相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】巨乳小学生Eさんと私の思い出:最終章 約束編 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


前々々篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出(学校での体験談)



前々篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出:鮮血の思い出編(初体験談)



前篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出:勉強家編(恋人との体験談)





————————————————–

■最終章 約束編

————————————————–

611名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:03:36ID:UuVcHIQr0

最後の力を振り絞ってくれたパソコンに感謝して投稿します。





612名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:07:46ID:UuVcHIQr0




なんとなく酉つけましたが、投稿はこれで最後にします。

エロ無しで申し訳ありませんが、最後までお付き合いください。



書きながら投稿していきますので、何時頃終わるかわかりません。

まとめて読みたい人は、今日の深夜に来てくれれば投稿終わっているかもしれません。





それでは、以下、最終章 約束編です。





613名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:11:09ID:UuVcHIQr0

E「きこ………いよ…。」



私「……………………。」



雨が酷くとても寒い。

昔と変わらない中学校。

Eさんにプロポーズしたあの日…。





時は遡り、私たちが大学生活を終えようとしていたある日。





614名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:18:00ID:UuVcHIQr0

私とEさんは大学の卒業研究も終え、無事に就職も決まっていた。

私は普通のサラリーマン、Eさんも普通のOLに。

あとは大学卒業まで遊ぶだけ!そんな充実した日々を送っていた。



ある日。電話が鳴る。Eさんからだ。



E「もしもしー、○○くん?大学の友達と卒業パティーみたいのやるんだけど…来る?w」

私「いや、大学違うからいいよw」

E「分かったー。じゃあ来るのねw」

私「…いつ?w」



そんな幸せな会話をしていた…。





615名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:27:40ID:UuVcHIQr0

そして、卒業パーティー当日。

お酒が入り出したとき、急にAくんとBくんが私を挟むように座ってきた。

(Aくん、BくんはEさんと同じ大学で、Eさんに好意を持っていた友達)



A「ちょっと聞きたいことがあるんだけどさーw」

B「Eさんをどうやって落としたの?w」

私「さぁ…w」



まだ根に持っているのか、とも思ったがどうも祝福しているような雰囲気だった。



A「自分で言うのもなんだけど、こんなに相手にされなかったの初めてだわw」

B「なんで○○なん?wワカランw」



なんか凄く失礼なことを言われた気がしたけど、そこはお酒の席ってことで。





618名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:47:25ID:UuVcHIQr0

なんか二人で言い争いになってきたので、私はEさんのところへ逃げた。



E「どうぞwあっ!お酒飲んでないよw」

私「いや、飲んどいた方がいいよwこれから飲む機会増えるんだからw」

E「んー。そうだねw」



そう言いながら、ちびちびレモンサワーを飲むEさん。

結局、気持ち悪くなりトイレに駆け込むEさんw

まぁ、店内で吐かないだけ進歩したってことかw



平和な日々が続く。

この頃からだ。Eさんとの結婚を真剣に考えだしたのは。





619名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:49:35ID:UuVcHIQr0

自意識過剰かもしれないが、この娘は私が傍にいるだけで幸せになってくれる貴重な娘だ。

こんな娘は他にはいないだろうし、何よりもこの娘のそういう気持ちに応えたい。



自意識過剰かもしれないけど…。







そして事件は起こった…。





623名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)20:59:24ID:UuVcHIQr0

大学を卒業し、社会人になった私とEさん。

忙しいながらも、週1回は会うようにしていた。

会った時は、大体仕事の話をしていた。



E「今日さぁー、お客さんのとこ行たら一時間も待たされたよ…。」

私「へー、いいなぁ。俺、基本的に会社から出ないからw」

E「うん。会社の車でだけどねw私は運転させてもらえないしw」

私「いや、外出れるのはいいことだよw俺のとこなんてさー…。」



よくある愚痴の言い合いってやつだ。





624名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:01:51ID:UuVcHIQr0

ある日の夜…、携帯が鳴った。

知らない番号からだった…。



?「もしもし。○○くん…ですか?」

私「はい…、そうですけど…。」

?「私、Eの母です。」



なんだ。Eさんのお母さんか…。でも…なんで?



私「あっ、どうも。ご無沙汰しております。」



何故かここで沈黙。



母「実は今日…、仕事中…。Eが……。」



私は急いで病院へ行った。





625名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:14:46ID:UuVcHIQr0

病院に着き、受付でEさんの病室を確認する。

そして、Eさんの病室の前へ着いた…。

ノックをする。中から声がした。



E「はーい、どうぞー。」



Eさんの声だ。

私は勢いよくドアを開けた。

そこには笑顔で手を振るEさんいた。



E「○○くんっw来てくれたの?w」

私「うん。大丈夫?」

E「あー…うん。大丈夫w」



何があったのか話を聞くと、仕事中に車の衝突事故にあったらしい。

お客さんのところへ移動する途中の事故だったらしい。





626名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:18:21ID:UuVcHIQr0

オデコと左足には包帯が巻かれていたが、幸い命に別状はなさそうだ。

安心していたところにEさんのお母さんが登場。



母「あら、○○くん。今日はありがとう。」

私「いえ、とんでもないです。」



Eさんのお母さんの目が少し充血していた。

まぁ、娘が事故にあったのだから当然か…、そう思った。

そのとき、Eさんのお母さんに廊下へ呼ばれた。

627名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:20:03ID:FUBpGrx30



ところでトイレマンて?w





628名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:22:10ID:UuVcHIQr0

私「Eさん元気そうでよかったですw」

母「はい…。あの…、ちょっと…」





私「…?」







そして、Eさんの左足の小指と薬指が無くなったことを告げられた…。





632名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:31:03ID:UuVcHIQr0

病室へ荒々しく入る私。

Eさんに直接聞かなきゃ…。

今考えると、Eさんには残酷なことだ。



私「Eさん…。左…。」



これ以上言葉がでない…。



E「うん………。」



信じたくなかった。

しかし、Eさんが淡々と喋り続ける。





633名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:38:22ID:UuVcHIQr0

E「2本だけだしw」

 「先生も歩くのは全然問題ないって言われたしw」

 「○○くん、良い靴下探しといてw」



私は頷くことしかできなかった。

そして、その日は家に帰った。



家に帰り久々にパソコンを立ち上げた。

私はEさんに似合う可愛い靴下を探していた…。



そのとき、ふと以前使っていた検索サイトの履歴を見てみた。

最近はEさんしかこのパソコンを使っていなったため、酷い履歴だった。





637名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:46:39ID:UuVcHIQr0

「男気持ちいい」「パイズリコツ」「フェラやり方コツ」「○○気持ちいい」



なんだよ、○○ってw

俺の名前じゃないかw

どんだけ万能な検索サイトなんだよw

案の定、○○って人が出演してるAV出てきたじゃねーか。



その日は作業をやめてすぐ布団に入った。





639名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/14(月)21:52:32ID:UuVcHIQr0

次の日。

土曜日ということもあって、朝からEさんのための作業。

Eさんの好きそうなデザインの靴下をプリントアウトして病院へ持って行った。

面会時間ギリギリになっちゃったけど、Eさんは来てくれただけでも嬉しいと言ってくれた。



その後も、時間があるときは必ず病院へ行くようにした。

そして、Eさんは無事に退院した。





642名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:02:11ID:UuVcHIQr0

退院後のある日。Eさんから電話があった。



E「もしもしー、○○くん?ちょっと話したいことがあるんだけど。」

私「わかった。じゃあ今からそっち行くよ。」



……。



Eさんの家に着き、呼び鈴を鳴らす。

ドアを開けたEさんに笑顔がない。





643名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:09:31ID:UuVcHIQr0

私「どうしたの?」

E「うん…。」



Eさんの性格を考えれば大体予想できた。

むしろ、いつ言われるのかビクビクしてたくらいだ。



E「○○くんに告白したときさ…。」



言われるのが予想できてたのに、何も行動しなかった私。

私にとってEさんはその程度のものだったということか…。



E「迷惑かけないって…。だから付き合ってって…。」



そういえば、義指について調べたんだけど結構高いんだなアレ。

でも何とかなる値段だから買ってあげよう。





644名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:15:46ID:UuVcHIQr0

E「さすがに…、迷惑かけすぎだよね…。」



最近、足の病気発症しないなぁ。こういうときに発症してくれよ…。

なんか同じ気持ちになれて親近感持てそうじゃないか。



E「変わり者の○○くんでも、ひだり……ないと…いやだよねw」



俺がそんなこと了承すると思ってんのか?この野郎。

舐められたもんだ…。





646名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:21:13ID:UuVcHIQr0

E「○○くんといると…、昔は幸せだった…。けど今は…、辛い…です。」





私「…。」





E「…しと…別れてください。」





やっぱり自意識過剰だったよw





647名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:25:46ID:UuVcHIQr0

一瞬、「一緒にいると辛い」という言葉に心が折れそうだった。

こうなってくると、もう何が正解何だかわからない。

でもそこで叫んでしまった。



私「ダメ!そんなの絶対ダメ!…ダメっ。」



セリフだけ見たら、ただの駄々をこねている小学生だ。

ここで私は結構醜いことを言った。でもこれしか思いつかなかった。



私「迷惑掛けてるって…、自覚があるんなら…、ちゃんと恩返ししろよ…、昔みたいに!」



半泣きで叫ぶ俺。

精神的に弱っている人に言う言葉じゃない。





648名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)22:28:22ID:UuVcHIQr0

E「ごめんなさい…。ごめんなさい…。ゴメンナサイ…。」



下を向き、大粒の涙をポロポロ流しながらずっと謝っていた。



慣れない足取りで私に近づいてくるEさん。

腰に手をまわし弱々しい力で抱きついてきた。



それからもEさんはずっと謝っていた…。





652名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)23:49:53ID:UuVcHIQr0

ある日の仕事終わり。私はEさんに電話をかけた。



私「もしもしー、Eさん?今年の冬っていつから休み?」

E「えーと…、27日からw」

私「久々に地元に帰ってみない?w」

E「いーねそれw」



もう普通に歩けるようになったEさん。

相変わらず立ち直りも早かった。



帰郷する計画は二人で立てることにした。





655名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/14(月)23:58:24ID:UuVcHIQr0

私「29日の夜に中学校行ってみない?」

E「いいねw誰かいるかなw」



そして、29日の夜に母校である△△中学校に行くことになった。



そこで私は、Eさんにプロポーズをしようと考えていた。



凄い長い間付き合っていたわけじゃないけど、

Eさんとならこれから先ずっと一緒にいてもいいと思ったからだ。





656名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:03:34ID:UuVcHIQr0

帰郷当日。

お昼過ぎに出発して、地元に着いたのは夕方くらいだった。



1日目と2日目は、それぞれ親孝行をしようと決めていた。

2日目の夜には、お互いの家族同士仲良く食事をした。



2日目の夜。

Eさん家族と別れ、実家へ。



「明日はなんて言えばいいんだろ。」

「普通に、結婚して下さい!と言えばいいんだろうか。」

「もし断られたら…。」



結局、一睡もできなかった。





657名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:11:11ID:7v3gHsQJ0

運命の3日目。

朝から地元なのに観光地を周る私とEさん。

どうしても夜のことが気になって、上手く会話ができなかった。



そんなことを知らず、はしゃぐEさん。

なんとなく東京にいるときより幼い感じがした。



E「○○くんっ!なんか変なの建ってるんだけど!w」

 「○○くんっ!あれ?ここにマンションなかったけ?」

 「○○くんっ!はやく、はやく!」



そう言いながら走り回るEさん。

まだ走る事に関しては慣れてない様子で、少しぎこちない…。





659名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:18:36ID:7v3gHsQJ0

あっという間に日も暮れ、夜になった。

いよいよ運命のときか…。覚悟を決めいざ中学校へ。



今日の天気予報は雨だった。

そして、これからというときに土砂降りの雨。



私「どうしようか…。やめとく?」

E「大丈夫だよこのくらいw行こっ。」



言うのが怖くなり逃げようかと思ったが、無理だった。

そして、考えがまとまらないまま、中学校へ到着。



校門の前で校舎を眺める二人。

門の近くにある街灯は、Eさんだけを照らしていた。





660名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:22:32ID:7v3gHsQJ0

Eさんが喋り出す。



E「懐かしいねー。」

私「…うん。」

E「あのとき○○くんいなかったらどうなってたかw」

私「…うん。」



E「そういえば、○○くん入院したよねーw」

私「…うん。」

E「あのとき千羽鶴作ってたのに、100羽の時点で○○くん退院してくるしw」

私「…ごめん。」



E「○○くん、私の制服汚したしw」

私「…それは本当にごめん。」





661名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:29:51ID:7v3gHsQJ0

そんな昔話をしていたら、雨脚がどんどん強くなってきた。

焦った私は、いよいよ本題に入ることにした。



私「Eさん…。大事な話…があるんだけど…。」

E「なーに?w」



高鳴る鼓動。ここで余計なことを考えてしまう。

プロポーズってどういう風に切り出せばいいんだ…。

全然わからない…。どうすればいいんだ…。なんてヘタレなんだ俺は…。



ここで、何かを察したEさんが再び喋り出す。





662名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:35:48ID:7v3gHsQJ0

E「別に無理しなくていいよ…。」

 「私…、大丈夫だから…。」



なんか別れる雰囲気になってる。

ここで躊躇ったら、またEさんを傷つけてしまう。





そして 私は 言ってやった。





私「Eさんのことが好きでしょうがありません!」

 「これから…、一生あなたのことを見守らせて下さい!」





664名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:41:23ID:7v3gHsQJ0

当初予定していたセリフではなかった。

挿していた傘を手放し、思いっきり目を瞑りながら頭を下げた。



背中が雨で濡れていく…。手と足がガクガク震えている…。

そういえば、Eさんが私に告白した時もこうっだったなと、ふと思った。

今、Eさんはどんな顔をしてどんなことを思っているのだろう。



そんな中、頭を下げている私にEさんが一言、



E「○○くんっ、何か言った?雨の音で聞こえないよw」





670名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)00:59:42ID:7v3gHsQJ0

そう言っているEさんの声はハッキリ聞こえた。

これはもう一回言わなければいけないパターンなのか…。



そう思い顔を上げた、目の前にはびしょ濡れのEさんがいた。



E「全然聞こえないよ…。」



もう一回言おうとした、そのとき。

Eさんが抱きついてきた。





671名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:02:39ID:7v3gHsQJ0

E「きこ………いよ…。」



私「……………………。」



Eさんにはしっかり私の想いが届いていた…。





672名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:09:24ID:7v3gHsQJ0

私の胸で泣くEさんの肩を押し、見つめ合う。



私「えっ…と。返…事…とか…。」



Eさんが涙を拭い、飛びっきりの笑顔で応えた。





E「う゛んっ!見守らせてあげるよっw」





街灯に照らされたEさんの笑顔がとても可愛かった。





673名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:18:37ID:7v3gHsQJ0

帰り道。

なんか恥ずかしくて会話が弾まない二人。

話題に困った私が、さっきの出来事について聞いてみた。



私「さっき、Eさん何言われると思ってたの?なんか大丈夫とか言ってたけど…。」

E「え?プロポーズされると思ってたよw」

私「え?そうなの?じゃあなんであんなこと言ったの?」



E「言いづらそうだったから、○○くんを追いつめてみたのだw」



なんという策士。





674名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:28:59ID:7v3gHsQJ0

E「でも、○○くんのこと信じてたから…。」



それは素直に嬉しかった。



E「足で…、私を見捨てなかったときに、この人に付いていこうって決めてたから。」



変なムードのままEさんの実家に着いた。



私「じゃあ、ここで。」

E「うん、ありがとーw」



675名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:33:56ID:7v3gHsQJ0

Eさんが別れ際に一言。



E「○○くん…、こんなダメな女貰ってくれてありがとっ(^-^)/」



私「いえいえw」





こうして二人は結婚しましたとさー。めでたしめでたし。





最終章 約束編 〜完〜





677名前:トイレマン◆OYFLTWlAus[sage]投稿日:2009/12/15(火)01:35:23ID:7v3gHsQJ0

これで本当に終わりです。

リアルタイム支援感謝でした。



最後まで読んで下さった皆様、有難うございました!



—————-





これ以降のやりとりは、出典元スレッドを参照されたい――編集者。



続編:巨乳小学生Eさんと私の思い出:掃除の時間編2





出典:いろんなスレの後日談(その2)

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【彼女・彼氏】巨乳小学生Eさんと私の思い出:最終章 約束編 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月14日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ