相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】泥酔女を正々堂々と持ち帰る方法 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


暑い季節。昼間は体温を超えるほどの気温も夜になると風が涼しい。この時期は、その開放感からか道端で泥酔している女を見かける。



で、泥酔女を持ち帰る上で一番大事なのは、事を成したあと相手に意識が戻ったときに「あくまで同意の上でやったよね?」という事をどうやって意識させるか。朝、隣で目が覚めたとたんに大騒ぎされて警察沙汰になりかけたこともある筆者にとって、ここは大きな問題だ。

そこで今回は2ちゃんねるの人気スレッド「泥酔女をお持ち帰り」の中からうまい同意の仕方を取り上げてみたい。



ひとつはテクニックで同意を取る方法。泥酔状態なので、いつもより体は感じ易い。加えて予想外のシチュエーションで女の子のテンションもあがっている副作用もある。

『僕は、削岩機のように突き始めた。さらにペースを上げる。「壊れちゃうよ!!!壊れちゃう!!壊れちゃう!!!!」部屋の中に響き渡る先輩の悲鳴を心地よく聞きながら、僕は2分後きっかりに先輩の中にたっぷりと射精した。その後すぐ退散し、週明け出社すると、呼び出され僕はとっさに「すみませんでした」と頭を下げた。先輩が振り返る。「べつにいいよ。気にしないで。でも、責任とってね」。「超よかったから。ちゃんと、つきあってほしいのだけど…」恥ずかしそうに、先輩は言った。』芸は身を助けるとはこのことか。



また、言葉で同意を取る方法もある。これはある程度女の子の理解も必要だが、Mっ気があり言葉攻めに弱い娘には有効な手段だ。

『とりあえず両足開いて正常位でいきなり挿入。と思ったら「あは・・ん・・あんっ!!」とか言って彼女、いきなり覚醒。「あれ・・・だれ・・ですか?」これ聞いてちょっと安心。ピストンをゆるめて話をすることに決定。しかし絶対抜かない事も心に誓う。「あ・・あの・・」「ん?」←超優しげな顔。「ゆ・・ゆうくん(彼氏)じゃないですよね・・・?」ピストンをちょっと強くしながら「すごく濡れているね。きもちい?」←ちょっとかわいく。「やっあ・・んっそんなこと言わないで下さい・・」「すげえ濡らしてるじゃん。もっと言ってみろよ。」←彼氏っぽく』あくまで普段のセックスの延長線上で雰囲気を優しく、時には強引に言葉で丸め込む。



最後は、失敗例を。例えセックスの最中に同意が得られたとしても、そもそも泥酔状態の同意なので、忘れている場合がある。こっちは普通に接していても向こうは、なんのことか分からない状態があるので注意が必要だ。

『そのまま泥酔女の中に発射してしまいましたorzそのまま、つながったまま朝を迎えます。「!」どうやら先に目覚めたのは彼女のほうです。そそくさとシャワーを浴びていますそのまま朝立ちしたMyJrと共にシャワールームへ・・・「キャァアアアアアアアアアア」迂闊でした。泥酔時の記憶欠落を計算に入れてなかった俺の誤算です。』

女子禁制の会社寮での朝の騒ぎは、その後の会社人生にも大きな影響を与えてしまったようだ。






さて、少しは参考になっただろうか。同意なき性行為は違法につながるから、あくまで自己責任でやってくれ、じゃあな。

(取材・文/山門ひろし)



出典:D2ちゃんねる

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【泥酔状態】泥酔女を正々堂々と持ち帰る方法 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月3日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ