相互リンク先の更新情報!

【痴漢】あの子が乗車してくる 【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


いつもの様に いつもの時間 いつもの電車

2駅目で前のシートの乗客が降りたので珍しく座って通勤出来る事を嬉しく思って

出掛けに見た今日の占いの「ラッキーな日」という結果を思い出して一人ニヤついていた。

次の駅ではいつも楽しみにしているあの子が乗車してくる いつも見ているだけだ

がとても綺麗でスタイルも良く うっとりしてしまうのは多分私だけでは無いだろう。

来た来た。いつもこの車両、この入り口。ドア−から2つ目の席に座っていた私

の斜向かいに立った彼女は今時の高校生らしくミニスカートにブラウス、ジャケッ

ト、右肩からバックを下げて携帯を持ち 左手でポールをつかんでいた。

身長が170cm以上あるだろうか、結構遠目からも目を引き 足も長いのでミニス

カートが他の子よりも短く感じ、当然露出部分も多いので 見ているだけでも何かわくわくしてしまう。

いよいよ次の駅では大量の乗客が乗って来る、今日の私は悠々と座って彼女を見ながらの通勤だ。



駅についた。どやどやとおっさん連中3人が彼女を囲む、痴漢なのか、逃げる様に横にずれ

て彼女は私の前へ、そして今度は後ろからギュウギュウ押され、私の

そろえてあった足をまたぐ様に迫ってくる、




つり革にぶら下がる様に前に倒れ気味私の顔の前には長身の彼女のちょうど腰のあたり、足が私の座っているシートに

ぶつかり 膝から上体だけが押されて前に倒れているため スカートの裾が太股から前に離れて隙間が広がり 

つい覗きたくなる衝動に駆られる、電車が揺れるたびにスカートの裾と太股との間がもっと広がる

もうちょっと目線が低ければ見える、何と言っても 最近の女子高生の 足の付け根とスカートの裾が水平な位短い

制服には腹が立つ。ついつい座っている姿勢が悪くなる、気がつくと私の腰がだんだん前にずり出して、

両隣の人より座高が低くなっている私の足を踏まない様に私の靴の両脇に開いていた彼女の膝の間に私の膝が押入って彼女は足

のやり場に困っている様だった。

これはマズイと思い姿勢をとり直し また彼女の白くて柔らかそうな太股とじっと見つめていた。



すると 見えるはずの無い白いパンツがスカートの裾から見えた。

ハットして彼女の顔を見上げると 目を閉じて眉間にしわを寄せている 下を見る、やはりパンツが見えている

ドキドキしながら周りを見まわすと 私の両隣に座っている男達も彼女の股間に目が釘付けになっている

多分彼女の真後ろの男だろう、やはり痴漢だったのか いつもあの子を見つけると近付いてる顔ぶれのようだ。

もぞもぞとパンツが動く 私や周りが気づいているのも痴漢はわかっているはずだ

あそこを直に触っているのか、羨ましい、悔しい、でも見たい 肝心な所は見え無い 

くそっ! うごめくパンツと彼女の表情で想像するしかないのか。

すると今度はスカートの両脇が持ちあがりぎみになっている 多分スカートの後ろはまくられているに違いない、

前から見ている限りではセーラームーンのスカートのように サイドが腰骨のあたりまで持ちあがり真中だけが股間を隠している、

くそっ!!またもや肝心な所は見え無いじゃないか。

彼女の表情はやはり目を閉じ 眉間にしわを寄せている しかし薄く開いた唇がわずかに動き 



音こそ出ていないが「あっ、あっ」と でも言っているような動きをし始めているではないか

感じてるのか まさか、でも、心無し腰がうごめいてる そんな気もしないではないのは考えすぎだろうか。

どうやら痴漢は複数の様だ、相変わらずパンツはうごめき 手の数が増えたのかさっきよりズリ下がってきて

ゴツイ指が時たま見え隠れする、私のすぐ目の前30cm位の所でグチュグチュと彼女のあそこへ

入れているのであろう指の動きが音までも聞こえてくるような想像を掻き立てる、

想像だけで私は射精しそうな位で普段より格段と大きく勃起していた。

いつのまにか ブラウスの裾がズリ上がりおなかが少し見えていた、やはり後ろからおっぱいを

揉んでいるらしくブラウスのボタンがはちきれそうになってブジャーがズリ上がっているのが解り

その内では2つの手がグリグリと動いている。



私はといえば すっかり姿勢はずり下がり 彼女の足を広げるのを補助でもしているかの様に彼女の膝の間に

私の膝を突っ込んで 勃起した私の股間は思いっきりズボンを突き上げ そのまま彼女が腰を落せば

騎乗位になってしまうような体制で我を忘れて見入っていました。

相変わらず肝心な所は見えていなくて 自分でも知らず顔が彼女の股間に20cm位に近づい

ていたのを痴漢が可愛そうに思ってくれたのかどうなのか、目の前の彼女のスカートが突然ストンと落っこちて

白くて柔らかそうな丘にきれいに生えそろった毛の裾が濡れて糸を引いた状態で現れた。 

思わず一瞬顔を引いて周りを見回すと、前に立っていた痴漢と思われる数人が私を見て、

無言であごで合図をする様に彼女のあそこの部分を指しました。彼女の顔を見なおすと変わらず目を閉じたままで、

スカートを落したあとも又触りまくっている男達の手に感じているのか堪えているのかの表情、

私の両隣の人達も 目で「やっちゃえ」とでも言っているような合図、皆が味方なんだと思った瞬間、



触りたくてどーしようもなかったのを絶えていた私の気持ちが一気に爆発し、両手で彼女の腰を抱え引き寄せ、

嫌でも私の足をまたいだ状態の彼女の足は開き、その開いた股間に顔を突っ込んだ。 

むさぼる様にクリトリスに食いつき、舌で転がし、吸い込む。上目で見ると彼女の後ろの男が

両手でブラウスをズリ上げおっぱいを揉んでいる。私の目から見ると素っ裸状態であった。

もう止まらない 今更止めても痴漢や暴行と変わりない。いやそんな事すら考えなかった。

もう頭の中はやりたい一心。知らぬ間に自分のモノを引っ張り出ししごいている。絶えられない、

彼女の腰をつかんでいた手に力が入り自分の股間に引き寄せる。動かない、つり革をつかんでいる彼女は、

後ろから抱きつかれておっぱいを揉んでいる男にも引き下げられやっと手を離し、

両膝を私の腰の両脇に付きそのまま私のモノが彼女のなかへ入った。

その瞬間初めて彼女の声を聞いたような気がする。



目の前に白くて綺麗なおっぱいが、後ろから揉んでいた男は手を放し 私がしゃぶりつく。

まもなくその男か、他の人なのか「早くしろよ」と言われ私は無我夢中で腰を動かすと一瞬にして出してしまった。

私がイッタのを解ったのか その男は彼女の腰を引き上げるとほぼ同時に後ろから突っ込んだのだろう。

彼女はいやがる間もなく「ああっ」と又声をあげた 体制がバックからなので私の顔にしがみつく様に彼女の顔がくっついてきた。

思わず顔を舐めまわしキスを無理やりして舌を入れるといやがり顔をそむけた。

耳を舐めまわしい息を吸ったり吹いたり。もうやり放題になっていた。

多分、数分で数人が犯したと思う。これは集団強姦だ。

一般の街中で隣を歩いていた女の子にこんな事をしたら大変な騒ぎになり、

テレビでももちきりの事件であろう・・・

なのに、駅に着くと急いで彼女は制服をなおし、男達も知らぬ振りを

して散って行った。



数人の男達が彼女を追ったので私も後から着いて行くと どうやらさっきの一件で

彼女を「させ子」と思ったのか普段は痴漢じゃないのにやりそびれたのが悔しいらしく、

俺にもさせろよと言い寄っていた。彼女は無視をしてトイレに駆けこんだが

5人の勘違い男達は後を着いて入っていってしまった。

朝のラッシュ時の人が沢山いる中、女トイレに男が恥じらいもせずどやどやと入って行くにも係わらず

意外にも誰も不思議がらず 騒がれもせずに収まって行く。

私は自分でしたことも忘れ、彼女の心配とあの男達の非常識さにいらいらしながら待っていると、



5分ほどで1人、また2,3分で1人と全員出るのに10分位で事

が済んだ様子であった。

昨日までの憧れのあの子が、自分でしたのは嬉しいのだけれど、他の親父連中に多分電車の中も含めると

10人に犯された それを考えると何故かとても もう一度犯したくなった。

そしてまだ出てこない彼女がいるトイレに入って 洗面の鏡の前で洋服をなおしている彼女に近づきぎゅっと抱きついた・・・・

次の瞬間「ぎゃーー」と言う叫び声 「えっ、なぜ・・・」

5分後には数人の男に取り押さえられ・・・・・・・・・





出典:?

リンク:?


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【痴漢】あの子が乗車してくる 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月2日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ