相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】さや 〜四の回〜【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


沙耶はコーヒーを口にする。

すっかり冷めた飲み物だ。



俺は正座をしている。



そんな俺を沙耶は仁王立ちで見下ろしていた。



「ねえ、こーくん」



「ごめん、としか言えない」



「一時の気の迷いだよね?」



言葉選びに悩む。

こんな劣勢、親からも受けたことはない。でもすべては俺のせい。重々承知している。






「黙ってたってわかんないんだけど……?」



強気な沙耶はあのレンズの向こうで無垢に動く少女とはちがう。恐怖でしかない存在だ。



「ケーサツ呼ぶ?」



「いや、ま、まま、待ってくれ! それは……」



「じゃあ話せるよね?」



沙耶は地べたにぺたりと腰を下ろす。

目線が重なった。笑顔はない。俺には恐怖がある。



「……ねえ、こーくん。あたしの裸見て、なにがうれしいの?」



すげえ質問。

だが答えない。答えられないが正しい。なんせ声が出ないんだから。



「それってさ、最低なことだよ。相手の同意なく裸にして、その、アソコいじってさ。精子つけてさ」



「……はい」



「気持ち悪いよね」



俺は吹っ飛びそうだった。

言葉で殴られた。ガツンと後頭部を。鼻血が出てもおかしくない。失禁しそうな気分になった。



するといきなり、沙耶は俺の胸ぐらをつかんだ。



「セックスしたいんだ?」



「……いや」



「ウソツキ」



そう言って、沙耶はテーブルの携帯をつかんだ。

マズイ。

警察か?

もしくは妻かもしれない。



俺は走って、沙耶の手をつかんだ。



「なに?」



「や、やめてください」



「なにを? ケーサツ? お姉ちゃん? お母さん? なに?」



まくし立てるその声すべてが冷たい。

心がつららで刺されたようだ。ジワジワと痛みが押し寄せる。



「なんでもするからさ」



と、俺は膝をついて頭を下げた。



「頼むから許してくれ!」



額がフローリングに当たった。痛みはある。でもそれより沙耶の落ちてくる視線の方が何倍も痛かった。



何分の時間が流れたのだろうか?



長い沈黙を抜けて、沙耶はしゃがんだ。

そして俺の肩をつかむと、体をグイと自分の方に引っ張った。



俺は理解できないまま、ただ犯行はしなかった。



「……こーくん、なんでもするの?」



「うん」



沙耶はさらに俺を引き寄せた。

体はもう密着していた。



つまり抱きしめ合っていたのだ。



「さ、沙耶……ちゃん……?」



「あたしも子供がほしい」



「子供って?」



「今、一緒の人ね。結婚するの。誰にも言ってないけど」



「そうなんだ。で?」



「最近言われたよ。ぼくは子供ができにくい体質なんだ、って。精子ができづらいっていうのかな? 詳しくは知らないけど」



「それで精子の匂いがわかったのか?」



「そういうこと。エッチの後に精子確認したり色々したからさ」



と、沙耶はゆっくり俺を引き剥がした。



顔はほのかに笑っているように見えた。

しかし安堵してはいけない。まだ完全に終わったわけじゃないんだから。



「でも無理だよ。バレるに決まっている」



「じゃあケーサツ行く?」



なんて女だ。

そう思った。



そもそも悪いのは俺なのに、まるで立場が逆にでもなったように、沙耶を軽蔑しそうになった。



「そもそも沙耶ちゃんは結婚してないだろ? そういうのは結婚してからでいいと思うんだけど」



「うん。結婚してからでいい」



……まだわからない。



これはそもそも脅迫なのか?

状況が読めない。沙耶がわからない。



それから俺は盗撮をしなくなった。

沙耶に怯えているからだ。それから沙耶はいつものように接してくれた。家族が家族に接するような、そんな当たり前の態度だ。



一年にも満たない月日が流れて、沙耶は籍を入れた。

純白のウェディングドレスを身にまとった彼女の裸を、俺はもう想像できなかった。



結婚式、二次会を終えて、俺は外にいた。



東京なんてなかなか来れない。

いまは一児のパパ。あの盗撮魔が、だ。未だに俺は怯えている。沙耶が暴露するんじゃないかって。



二次会のレストランのトイレへ向かい出るとき、沙耶とかち合った。



「おめでとう、沙耶ちゃん」



「ありがとう、こーくん」



沙耶はシンプルな白のワンピースに着替えていた。長く美しい体はやはり変わらず素敵だ。



「新婚旅行はどこに行くの?」



「ニューヨーク。明日には経つよ



「そっか」



と、沙耶は照れくさそうに頭を掻いた。



「楽しんで来てね。俺はもうホテルに戻るわ」



「あっ、待って」



沙耶はきょろきょろと周りをうかがい、そっと耳打ちした。



「今、空いてる?」



「空く、って?」



「えー!」



沙耶はびっくりして、俺の手をつかんだ。

その時、俺の中であの日が蘇った。



「……あのさ、沙耶」



察したのか、沙耶はうなずいた。



「ふふ。今日、チョー危険日だよ」



「マジでやるの?」



「うん。そいで旦那のせいにする。大丈夫だよ。あたしもこーくんもA型だし、旦那もこーくんも目も体も細いし」



「いや、本当にマズイって」



「でも、セックスしたいんでしょ?」



ちがう。

俺はセックスじゃなく、レンズ越しのお前を愛していたんだ。無垢に服を脱ぎ、何食わぬ顔で体を拭くお前を。



「すぐ終わればいいよ。中にちょいと出してくれればさ」



「勃つかなあ。緊張する」



「あたし、結構気持ち良くできると思うよ」



沙耶は満面の笑みで俺の手をつかむと、俺の部屋へ無理矢理入った。別に夢でもなかったセックスが始まる。最悪だ。



沙耶、お前の子供なんていらなかった。



まさか本当にできるなんて。



こうして俺は二人の子の親になった。



しかし一人の子は遠くにいる。

沙耶から送られる何気ないメールは、俺にとって恐怖でしかなかった。



もう盗撮なんてしない。



さや。



代償がいくらなんでも……大きすぎたよ……





〜おわり〜





筆者:maco


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

【近親相姦】さや 〜四の回〜【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ