相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】家庭教師で中学生に 【告白体験談】

カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談
tag:


私は大学生の頃家庭教師のアルバイトをしていました。

その時受け持ったのは中学3年生の男子(M君)でした。



M君の家はかなり裕福な家庭のようで、大きな母屋の隣に

新しい2階建ての離れがあり、その1階におばあちゃんらしき人の

部屋があり、2階にM君の部屋がありました。



第1印象は、背が高く太っていて、見た目は根暗な感じで

一人っ子とのことで、わがままに育ってる感じを受けました。



家庭教師は週2日で、英語と数学を教えていました。

英語はあまり得意ではないようでしたが、そこそこの学力があり、

数学にいたってはかなりすらすら問題を解いている印象でした。



最初こそまじめにやっていたのですが、1ヶ月が経った頃から




居眠りしたり、休憩をのばしたり、明らかに集中力が続かない感じでした。



1人で居る時は口数も少なく、何を考えてるのか分からない雰囲気なのですが、

友達と居る時は人が変わったように、凶暴と言うか口調が強くなる

ことがよくありました。



ある時は、部屋に入ったところ、友達と3人でゲームをして遊んでいて、

M君が「今日もやんの〜今日は中止、中止」と言い出し、

私が「じゃ、あと10分遊んだらやろっか」と声をかけると

「必死すぎだから」とか「適当に時間つぶせばいいじゃん」

などと言われたり、

また違う日は、また同じ友達とえっちなゲームをやっていて、

私が「も〜何してんの?はいおしまい」というと

M君が「Sちゃん(私の名前です)欲求不満?」とか言われたこともありました。



とにかく友達3人が集まると途端に手がおえなくなる感じでした。



そんな感じだったので、1学期の期末テストの結果が心配だったのですが、

成績は少しですが上がっていて、親御さんからも感謝され安心しました。



夏休みに入り少し経った頃、おばあちゃんに案内され部屋を訪れた時、

M君は、ソファにだらんと座っていて、

その横にえっちな本(グラビアっぽい)ものが立てかけてあり

下半身にはタオルケットのような物をかけて寝ていました。

(大事なところは隠れてました)



私は、「お〜い。起きて〜。勉強するよ〜」

みたいな感じでM君を起しました。

M君は驚いたように起き、ビックリした様子でした。



私は「えっちなもん見て〜、まぁ興味ある年頃だしね」

と言いM君の周囲にある本や、食べかす、ティッシュなどを片付けました。

M君は顔を真っ赤にしていて、その時は私に下半身を見られたのが

恥ずかしいんだと思っていました。

その日は特におとなしく、勉強が終わりました。



その時はまったく思いもしませんでしたが

今思えば、それはオナニーの後だったかもしれません。



次の週、M君の家に行くとまた友達3人が来ていました。

M君は「いいよ。気にしなくて」と言い

友達が居る状態で勉強をしました。



その次の時も友達が3人来ていて、同じように友達が居る状態で

勉強が始まりました。



1時間が経った頃、休憩している最中、M君と友達1人が

後ろから私を羽交い絞めしてきました。

私は「なに?、なに?」と本気ではありませんが抵抗しました。

すると、M君が「もう行くしかない」と言い

強引にアソコを触ってきました。



ちょっかいにしては、やりすぎだと思い、

「やめなさいっ怒るよっ」と言って逃げ出そうとしました。



するともう1人が脚を抑え、さらにタオルのような物を口に入れられ

紐で手とベットの脚を結びつけられました。

最初逃げ出すことはできたと思うのですが、

少し大人の余裕みたいなものを見せようとした自分に後悔しました。



さらに上半身をまたぐように椅子を置かれ、そこに1人が座り

本当に身動き取れない状態になりました。



私はいたずらされると直感しました。

アソコを執拗に触られ、2人がかりでスカートをまくられ

パンティをずらされました。



パンティを完全に脱がされた頃、私は抵抗をあきらめ

M君を睨み付け、目で怒っていることを訴えました。



しかし足もテレビ台と結ばれ、本当に動けない状態になってしまいました。

M君はアソコを触り続け、

「すげ〜濡れてる。マジかよ。やべー」と言われ

友達が交互に私のアソコを見ては興奮して声を上げています。



交互に触ったり舐められたりするうち、段々感じてくるのが分かりました。

室内にアソコを触られる音がして、私はバレない様に2回いってしまいました。



その子達の興味は胸に行き、もんだり吸われたり

そのたび感じてしまいました。



その子達の手がやんだ時、これで終わりかと思っていると

M君が友達に帰るように言い出しました。



私はこのあとどういう態度に出たらいいのか考えていました。

友達たちは帰り2人っきりとなりました。



そうするとM君は無言でズボンを脱ぎ始め

勃起したアレをだしコンドームをつけ始めました。



私は当時2人の経験しかありませんでしたが、

大人のソレと変わらない大きさにびっくりでした。



M君はコンドームをうまくつけられず、何度も付け直していました。

そのうち無言で私のアソコに押し付け、必死に入れようとしました。



私は、入れられるのだけは避けようと

腰をずらし入らないようにしました。



そのうちM君のものはしぼみ、また手で私のアソコをさわり始めました。

またいきそうになりました。



その後もう1回入れるのをチャレンジしたのですが、うまく入らず

私の胸に挟んだり、アソコに押し付けたりしているうち

いってしまったようでした。



その後M君が私に言った言葉は、

「オナニー見られたから、これでおあいこだから」

でした。



私は「自分が何してるか分かってるの?」と怒りました。

しかしM君は「証拠ないから」と言い

なんとも思っていない感じでした。



その後、2学期以降は無しと言うことを親御さんから言われました。



今は大学を卒業しその土地を離れましたが、

日を追うごとにものすごく腹が立ちます。

できるものなら、何か仕返ししたいとすら感じています。











出典:家庭教師で中学生に

リンク:家庭教師


告白体験談関連タグ

||||||

【乱交・王様ゲーム】家庭教師で中学生に 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

このページの先頭へ