相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】能面ねえちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


僕が高1の頃の話。

いつも通学している電車内に能面のような無表情の女性がいました。

服装は地味なわりに、いつも黒いストッキングばかりはいているのでちょっとメンタル「イカレ」系の人かなと思っていました。

ひそかに仲間内で「能面ねえちゃん」とよばれており、気持ち悪がられていました。

どういうわけなのか、僕と行き帰りの電車が一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようともしてみましたが、いつも忘れてしまい、結局また能面ねえちゃんと同じ電車になってしまうのでした。

あれは確か、学校祭の練習で帰宅が遅れた秋のことです。

先頭を行く電車が先の駅で車両故障を起こしてしまい、バスでの代行輸送になるため、電車を降りて駅のホームに立ったときでした。





目の前に能面ねえちゃんがやはり無表情で立っており、こちらを見ていました。

「怖えぇ・・・」と思った瞬間、能面ねえちゃんが口元を少し緩め、ニヤッとしながら、かすれた声で、「ぼく、かわいいねぇ。」と言い寄ってきたのでした。

いざ逃げようにも足がすくんでしまい、とうとう能面ねえちゃんに手をつながれてしまいました。

かなりの力で手を握られ、「一緒に行こう。」と連れられてしまいました。

何度か手を振り放そうかとも思いましたが、信じられない力で握られているためとても振りほどけそうもありませんでした。

「助けて!!」と声をあげる事もできず、満員の代行バスに一緒に乗る羽目になってしまいました。








能面ねえちゃんは身長が170以上はありそうで、当時の僕よりは軽く10センチ以上は上背がありました。

能面ねえちゃんの胸元に僕の顔が押しつぶされるような形で、バスはゆるゆると走り出しました。

かすかに香水のいい香がしてきて、僕は逃げたいのに逃げ出せない獲物のようになっていました。

するとねえちゃんの手が僕の股間を触りだしてきたのです。

びっくりしたのと同時に恐怖もし、泣き出しそうになって来ました。

ただ身体は正直で、能面ねえちゃんに触られて入るうちに勃起しだしてしまい、それを能面ねえちゃんに気付かれると「フフッ」と鼻で笑われてしまいました。

気色悪い女性とはいえ、初めて女に触られてことによる快感とパニックで自分自身どうしたらいいのかわかりませんでしたが、バスが次の停車場所である僕の下車駅に到着しようとしても彼女は離してはくれませんでした。

やはりかすれた小声で、「この次で一緒に降りて」と頭越しに言われ、僕はそれに従うしかありませんでした。





まったく来たことのない駅のすぐ近くに木々の多い公園があり、僕はそこに手をつながれ連れられました。

人どうりの全くないところなので、完全に僕はパニック状態でした。

たぶん涙目で震えていたと思います。

すると能面ねえちゃんが「身体はしたがってるくせに」とどすの聞いたかすれ声を出しながら僕のズボンとパンツを一気に引き摺り下ろしました。

さっきまでの勃起は恐怖のために縮みあがってしまい、皮を被ってうなだれたようになっています。

それを見た能面ねえちゃんは不機嫌になってしまったかのようで、キツイ声色でこういいました。

「あんた、あたしの事見てセンズリしてたんだろ?思い遂げさせようとしてるのになんだいこの有様は!」と指で僕のオチンチンを強く何度もはじくのでした。

その痛みの壁を越す頃、不思議とそれが快感になってきて僕のオチンチンはまた勃起してしてゆきました。

能面ねえちゃんはそれを見ると今度は、「変態ヤロウ!やっぱりあたしをセンズリ道具にしてたな!」と罵声を浴びせるのですが、僕はパニックのため何がどうなっているのかさえ知れず、言われるがままでした。

「おまえがされたみたかったことしてやるからな!」





そういうといきなり、僕のオチンチンを口に入れ、右手で自分のオッパイやらマンコをものすごい勢いで触りだしていました。

口に入れられた当初はフェラチオ初体験のため、気持ちよかったのですが、興奮しだした能面ねえちゃんがオチンチンを噛みだしたので痛さに悲鳴を出しました。

「いたい!いたい!」という悲鳴が能面ねえちゃんをさらに興奮させたようで、いきなり立ち上がると自分のスカートをまくりあげ、黒いストッキングの股の部分を自分でびりびりと破き始めたのにはかなり驚きましたが、さらにストッキングの下にはパンティなどはいていなかったことには、もっと驚きました。

母親のストッキング姿を何度となく見てはいたのでしたが、パンティ無しのこんな姿は初めてです。

そしてやはり気持ち悪いかすれたドスの効いた声でこう言いました。

「つっこめ!気持ちよくさせないとキンタマぶちきるぞぅ!」





童貞の僕が女性を気持ちよくさせる術などありませんでしたが、この脅しに半泣きしながら無我夢中で腰を打ち付けていたのだけは覚えています。

能面ねえちゃんも感じていたのか「フゴゥゥ!フゴゥゥ!」と妙なうめき声を出していました。

偶然にも射精までかなりの時間を要したのが幸いし、能面ねえちゃんは射精した瞬間、マンガのように前に飛び出し地面に倒れてしまいました。

地面に倒れて肩で息をしながら何かをブツブツとつぶやいていましたが、僕はその瞬間にズボンとパンツを引き上げ、全力疾走で逃げ出しました。

後ろから何か、能面ねえちゃんの騒ぐ声が聞こえましたが、僕は家まで走っていきました。





それから何日間かは、玄関前や学校の前、駅の近くに能面ねえちゃんがいるような気がして怖かったのですが、幸いにもそれ以降、彼女を見かけることはなくなりました。

そんな彼女の消息が判ったのは、つい最近でした。

やはり、メンタルクリニックに通院しており、男と見ればセックスを持ちかけていたようで、警察沙汰となってしまい、入院しているのだそうです。

あのときの恐怖体験を思い出すと今でも震えてきますが、あれ以降、まったく女の子に縁がないので、時折能面ねえちゃんとのセックスを思い出してオナニーしてもいます。





出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||

【M男・痴女】能面ねえちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ