るのが始めてだったので食い入るように手の動きと



先輩の顔を交互に眺めていた。先輩は恥ずかしそうにしていたけどだんだん気持ちよくなってきたのか



息遣いが荒くなり私にパンツを見せて欲しいと言ってきて私もちょっと変な気分になってきてたので先輩の



前で体育座りのような格好で座りスカートを巻くりあげ「特別に見せてあげるからこれ見てイッてみせて」



と言うと先輩の手は速度を増して「ウッ!」って低い声が出た瞬間体をのけそらし、おちんちんからは勢いよく



精子がピュッ!ピュッ!って断続的に出てきてた。



「あはは、ほんとにイッちゃったんだ、はずかしい〜」



私は先輩の一番恥ずかしいところを見れた優越感に浸りながらティッシュを先輩のおちんちんにかぶせて



あげました。







出典:Hなブログ

リンク:Hなブログ


告白体験談関連タグ

|||||

【露出】先輩のオナニー 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月1日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ