相互リンク先の更新情報!

【芸能人】ものすごく昔の話 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


去年の年末に祖父が他界して、お通夜に親戚がたくさん来たんだけど

その中に、ナカさんと呼ばれている60代後半の爺さんがいた。

なんだか知らないけれど若いときは色々と危なげな商売だかをしていた

という噂のある人で、みんなに敬遠されてるみたいだった。



祖父は90歳をこえる大往生だったこともあって、お通夜は大宴会のような

具合で、僕が父に頼まれてナカさんを都内のホテルに送っていくころには

ナカさんも相当に酔って、ずっと昔話を話していた。



酔っぱらいの戯言と思って聞いていたけれど、話が妙に現実的というか

生々しくて、どうも本当っぽく思ったのでここに書きます。



ナカさんは若いころ、と言っても30代後半か40代くらいのころのことのようですが

Kという漫画家の手伝い?をしていた、親友というか仲間みたいなもんだと言っていました。






それで、そのKさんのせいで昔、有名な女優とやるハメになったと言いました。

「最近はアイドルだとか言っても、枕営業なんて当たり前で、股がゆるいから、すぐに

デキ婚だとかいうんだろ」

「まったく夢がないというか、昔だってそういうのはあったけど俺の知ってるかぎり

では、女のほうもそれなりの覚悟っていうかそういうのが昔はあったと思うんだよな」



Kのやつは売れっ子の漫画家になって、いっぱしの先生きどりだったんだけど根がヤクザ

だから、最後の方はやりたい放題だったんだよ。



有名な女優を愛人にしてたし、それ以外にも何人もの女優やタレントとやってたな。

だけど俺が一番驚いたのは、Eっていう若手女優のことだ。



Eは有名な俳優の秘蔵っ子で、まあたぶんその俳優ともできてたんだろうな。

なにしろ大物の俳優の秘蔵っ子だから、テレビでも映画でもいい役がまわってきて

本当にこれからが盛りっていう女優だったな。



それがKから面白い遊びをするからすぐ来いって言われて行ってみたら

Kのプレイルームで、物干しざおみたいなの二本に両手両脚を縛りつけられて

全裸緊縛されてるEがいたんだよ。



家にはKの奥さんもいるんだからな、あれは本当に人間のクズだったよ。

まあ俺も人のことを言えるような柄じゅなかったけどな。



Kがいろいろやってるのは知ってたけど、芸能人とのセックスの現場を見せられたのは

あれ一回きりだった。



映画の中じゃ、派手なアクションで悪者を恰好よく倒してるあのEだからね

下着姿やセミヌードみたいなのもほとんどやってなかったんじゃないかな。



それが縛られて性器も全開で、俺が行ったころには明からに何かされたあとで

陰毛も濡れてベッタリだし、胸にも平手で叩かれた痕とかも生々しく残ってた。



それでKが言うには、縛って普通に犯すのもあきたから、有名女優のお前が

見ず知らずの一般人に、やられちまうところを見てやろうと思ってな。

などと言ってたよ、一般人っていうのは、もちろん俺のことさ。 

たぶんクスリでもやってたんじゃないかな、Kは様子がおかしかったな。



俺もそのころは相当悪かったけど、これはヤバいなと思ったからKにやめよう

って言ったんだけど、他人に何か言われて聞くような奴じゃないしな。

やらないとこっちがぶん殴られそうな気配だったし、あいつに本気で殴られたら

軽い怪我くらいじゃすまないしな。



そしたら縛られたEが物凄い目つきになって、俺たちに向かって言ったんだよ。

あんな情けない姿なのに、凛々しかったねえ。



「先生、先生のおかげで私は女優にしてもらったようなものだから何されても

 その恩は生涯忘れません」

「だから二人だけのことだったら先生が望むことは何でもしてきました」

「だけど二人のことに先生の考えで他人を入れるなら、先生も覚悟を決めてください」

「私は先生に抱かれても何にも求めてこなかったけど、これからは私が女優を

続ける限りはずっと、Tさん(大物俳優)じゃなくて先生に生涯面倒をみてもらいますから」



すごい気迫だったね、さすがのKもハッとした感じだったよ。

だけど女に言われて引くKじゃないからね。

「ようし判った、そこまで啖呵をきる女のセックスがどんなものか俺にしっかり見せてみろ」



EはKの嗜好を知り尽くしてたんだな、俺に手加減しないで蹴ったり叩いたり

乳首がちぎれるくらい噛んでくれって言うんだ。

まるっきり映画の中のセリフみたいだったよ

「私を誰だと思ってるの、こんなことをして許さないわよ」とか言いながら

気丈にはねつけながらもしだいに快感に昇りつめていくんだ。

すごい演技だったね、本当に感じてるとしか思えなかったけど、あれは演技だろ。



縛られたまま俺にハメられてマンコもグチュグチュになって出し入れされてるんだけど

目が死んでないんだな、ものすごく艶っぽく喘いでいるんだけど目が生きてる。

最後は口に入れてガンガン突いてくれって言われて、Eの口のなかでいっちまったちよ。



そのあとは縄をはずして、俺の尻の穴まで舐めあげたりして無理やり勃たされて

あの清純派のアクション女優が騎乗位でガンガン腰を振りながら隠語をわめき

ちらして、淫売そのものとしかいいようのない乱れっぷりだった。



縄も麻縄だから縄痕も白い肌に残ってるし、大丈夫なのかと思って圧倒されたよ。

帰るころにはさすがのKも白けたのかおとなしくなってたな。

「約束は守る」って、それだけしか言えなかったな。



ありゃあ間違いなく枕だけど、そんじょそこらの枕とは違ったね。

男と女の命と面子をはった勝負みたいなもんだ。



まあ約束のあと、何年もしないでKのほうがさっさと逝っちまったから

約束なんてあってなかったようなもんだったけどな。



それに比べると、最近のは本当にただの淫売とかわらないんじゃないか。

情けないねえ。



こんなガリガリに痩せた爺さんに、そんなドラマのような体験があったとは。

酔っぱらいの妄想だとは思うんだけど妙にリアルっぽい昔話でした。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【芸能人】ものすごく昔の話 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ