相互リンク先の更新情報!

【手コキ】隣の小学生【告白体験談】

カテゴリー:手コキ告白体験談
tag:


昨日ベランダに干していたバスタオルが風に飛ばされ隣のうちに落ちてしまいました。

ちょうど春休みで隣に住むコウジ君が庭にいて我が家に届けてくれました。

こうじ君の家は共働きで両親はもちろんいないのでお昼を家で食べないかと誘うと喜んで上がってきました。

私は31歳の専業主婦ですがちょうどヒマだった事もありお昼を食べながらおしゃべりをすることにしました。

こうじ君は好きな子いないの?

とか聞いていると女の子は恐いから嫌いと言うので

なんで?と聞くと先日いじめっ子の女の子にパンツをぬがされたと言っていました。

この年齢では女の子の方が成長が早いらしく女のこの方が体も大きい子がいるそうです。

パンツをぬがされてどうしたのか聞くと別のいじめられてる女の子がいじめっ子の命令でコウジ君のチンチンをいじらされたらしくこうじ君もチンチンに色を塗られたりしたといっていました。

女の子にされた事がトラウマになっているらしくかわいそうにと思う反面こうじ君が股間を抑えるような行動をしていたのでどうしたか聞くとそのことを思い出すと、チンチンがムズムズすると言っているので、私が見てあげると言って近づきました。

コウジ君はかなりおびえた様子でしたが、女の子みたいな事はしないよ、とってもやさしくしてあげるからチンチン出してみな、と言うと私に前にパンツから勃起したチンチンを出しました。

大きいな〜というと時々大きくなると言うので私がオナニーするの?と聞くと知らないらしかったので、貸してみな、と言ってこうじ君を立たせて裸にして、こうじくんの前に膝まついてチンチンをしごいて見ました。

30秒ぐらいで声を上げていってしまいましたが、チンチンの先からはガマン汁だけで精子は出ませんでした。

今日も11時からまたオチンチンをしごいてあげる約束をしています。

夏休み中に射精できるようになるのかな?


告白体験談関連タグ

||||||

【手コキ】隣の小学生【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

このページの先頭へ