相互リンク先の更新情報!

【姉】姉のおっぱい 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


当時の年齢は伏せておくが…

深夜番組のギルガメッシュというエロ番組をビデオに録画していた時代



家族にバレぬよう学校から帰ってきたら大急ぎで再生ボタンを押し

オナニーに明け暮れていた頃の話だ



深夜放送で乳首を放りだしたりしていた

だが、俺が一番見たいのは「今日のお勧めAVコーナー」であった

その辺から徐々におっぱい、セックスに興味を持ち女性を意識するようになっていた



とある日…ビデオを見ながらナニしている最中に

姉「ただいまー」と、姉が帰ってきた

俺は急いでチンポをしまい、リモコンで停止ボタンを押そうとしたが

何故かそういうときに限ってリモコンが行方不明となるバタバタしてやっと見つけ停止。






男「お、おかえり〜(汗)」

姉「何で汗だく?アンタ今なんか変なことしてたでしょ」

男「してないし!ふざけんな!わけわかんねー!」

姉「じゃあ手、匂わせて?」

男「は?」

姉「いいから手、匂わせて?」

男「い、いいよ!」

クン…

姉「くさっ!くっさ〜」

男「バナナ食べてたからからだよ!!」

姉「くさー…どこにバナナなんかあるの?」

男「皮も食べたの!!」



そう言って俺は部屋に入ってった

しばらくしてノドが乾いたんでリビングへ行くと

姉「男ーお姉ちゃんのドラマ録画してたビデオどこー?」

男「知らない」

姉「シール貼っておくべきだったかな〜ゴニョゴニョ…探そ」

と、言った瞬間再生ボタンを押しやがった

男「あ」

と、思った時にはもう遅い…

リビングに「今日のお勧めAVコーナー」のシーンが流れてしまった…



姉「…」

男「んぐぐぐぐ」



頭が真っ白となり

男「勝手に触んなー!」と、リモコンを取り上げた

エロ漫画ならここで

姉「へ〜男ってこういうの見るんだ〜」

男「///」

姉「こうゆうの見て毎日オナニーしてるんだ〜ふ〜ん…じゃあお姉ちゃんが(ry」

みたいな展開だろうが現実は違う



姉「キモ、こんなの見るくらいならエロビデオくらい借りろって!」

男「…」

姉「マジでキモいわー…あ!!

  しかもこれお姉ちゃんのビデオじゃん!!

  何勝手に私のビデオで録画してんのキモい!!!」

男「グス…うう」

今の自分なら楽勝で笑い飛ばし言い返したりできただろうが

当時は「変態」と言われただけで本当に傷ついた







そして、姉が友達と遊びに行くらしく私服に着替えて連絡を待っていた時のこと

今までどうでもよかった姉の胸が巨乳なことに気がついた

前にお母さんと話をしていた

「カップはEのどうたらこうたら」

意味はわからなかったが、体育座りしながら壁にもたれて背筋が曲がった

姉のおっぱいがとても魅力的で「ズキン!」と心にきた



それから俺は姉のおっぱいにだけ意識するようになった

揉みたい…揉みたい…

脳内を駆け巡り、ひたすら姉のおっぱいだけを想像しオナニーしていた

どんな乳首、お椀型?垂れ形?

それさえもわからないのに自分の理想の姉パイを想像し…ひたすらシゴきまくった



そこで俺はあることに気がついた

AVコーナーの画面より姉パイの想像の方が抜くスピードが早かったのだ…

さらにさらに意識してしまい…

姉が話しかけてきてくれてもうまく喋れない日が続いた







そしてある夏休み

母「お父さん出張でいないし3人でディズニーランドいきましょ、泊りがけで」と。



なるべく姉パイには意識しないでおこうと思ったのだが

写真を撮る際に姉がくっついてピースをしてくることが昔からあった

昔…昔…

昔だから気にはならなかったものの…

俺もピースする時に左ヒジが姉の胸にぷゆんとあたる感触までもってった

「俺そんなつもりねーよ!」

と言い返す台詞を考えながら… が、意外にバレなかった

人の下心さえ気づかない姉はひたすらキャーキャーと乗り物を乗りまわしていた

(俺は高所恐怖症なため乗らなかった)

母につまらないからと行ってホテルに一人帰ったのを覚えてる



だが、実際は「姉のたゆんとしたおっぱいの感触の余韻を残しオナリたい」がマジ。

急ぎ足でホテルに帰りベッドの上でうおおおおおおおおっと、やった

そして3発くらい抜いて眠くなり爆睡してしまった







起きた時はすでに真っ暗

ウンコがしたくなって便所に行こうと思ったが…

あれはホントおどれーた…



俺の横に姉が仰向けで寝ているではないか…

ベッドが二つしかなかったため母親はネゾーが悪い



だから俺のベッドに来た



クーラーガンガンで布団も被らずパジャマで…

俺はドキドキが止まらなかった…いやマジであのドキドキは凄かった

心臓が脈打ってるのがわかるくらい…

ここしかない、姉のおっぱいを揉めるトコなんて…



けどウンコしたい

けどウンコしに便所にたったら姉の仰向けの状態が変化したら…

もうどうしたらいいかわからないし心臓バクバクだし…



近くにあった小さなゴミ箱を手に取り、ゆっくり俺も横たわる

そしてズボンを脱ぎ布団を下半身だけ被り姉の顔を見ながらブリッとした

本当はもっと出せたのだが、こんなことで時間を割いてる場合じゃないと思い…

ゴミ袋をゆっくり縛ってベッドの下に、そっ…とおいた



ここからが鬼門だった



「姉の胸をどうやって触るか」



いきなりガバッと揉むんじゃなく…そっとがいい と考えた

つまりこうだった



・まず姉の顔を一分くらいジーーーっと見る

・本当に寝てるかどうか確認して寝転び、自分の手の標準を姉パイの少し上へあわせる

・もう一度姉がちゃんと寝てるか確認



ここまでは順調だった

心臓はかなりドキドキしてる

そして姉の寝てる鼻息にあわせて、まずは人差し指でつんつくことを考えた…

(つんつくとき、何故か俺は息をとめていた)



すーはーすーはー の、はーの部分で ぷよっ と触り

シャッ! と手を引っ込めた…そして俺も寝たフリ…

最初はかなり感動した



「姉のおっぱい触れた!しかも巨乳!」

姉はさっきと変わらず寝息を立てる

が、ここで満足しなかった俺、さらにつんつくことを考えた



すーはー ぷよっ

すーはー ぷよっ を、約10回ほどクリアした

全然起きる気配なし



そして…

すーはー ぷよ………



…わかるだろうか?

そう、俺は人差し指を姉パイに触れたままにしたのだ

動揺したのか寝息にあわせることを忘れ…

ぷにゅ…ぷにゅぷにゅ…ぷにゅぷにゅ と、つんつきまくった

たまらんかった…ちんこも心臓も爆発寸前だった

目はガン開きで息を潜めていたがつい、んふーんふーと鼻息をたてて興奮してしまった



「もう…揉みたい」

「でもこれ以上やったら絶対人生終わる…」

これがいったりきたりしながらも人差し指はしっかり姉パイんトコ



そこで、悪知恵って働くもんだ…

「寝てるフリをして手が偶然に姉パイにあたった」ってことにしようと考えた

これならもし姉が文句言ってきたら

「俺の寝てたベッドの横にいる方が悪い!いるって知らなかった!」

これだ、と中学じぶん思った



クーラーガンガンで涼しい部屋の筈なのに

頭から汗は出るわワキから出るわ手や服はぐっちょぬるだわ最悪の状態だった…



姉パイにある俺の左人差し指を一旦離して軽くポンッと手を置く準備をした

姉の顔を伺いながら…もうドキドキ…ドキドキ…

そして標準をあわせ…俺も目を瞑った…



ぽぷにゅ



今その時、手の平の全てが姉パイを掴みとった

「起きるな!起きるな!起きるな!起きるな!起きるな!」

当時エヴァが流行っていたので気分はそんな感じだった



デカく…手の平一つじゃ捕らえきれない姉パイ…

だが、姉は寝息を止めない…

もしかして確信犯か?とも考えたが、きっと違う



そしてゆーっくりゆーーーっくり…

ぷにょ、ぷにょ…ぷにゅ と手の平で揉み続ける…

姉の顔を伺いながら

ぷにょ…ぷにょ

左手は姉パイちんこは右手、とにかくシコリ揉み続けた



これだけで最高に満足になるだろう

だが姉は全然微動だにしない…

おもっきり揉んでやる…そう考えた



むぎゅ!!



と、やっちまった瞬間にやっちまったと思った



だ    が



姉は起きるどころか寝息ひとつ変えない…

むしろちょいイビキかいてるくらいだった…



正直、なんかしんないんだけど… すっげーむかついた



「これでも起きないじゃ脱がしても起きないんじゃないか」

さすがにと思いつつも…

手はゆっくりパジャマのボタンに向かってた…



ボタンをはずしていく…恐怖そのものだった

昔、稲中という漫画の田中ってこんなんだったのかなーと考えた

ボタンは全部で6つ

(短縮)

4つほど1時間ほど死ぬ気であけた…姉の肌は見えるがおっぱいと乳首はまだ拝めず…

だが…

姉はブラをつけていなかった…昔は何で?と思ったが今になりゃわかる



そして…ついに…

姉のムナグラをゆっくり掴み…開いた先にあったのは…





もう…あれは忘れもしない…

なんだったら今でも抜こうと思えば抜けるほどの

綺麗なEカップおっぱいといい感じの乳首だった!!!!



俺は何故か

「ふわぁぁぁ〜…///」となり姉パイを見つめ続けた



だが時間も時間…

震えた左手を姉パイの上へ ぷよんっ、と乗せた

服越しとは明らかに違うやわらかさ…

ゆっくり、ゆっくり、揉み続ける…

そして親指を乳首に乗せコリコリっとコリコリ!

ぜーんぜん起きない姉

今考えると姉ってマグロだったんかな?って思う…



そして両手を使って両パイ揉みまくる俺

しだいに優しくから強くなっていき、ガツガツ揉むようになっていた

親指で力強く、もみっ!もみっ!両方、もみっ!もみっ!…と

そしてさらに弾けた



姉パイの乳首めがけてクチで…ちゅ〜〜、っと吸った

ベロでベロベロ〜って…もみもみ〜〜っとやっても姉は起きない

まるで俺のおもちゃ、人形だった

そしてベロベロしていた最中シコッていたのが限界へ…ギシシッ!と鳴るベッド

無言のまま俺は姉のおっぱいめがけ射精した…びっくりする量で今でも笑っちまうww

スッキリした瞬間、姉パイのことなどどうでもよくなりそのまま寝てやろうかと思ったが

念の為に全ての精液をティッシュで吹いた…



最後に、もうこんなことは二度とないだろうと思い

おっぱい丸出しの姉を写真で撮った…

5枚残ってたから上、斜めなどあらゆる角度で激写。

そしてボタンをしめて←あせらない、だって起きないんだもん…俺は寝た







早朝、俺はみんなより先にシャワーを浴びていた

風呂からあがると姉が「ん〜」と起きて

姉「うわっ早っ!今何時なのー?」と俺もちょいドキドキしながら

男「昨日なんで起こしてくれなかったの?晩飯なんだったの?」と

あえて疑問系で話をした



楽しいディズニーランドとももうお別れ

フィルムがまだ残っていた筈なのに何故かゼロだったので姉は不審に思っていたが

そこは俺のトークで流した

そして夜中、帰宅

(短縮)



そして朝

写真現像は俺がしてくるといって俺はフォトショップへ向かった

かなりドキドキした

これ現像したら姉パイ一枚見つつ抜いて×5の楽しみがある…



そして現像完了

おっちゃんになんか言われるかなーとは思ったが意外と何もなかった。

そして姉パイ写真を探し綺麗に取れてることを確認

早くウチ帰って部屋で抜きまくろう、と写真を見続けた…



…俺は一瞬死んだ

これには本当に驚かされた…



5枚撮ったウチの1枚…

姉を斜め上から取った写真だった…

そこには姉の寝てる顔と姉パイが写っていることはたしか…

だが…

もう一人写りこむんでいた人物がいた…













心霊写真より怖い・・・

目を開けて、俺を見ている母だった…



出典:彼女「え?姉のおっぱい揉んだ事あるの?」 男「中学時代に…」

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【姉】姉のおっぱい 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月14日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ