相互リンク先の更新情報!

【友達】スキー場で、モテルって?!2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺は彼女達のなすがままだった。もちろん快楽はあるのだが、遊び半分で弄ばれていて屈辱感の方が勝っていた。頭も痺れてくる、一体どんな薬を混ぜたんだ?俺は薄れゆく意識の中、マンコを舐めるスピードだけは緩めなかった。チンポはシャブられているのだろうが、ぬるま湯に浸かっているような気分。

俺はA、C、E、F、Dと順番に顔を眺めながら枕の下に手を伸ばした。







「俺のチンポを玩具にするなよ」

やっとの事で自身で握りしめると「今夜はみんなにいっぱい連射してやるからな」と告げた。

女の子達は笑ってこっちを見ていた。

女の子達の挑発するような顔を見ていると俺のセーフティーが外れた。





パン!パパン!パン!…パン!パン!

女の子達のそれぞれの額に小さな穴が開いた。



「俺に変な物を飲ませやがって!」




俺はそう毒づくとゆっくりと身体を起こして…俺の痕跡を消し始めた。

作業が終わる頃には頭がしっかりとしてきたので、彼女のポケベルを水没させてからスキーウェアに忍ばせた。

俺は人とすれ違わないように慎重に部屋に戻り、すぐに友人達を捜しにゲレンデに向かった…。


告白体験談関連タグ

|||

【友達】スキー場で、モテルって?!2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ