相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】今の僕があるのは(小学生編)【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


「今の僕があるのは(年中編)」の続きです

結局、義兄とは両親が不仲になり別々の人生を歩みましたが

義兄との経験があったからか、小学3年生でオナニーを覚え精通まで経験

家に風呂が無いオンボロアパートで親父と二人暮らしになって

家の近くの銭湯に行く様になってから1ヶ月くらいすると

てっぺんの禿げた背の低いオヤジが、良く声を掛けて来る様になりました

「ちんちんは皮を剥いて洗った方がいい」とか

「おじさんのちんちんを見せてあげる」とか言われて

個室になっているシャワー室で、触ったり触られたりしていました

ある時、「オジさんの家に遊びに来ない?」と言われた僕は怖くなり

次の日から、家から離れた少し遠くにある銭湯まで行く様になり

そのオジさんとは会わなくなりました

高学年になって、幸嗣という友達と家で遊んでいた時に

そのオジさんの事をふと思い出し、幸嗣に話したところ

「え?もう剥く事が出来るの?見せて!」と言われ




「いいよ」とズボンを下ろし見せてあげると

「本当だぁ、大人じゃん!」

「まだ、剥けられないの?俺っておかしい?」

「わかんないけど、何か大人じゃん?」

当時は、剥けるのが大人とか分かんなくて少し嬉しかったので

「触ってもいいよ」と得意げに言ったら

「本当?じゃあ」と剥いたり戻したり・・・

そうこうしていたら気持ち良くなり半勃ちに・・・

「うわ!でけ~・・・」

「え?大きいの?幸嗣も同じじゃないの?」

「ううん、お前の方がでかいよ・・・」と、シミジミ見られて

「知ってる?セックスってチンポを舐めたりするんだぜ!」と幸嗣

「そうなの?舐めるのがセックス?」と僕が聞くと

「そうらしい・・・舐められると気持ちいいんだって!」

その時、ふと義兄を思い出し

(そうか、だから精子が出たんだ・・・)と一人で納得

しばらく、色々と話をしていたら突然に幸嗣が

「なあ、二人で舐めてみない?」

「え?無理でしょ!」と僕

「出来るよ!俺、エロ本で見たんだ!」

幸嗣が横になり

「お前は逆に寝るんだよ!寝てみな?」

(ああ、本当だ・・・二人で舐められる・・・)

しかし、小学生の剥けていないちんちんは臭かった

一瞬「おえっ!」となったけど我慢して舐めていたら幸嗣が

「男はマンコが無いから尻の穴に入れるんだって」

「ええ?そうなの?」と新情報w

「やってみる?」「うん」

そしたら幸嗣が「うつ伏せになってお尻あげて」と・・・

「え?僕が入れるんじゃないの?」

「最初は俺からだ!」と入れようとするが入らず

「じゃあ交代な!」と四つん這いになった幸嗣に入れようとすると

「痛い!痛い!」と幸嗣

しかし時間が経つと慣れてきたようで

「もういたくないや!」と何故かうっとり

しかし、ピストン運動をするなんて知らなかった僕らは

それで満足し、最後はお互いに手コキで終了

69でのフェラと手コキ、ただ入れるだけのアナルセックスを1年間位していました

それから幸嗣とはクラスが変わり遊ばなくなってそれっきり・・・

これが初めての挿入でした


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【ゲイ・ホモ】今の僕があるのは(小学生編)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ