相互リンク先の更新情報!

【妹】妹アコ2 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


アコとの初体験の後、僕達の関係は微妙なものになりました。

兄である僕は、罪悪感が重く心に乗っかって、以前のようにアコの部屋へ行くことを控えるようになってました。

アコはアコで、振る舞いは以前と変わらないのですが、なんとなく、少し僕から距離をとるような感じを受けました。

「あの日」のことを聞けるような雰囲気には程遠く、心がもやもやしたまま日々が過ぎていきました。

それから1ヶ月くらいが過ぎていきました。

この状況を打開したい僕は、思い切ってアコの部屋に行きました。

でも、このときはH目的ではなく、ただ話がしたかったのです。

コンコン・・・「アコ、ちょっといい?」

・・・しばしの沈黙。

「・・・いいけど・・」

僕はアコの部屋に入っていきました。

「・・・おじゃまします・・」

アコはいつものようにベッドによっかかってマンガを読んでました。

少し前まではその場所でアコの体を楽しんでたのに・・・

だいぶ遠い昔のように感じます。




「なに?」短くアコは言いました。その目は迷惑そうな、困ったような複雑な目をしていました。

「う・・ん。あのさ、・・その・・平気?」

「え・・・・?なにが〜・・・?」

「・・・あそこ。・・は平気?」

「・・うん・・・しばらくいたかったけど・・今はへいき・・」

「そっか・・・よかった・・・」

「・・・それ・・・だけ?」

「あっ、いや・・あのさ、明日、アコ何も無い?予定」

「え?・・・う〜ん、明日は何も無いけど〜・・なんで?」

「明日の日曜さ、二人でどっか行かないか?・・・映画でもいいし」

「・・・・ど〜したの?そんなことはじめてじゃん」

「いや、深い意味は無いけど、どーかな?と思ってさ・・・部活も休みだし・・・どう?」

「・・・いいよ、べつに。・・」

「じゃあ、決まり!明日9時に家を出よう。」

「わかった〜。・・でもあんまアコおかねないよ」

「大丈夫。俺が出してやるよ。」

「・・・なんかきもちわるいな・・・まあいいや。はいはいわかりました」

「じゃあ明日な!おやすみ!」

といって部屋を後にしました。

次の日、一緒に家を出るのは避けて、僕が先に出て駅で待つことにしました。

駅についてしばらくするとアコがやってきました。

季節は初夏にさしかかっていたので少し蒸し暑かったです。

アコは白いプリントTシャツの上に薄手の長袖シャツ、そして僕が好きなデニムのミニスカートをはいてきました。

僕は一瞬アコを見てドキっとしました。「かわいい」と素直に思いました。

家では思わなかったのですが、普通にみるともう小学生には見えませんでした。

すらっとしたスタイル、胸はもう充分主張し、お尻は女性の丸みをおびています。

そして、こぼれるかわいい笑顔・・・

もう僕は妹ではなく一人の女としてみていました。

「こんな女の子とSEXしたんだ・・・」

胸の中でそう思いました。

「ごめ〜ん、待ったね〜!!バスなかなか来なくって〜」

「ううん、大して待ってないから・・行こうか?」

「どこいくの?電車乗るの?」

「うん。同級生に会ったらなんか恥ずかしいじゃん?Fまで行こうよ。そんで、まず映画見よ?」

「うん!!!」

切符を買って電車に乗り、Fと言う町まで行きました。

そこで映画を見、マックでご飯を食べ、少し歩いて海まで出てみました。

小さな港の桟橋の端まで歩き、そこに腰掛けました。

時間はもうすぐ夕方、日もだいぶ傾いてきました。

「はぁ〜・・・きもちいいね〜!!」

「・・・うん、気持ちいいな〜!!海はいいな〜!!!」

しばらくボーっと海を眺めていると、

「・・・おにいちゃん、今日はありがと!!!」

「え?・・・へへ!!どういたしまして!!」

一日一緒にいたことで今までの気まずさが嘘のように吹き飛んでました。

「よかった!!アコと普通に話せるようになって。」

「え?そ〜う〜?べつにアコは普通にしてたけど〜?おにいちゃんが意識してたんじゃん?」

「そんなことないだろ?お前だってシカトしてたじゃん、俺のこと。けっこーさみしかったんだぜ?」

「ははは〜!おにいちゃんさ〜Hだから、アコとHなことできなくってさみしかったんじゃあないの〜?ど〜なの〜?ね〜ね〜!!」

意外にも大胆にアコは言いました。

驚いて顔を見ると、ニヤニヤして見てます。

「な・・なんてこというんだよ〜・・・てか、お前、あの時どうゆう気持ちだった?」

一番聞きたいことを聞きました。そのために今日はアコを誘ったのです。

「え〜?・・・あのときって〜?」

「だから、セックスのときさ」

「え〜?・・・ん〜・・やっぱいたくって〜・・・やだった・・・」

アコは下向いてうつむきました。

「そうか・・そうだよな・・痛かったよな?・・・やだったか・・」

僕も下を向いて黙ってしまいました。

しばらく、沈黙があり波の音を聞いてました。

僕は次になんて言ったらいいかわからず、ただ黙ってました。

ふいにアコが体育すわりしながら

「・・・でも、おにいちゃんがしたかったん・・なら・・」

「・・え?」

僕はアコの方を見て聞き返しました。

「おにいちゃんがしたいようにしてあげたかった・・おにいちゃんすごくきもちよさそうだったし・・・せっくすってどんなんかな?っておもったし・・・でもすごくいたかったけど・・ふふ(笑)」

アコが笑いました。

僕はアコのそばに寄って座りなおし、アコの肩を抱きました。

「ほんと?そう思ってくれたの?」

「・・・うん。ほんとだよ。おにいちゃんなら・・・っておもった。」

「アコ・・・ありがとう。俺、すげーうれしかったよ。でも、アコが怒ってたら、ホント申し訳ないと思ってたんだ。そういってくれて、すげーうれしいよ。」

僕はアコの顔に近づき、キスをしました。

アコは静かに目を閉じました。

「・・ん・・ん・・ちゅ・・」

「あむぅ・・・ちゅ・・んむ・・ぴちゅ・・」

舌を絡め、長い時間アコに口づけをしました。

僕はアコの手を握りました。アコも握り返してくれました。

「・・・はぁ・・アコ・・・好きだよ・・・」

思わず口からこぼれました。本心でした。

「・・おにいちゃん・・・アコもすき!!!」

アコが抱きついてきました。僕も強く抱きしめました。

「・・・仕方ないよな?兄妹だけど・・・」

「・・・・うん・・・すき・・・・ちゅっ」

アコのほうからキスしてきました。

そうして長い間、キスを繰り返していました。

「アコ・・ちゅ・・・また・・・セックスしたい・・ちゅぷ・・・アコとしたい・・・」

「・・・いいよ・・あむ・・ぴちゃ・・・おにいちゃんなら・・・アコも・・んぁ・・」

「・・・アコの体をいっぱい感じたい・・ちゅ・・・おっぱいもお尻も、あそこも・・」

「いいよぉ〜・・あむ・・・いっぱい感じて・・ちゅぷ・・・アコで・・・いいよ・・・」

こうして兄妹から恋人同士になりました。

そうして、日も暮れたので二人は家路に着きました。

帰り道、手をつないで帰りました。

「地元の駅じゃあできないね?」

「・・そうだな、したいけど・・・」

「へへ・・・でもヘンな兄妹っていわれちゃうよ〜」

「そうだね・・・それはやだな・・・はは!!」

お互いの気持ちを確認でき、胸いっぱいで帰りました。

そして、「またアコとセックスできる」喜びで飛び上がりそうな僕でした。

体だけではなく気持ちも結ばれた兄妹。

帰りの電車の中で、2人のルールを作りました。

人にばれずに(もちろん両親にも)長く付き合うために。

1.SEXするときは朝、お互いに確認する。

2.SEXはしても週2回

3.出かけるときは、それぞれアリバイを立ててから

1・は、やはりアコは心の準備が必要とのことで決めました。

2・は、あまり頻繁にしてて親にばれるのが怖かったので。

3.は細心の注意を払おうということで。

こんな内容を電車の中で2人で小声で話してました。

ただ、SEX(挿入)しない時は、いつでもいちゃいちゃしてもいいようにしておきました。

その日はまた別々に家に帰り、おとなしく寝ることにしました。

次の日、学校へ行く少しの時間、僕はアコの部屋に行きました。

コンコン・・「入っていい?」

「いいよぉ〜!」

はきはきした声に呼ばれてアコの部屋に入りました。

アコは、ランドセルにその日使う教科書を入れているところでした。

「アコ〜!」僕は後ろからアコに抱きつきました。

「なぁ〜に〜!もぉ〜・・・ふふッ!!・・おにいちゃぁ〜ん!」

アコは僕の方に向き直ると満面の笑みを浮かべ、胸に顔をうずめました。

「・・・へへ〜・・なんかドキドキするぅ、おにいちゃん見ると・・」

「俺もだよ〜・・・なんか、すげ〜かわいくって・・アコがさ〜」

「へへへ!・・うれしい・・・」

「アコ、毎朝さ〜、出かける前におでかけのキスしようよ。」

「ふふふ、いいよ!」

「じゃあ・・・む・・・ん」

「ん・・・んん〜・・・ちゅ・・」

アコの唇に唇を重ね、舌を差し入れるとアコもそれに応じます。

しばらくそうして朝のキスを楽しみました。

「・・・はぁぁ・・きもちいい・・・」

「うん・・なんか、一日がんばれる気がするぅ〜!」

アコはニコッと微笑み

「ねぇ・・アコ、おにいちゃんのカノジョなんだよね?」

と聞いてきました。僕はアコの顔を見て

「そうだよ、アコは俺のカノジョだよ・・・」

といってまたアコを抱き締めました。

「あん・・おにいちゃん・・・すき・・・」

「俺もだよ、アコ・・・」

「ね・・・もういっかいキスして・・・」

「うん・・・・ちゅ・・・ぴちゅ・・・ちゅぷ・・・あむ」

はたからみると兄妹であるのに、当人同士はそんなことは頭の中から吹き飛んでいました。全くのカップルだという考えになっていました。

「アコ・・今夜さ・・久しぶりに・・・いい?」

SEXのお伺いです。初めてシテからだいぶ日にちがたっていたので正直したくて仕方ありませんでした。

「へへへ・・いうとおもった〜・・・せっくすしたいの〜?」

照れ笑いしながらアコは言いました。

見透かされていたので少し恥ずかしかったのですが素直に

「うん・・・したい!アコとしたいよ」

「・・・わかったいいよ!・・・今夜・・・ね?」

「うん・・・アコの部屋に行くから・・・でも、もし、そんときアコが嫌だったらいいなよ?無理やりにはしたくないから・・・な?」

「うん!わかった!・・・やさしい〜・・そーゆーとこすき!でも、きょうは・・・いいよ・・・だいじょうぶ・・・です!」

「OK!じゃあ今夜!そろそろ俺行かないと」

「うん!いってらっしゃい、おにいちゃん!ちゃんと勉強するんだよ〜!」

「お前もな〜」

といって僕は学校へ向かいました。

学校へ行ってもこのウキウキした気分はおさまりませんでした。

「早くおわんねーかなー・・・ちきしょう!」

上の空で授業を聞いていました。

本来なら部活でしたが、一刻もアコに会いたくなって、仮病を装い急いで家路に着きました。

「ただいま」

玄関を開けるとアコの靴がありました。

「・・・夜じゃなくて今の方がいいな・・・親もいないし・・」

そう思いながらリビングに行くとアコがいました。

「おにいちゃん!!どーしたの〜?きょう早いじゃん?部活は?」

「へへ・・・さぼってきちゃった・・・アコに会いたくて・・」

かばんを置き、アコの座っている隣に座り、いきなりキスをしました。

「ん・・・アコ・・・」

「む・・んむ・・・あん・・」

すぐに左手をアコの胸に持って行きました。

「・・!んん?・・ん〜ん・・こら〜・・」

唇を離し、アコがそう言いました。

「あぁ〜・・気持ちいいなぁ〜・・アコのおっぱいは〜」

「もぉ・・おにいちゃんスケベ〜・・・夜までガマンしなさい〜・・」

「へへ・・なぁアコ?今しない?お母さん達いないし、安心だし・・」

「う〜ん・・・それはそ〜だけど〜・・あかるいし・・はずかしい・・・」

「ねえ〜・・アコの部屋いこうよ〜・・・ね?」

そう言いながらアコのシャツのすそから手を突っ込み、ブラをずらして生のおっぱいを揉みました。

「あぁ〜・・だめぇ〜・・うふ〜ン・・・」

人差し指と中指の間に発達してきた乳首を挟み、刺激します。

「あぁっ!!・・あぁ・・あん、あん〜・・・・」

感じ始めたか、下を向いて目をつぶりました。

「な?・・アコの部屋に行こ?・・・ね?」

「・・・(コクン)・・はぁ・・・わか・・たぁ〜・・・いく・・」

一旦手を抜き、アコの手を引っ張って、階段へと急ぎました。

アコの部屋に入り、僕はそそくさとカーテンを引きました。

今、PM3:30、母が帰ってくるPM6:00までは二人の時間・・・

夜はせいぜい1hくらいだったので、こんなに長く二人で、しかもこれから始まるHの予感に僕は嬉しくて仕方ありませんでした。

「こんなに長くアコを自由にできる・・・」

アコは部屋に入っても、ただ突っ立ってました。

僕はアコを正面から抱きしめました。

「アコ・・・」軽くキス。

僕は立ったまんまのアコの服を脱がし始めました。

まず、Tシャツを脱がします。ブラに包まれたいかにも柔らかそうな、心持ち以前より大きくなったおっぱいが現れました。

「・・・あいかわらず、きれいだね・・・」

アコは黙って立ってます。

次は下のジャージを脱がしました。

アコは片足づつあげて手伝ってくれます。

ピンクのかわいいパンティーが目に飛び込んできました。

僕は立ち上がり、パンツ以外のものを素早く脱ぎ捨てました。

そして立ったままのアコに抱きつきました。

久しぶりの肌の感触、生暖かく、やわらかく、吸い付くようなきれいな肌。

「あぁ・・気持ちいいなぁ・・肌と肌・・・」

ぎゅう〜っと抱きしめるとアコも背中に手を回し、抱きついてきました。

「おにいちゃん・・・あぁん・・・」

吐息が僕の胸に吹きかかり、思わずぞくっとしました。

お互いに背中をさすりあい、アコの顔が上を向き、僕を見つめます。

小6なのにうるんだ艶っぽい瞳。

以前のようなおどおどした瞳ではなく、これから行われる行為を理解し、 

それを許している、そんな瞳。

吸い寄せられるようにアコの唇を吸う僕。

「んふぅ・・ん・・・んんっ・・・むう・・・」

全身をぶつけるような激しいキス。アコの髪をかきむしり、舌を荒っぽく

アコの中に押し込み、動かす僕。

目を瞑り、僕にしがみつき一生懸命答えるアコ。

「はぁぁ〜・・むむふぅ〜ん・・・んん〜ん」

ブラをずらしておっぱいを揉み、パンティーの中に手を入れお尻をつかみ、体全体を撫で回しなおもキスし続ける。

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・あぁ・・」

アコは力が抜けてきて、ずるずる下がっていきます。

僕はアコを抱きかかえ、ベッドに横たえました。

「・・・はぁ・・はぁ・・ちから・・ぬけちゃった〜・・・」

「俺、もう、興奮しちゃって・・・気持ちよくって・・・」

「・・・うん・・・・きもちいい・・・おにいちゃんにさわられると〜・・きもちいい・・・」

少しはにかんで僕を下から見つめるアコ。

「アコ・・全部とるね?」

アコの体から残っていたブラとパンティーを剥ぎ取りました。

一糸纏わぬ、全身があらわになった小6の妹の体は、透き通るようにきれいで、ぷにゅぷにゅっとした感じもあり、おっぱいは前よりもふくらみ、その形がはっきりとしてきていて、運動のお陰で少しおなかがしまったせいで フォルムがぐっと女らしくなっていました。充分興奮させるには足りています。

まだ薄い毛に覆われたまん○、そこから伸びているむちむちした太もも、

「これからの時間、この体を堪能できる・・・」

さっそくアコの横に寝転び、腕をアコの頭の下に通し、きつく抱きしめました。

そしてキス。

右手はパンパンのおっぱいへ伸び、揉みしだきました。

「はぁ・・はぁ・・アコ・・・んむ・・・はぁ・・はぁ・・・」

唇を乳首に移し、肌色の乳首に吸い付きます。

「あっ!・・・あぁ〜!・・・はぁ〜ん・・・あっ・・」

「ちゅう〜・・ちゅう〜・・ちゅぱ、ちゅぱ・・・ず〜・・」

強く吸ったり、舌で転がしたり、右のおっぱい、左のおっぱいと行き来し、揉み、つまみ、心行くまでアコのおっぱいを堪能しました。

「はぁ・・・きも・・ち・・いい?・・おにい・・ちゃん・・はぁ・・」

「・・あぁ・・・最っ高・・・最高だよ・・・アコ・・・」

「は・・は・・・よか・・った〜・・・いっぱい・・すっていい・・よ・・いっぱい・・アコのおっぱい・・・おにい・・ちゃ〜ん・・」

「はぁ・・・はぁ・・・ありが・・んぐ・・とう・・アコ・・かわいいよ・・」

アコは僕の頭を押さえ、おっぱいを吸わせてくれます。

まるで赤ちゃんに授乳するように、自由にいじらせてくれます。

アコに包まれ、最高に幸せな気分です。

おっぱいをぎゅっと強く揉むと、おっぱいの芯みたいなものがありこりこりしています。

両のおっぱいを真ん中に寄せ、乳首を吸います。

「はぅ〜・・んはぁ〜ん・・・あぁ〜ん」

なまめかしい声を発するアコ。

アコの腕に包まれ、足をアコのつるつるの足にからませ飽きることなくおっぱいをいじり倒します。

時折、僕の頭を強く握る時がありながらも、感じているのか、耐えているのか、僕のしたいようにさせてくれるアコ。

僕はアコの上に覆いかぶさり、アコの顔の前で

「アコ・・・アコの全部にキスするよ?」

といって、おでこから唇、ほっぺ、首筋・・・と上から順番にキスをし始めました。

アコは時々ピクつきながら、黙ってされるがままでした。

おっぱい、腕から指先、おなか、股間は通過して太ももから足の先まで行きひっくり返して今度は下からお尻、背中、そして首筋に戻りました。

「アコの全部に印つけたよ・・俺のものだよ・・・」

「ふふ・・・うん・・・おにいちゃんにあげる・・たいせつにしてね・・」

「わかった・・・大事にするよ」

後ろからキス。こんなにもアコがいとおしいなんて・・・

そのままお尻まで戻り、時間をかけて愛撫します。

お尻のほっぺに丹念にキスを繰り返します。

おっぱいもいいけど、僕はアコの大きめなお尻も大好きでした。

すべすべしててとてもかわいいのです。

今までそんなに愛撫したことなかったのですが、このときとばかりキスして嘗め回しました。

アコはお尻をクネクネさせ

「いやぁ〜ん、くすぐったぁ〜い・・」といって微笑んでます。

そのお尻の動きがまたたまらなく色っぽく、さらに続けてしまいました。

「・・アコ、お尻、突き出してみて・・・」

「え〜・・・どうゆうふうに〜」

「お尻だけ上にぐって持ち上げてみて」

「え〜・・はずかしいよぉ・・・あそこ・・みえちゃう〜」

「そうだよ、アコのあそこ、よく見えるようにして」

「う〜ん・・・え〜・・?」

「おねがい!ね?」

「・・・・・こう〜?」

恥ずかしそうにゆっくりとお尻を突き上げるアコ。

アコのおまん○が僕の目の前に現れ、丸見えです。

もう今までの愛撫のお陰か、おまん○の入り口あたりはヌラヌラ光ってます。

僕は顔を近づけまじまじとアコのおまん○を観察します。

まだ幼い、子供のおまん○。ビラビラとかそういったものは目立たなく、開発途上という感じできれいにまとまっている印象です。

しかし、一回貫かれた穴はまぎれもなく女の匂いを発しています。

まず、指で溝を開きます。

「あっ!・・・いやぁ・・」

小声で言い、小刻みにお尻をふります。

「よく見せて・・アコのここ・・俺にくれるんだろ?全部。嘘なのか?」

「うそじゃないけどぉ〜・・・こまったぁ・・・」

かまわず広げ、中を見ました。

「アコ〜!丸見えだぞ〜!おまん○〜」

わざと意地悪に言いました。

「ふぇ〜・・はずかしいよぉ〜・・もぉ〜」

枕に顔を伏せてしまいました。

良く見ると前回見たときには白いおりもののようなものがくっついていたの

ですが、今日はきれいにありません。

「アコ〜、あれからここ、きれいに洗ってるんだろぉ?んん?」

「・・いわないで・・・そうだよ・・」

くぐもった声で答えます。

「なんで?俺に見られてもいいようにか?」

「え〜・・・いわない!・・いいでしょ?べつに・・」

「ふふふ・・かわいいっ!」舌でなめました。

「んあぁ!!あっ!!・・」大きくぴくつきました。

続けて舌でなめます。

「あぁ・・あぁ・・あぁ〜ん、はぁ〜・・ん」

お尻をくねらせ、情けない声を出すアコ。

「へんな・・かんじぃ・・だよぉ〜・・あぁ〜」

両親がいないせいかけっこう大胆に声を上げます。

「んん?いいだろ?気持ちいいだろ〜?ん・・んむ・・」

ぴちゃぴちゃ音が鳴り始めました。

「アコ〜聞こえるか〜?アコのここ、やらしい音がするよ〜?」

「はぁ・・はぁ〜・・やだぁ〜ん・・おにいちゃ・・んの・・えっち・・」

僕は中指を差し込んで見ました。

やはりきついですが、それでもわりと半分くらいはスムーズに入りました。

一回貫通してるだけの事はあります。

「んはぁ!!・・ぐ・・む・・はぁ〜・・な・に?してるの〜」

「指、入れてんだよ・・アコん中、いじってやる」

指を出し入れしました。

「はっ!・・はっ・・はぁ〜・・やっ・・やっ・・はっ・・」

アコは顔をふせたまま出し入れにあわせて細かい息切れをします。

「や・・め・・てぇ〜・・はっ・・おか・・しく・・なっ・・ちゃうぅ」

興奮している僕はそんなことお構いなしです。

出し入れしてる間にもアコのおまん○はグジュグジュになってます。

「感じるんだろ〜アコのここ、びしょびしょだよ〜」

「はっ・・やぁ〜・・はっ・・おに・・い・・ちゃぁ〜・・ん・・スト・・ップ〜・・きゅうけい・・・しよぉ〜」

「だめぇ〜!!まだまだ〜」

「あぁ〜・・!!いじわる〜・・もぉ〜・・あぁ〜」

中指を出来るだけ奥まで突っ込み中で動かしました。

「はぅ〜ん・・それはだめぇ〜・・ほんとにぃ〜・・あぁ〜ん、あぁ〜・・あたまがおかしくなっちゃうう〜だめぇ〜だったらぁ〜・・・あぁ・・」

小さなアコの穴が愛液でヌラヌラになり僕の中指をくわえ込んでいます。

もう、たまらなくなった僕は一旦手を休め、パンツを脱ぎました。

アコをあおむけにし、大きくそそり立ったちん○をアコの顔の前に突き出しました。

「見てみな・・アコのせいでこんなになっちゃった・・・」

「はぁ・・はぁ・・・おにいちゃんの・・おちんち○・・おおきい・・・」

「男は興奮するとこうなるんだよ?さわってみな?」

アコはおそるおそるちん○に手を触れました。

「うわぁ〜・・かたい・・・それにあつい・・・」

「握って上下に動かして」

「うん・・・こう〜?」

つたない動きで僕のちん○をしごき始めました。

ビンビンになっていた僕はすぐに気持ちよくなってしまい

「あぁ!!いいよ!!アコ!!いい!!!あぁっ!!!!」

といってあろうことか射精してしまいました。

「うわぁ!!!なに〜!!きゃあ〜!!なんかでてきた〜!!」

「・・はぁ〜・・これが精子だよ・・赤ちゃんの・・元かな?・・はぁ・・最高に気持ちよくなると出るんだよ・・・あ〜あ・・」

「アコの中にだしたやつ?しろ〜い!!ネバネバしてるぅ〜!!きゃぁ!!」

「・・・そう・・アコの中にだしたよ・・・ほんとはいけないんだけど・・」

「なんで〜?だめなの?」

「アコ、もう生理あるでしょ?・・赤ちゃん出来る体だから・・・その・・もしかしたら赤ちゃん出来ちゃうかもしんないから」

「え〜?赤ちゃん作れんの〜?へ〜?すごーい!!へへ〜」

「ばか!!!小学生で出来ちゃったらやばいでしょ?それに、兄妹で出来ちゃったらもっとヤバイでしょ?」

「そうか〜・・・そうだね・・・でも、おにいちゃんの赤ちゃんだったらいいかな〜?な〜んて!!」

「・・・アコ、うれしいけど・・・まぁ・・いいや。それより・・これ・・みて・・・」

一回射精してもまだビンビンのままのちん○。

「まだ、おっきいまんまだね・・・いれるの?」

「あぁ・・今度はアコの中に入れるよ・・・」

「はぁ〜・・・中でだすの?赤ちゃんが・・・」

「いや、出す前に抜いて外に出すよ。一回出したから多分平気。」

「・・・ゆっくり・・いれてね?・・いたいから・・・」

「わかった・・・痛かったらいえよ?」

「うん・・・わかった・・やさしくして・・・」

アコの股を開きヌラヌラのおまん○にちん○をあてがいました。

久々の挿入に胸が高鳴ります。

一度出したとはいえ、中2の性欲は底なしで、先ほどの残り汁で先っぽを濡らしたままコレでもかとばかりに怒張しています。

アコは僕の腰に手を添え、静かに目を閉じ、その時を待っています。

「いくよ・・・」と声をかけるとコクンとうなずきました。

ちん○の先っちょを入り口にあてがい、そのままアコのおまん○に差し込みました。

「んっ!!!・・・んんっ!!!・・いっ・・つっ・・・」

閉じてた目をさらに強く瞑り、きつく閉じた口から言葉がもれます。

挿入は前よりも簡単に出来ました。よく濡れていたし、一度経験してるので行為自体はスムーズにいきました。

「はぁ〜・・・はいっちゃった・・・またアコん中・・・」

「・・・ん〜・・はぁ〜・・やっぱ・・・きつい・・・」

「痛いか?どう?」

「え〜・・・・だいじょうぶ〜・・へいきみたい・・・ぜんぶはいってるの〜?おにいちゃんの・・・」

「いや、全部は無理みたい。4分の3くらいかな?アコん中、きついよ。」

「うん・・・ゆびでされたときよりぜんぜんきつい・・・おなかんなかにふとい棒いれられてるみたい・・・なんかふしぎ〜・・・」

「ん?何が不思議なの?」

「さっき、おにいちゃんの・・・みたけど・・・あんなのがアコの・・・あそこにはいってるのが・・・ふしぎなかんじ・・」

「だって、赤ちゃんの頭が通るんだもん。全然普通だよ。」

「そっか・・・赤ちゃんでてくんだもんね・・・そうだね」

「奥まで入れるよ?」といって腰を沈めました。

「くぅ〜!!!・・んん〜〜!!・・あはっ!!!・・あぁ〜・・・すご・・い・・・あぁ〜・・・!!!」

アコは体を反らせて叫びました。

僕は奥へ突き刺したり、抜いたり、また入れたりとピストンを始めました。

「はぁ・・はぁ・・アコ・・アコ・・アコ・・いい!!・・いい!!」

「あぁ・・あぁ・・おにい・・ちゃ・・ん・・んふ!・・んふ・・」

「アコ・・アコ・・・あぁ・・あぁ・・・いいよ・・いいよ・・」

「・・おにい・・ちゃ〜ん・・・はっ!・・はっ!・・あはぁ〜・・ん・・すご・・すご・・い・・・あっ・・あっ・・・いやぁ〜・・あは・・」

「きもちいいよ〜・・すげ〜・・きもちいいよ〜・・アコん中〜ぁ!」

「かんじて〜・・いっぱ・・いかんじ・・てぇ〜・・・アコ・・のこと・・おにい・・・ちゃんも・・・すご・・い・・・わか・・・る・・・」

もうお互い興奮しています。とても中2と小6のSEXではありません。

「あぁ〜・・おかしく・・なっちゃう〜・・・アコ・・おかしく・・なっちゃう・・よぉ〜・・・へん・・になっちゃうぅぅ・・」

「おかしくなんかないよ〜・・・いいよ〜・・・いい!!」

「あぁ〜・・おにいちゃぁ〜ん・・・おにいちゃぁ・・ん」

「アコ・・・アコ・・・」

大きい声で叫んでいるアコの唇を唇で塞ぎ、舌を突っ込み、アコにしがみついて、出し入れし、アコの奥深くに差し込んで、中をちん○でかき回します。

アコも僕の背中に手を回してしがみつきました。差し入れた舌に思いっきり吸い付きます。

「むむ・・んむぅ〜ん・・・むぅ・・」

二人、狂ったように体をぶつけ合いました。

僕はもう限界に達しようとしてました。

「アコ・・・アコ・・・やっぱ・・・アコん中に・・出すよぉ〜!!!」

「あぁ〜・・あぁ〜・・・いいよぉ〜・・いいよぉ〜・・だしてぇ〜いいよぉ〜・・おにいちゃんのぉ〜・・・ちょ〜だ〜・・い!!だしてぇ〜〜!!!!はぁ!はぁ!」

「いくよ!!・・アコ・・いくよ・・いく・・・いくぅ〜!!!」

「あぁぁぁ〜〜!!!!・・・あぁぁぁぁ!!!!きたぁ〜ぁ!!!おにいちゃんのぉ〜・・・・せいしがぁ〜・・・あぁ・・・あぁ・・・はぁ〜ん・・・きたぁ・・・きたぁ〜・・・・あ・・あぁ・・」

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・あ〜っ!!」

そのままアコに覆いかぶさりました。

二人とも息が切れてます。

「んはぁ・・・アコ・・・平気か?・・また、出しちゃった・・中に・・」

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・・へいき・・だよ〜・・・へいき・・・おにいちゃぁ〜・・ん・・おにいちゃんのせいし・・・すごい・・いきおい・・で・・はぁ・・・アコの・・なかに〜・・・きたよぉ・・へへ・・・」

「うん・・・すごい勢いだった・・・はぁ・・・」

「アコ〜・・・はぁ・・・おにいちゃんの・・・せいし・・うけとめたよぉ・・・ぜんぶ〜・・・赤ちゃん・・できるかなぁ〜?」

「う〜ん・・・ホントは・・やっぱ・・・だめだな〜・・・」

「赤ちゃん・・・できてもいいよぉ〜・・・おにいちゃんとぉ〜・・・アコの〜・・・赤ちゃん・・・へへ〜」

「アコ〜・・・うれしいよぉ!・・かわいい〜!!」

本当に出来たら困ることは明白なのに、アコのその言葉がすごく嬉しく、ぎゅうっと抱きしめました。

「・・・おにいちゃん・・・きもちよかった〜?」

「あぁ!!!すげ〜気持ちよかったよ!!!アコは?」

「う〜ん・・・なんかぁ〜・・あたまが真っ白になっちゃって・・・おにいちゃんにいっぱいだしいれされてるうちに〜おにいちゃんにアコのなかに出してほしくなっちゃった・・・もったいなぁ〜って・・」

「アコ・・・・お前、かわいいやつだな〜・・・また、好きになっちゃったよ・・・」

「だって、アコはぁ〜・・・おにいちゃんの・・・カノジョだもん!!」

アコは「カノジョ」ということに喜びを感じているようです。

実際アコのクラスにカップルが何組かいるらしく、その子たちと同じレベルになれたことがよほど嬉しいみたいです。

「そうだな・・・お前、俺のカノジョだもんな!」

「そうだよ!おにいちゃんのカノジョ!!!」

「でも、アコのクラスの子の中で、SEXしてる奴なんかいね〜よ?」

「へへへ〜!!!なんか、それもうれしい!!!」

「アコのほうが大人ですなぁ〜!」

「はぁ〜!!・・・あっ!!!・・・おにいちゃん!!でてきたぁ〜!!!」

「おぉっ!!やべぇ・・・ティッシュ・・ティッシュ!!!」

ティッシュを取り、アコのおまん○から出てきた精子を拭いてやりました。

「拭いたよ〜・・・まだ出そう?」

「もう、へいきみたい・・・ありがと〜!」

僕はアコの横に寝転がり、腕枕をしました。

アコは僕の方を見て腕の中にいます。

アコの頭をなでてやりました。

「へへ・・・うれしい・・・おにいちゃん・・・」

しばらく二人無言でSEXの余韻に浸ってました。

ふいにアコが

「はぁ〜・・なんか・・・おにいちゃんとこんなになるなんて・・・おもわなかったよ・・・へんなの〜」

「あぁ・・・そうだな〜・・・実の兄妹なのにな〜・・・アコはさ〜後悔してないの?」

「・・・おにいちゃんは?後悔してる?」

不安そうな目で聞いてきました。

「いや!!!全然してないよ!!むしろうれしい!!!」

「よかったぁ〜・・・アコといっしょ!!」

「そうだろ?でなきゃ・・・SEXなんかしないよ!!アコが好きだから!アコとSEXしたくなっちゃったんだよ!」

「おにいちゃん・・アコ以外のヒトと・・しないで・・・」

妹のくせにへんなやきもちを焼いているようです。

内心「それ、はたから見たらおかしいよ?」と思いながらもそんなことを言うアコがかわいくって

「しないよ!!・・俺、アコとしかしたくないからさ・・・ホントだよ?」

「ふふふ・・・おにいちゃん、アコがはじめてだもんねぇ〜?ふふふ〜・・・あぁ〜・・・おにいちゃぁ〜ん!すき〜!!!!」

僕の首に巻きついてきてキスをしてきました。

「・・・アコ〜・・・・あぁ・・・」

僕はキスをしながらアコのおっぱいを揉み始めました。

「・・・へへ・・・おにいちゃん・・はぁ・・・はぁん!」

乳首に吸い付きました。2回戦の始まりです。

・・・・・・・・・・・。

・・・・・・。

アコの中に3回出したころ、時計を見るとそろそろ母親が帰宅する時間になってました。

お互いベッドの上に寝そべってました。

兄の欲望を全て受け止めた妹はさすがにくたびれたらしく、うつぶせのまま呼吸を荒くしていました。

とにかくアコの体中を舐め、アコのおまん○に挿入し、自分の欲望が収まるまでアコを突きまくり、小6の女の子には大変な重荷だったと思いますが、それでもけなげに僕の首に腕を回し、ひたすらに僕のしたいようにしてくれました。

必ず行為の前にはアコに聞いていたのですが答えはいつも

「うん・・・いいよぉ〜・・・すきなだけ・・いいよ・・・」

といってくれました。その言葉に甘えて、欲望のままアコを抱きました。

でも、もうタイムリミットです。

仰向けにねそべっていた僕の胸に呼吸が整ったアコが頭を乗せてきました。

「もう、時間だね。お母さん帰ってくるよ・・・」

「うん・・・そうだね・・・おしまいだね・・・はぁ〜・・・」

「疲れたろ?ごめんな・・・」

「ううん・・・ぜんぜんいいよ・・・よかったぁ?おにいちゃん・・」

「あぁ。よかったよ、すごく。ありがと・・・」

アコに軽くキスをしました。

「さぁ、服を着よ?ばれたら大変だ!」

「うん。」

二人身支度をし始めました。

服を着ながらアコが「ねぇ・・おにいちゃん。あのさ、二人のとき、別の呼び方したいんだけど・・・」

「・・・?どうゆうこと?」

「『おにいちゃん』じゃぁなくってさ、名前でよんでいい?」

「えっ?ちょっと恥ずかしいなぁ?」

「え〜〜!いいじゃん!二人のときだけだもん!そ〜しよ?ね?」

「でもなんか呼び捨てはやだな〜」

「じゃあ、けーちゃんでどう?誰もそんなふうによんでないし〜アコだけの呼び方!いいでしょ〜?け〜ちゃん!!ふふっ」

僕の名前はケイスケなのでそう言いました。

「ん〜・・・じゃあ、ほんと二人のときだけだぞ?いいな?」

「うん!!やったぁ〜!!うれしぃ〜!!け〜ちゃん!!!」

抱きついてキスしてきました。

「そんな嬉しいのか?よくわかんねえ・・まあいいけど・・」

「へへ〜!!いいじゃぁ〜ん!!!」

僕は半ばあきれてアコを見てました。

「じゃぁ、俺部屋に行ってるわ。もう帰ってくんべ?」

「うん・・・わかった!!じゃぁアコ、下に行ってる!」

「アコ・・・ありがと!」

最後に抱きしめ、熱いキスをしました。

「ふふ〜、またしたくなっちゃう?」

「当たり前だろ?いつだってしたいよ、アコと」

もう硬くなってるちん○をアコの体にこすりつけてみました。

「うわっ!!もうおっきくなってるう〜・・・あ〜ん、ど〜しよ?」

「バカ・・・大丈夫だよ。ガマンするから」

「け〜ちゃんへいき?ガマンできるぅ?」

もう普通にけ〜ちゃんなんて呼んでます。

「はは!平気だよ!そんな心配すんな!嬉しいけどさ!!」

「う〜ん・・・なんかかわいそう・・・」

「また今度、アコにお願いするから。アコにしかそんなお願いできないし」

「うん!わかった!アコだけだね^^」

そうして、僕はアコの部屋を出て、自分の部屋に戻りました。

それから毎日、僕達は楽しい生活を送りました。

なにしろ、お互い好きあっているもの同士が当たり前のように自分の家にいるのですから。

当初の頃は約束どおり挿入は週2回でおさめてましたが、どうしても我慢できないときなどはそれ以上にしてしいました。

そのときは僕は部活をさぼり、母親が帰ってくるまでの時間をアコとの為に充てました。

夜は夜で、少しの時間をアコの部屋へ行き、挿入はしないまでも、手で出してもらったりしました。

親の目が届かない瞬間にキスをしたり、お尻をなでたりしてスキンシップを楽しんでました。

とくに朝起きて顔を洗っているアコを後ろから抱きしめて、パジャマの中に手を入れておっぱいを揉んだりするのは大好きでした。

家の中でスカートをめくってパンツを見るのもしょっちゅうでした。

そのスリルもまた、楽しいものでした。

アコは本当に素直で、お願いすればいつでもおっぱいやあそこを見せてくれましたし、アコもそういった行為を喜んで受け入れてくれてました。

SEXばかりでなく、二人で休みにはデートもしました。

近くでは見つかってしまう恐れがあるため、都内までいったりして普通のカップルのように楽しみました。

知らない人しかいない場所では、手をつないだり、腕を組んだり、普段地元では出来ないことをアコは積極的にしてきました。

僕もそれを受け入れ、アコが喜んでいるのを見るのが嬉しかったです。





出典:妹との体験談

リンク:続き・・・どこいった・・・


告白体験談関連タグ

|||||||||

【妹】妹アコ2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月15日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ