相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】一緒に年越しした女の子と 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


何年か前から、某音楽フェスで年越しするのが恒例になってるんだが、

2年前のそのフェスで、一人の女の子と仲良くなった。



その年は大学時代の友達と一緒に行ってたんだけど、年越しのタイミングで見たいアーティストが

どうしてもお互い譲れずに、今回はばらばらに年越しすることになった。

周りでは同じもの好きが同じ音を聴いて盛り上がってるわけだから、寂しいとかはなかった。



そんな中、年越しの何時間前かに見てたバンドのライブで、隣で踊ってた女の子と話す機会があった。

普段ナンパとかするタイプではないんだけど、ライブの転換中に自然と話しかけてた。

今のライブ良かったですねーとか、他にどのバンド見ました?とか。

ライブとかフェスによく行く人ならなんとなくわかるんじゃないかな、この感じ。



もちろん全員が全員話しかけたら愛想良く返してくれるわけではないけど、

彼女がすごく明るいタイプの子だったのは幸運だったんだと思う。

おまけに彼女は一人で来てて(一緒に来る予定だった友達が体調不良で来られなくなったらしい)、




更には年越しの時に見ようとしてたアーティストも一緒だった。



前置きやら説明やらが長くなったけど、つまりは意気投合して、一緒に年越しもした。

超良かったよ、キヨシロー。これが最後になるとは思わなかったけど。

年越しの瞬間、おめでとうの挨拶の後に、「今年も、じゃなくて、今年からよろしく!」

ってはにかんだみたいに言う彼女にすげー萌えた。



遅くなったけど、簡単に彼女のスペックをば。

都内の大学に通う大学3年生、21歳。

身長は155cmくらいかなぁ。痩せ型で髪型は黒のショートボブ。

若干マイナーだけど、モデルの高山都に似てる。本人は初めて言われたよーって言ってたけど。

ひとつ言えるのは、ストライクゾーン限りなくど真ん中。

高山都から名前を拝借して、彼女のことは都って呼ぶことにする。



ライブが終わってからも、会場で売ってる升酒で新年の乾杯したり、年越し蕎麦食ったりしてた。

酒が入ってテンションが上がったのか、初詣行こう!ってはしゃぐ都と会場を出たのは2時くらい。

あ、友達には事情を話して、今度酒をおごるってことで納得してもらった。つーか納得させた。



ふたりともいい感じに酔っ払ってたこともあって、自然と手を繋いで歩いた。

電車を乗り継いで、都内の超ベタでもないけど正月にはそれなりに賑わう某神社で初詣。

お昼過ぎからライブ見て踊ってたこともあり、俺は足が棒のようになっており、

都もお疲れのご様子(というか勝手にそう判断)だったので、さほど遠くない俺の家に誘った。



当然?そういう立地的なことも考えてこの神社を選んだし、

都も頭の良い子って印象だったから、そのへんもわかった上だったと思う。

そう思ってたから、普段より少しばかり強気だったってのはある。



そんな俺に対し都はにやにやしながら、

「えー、俺くんは会って一日も経ってない女の子を連れ込んじゃう人なんだー?なんかしょっくー」

などとのたまう。

のたまいながらも手は握ったままなので、ついてくる形にはなるわけなんだけど。



誘っといて何ですが、即日お持ち帰りって経験は初めてだったので、軽口ばっかり叩いてた。

でも一度だけ、真面目な顔で「誰にでもついてくわけじゃないんだよ?」って言う都に、

頭をなでながらわかってるよって返した。軽薄そうに見られてなければいいなぁって思いながら。

これは後で聞いたことだけど、日常的に女の子を連れ込んでるような人ではないなってくらいには、

この時点でも信じてくれてはいたみたい。

結局は「会って一日も経ってない女の子を連れ込んじゃ」ってるわけだから、異論は認める。



眠たそうな都を半分引っ張るようにして家に着いて、交代でシャワー浴びてさっぱり。

さっぱりしたせいかいつのまにか外が明るくなってるせいか、急激に照れ臭くなる。

悶々とした下心もどこへやら、そうすると今度は急に眠くなるもので、とりあえずベッドに入る。

はじっこに寄って、ベッドぽんぽん。おいでって言う俺に、素直に従う都さん。犬みたい。

軽く抱き寄せて、おやすみって俺、おやすみって都。

俺くんあったかいねーって言った数秒後には寝息を立ててる都さん。寝付きいいなぁ。



俺も寝付きはいい方なのでいつのまにか寝てたわけだけど、ケータイのけたたましい音で目が覚める。

オフにしとくのを忘れてたアラームを切るべくベッドから抜け出て、切ってまたすぐ戻る。

お約束の、やべぇ仕事!もなければ、誰この女…!?もない。

とても穏やかな元旦の目覚めです。もう昼だけど。



アラームのせいだか俺が動いたからかはわかんないけど、都も目を覚ました模様。

低血圧なのか、誰この男…!?なのか、しばらくこっちを見てぼんやり。

おはようって俺、おーはーよーうーって都。寒いのか、布団の中にもぐってしがみついてくる。

おーおーよしよしって髪をわしゃわしゃすると、うれしそうに?顔をぐりぐり胸に押し付けてくる。

かーわーえーえー。そしてやはり犬のよう。



寝起きはどうにも喉が渇くので飲み物を取りに行こうとしても、離れない都。

すぐ帰ってくるってば!っつって引き剥がし、お茶片手にまたすぐ戻る。なにこのバカップル。

とりあえず都にも一口飲ませて、寒いのでまたふたりしてベッドにもぐる。



しがみつかれる前にこっちからつかまえて、軽くキス。

んっ、って声を漏らしてから、寝起きの口の中は細菌が繁殖してるんだよ?なんてことを言う都。

言うほど嫌そうでもなかったので何度かちゅっちゅしてたら何も言わなくなった。

首の後ろに手を回して完全にキスモードの都の顔に、これでもかっつーキスの雨。



どうでもいいんだけど、俺はキス大好きだし、わりかし定評もある。

が、都とのキスはヤバい。とにかくくちびるが超柔らかい。

別段ぽてっとしてるわけでもないのに、すげー気持ちいい。

すぐに夢中になって、舌も使ってねっとりとしたキス。スイッチ入ってしまいました。

苦しいかなって思って一旦顔を離すと、もっとーって何とも色っぽい表情でせがまれる。続行。



たまに吐息みたいな声を漏らしながら、都も遠慮がちに舌を絡めてくる。

首に回された手のホールド力がいよいよ弱まってきたとこで解放。

「俺くん、キス上手だね」って都。

キスをほめられるのが一番うれしい俺、しっぽがあったら超振ってる。



返事の代わりに柔らかい前髪をかきわけて、おでこにキス。

にこにこしてる都が妙にいとおしくて、顔から首、耳に至るまでくちびると舌でなでる。

耳はくすぐったいみたいだけど、一切お構いなし。

なんかじゃれてるみたいだなーって思ってたら、俺くん犬みたいーって笑われた。犬同士かよ。



口をキスで塞いだらパーカーのジッパーを下ろし、Tシャツの上から胸に手を当てる。

正直大きくはないけど、感度はなかなか良好。乳首の辺りをなでるとぴくって反応する。

Tシャツの中に手を入れて直に触ると、手冷たいー!と苦情?が。

それならばってTシャツまくりあげて口での愛撫に変更。乳首がピンクで感動したのを覚えてる。



Bカップ(自己申告)の胸を揉んだり吸ったりつまんだりしてると、控えめながら声が出る都。

思わずかわいいなぁってつぶやくと、真っ赤な顔で光速で頭まで布団をかぶる。

何しろ時刻はそろそろお昼、カーテン閉めてても明るさは充分。南向き万歳。



電気ストーブを点けてから、今や用を成してないパーカーとTシャツ、下のジャージも脱がせる。

寒いんだか恥ずかしいんだかで再び光の速さで布団の中。俺も脱いでトランクスのみに。

布団にもぐるとこっちをじーっと見てる都。抱き寄せてぎゅーってハグする俺。

すごい落ち着くーって言うので、しばらく頭撫でながらそうやって抱き合ってた。

もち肌って言うのか?抱き合ってるだけですげー気持ちいい。



しばらくそうしてると、足も絡めてるから半勃ち状態なのも当然バレてるわけで、

硬くなってるねーって笑いながら、トランクスの上から優しくさすってくる。

やられっぱなしも癪なので、胸から下へ下へと侵攻再開。



乳首吸いながら、右手で背中から脇腹、おなか〜足へと優しく撫でてく。

太ももから足の付け根まで至ったとこで、パンツの上からいちばん敏感な部分をなぞる。

パンツの上からでも糸を引く位濡れてるのがわかる。

耳元でそう囁くと、枕に顔を埋めて恥ずかしがってる模様の都。なんかもういちいちかわいい。



パンツの隙間から指を入れて直接触ると、今までよりもはっきりとした声が漏れる。

泣きそうな感じの喘ぎ声に興奮&さっきからさりげなく触られてるので、完全にフルボッキ。

対抗してか何なのか、都もトランクスの中に手を入れて直接触ってくる。

ここで邪魔なトランクスを脱いで、都のパンツも脱がせる。

暑がりな俺は布団から出てたんだけど、例の如く恥じらう乙女に布団を被せられる。



ねっとりとキスしながら、指を入れる。

一本で出し入れするだけでどんどん濡れてくるのがわかる。

声も大きくなっては我慢しての繰り返しで、堪えてるのがまたかわいくて強めに愛撫する。

うちは二階の角部屋だし、真下は空き部屋だから声我慢しなくても大丈夫だよ?

そう言ったからっていきなり声が大きくなるような子じゃないのはわかってることだけど。



クリをいじったり二本入れてみたりちょっと激しく出し入れしてみたりしてる間、

都も手コキしてくれてるんだけど、どうも集中できないらしくちょいちょい手が止まる。

一度イったらしいので(あくまでこちらの勝手な判断で)手を止めると、握ったままぐったり。



もう今日何度目だよっつー「かわいいなぁ」と一緒に髪を撫でてると、

しばらくしてカムバックしたらしき都さん、もそもそ布団にもぐりフェラの体勢に。

テクニック云々ってのはよくわかんないけど、くちびるの柔らかさもあってかすげー気持ちいい。

何しろ丁寧だし、ちょいちょい上目でこっちの反応を窺うように舐めるのがヤバい。



俺はと言うと髪撫でたり胸触ったりしてたんだけど、いじわるしたくなってもそもそ体勢変更。

不穏な動きを察知した都さん、え、え、なにするの?とわかりやすくテンパる。

いいから続けて、って告げて、横向きの69の体勢に。

それはもう激しい抵抗に合うも、とにかくフェラを続けさせ、指でいじってたら大人しくなった。

隙を見て口での愛撫も加える。くわえたままなので、こもった喘ぎ声がすげーそそる。

きっと顔真っ赤なんだろうなぁ。見えないけど。



お口がお留守になりがちな都ちゃん、しばらくがんばってたもののいよいよくったり。

どうしたの?って聞くと、ね、もう入れよう?ってまた恥ずかしそうに言う。

返事の代わりに強めに抱き締めて、キスしてからゴム装着。



久しぶりらしいので、痛かったら言ってね?って告げてからゆっくり挿入。

最後まで痛いとは言わなかったけど、結構キツかったから痛かったんだろうなぁって思う。

あちこちキスしながら奥まで入ったとこで、またハグしてしばらくキス。

なんかもう超にこにこしてんの。照れてしまいます。



動いてもいいよ、って都に、無理すんなよ?って返してから、ゆっくり動く。

例によって泣きそうな声を出す都、気持ちいいのか痛いのか、ちょっと不安になりながら動く。

なんか今思うと落ち着けよってくらいあちこち触りながらでした。少しでもほぐれればって。

少し強引な感じのセックスも嫌いじゃないけど、都にはできなかった。



大丈夫?って聞くと、気持ちいい…って掠れた声で答える。

よほど不安げな顔でもしてたのかね、笑って俺を抱き寄せて耳元で、好きなように動いていいよって。

今日何度目かのスイッチが入って、深く強く突く。声が大きくなる。舌を絡める。



小さな体を抱えあげて、座位の体勢に。

ここぞとキスしまくる。首に手を回して都も応えてくれる。強く動かなくても超気持ちいい。

しばらくそうしてるといたずらっぽい表情で肩をとーんと押され、俺だけ後ろに倒れこむ。

膝を立てたりとかはしなかったけど、前後にゆっくり腰を動かす都。

乳首に舌を這わせながら、気持ちいい?って聞く都。

どの都も好きだ。



正常位に戻して、もう何度目だよってくらいの長ーいキス。

もう遠慮せずに深く強く突くと、枕を掴んで喘ぐ都。

恥ずかしがってあまり目を合わせようとしなかった都が、今はしっかりと俺の目を見てくれてる。

なんかもうたまらなくなって、気がついたら口走ってた。

好きだって。



「別の頭に血が上った男の甘い言葉ほど信用できないものはない」

昔酒の席でそう派手に管を巻いてた俺の女友達が聞いてたら、恐らく激怒するであろう気軽さで都は、

あたしも好きだよって、そう返した。

一緒にいた時間の間に俺に見せてくれた中で、知る限りで俺がいちばん好きな表情で。



いよいよもって脳みそまで沸騰してしまった俺は、今日一の優しさでキスをした。

顔を離したらまた動く。頭を包むように都を抱きかかえ、都の両手は俺の首に回されてる。

はっきりとラストスパートとわかる強さで突き立て、都も俺の耳元で抑えきれずに声を上げる。

そのままゴムの中に大量に射精し、汗だくで動けない俺の頭を都はしばらく撫でてくれた。







その時の彼女が今は毎朝俺のために味噌汁を作ってくれてますとか、

きれいな顔してるだろ。死んでr(ry みたいなよくあるオチはありません。

が、わりと終始散々だった本厄の一年の最後の最後にあった、

「終わり良ければ全て良し」の象徴みたいな存在だった都と出会った日のことは忘れられません。



今でも毎年あちこち音楽フェスには行っています。

結構ね、一人で来てるかわいい子って多いんだけど、あんまり見てると目敏く怒られます。

にこにこした顔はもちろん、そうやってむくれる表情も大好きです。



出典:過去にあったエロイ体験談を語り合うスレ 7枚目

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【彼女・彼氏】一緒に年越しした女の子と 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月5日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ