相互リンク先の更新情報!

【友達】貧乏神とセックスした話を聞いて下さい【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


ともいうほどの、金ない、ついてない男とセックスしてしまった

それからと言うもの、自分も何故かついてない気がする・・・

スペック



160センチ

痩せすぎちっぱい

貧乏神とセックスする前はパート、その後→体調悪くなって首

アラサー手前

貧乏神

178センチ

細マッチョ

ガテン系

同い年

20歳くらいの彼女あり、バツイチ子あり

金がない




間寛平とラルクのkenを足したような顔www

とりあえず知り合った経緯を

貧乏神とはで知り合った

とあるオフ会であった

で、家が近いということもあって、その後も二人きりであったりしていた

そのときはまだエッチなことはしてない

初めてあって、いろいろ話したときに、すごく優しいしゃべり方で、落ち着くなーと

思ってて、なんだかすぐ好きになってしまった

そのときはまだ相手に彼女がいるのは知らなかった

そのあと相手の日記とか見てたら、彼女もちだということを知った

バツイチ子アリなことは本人から聞いていたので別に驚かなかったが

次に会ったとき、聞いてみた

「貧乏神って彼女いるんだねww」

「うん、いるよwあれ、言ってなかったっけ?」

「聞いてないよw」

「あーそっかwww別に隠そうとか思ってたわけじゃないよw」

「私貧乏神のこと、いいなぁーって思ってたのに!早いけどwww」

「えっ!そうなの?!でも・・・俺もこの先彼女とどうなるか分からないしさ、

別に、変なことするわけでもないし、友達でいよう?」

って、なんかキープ的なことを言われたw

「うん・・・わかった」

それで私は彼女もちだと分かった瞬間に冷めたというか、別な人探そう・・・

と思った

それで、貧乏神のことは忘れてしばらく違う人に片思いしてた

そんなときも、嫌なことがあったら貧乏神に相談したり、話したりした

私は片思いの相手にこっぴどくフラれた

・・・というか、遊ばれた。でもセクロスはしてない

告白もちゃんとした。けど、返事はくれなかった。ずっと待っても返事をくれないまま

キスしてきたりとかがあった

そんなこともあり、かなり落ち込んでいて、つい、ボンビーにメールで言ってしまった

「あいつを忘れさせてよ・・・」

すると返事が帰ってきて

「彼女いるから無理!」

だよねぇ、まぁ分かってたけど

それで私は「なんか変なこと言ってごめん。友達やめないでねw」って送ったら

「やめるわけないじゃんw」

とかきたのでホッとした

そのやりとりが確か今年の6月

私がボンビーに抱いてって言う間にも、いろいろメールのやりとりをしてて

そこで、正月前に財布を落として何万かなくしたこと、車をぶつけて廃車にしたこと

あと、金が100円しかなくて会社に行けないこと、結果首になったことなどを

聞いていた

なんで彼女じゃなくて私に泣き言言ってくるんだ、とかちょっとイラっとしたこともあった

でも、うんうんって話を聞いて、いろいろアドバイスもしたりした

6月から2ヶ月がたち、8月

ボンビーから連絡があった

夜中だった。結構夜中の2時とかに連絡くることが多かった

「今って暇?もしよかったら俺んちこない?」

なんだと?

絶対これ誘ってんでしょ!とか思ったので

「うーん・・・明日も仕事なんだよねwごめん、また今度」

「あ・・・正直言うとエッチしたかったwごめんねw」

「いや、もっと早く言ってくれればwwww」

「え?彼氏できた?」

「いやいやwできてないよ、そうじゃなくて時間的にw私もボンビーとエッチしたいw」

今思うとすごくバカみたいだけど、断っておいてなんでこっちからまた誘ってんだとか

自分につっこみたい、チンコを、じゃなくてw

そのときの私はもう片思いの相手なんて好きな気持ちも残ってなかったので、

また、この人を好きになっちゃうかも・・・なんて思っていた

なのに上手く駆け引きできないバカwwwwww

奴とセックスする前に聞いたこと

首になってから知り合いのつてで牧場で働いている

そこの借家に引っ越した

でもあまりにサビ残が多いので今月いっぱいで辞める

などなど

次の仕事もあてがあって、知り合いの板金屋で働くと

そこの社長の家を従業員が住めるようにしたから、そこで暮らしていいよって言われた

らしいのでそこで暮らすということ

こんな感じで、住所が特定しないような、いろんな場所を転々としていると聞いた

それで、問題の日

私はオリンピックに夢中で、セックスのことはすっかり忘れていた

それは、私がバレーボール女子の日本対中国の試合で熱くなっていたときのことだ

ボンビーからメールがきた

「今から会える?」

「今?ごめん、もう少し待って、それなら大丈夫だけど」

「じゃああとで電話して」

「分かった」

とりあえずバレーで日本が勝ったのを見届けて、私は胸が熱くなりながら

ボンビーに電話した

「いやぁ・・・今バレー観ててめっちゃ盛り上がった・・・はぁ・・・」

「ははwそうなんだ。てか、これる?」

「うーん、てか、今日お酒飲んじゃったんだよね、ごめん」

「あーそっか・・・うーん・・・どうしよう・・・」

「また別な日にでも・・・」

「いや、俺迎えにいくわ」

「えー明日ってか朝も早いんでしょ?」

「うん、でも行くわ」

「う、うん、わかった・・・」

と言って、夜中に会うことになった

このときボンビーから聞いた話

彼女とは上手くいってない

連絡しても返事がこない

もう別れるかも

こんな話を聞いた

ここで、私がセックスに走らず、ちゃんともう一度告白していたら、何かが違ったかもしれない

でも、そうならなくて、結果良かったのだけど

とりあえず、ボンビーに会う前にシャワーを浴び、可愛い下着に取り替えたw

でも化粧してる時間がなかったのでそれをボンビーに言うと

別にすっぴんでもいいよとのこと

向こうはで抜くだけだもの、オナホが化粧してようがしてまいが関係ないわけだ

それで、ボンビーの車がうちの近くに止まった

外に出て車に乗り込む

「ひさしぶりw」

ボンビーが言った

私はなんか今更恥ずかしくなって「う、うん、ひさしぶりだね」って言った

ボンビーの家に行くまで、いろいろ話した

ボンビーの次の仕事のこととか、彼女とのこととかいろいろ聞いた

しばらく車を走らせていると、山奥、みたいなところに家が一軒あった

「ここだよw」

「ええ?!」

そこは雑草がボーボーな、とても人が住むような感じの場所じゃなかった

街灯もなく、真っ暗

とりあえず車から降りて、

「危ないから、気をつけてね」

ボンビーが先に行く

私は後をついていく

あの日は少し肌寒かったのを覚えている

部屋に入って、なにもないだだっぴろい部屋に、びっくりした

2LDKだったかな、居間にテーブル1つと、奥の部屋にベッドが置いてある、簡素な家だった

「ここに長くいるつもりないし、今月いっぱいだから荷物とかほとんど置いてないんだ」

「そうなんだぁ・・・すごいね」

「ほんと、まじ今の仕事疲れる。牧場のババァむかつくんだって」

お決まりの愚痴が始まった

それでも疲れてるんだろうな、って思って、私は話を聞いた

こんなムードでセックスとかすんのか?とか思っていたら

「おれ、眠くなってきちゃった・・・w」

ってにやにやして私を見てきた

そして、体を近づけてきた

私は焦って「うっうん、えっっと・・・寝るの?」

と、体を後ろにずらしながら聞いたら

「ベッドに横になるー」

っていって私に触れた

ビクッってなった

ボンビーは

「お姫様だっこする?」って言ってきたので

「うん!してほしい!」と私は勢いよく答えた

「え!まじで?!」

「いやぁーしてよー!」

といって、ボンビーは私の体を軽々と持ち上げた

ちなみに、ボンビーは腰痛持ちであるwww

「いたいw腰いたいw」

といって、ベッドに二人でねっころがった

しばらく二人で横になっていた

寒いねーとかいろいろ話してたら、ボンビーが、私の上に覆いかぶさってきて

キスをしてきた

キスはだんだん激しくなって、ボンビーの舌がいっぱい入ってきた

私はそれだけでドキドキして

「んんっんっ!」って声が出てしまって

ボンビーはずっと激しいキスをしてきた

私は息ができなくなりそうだった

私はもうそれだけで濡れていた

ボンビーは自分のTシャツを脱ぐと上半身だけ裸になった

細マッチョなのでものすごい筋肉だった

とろーんとしている私を抱き上げて

「俺に掴まって?」

って言ってきた

私はボンビーの背中に腕を回した

するとボンビーは私の服を、すぽんっと脱がした

それで、ブラを取ろうとしてフックのところに手をかけていたが

「あれ?取れない?wあれっ?あ、取れたww」

とか一人で格闘していた

それから「下も脱いで?」って言われたので、私はジーパンを脱いだ

パンツも脱いだ

濡れた私のあそこを、ボンビーが触ってきて、

「めっちゃ濡れてるじゃんw」って言ってきた

それで、69みたいな格好になって、でもボンビーが上になっていて、

ボンビーはまだジーパンは履いたまま

逆さまに?クンニをしてきた

おもいっきり吸ってきたり舌でペロペロってしたりして、そのたびにすごいエロい

音がもれた

「あーっ!あんっんん!いやぁ・・・」

「はぁっエロいなぁー」

相変わらず思いっきり吸ったりしてきて、しかも同時に指まで入れてきた

最初は1本だったのに、2本入れられて、その入れた指をぐりぐりと動かされた

そのたびに気持ちよくて「あんっいやっいぃ・・・うぅん」

とか、声が出まくる私

とにかくあのときはボンビーにいっぱいクンニされた

するとボンビーは言いにくそうに

「ねぇ・・・俺のはー・・・?」と言った

「え、す、するの?」

「してほしいなぁー」

そういわれて、私はボンビーのジーパンを脱がして、パンツも脱がした

するとそそり立つ上向きのズル剥けチンコが登場した

「うわぁ・・・」

と言いながら私は口に含んだ

そしてこちらも思いっきり吸いながら、筋裏を舌でペロペロして、カリの部分もたくさん

舐めまわした

片方の手ではチンコをしごいて、玉とかもさわさわしながら

おもいっきり吸い付きながら口を上下させていると

「うわぁ気持ちいい・・・ってかフェラしてもらったの久しぶりだー」

ボンビーの彼女はフェラもしない女なのか?と思った

それで、そろそろ入れるか、となって、ゴムを取り出した

「え、付けてくれるの?」

「うん」

「あ、俺ゴムつけてるとイケないんだwでも気にしないで」

「そうなんだ・・・」

そういっている間にゴムをつけ終わったので

正常位になってボンビーは私の穴にズル剥けのチンコを挿入してきた

濡れていたのでスムーズには入ったが、

ボンビーがガンガンと動くたびに痛かった

「うっあっやぁっあああぁっ」

「大丈夫?」

「うぅ・・・ちょっと痛いっ・・・」

「ああーそっかぁだよね」

と言って、ボンビーはこんどはゆっくりと動いてくれた

腰使いが、なんだかエロかった

私は挿入されて動かれている間、ボンビーのいろいろなところに触れた

筋肉のついた胸、肩、二の腕、背中、いろいろなところを触っていた

それだけでまた濡れた気がした

ボンビーはというと。終始私の頭をなでなでしてきて、それが嬉しかった

安心した

ボンビーは言ったとおり、ゴムありではイケなかったが、私は気持ちよかった

終わったあとは、いろいろな話をしながら、ボンビーが腕枕してくれて、

もう片方の腕で私に抱きついてきた

「腕、痛くない?大丈夫?」

「ん、大丈夫だよー俺腕枕好きだしw」

「そうなんだw」

そのときもなでなでされていた

でも、こんな風に恋人みたいに接してきてても、セフレなんだよな、ただの

都合のいい存在なんだよな、と思っていた

そう思ったら賢者モードが酷くなった

なんでこんなことしてるんだ・・・?

とてつもない賢者だった

ボンビーがベタベタくっついてくる

それすらウザかったwwww

帰るときに、また頭をなでなでされた

もう、なでなではしないで

なんで都合のいい存在にそんなことするの?

には手マンしてはい挿入でいいじゃん、なんでそんな恋人みたいなこと・・・

虚しくなった

虚しかったので、私は家に着いてから、強がったメールを送った

「あいつのこと忘れさせてくれてありがとう!これで先に進めそうだよ!」

私はまったくボンビーに気がないふりをした

それでボンビーも安心したんだろう

また今度やるか、的な話もしていた

私も「またしたいなはぁとv」

なんて送って、好きという雰囲気は微塵も感じさせなかった

ただエッチがしたいアラサーのエロいおばさんを演じていた

辛かった

数日後・・・

まず問題になったメールがくる・・・

「もう我慢の限界だ。金がない。何も食えない。ほんと最低だけど、2千円でいいから

かして」

え・・・?

金の無心をされた・・・orz

金貸してといわれたとき、彼女から借りれよ、と思った

そう言ったら「連絡が取れないし、もうダメだわ」とか言われた

だから私にしか借りれないと

でも、さすがにそこまで都合よくはなりたくなかった

私は説教をした

長文で、もっともだと思う内容のメールを送ってやった

すると、ボンビーは、ごめんねごめんねってメールを返してくる

それもシカトしてやった

私の好きって気持ちはなんだったの、って夜中泣いた

次の日、買い物中にまたボンビーからごめんねメールがきた

それも無視してやった

友達→一発やったから都合のいい女→都合がいいから金かりれる女

そう思ったらまた虚しくなった

ちなみにお金はさすがに貸さなかった

でもちょっと心配だったので、つい、「大丈夫?」ってメールした

すると「大丈夫じゃないよ、金ないし、なにも食ってない」

「そっか・・・なんか力になれなくて申し訳ない・・・水でも飲むしかないんじゃない・・・

それか、彼女とはまだ連絡とれないの?」

「ああーもう別れようってメール送ったよ;けど返事こない」

「・・・そんな助けてくれない彼女と、早く別れちゃえばいいのに」

「うん・・・ねぇ、今から会える?」

「えっ・・・会って・・・またエッチするの?」

「うん、なんかしてたら、腹減ってるのも紛れるかな~って」

「あーそっか、でもあした仕事なんだよね、ごめんね」

「そうかぁ、わかったよ」

そんなやり取りをした

それから8月の下旬になった

また会いたいってメールをしたら今度は向こうは迎えにきてくれることはなく、

かわりに「そっちが車で来てくれるならいいけど。俺朝早いしw」

って言ってきた

明らかに、だんだん立場が下がってきていた

もう潮時だろう・・・なんて思いつつも好きな気持ちはあったので、私は車で、

ボンビーの指定した場所まで行った

そこで、ボンビーはあと5日くらいあった牧場の仕事を、腹立って辞めてやった!

と言ってきた

「あいつら牛としか関わってねーから、対人関係なってないから説教してやったわw

まじ人使い荒いしありえねーよ」

とかまた愚痴愚痴と・・・

私はボンビーを助手席にのせ、運転していた

ボンビーは酒も飲んでると言っていた

なのに

私の運転が下手なのを見かねてか、「俺が運転しよっか?」とか聞いてきた

「は?!酒飲んでんでしょ?ダメだから!私は大丈夫だから!」

正直、私は運転が苦手である

でもアルコール入ってるのに運転するか、とか・・・

こいついっつもこんなことしてるのかな、と不安になった

どんどん、どんどんボンビーの嫌な部分が見えてくる

親しくすればするほど、私の嫌いな人種だと分かってきた

でも好きな気持ちは簡単にはおさまらない

私はボンビーに言われるまま、田舎道の、車通りの少ない場所に車を停めた

そこで早速、ボンビーは私に、ニヤニヤしながら体を近づけてきてキスしてきた

私はもうそれだけで濡れてしまった

また頭をなでなでされて、私をおもいっきりぎゅっと抱きしめたとき

「シャンプーの匂いする」

「いやん・・・」

なんてやりとりをして、「後ろにいく?」

ボンビーが言った

「うん・・・」

後部座席に並ぶ二人

そこでボンビーは「膝枕してあげよっか?w」って言ってきた

「えっ?私がするんじゃなくて?」

「うん」

私はボンビーのひざの上に頭を乗っけた

後頭部になにやら固いものがあたっていた

「あ、なんか当たってるけど気にしないでねw」

「うっうんww」

それでまた頭をなでなでしてきた

そんなことを何分かして、私は起き上がった

すると、ボンビーが私の両足を持って、自分の太ももの上に乗せるように?

してきた

そしてそのままキスされた

抱きしめられながらキスをされて、しかも今度は私の舌をおもいっきり吸ってきて

それがとにかく激しくて、私は気持ちよくて頭が変になりそうだったので、

すぐ舌を引っ込めた

すると「もっと舌ちょうだい?」って耳元で囁いてきて、私は舌をボンビーの口の中へ

またもっていった

また貪るように私の舌を吸うボンビー

私は「んーっんぅ!んっ」

と声を我慢できなかった

私はもう抑え切れなくて、「もうだめぇ・・・もう無理・・・」

「えー?なにが?」

「して・・・ほしいよぉ・・・したくなっちゃったよぉ」

「んー?じゃあとりあえず下脱いで?」

と言われ、私は下を脱いだ

パンツだけになって、ボンビーはじらすようにパンツごしにアソコを触ってきた

「うわぁ、すっごい濡れてる、パンツの上からでも分かる」

「いやぁ・・・直接してよぉ・・・」

わざとニヤニヤと、じらすボンビー

それでボンビーは私の体を持ち上げて、自分のひざの上に私を乗せた

背面座位のような感じになった

そこで「足広げて?」と言われたので、私は足を広げた

ボンビーは私の広げた足を固定して、パンツを横にずらして直にアソコを触ってきた

もうグチョグチョだったので、最初から指を2本入れられた

それでかき回されたり、奥まで刺激されて、私は喘ぎまくっていた

私はもう我慢できなくて、「したいよぉ・・・ボンビーの欲しいよぉ」

「え?何が欲しいの?」

「ちんちん欲しいよ・・・」

「ちんちんってなに?俺分かんない」

「いじわるー・・・ちんちんが欲しいの」

「わかんないなーどこに欲しいの?」

「いやぁ・・・私のアソコに・・・」

「わかんねぇなぁ~www」

「ちょっとぉ・・・」

「分かった分かったwwでもゴムないじゃんw」

「うん・・・いいよ」

私は馬鹿なことに、いまどきの高校生だって考えないような発想をとった

好きな人だから、生でもいい・・・

ほんと突っ込みたい、ケツに・・・ねぎでも・・・

今度は正常位になり、ボンビーは

「自分で入れてごらん」と言ってきたので

「うん」と言って私はボンビーのチンコを持って、自分のアソコの穴にまで持ってきた

すると、そのままボンビーが腰を私の方にまで押してきたので、ぬるぬる・・・

っと簡単に入ってしまった

「うわ、やべぇ、気持ちいー」

と言いながら、ボンビーは腰を動かした

車の中なので、狭い

なのでお互いぴったりくっついて、抱きしめあって挿入の形になった

ボンビーはまた私にキスしてきながら、腰を上下に振ってきた

最初はすごく早かったけど、だんだん遅くなって・・・

ゆっくりと私の奥を突くような腰使いになった

私は子宮の奥が刺激されて、すごく気持ちよくて、

「あんっ!ぁ・・・っきもちぃっ・・・んぅっ!ぅぅっ」

と、なんだか今まで出したことのないようなエロい声が出まくっていた

「ん?奥まで突くなって?」

「んぁ・・・奥気持ちいぃ、よぉ・・・もっとぉ」

そしてボンビーの腰の動きが早くなる

「やばいっイキそうっ」

そう言ってボンビーは即座にチンコを抜いて、私の太ももにかけた

すごい量だった

「うわー・・・やっぱ溜まってんなぁ・・・」

「すごい量・・・」

私はポケットティッシュを取り出し、ボンビーのチンコを拭いた

それから太ももの精液も拭き取ったが、ティッシュが足りなかった

が、なんとか全部拭き取った

「いやぁ・・・まだなんかできそう」

とかボンビーは言ってきたので、もう一度ヤッた

二回目は即効で、「出る!どうしよっ」

「あぁ・・・出していいよっ」

「えぇ?どこに!?口に出すよ?」

「うんっ・・・」

といって、口にチンコを咥えて出てきた

「いやぁ・・・ごめんね、いつもはちゃんとしたとこでヤるからさ・・・」

「いや、いいよ・・・」

そのあとお互い下を履いて、前の席に戻った

そこでいろいろ話をした

彼女とは、もう別れたことにしようとか言っていた

私は「え・・・でもそれって、向こうは別れたと思わないんじゃないの?」

「いやー・・・さすがにこんだけ連絡こなけりゃ、大丈夫だろ」

とかわけの分からん自信をもってボンビーが言った

「なんかもう面倒くせーし、別れた!もういいわw面倒くせぇw」

と言って、今度は彼女と、彼女の家族の悪口を私に言ってきた

彼女の話は、前から愚痴とかで聞いていて、なんか変人っていうイメージがあったので、

ふーんって聞いていたけど、家族の悪口まで聞かされて、正直どう返答すれば

いいのか困った

はぁ・・・そうなんだ・・・とか、そんなことしか返せなかった

しかし私はその後、知ることになる

ボンビーは、彼女と、彼女の家族にまでお金を借りていたということを

なのに、平然と、その人たちの悪口を言うボンビー

もう今は、ボンビーに対する気持ちはない

なぜ好きになったんだろう、という思いしかない

私から夜中連絡すると、面倒くさそうに

電話に出るようになった

あと、また俺から連絡するからって言ってたのに、連絡はこない

私から、メール、電話をしたら、全部拒否されていた

それに腹が立ち、のメッセで言うと、「夜中に何回も電話メールするような

常識ない人とは関わりたくないし、何言っても無駄だよね。

それにお金貸してとか言ったのだって、俺が本当に困ってただけだし、

それで相談しただけだしね、彼女とか関係ないし。それに実際借りてないし」

その他にもいろいろ言われた

自分がエッチしたいときに夜中に連絡よこすのは非常識じゃないらしい

私からは非常識らしい

まぁ、金にだらしない人間だって分かったから、結果駄目でよかったんだよね

しかし恋していたときの私はボンビーに簡単に釣られて、都合のいいように

動いていた

ダメな女だ


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】貧乏神とセックスした話を聞いて下さい【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ