相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】思ひ出ぽろぽろみぴょこぴょこ 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


私の通っていた高校は,当時非常に規則が厳しく,かなり



徹底して監理されていました。もっともそうでなかったら,おお



らか過ぎてデタラメな学校になっていたかもしれません。修学



旅行にしても,自由な時間というものは全く無く,予定表の通り



に行動するだけです。どちらかというと,予定をきっちりこなす



ことに主眼が置かれている様に感じるほどで,それは軍隊を



思い起こすに充分なものがあります。



 そんな感じで,私などはかなり辟易してもいたのですが,この






青島の夜は,同行していた校長の鶴の一声で,数時間,勝手に



行動してよろしい,ということになったのです。



 さあもう大変です。皆一斉にホテルから飛び出しました。この



時の光景を漫画にしたら,皆の頭の上に「わーい!」と書く所で



す。



 ホテルの目の前は海ですから,それぞれ磯場や砂浜に散って



行きました。私のクラスの男子数名は全裸になって泳いでいまし



た。話は一寸それますが,何故,若い男女は水に濡れたがるの



でしょうか。波打ち際をちゃぽちゃぽ歩くのは気持ちいいでしょう



が,だんだんいけいけになって深い方に入っていって,突然の波



をかぶってパンツまでぐしょぐしょにしてしまう人がよくいますが,



あんなのは考えなくても予測出来ることでしょう。特に女の子に多



いと思います。あれは何なのでしょう。ぎりぎりの線に自分を置き



たいのでしょうか。そしてそのぎりぎりの線が崩壊する所に快感が



あるのでしょうか。それともただ,海に帰りたいという本能なので



しょうか。



 話を元に戻します。楽しい時間は早く過ぎるのが世の習いで,そ



ろそろホテルに戻らねばなりません。私はこの時,学級委員なので



クラスメートに「おーい,そろそろ帰るぞー」などと言って回りました。



役回りとしてこんな無粋な役はありません。私だってまだ十六歳な



のですから,眉を開いてはしゃぎたい気持ちも無いことは無かった



のです。ま,そういうキャラクターではありませんでしたけど。



 皆がだいたい帰り始めたのを見届けて,私もホテルに向かいまし



た。砂浜からホテルにまっすぐ戻るには,目の高さほどの土手を登



らなければなりません。男なら訳も無い高さで,容易に登れます。そ



の土手の上を歩いていると,隣のクラスの女の子が砂浜を走って来



て,一寸高い土手を目の前にしてどうしようか考えているのです。こ



の時私は,今考えても不思議なほど,自然に,反射的に右手を差し



出していたのです。



 そんなの当たり前じゃないかと言われるでしょうが,行為自体はす



こぶる当たり前にしても,その行為に移るまでの自分の意識に,一点



の邪心も無かったことに自分で驚いているのです。更につまらないこと



を言えば,私がいたクラスは特殊なクラスで,他のクラスと多少の軋轢



もあったのです。普通だったらこんなことをする勇気は私にはありませ



ん。



 私が反射的に差し出した手を,彼女も何の躊躇も無く握り返して来ま



した。そして引っ張り上げて,言葉も交わさず,彼女はホテルに走って



行きました。私はしばらくそこに佇んでいました。



 青島の夜の海辺。ロケーションは最高です。関係の無い男女というの



もいいじゃないですか。淡い青春の思い出,ですかね。



 えっ?そんな話を読みに来たんじゃないって?困りましたね。それでは



この続きは少し元の調子に戻しましょう。紙面を改めることに致します。



 因みにこの時私が引っ張り上げた女の子は,ぽちゃぽちゃとした大変



かわいい女の子でした。前からかわいいコがいるなあ,とは思っていた



のです。名前も知らないのですけど。彼女の様な美女でなかったら,今回



の話は無かったかもしれません。あらら,言っちゃった。



                               続く



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|

【彼女・彼氏】思ひ出ぽろぽろみぴょこぴょこ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ