相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】姉ちゃんと妹【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


俺には姉ちゃんと妹がいた。 俺は部屋も一緒だった妹と仲が良かった。 よく妹と一緒に遊んだ。

妹の喜んでくれた顔が好きだった。 妹も俺を喜ばすためになんでもした。

でも姉ちゃんはちょっと違った。 一番上というせいか、俺たちには厳しいところがあった。

俺も妹もワルサをして姉ちゃんによく怒られた。

でも姉ちゃんは怒っても、親にはたいてい黙っててくれた。 厳しかったけどそんな姉ちゃんが好きだった。

俺が十五、妹が十二、姉ちゃんが十七のとき、 妹が恥ずかそうに聞いてきた。

「ホントに固くなるの?」

「ホントだよ」といって 俺はウェットティッシュで拭いたのを見せてやった。

妹を喜ばすためにそのくらいのコトはやった。 妹も見せてくれた。

しばらく見ない間にうっすらと生えてきていた。 それからだんだん見せッコ、イジリッコ、舐めッコとエスカレートしていった。

ひと月もすると妹のフェラに 俺はとりつかれてしまった。 妹も「舐めッコしない?」と言ってきて、

俺も毎回応えてしまった。 このころには妹は俺の放出を飲んでしまっていた。

終わったら俺はパンツをはけばいいだけだった。

俺と妹はだんだん大胆になってきた。 自分たちの部屋だけでなく 居間や台所でもするようになった。

あるとき、居間で全裸の妹にフェラチオしてもらっていた。 妹はハダカになった方が俺が喜ぶコトを知っていた。




次の瞬間、入り口にいた姉ちゃんに俺は気づいた! 見つかった!

しまった!見つかってしまった。 誤魔化し様がない。 俺はソファのクッションで前を隠した。

全裸の妹は怯えて床で丸くなっていた。 姉ちゃんが歩いて近寄ってきた。 こっぴどく怒られると思って、俺と妹は覚悟した

でも「何してるの」と近寄って来る姉ちゃんの顔は いつもの厳しい顔じゃなかった。

口が半分開いて目がどこかウツロになっていた。

ウツロな目の姉ちゃんは、 俺のクッションを取り上げ、 隠そうとした手も押さえつけた。

そして俺のをじっと見つめた後、 なんと口にしてフェラチオを始めた。

妹ほど慣れてないせいか、 まだ上手くなかったけど、 姉ちゃんのフェラに俺は何も考えられなくなった。

全裸の妹は呆然としてフェラする姉ちゃんの姿を見ていた。

姉ちゃんの口がちょっと離れた瞬間、 俺は発射してしまった。

絨毯の床に落ちると 取れにくいシミになるコトを知っていた 全裸の妹は慌ててティッシュを取った 手を差し出した。

床には落さなかったが、 妹が取り損なった分は 姉ちゃんの顔にかかった。

ビクンビクンと痙攣する俺のを、 姉ちゃんはまじまじと見つめ、 顔にかかったのをティッシュで拭きながら

「初めて見たぁ」と言いながら どこかウキウキしていた。

その後、「いつからこんなコトしてるの?」 と姉ちゃんに問い詰められ、

俺達はこれまでのコトを 全部白状させられた。

全てを語った俺達に姉ちゃんは言った。

「黙っててあげるから、アタシにもできる?」

嫌だなんていうはずない、 俺と妹はパンツを脱いだ姉ちゃんの大事なトコをウェットティッシュで拭いた。

拭く責任は舐める側にある、 姉ちゃんのを見るのは何年ぶりだろう。

拭き終わると俺と妹は二人で姉ちゃんを舐めた。

常日頃、ちょっと大きめだと思っていた 姉ちゃんのオッパイに触れてみた。

姉ちゃんは自分でブラウスのボタンを外し、 ブラジャーのフロントホックを外してオッパイを出した。

妹のしか見てなかった俺には そのチクビの大きさは驚きだった。

毛がフサフサのアソコも凄かったけど オッパイの成長ぶりも妹よりはるかに進んでた。

俺達が舐めたり吸ったりしてるあいだ、 姉ちゃんはハァハァと激しく息をしていた。

これは妹も同じだったけど、 姉ちゃんの方が興奮するような気がした

俺と妹はもういいよと言われるまで舐めて吸った。 終わって俺と妹は呆然としていた。

姉ちゃんはウェットティッシュでアソコを拭きながら妹の方を見た。

妹はキョトンとしていたが、 姉ちゃんは妹を横にさせて舐め始めた。

俺も全裸の妹をいつものように舐めてやった。 妹もハァハァとやり始めた。

俺と姉ちゃんはパンツも履かないで、 下半身丸出し、妹は全裸だったから、

姉ちゃんが妹に覆い被さってるのを後ろから見ると、 菊、百合、小百合小菊の順で縦に並んでた。

姉ちゃんと妹の花ビラ縦並びに見とれていたら、 姉ちゃんが俺の視線に気づいて振り返った。

その顔はあのキビシい顔だった。 俺は慌てて妹を舐めるのを続けた。

妹を舐めるのが終わると、 姉ちゃんは「服着て」と言ったきり部屋に戻った。

俺と妹はちょっと不安になったが、 姉ちゃんも仲間になったんだとちょっと嬉しい気もした。

その日姉ちゃんはワッフルケーキの オヤツを作ってくれた。 3人で食べたのがとてもおいしかった。 たのしかった。

このときから姉ちゃんは あまりキビシい姉ちゃんじゃなくなった。

俺と妹も姉ちゃんを怒らすようなコトはしなかった。

学校の成績も上がった。 姉ちゃんが喜んでくれるのが 俺達も本当に嬉しかったからだった。

また姉ちゃんもフェラが上手くなるのに、 さほど時間がかからなかった。

姉ちゃんもすぐに飲んでしまうようになった。 俺も姉ちゃんを喜んでもらえるように、研究しながら舐めた。

こんな俺達だったけど、 俺は姉ちゃんとも妹ともホンバンはしなかった。

そこだけは越えちゃいけないというコトが暗黙の了解だった。

姉ちゃんもそれは絶対許さなかったろう。 でも姉ちゃんは最初その辺が心配だったみたいだ。

妹を自分の部屋にこさせて、 俺だけを一人部屋にさせた。

でも全然構わなかった。 姉ちゃん達はちょくちょく俺の部屋にきた。

俺も姉ちゃん達の部屋に行った。 そして3人で舐めあって吸いあった。

よかった日々が続いた。

ある日3人だけで一晩過ごすコトになった。 夜になって3人で一緒に風呂に入った。

風呂の中で俺は姉ちゃんに2回、妹に一回抜かれた。

俺も若かったけど3回はキツかった。 俺もたっぷり舐めて触った。 風呂から出ても、3人とも全裸でいた。

姉ちゃんと妹は晩御飯の支度をはじめた。 二人ともハダカエプロンだった。

俺はテレビなんかより、 楽しそうに飯の支度をしてる姉ちゃん達を見ていた。

夜寝るときは、 姉ちゃんと妹の部屋で3人でハダカのまま寝た。 姉ちゃんのベッドで抱きあって寝た。

俺は姉ちゃんのオッパイに顔を埋めて、 妹は俺に背中から抱きついて寝た。

こんなコトしてた俺達3人は、 近所や親戚で評判はすごくよかった。

いつも3人一緒で仲がいいと、 親も鼻高々だった。

俺は着るものや、髪型なんかを姉ちゃんと妹に決められていた。 一緒に買い物なんかに行って、

「これ似合うよ」と言われてそのとおりにしてた。 姉ちゃんと妹の見立だった。

でも姉ちゃんと妹の見立は悪くなかった。 元々ルックスのマンザラでもない俺は変にモテた。

高校の頃は特にそうだった。

でも姉ちゃんと妹以外に全然興味がなかった。 今思えば、姉ちゃんと妹は料理でもするように、

俺をおいしく食べやすくしてたのかも知れない。 だから高校の時の俺にはオナニーをした記憶がない。

また、その頃ウェットティッシュの消費量が多くなった。 オカンが「アンタ達ウェットティッシュよく使うわねェ」と言ったコトがあった。

妹はハッ!とした顔になった。

でも姉ちゃんはすかさず答えた。 「あれで顔拭くとニキビにイイのよ」 さすがだった、 俺と目があった姉ちゃんは意味深な微笑をよこした。

その微笑はすごくエッチっぽかった。

姉ちゃんの意味深な微笑は、 俺をグッとこさせた。

その日の晩も姉ちゃんと妹の部屋で、 俺達は至福の時は過ごしたのは言うまでもない

ウェットティッシュは確かによく使った。 始める前にはお互いのを拭きあった。

俺は必ず拭いてもらった。 姉ちゃんや妹が手に取って拭いてくれるのも、 俺には至福のときだったからだ。

でも俺は姉ちゃんと妹のなら拭かなくても、 全然平気だった。

足を開いた姉ちゃんや妹を、 いきなり舐めはじめたコトも何回かあった。

俺はむしろ姉ちゃんと妹の匂いや味を楽しんだ。

しかし特に姉ちゃんは拭かずにやるのを嫌がり、 「ちゃんと拭いてからにして」と言って俺はオコられた。

俺はしかたなく姉ちゃんのを拭いていた

俺は拭き残す知恵を働かせた。 でも姉ちゃんのチェックはキビシかった。 「今、ココんトコちゃんと拭かなかったでしょう!」 と

下半身丸出しの姉ちゃんは指差して文句を言った。 自分で言っといて姉ちゃんは真っ赤になった。

赤くなって「もうっ!」と言いながら、 下半身丸出しで体ををクネクネさせる姉ちゃんに、 俺はグッときた。

横で見ていた妹も それがおかしかったらしく、 笑っていた。

俺と妹はいつものように、 姉ちゃんをハァハァ言わせた。 姉ちゃんと妹では匂いも味も違ってた。

でも、俺も我慢しなきゃならないときもあった。 姉ちゃんや妹があの日、そうあの日あのときだよ。

でも俺はいつ頃がそうか、 だいたい知ってたからその間だけの辛抱だった。

妹があの日のとき、 俺にしてくれただけのコトもあったけど、 それじゃツマラナかった。

3人揃って春ウララ〜♪が、 俺たちのモットーだった。

姉ちゃんが俺と妹の仲間入りしちゃった年の夏、 俺たち3人は田舎の海水浴場へ行った。

ガラガラの海水浴場で家族連れが数人と、 埠頭で釣りしてたオッサンが一人だけだった。

海水浴だけでも十分楽しんだけど、 途中姉ちゃんはトイレにいきたくなったからついて来いという。

親戚のガキに荷物番させて俺と妹は言われるままについて行った。

姉ちゃんは海の家のトイレに行かず、 人気のない森に入って行った。

そこで姉ちゃんはビキニの水着の下だけ全部脱いで放尿した。

俺と妹が見てる前で、 見せるように放尿した。 俺もバミューダパンツをひざまで下げて放尿した。

ワンピースのスクール水着だった妹も全裸になって放尿した。

姉ちゃんも妹もしゃがんでたけど、姉ちゃんと妹では「シャ〜」と「シー」の違いがあって、

妹の音域のほうがちょっと高い気がした。 俺達はウキウキしながら海岸へ戻った。

たかがションベンがこんなにキモチイイとは・・・


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【フェラチオ】姉ちゃんと妹【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月3日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ