相互リンク先の更新情報!

【友達】深夜の公園で1【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


僕は都内に住んでいる20歳の男です。

僕には他人には決して話すことができない、とても恥ずかしい秘密があります。

それは、真夜中の公園でホームレスのおじさんに、汚れた臭いチンポをしゃぶらせてもらっているんです。

その日、僕はとあるハッテン公園で相手を探していました。

ところが、平日の深夜とゆうこともあり、お仲間の姿も殆どありませんでした。

「今日はダメか・・・」僕は諦めて帰ろうとした瞬間に、公衆トイレに入って行く人の姿が・・・

僕は急いでその公衆トイレの中に入ってみました。

しかし、小便器の前に立っていたのはお仲間ではなく、かなり年配のホームレスだったんです。

(うげぇっ・・・ホームレスだっ!)近くにいるだけで、ホームレス特有の鼻につくような悪臭が漂ってきました。

いつもの僕なら迷うことなくその場から立ち去っていたはずです。

でも、その日の僕は違いました。

つい、好奇心でホームレスの隣の便器に行ってしまったんです。

するとホームレスは僕の気配に気がづいて、横目でチラッと僕の顔を覗き込んできたんです。

(ど、どうしよう・・・)僕は身体が震えるくらい興奮していました。

そしてドキドキしながら、ホームレスの顔を見つめました。




するとホームレスはニヤニヤといやらしく笑いながら、僕の目をジッと見つめてきたんです

年齢は50代後半化、60代前半といった感じでした。

髪はボサボサで不精ヒゲを生やし、着ているモノはかなり汚れていました。

なんか、いかにも薄汚い浮浪者といった雰囲気で、思わず嫌悪感さえ感じてきました。

すると突然、ホームレスからは意外な言葉が・・・

「お兄ちゃん、ホモか?」

僕は思わずその言葉にビクンッと反応してしまいました。

するとホームレスはさらにニヤけた顔をして、握りしめたチンポを僕に見せつけてきたんです。

「どうだ、俺のチンポしゃぶってみたいか?」

(凄いっ!太くて大きい・・・)

僕の目はホームレスのビンビンに勃起したチンポに、釘づけになってしまいました。

太くてドス黒いサオは上を向いて反り返り、血管が浮き出てビクビクとヒクついていました。

しかもカリの周りには、大量のチンカスがこびりついていて、尿道口からはガマン汁が滲みだしていたんです。

(すごいっ、いやらしい・・・)

僕は思わず生唾を飲み込んでしまったんです。

そして気がつけば個室の中に連れ込まれ、ホームレスの足元にしゃがみ込んでいたんです。

僕はホームレスの顔を恐る恐る見つめてみました。

するとホームレスはかなり興奮しているのか、ハアハアと息を荒げていました。

しかもホームレスのチンポからは、鼻をツーンッと刺激する激しいアンモニア臭が・・・

僕はその匂いを必死で堪えて、ホームレスの股間に顔を近づけてみました。

しかし、想像を絶する悪臭に、僕は思わず顔を歪めてしまいました。

(うげえぇっっ!くっ、臭いっっ・・・)

そんな僕の姿を、ホームレスはニヤニヤと笑いながら見つめていました。

「どうだ、お兄ちゃん。ずっと洗ってねーからなぁ・・・すっげぇーくせえだろ?」

「う、うん・・・」


告白体験談関連タグ

||||

【友達】深夜の公園で1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ