相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】俺の家族はどMです【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私は43歳で4年前に再婚したました。妻は38歳で中3と中1の娘の連れ子がいます

妻は元々Mが強く、結婚する前からSMを楽しむ仲でした。

妻は痛いことされることが大好きです。痛いのを我慢している自分にすごく興奮する

そうで、鞭なんて喜びまくりです。

ある日、俺の仕事中に当時中2の長女が、万引きしたので引き取りにきてくれと連絡が

入り、迎えにいったんですけど。。。

仕事を途中で抜けたのもあったし。。そんな反省の色もなさそうなので、俺はかなり

激怒してしまったんですけど、「こいつ。。。わざと怒られるようなことしたな」と

「母親に似てるわ」と察しがつきました。とりあえず何もいわず、家に連れて帰りました

家につくなり、娘に正座をさせて問いただしました

「もっとわざと怒られるようなことしたな」

「いろいろとさみしいんやろ」「もっとかまってほしいんだな」

「年頃のおまえと向き合わなかった俺も悪かったな」といいました

「でも体罰はあたえるぞ」っていいったら「はい」と娘がいいました

「顔は叩かないからお尻だせ」と3発たたいてやりました




「これぐらいじゃこたえないだろ」っていうと娘は「痛くないです」っと

もっと強く叩くと「あん、あん」と明らか喜びの声。。。。

「叩かれてよろこんでるやないか?」というと「ごめんなさい」と娘がいいました。

「興奮してるやな」っていうと「ごめんなさい」っと

「叩かれて興奮してごめんなさいといえ」っと俺が言うと

そのとおりに娘がいいました

「こんなに濡らしてごめんなさいといえ」っというと娘はまたそのとおりにいいました

「よく見えるようにパンツぬぎなさい」というと娘は従ってパンツを脱ぎました

「見てくださいは?」というと「みてください」と娘がいいました。

毛が生えかけのあそこはヌルヌルでした

「よし。今日はここで思いっきりいってみな。自分でするんだぞ。恥ずかしいのいっぱいみてやる」というと

あっという間に逝ってしまいました

こうなってしまうともう俺の手のひらの上でころがされるだけ。。。

調子に乗った俺は下の娘にも調教をはじめました

下の娘はまだ一緒にお風呂にはってくれるので、落とすのは簡単でした。。。

妻がいないときは、娘二人をいじめてます

今年に入って二人とも処女はいただきました。

二人ともこの歳でしばれれて喜んでるようでは、末恐ろしい気もするが。。。

いずれは、開眼することだし。。。

今の計画は4Pすることで、どうもっていって妻もいれてはじめるかという難問を

追い求めてます


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【近親相姦】俺の家族はどMです【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月15日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ